喪服として着るスーツとは?見分け方やどこで買うかについても解説!

葬儀に参列する場合、喪服を着用します。喪服と一口に言っても、様々な種類があり男女によっても違いがあります。喪服で着用するスーツとは、どのようなスーツが正しいでしょうか。今回喪服で着用するスーツについて詳しく解説をします。

目次

  1. 喪服として着用するスーツについて
  2. 喪服とビジネススーツの見分け方とは
  3. 喪服として着るスーツは何が良いか
  4. 喪服用のスーツはどこで買うのがおすすめか
  5. 喪服として着るスーツについてまとめ

喪服として着用するスーツについて

葬儀

お通夜や葬儀に参列する際、喪服を着用するのがマナーです。
一口に喪服といっても種類は様々ですが、ブラックフォーマルと言われる黒のスーツを選ぶケースは男女ともに多いです。

では、喪服におけるスーツとは一体どんなスーツでしょうか?
ビジネス用のブラックスーツとは何が違うのでしょうか。
今回終活ねっとでは、喪服として着用するスーツについて下記の内容を中心に解説していきます。

  • 喪服とビジネススーツの見わけ方は?
  • 喪服として着るスーツは何が良いか?
  • 喪服用のスーツはどこで買うのがオススメか?

お通夜や葬儀は突然やって来ます。
慌てて喪服を準備をして恥ずかしい思いをしないためにも、余裕のある時に準備をしておくことが大切です。

喪服のスーツについて疑問のある方は、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

喪服とビジネススーツの見分け方とは

困った人々

お通夜や葬儀、年忌法要など喪服を着る機会は少なくありません。
ある程度の年齢になれば喪服を準備している方も多く、急な葬儀にも慌てず対応出来るでしょう。

しかし、若い内は突然の葬儀に、慌てて喪服を準備することもあるでしょう。
喪服というと和装のイメージもありますが、今ではブラックスーツを選ぶ場合が多いです。
普段から仕事でスーツを着られる方は、ブラックスーツを何着か持っている方も多いでしょう。

一目見た感じでは、無地の黒のビジネススーツと喪服のスーツでの違いは分かりません。
喪服のスーツと、ビジネススーツでは何が違うのでしょうか?

一番の違いは色と光沢

喪服とビジネススーツの違いは、色と光沢です。
同じ黒でも喪服の黒に対して、ビジネススーツの黒はグレーがかった黒です。
この違いは、並んで見たら一目瞭然です。

明るい場所で見るほど分かりやすいので、葬儀では出棺などで屋外に出た時にはすぐに違いが分かります。
喪服などに使われる高級な黒は、何度も染め直されて深みのある黒です。

もう一つの違いが光沢です。
ビジネス用のスーツでは、光沢のある生地を使ったものも多いです。
おめでたい席では光沢があっても問題ありませんが、葬儀ではマナー違反になりますので注意が必要です。

シルエットやステッチも異なる

頻繁に買い換えるビジネススーツに比べて、喪服は着る機会も少ないため、一度購入すると長く使います。
そのため、体型の変化にも対応できるようにゆったりとしたシルエットをしています。

ビジネススーツが流行によって細身のスタイルのものが多いのとは対照的です。
また、ビジネススーツではお洒落さの演出のためにステッチが入っている場合があります。
見分けやすいポイントの一つが襟にステッチが入っているかどうかです。

ビジネススーツでは襟の形に沿ってステッチが入っているものが多いです。
このステッチがあると、カジュアルな服装になるとされています。
タキシードやモーニングなどのフォーマルな服装に、まずありません。

喪服として着るスーツは何が良いか

人々

これまで説明してきた通り、葬儀にはビジネス用のスーツではなく喪服を着用するのがマナーです。
喪服のスーツは、ブラックフォーマルスーツとも言います。
ビジネス用にスーツがカジュアルなのに対して、喪服はフォーマルなスーツになります。

そもそも、喪服とは礼服の一種になります。
礼服には、一口にブラックフォーマルと言ってもモーニングコートや燕尾服、タキシードなど様々な種類があります。

喪服として着用するスーツを選ぶ場合は、どのようなスーツを選べば良いでしょうか。
男性・女性それぞれについて説明をします。

男性の服装

礼服には、正礼服・準礼服・略礼服と格式があります。
同じように喪服にも、正喪服・準喪服・略喪服があります。
参列者は遺族よりも格下の喪服を着るのがマナーとされているように、立場やシーンに応じて正しい喪服を選ぶことが大切です。

正喪服の場合

男性の正喪服はモーニングコートとなります。
モーニングコートとは、ジャケットとベストは黒で統一し、ズボンに黒かグレーのストライプ模様が入った喪服です。

シャツは白の無地のものを着用し、ネクタイは黒の無地を付けます。
モーニングコートはその名前からも連想できる通り、昼間のフォーマルな服装になりますから、夕方から行われるお通夜では着用出来ません。

遺族であってもお通夜は、ブラックスーツを着用して、日中に行われる葬儀・告別式でモーニングコートを着用します。
正喪服でもあるモーニングコートを着用するのは、喪主や3親等以内の遺族とされています。

準喪服の場合

正喪服に比べて一段格式の下がるのが準喪服です。
男性の準喪服は、ブラックスーツとなります。
ブラックスーツと言っても、ビジネス用の黒のスーツは準喪服となりませんので注意しましょう。

黒のスーツ=準喪服ではなく、喪服用のスーツが正しい準喪服となります。
ブラックスーツはシングル・ダブルどちらでも問題なく、シャツは白の無地のものでネクタイは黒の無地で統一します。

略喪服の場合

準喪服よりも、更に格の下がるのが略喪服です。
男性の略喪服は平服に近い黒やダーク系のスーツとなります。
略喪服を着用して良いのは、三回忌以降の年忌法要や、急遽駆け付けるお通夜などです。

お通夜は、故人の訃報に接して慌てて駆け付ける場でもあるので、平服でも良いとされています。
葬儀・告別式では一般の参列者であっても、きちんとした喪服のスーツを着用するのがマナーです。

インナーについて

男性の場合、正喪服・準喪服・略喪服の格式を問わず、スーツのインナーは白のワイシャツが基本です。
無地が基本とされていますが、一般の参列者でお通夜などの時間がない場合では、無地でなくともマナー違反にはなりません。

訃報からある程度時間の空く、葬儀や告別式の場合は一般の参列者であっても無地のものを着用するのがマナーです。
いずれにしても、派手な柄や、華美なものは避けるという考え方で選びましょう。

ボタンはダブルかシングルか

喪服のスーツにはシングルとダブルがあります。
ひと昔前では、ダブルのスーツは貫禄があり格の高いイメージがありましたが、実際には変わりません。
シングルでもダブルでも格に違いはなく、個人の好みで決めて問題ありません

ストライプなどの柄が入っていてよいか

スーツには、ストライプなどの柄の入ったものも多くありますが、葬儀の場では避けた方が無難です。
お通夜など仕事帰りに急に駆け付ける場合では、許される場合もありますが事前に分かっている葬儀や告別式では無地のスーツが基本です。

ネクタイピンやカフスボタンはしてよいか

葬儀に参列する場合、光物や華美な装飾はマナー違反とされています。
男性であればネクタイピンやカフス、キラキラと光る腕時計などは外すようにしましょう
アクセサリーの中でも結婚指輪は問題ないとされています。

女性の服装

続いて、女性の場合の喪服について解説をします。
華美な装飾を避けるのは男性と同じで、加えて女性の場合はスカートの丈など、肌の露出にも気を使う必要があるので、男性よりも悩むポイントは多いとも言えます。

正喪服の場合

女性の正喪服は和装と洋装があります。
男性に比べると、女性の場合は和装が多いイメージがありますが、近年では遺族であっても洋装の場合も多いです。

和装か洋装かは好みなので、どちらを選んでも問題ありません。
和装の場合の正喪服は、黒無地の五つ紋です。
最近では、見かける場合も少ないかもしれません。

洋装の場合は、ワンピースやアンサンブルのブラックフォーマルが正喪服とされています。
装飾が華美ではなく、襟元などの露出が少ないものが喪服には相応しいです。

準喪服の場合

女性の準喪服は、黒のワンピースやアンサンブルです。
男性の場合と同じく、ビジネス用のものではなく、喪服用に作られたものが準喪服です。
ワンピースやアンサンブルは先ほども説明した正喪服と同じですが、準喪服であれば多少の装飾が許されるのが違います。

女性の喪服では、和装が正喪服で洋装は準喪服というイメージがありますが、正確には違います。
洋装であっても正喪服の場合もありますし、準喪服でもあります。

略喪服の場合

略喪服は、男性の場合と同じくビジネス用のスーツやリクルートスーツを代用しても良いとされています。
色は黒か、ダークグレーのものを選びましょう。

喪服は無地が基本ではありますが、略喪服ではストライプなどのデザインが入っていても良いとされています。
パンツスーツも良いですが、女性のフォーマルはスカートが原則と思っている方も中にはいるので、注意が必要です。

インナーについて

男性の場合は、ブラックフォーマルにインナーは白のワイシャツが基本スタイルですが、女性の場合は違います。
女性の場合、白のインナーはマナー違反になってしまいますので注意が必要です。

女性の喪服では、インナーも黒で統一するのがマナーです。
肌の露出も出来だけ控えた方が良いとされていますので、襟の空いたデザインのものは避けましょう。

スカートの丈について

スカートの丈にも注意が必要です。
肌があまり露出しすぎないように、丈の短いスカートは避けましょう。
適切な長さは、正座をした時にちょうど膝が隠れるぐらいです。

最近ではイスでの会場も多いので、正座をしない場合も多いですが、立っている時に膝よりこぶし一つ分くらい隠れるくらいの長さが適切です。

パンツスーツはありか

動きやすいパンツスーツが好きな方もいるでしょう。
しかし、パンツスーツよりもスカートやワンピースの方が格が高くフォーマルな服装とされています。

お通夜などで仕事帰りに駆けつける場合は仕方ないですが、告別式や親族として参列する場合は避けた方が良いです。

アクセサリーについて

側の露出と同じく、キラキラ光る派手なアクセサリーはマナー違反です。
女性の場合、アクセサリーは真珠のものであれば着けて良いとされています。
真珠は涙を表した宝石と言われています。

ただし、二連のネックレスなど重なっているデザインのものは、「不幸が重なる」ことを連想させてしまうので、一連のデザインを選ぶようにしましょう。

ベストを着用しても良いか

喪服を着用する際、ベストを着ても問題ないのでしょうか。
喪服を着る時に、ベストを着てはいけないという決まりはありません
しかし、華美な服装や派手な装飾はNGとされている喪服では、お洒落にも見えてしまうベストを着用する方は少ないです

ただし、喪主や遺族がモーニングをスリーピースで着る場合もあります。
この場合のベストはフォーマルですから、全く問題ありません。

喪服用のスーツはどこで買うのがおすすめか

葬儀

喪服のマナーについて理解が出来たら、喪服を購入しましょう。
実際に喪服を購入する場合、どこで買うのが良いでしょうか。

百貨店で買う

喪服を購入するのに、百貨店を選ぶ方も多いでしょう。
百貨店で買う特徴は、値段は高いですが良いものが買えること、店員さんが親身に相談に乗ってくれることです。

喪服は流行に左右されるものではなく、伝統やしきたりを重んじる服装です。
マナーを守った服装をすることが何より大切です。
その点、百貨店では店員さんがどういう場合に、どのような喪服を選べば良いか、親身になってアドバイスをくれる場合が多いです。

百貨店ですから、品質にこだわっているのは言うまでもありません。
予算に余裕がある場合は、検討しても良いでしょう。

スーツ量販店で買う

スーツ量販店で買うのも良いです。
百貨店に比べると、コストパフォーマンスが良いのが特徴です。
スーツ専門店ですから、店員さんの知識も豊富です。

ただし、安価なものは品質もそれなりです。
喪服は5年、10年と長く使うものですから良く考えて選びましょう。

レンタルするという手も

急な葬儀でゆっくり購入する時間がない場合など、レンタルを活用する方法もあります。
早い時間の予約であれば、当日の受け取りが可能な業者もあります。
返却の際には、クリーニングが不要な業者もあったりとっても使い勝手が良いのが特徴です。

喪服として着るスーツについてまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、喪服として着るスーツについて下記の内容を中心に解説してきました。

  • 喪服とビジネススーツは似ているようで違うこと。同じ黒でも喪服の黒は深みがあり、明るい場所で違いが分かること、また喪服の場合は光沢がないこと。他にも、長く着る喪服は体形の変化に対応できるようゆったりとしたデザインが特徴であること。
  • 喪服には正喪服・準喪服・略喪服があり、男性の場合は正喪服はモーニング、準喪服はブラックフォーマルを着用すること。女性の場合は、正喪服は和装やワンピース、準喪服はワンピースやアンサンブルなどを着用すること。
  • 喪服を買う場合、百貨店やスーツの量販店などがオススメであること。また、購入する以外にもレンタルを活用する場合もあること。

喪服は着る機会は少ないだけに購入する機会も限られます。
葬儀の際に、マナー違反とならない服装をすることはとても大切なことです。
喪服について疑問のある方は、今回の記事を参考にして正しい喪服の準備に役立ててください。

以下の記事では喪服の時に履く靴について解説しています。
こちらも合われてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

喪服の時の靴はどう選ぶ?男性・女性別に詳しく解説します!

お通夜・葬儀や法事の場面ではマナーにそって喪服を着ます。その時に意外と目立つのが喪服に合わせる靴です。今回は喪服を着た時の靴について詳しく解説いたします。男性用・女性用のそれぞれのフォーマルシューズ、子供用の靴もご説明していきます。

シェアする

「喪服・スーツ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服・スーツ」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

葬儀のスーツと普段のスーツは違う?男性の喪服のマナーを解説のサムネイル画像

葬儀のスーツと普段のスーツは違う?男性の喪服のマナーを解説

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説のサムネイル画像

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪服・スーツ」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

葬儀のスーツと普段のスーツは違う?男性の喪服のマナーを解説のサムネイル画像

葬儀のスーツと普段のスーツは違う?男性の喪服のマナーを解説

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと