香典返しにどら焼き?その他香典返しに人気な商品やマナーも解説!

葬儀で香典をいただいた方にお返しする香典返しで定番の品物に数えられるのがお菓子です。お菓子にも種類はいろいろとありますが、その中でどら焼きが選ばれることが多いのはご存知でしょうか。今回は、なぜどら焼きが香典返しで定番の品物といわれているのか解説いたします。

目次

  1. 香典返しのどら焼きについて
  2. 香典返しとは?
  3. 香典返しにどら焼きを選ぶメリット
  4. 香典返しによく選ばれるものは?
  5. 香典返しのマナー
  6. 香典返しのどら焼きについてのまとめ

香典返しのどら焼きについて

困った人々

葬儀では当たり前のように持参する香典ですが、ご遺族側は香典をいただいた方にお返しをするのが習わしです。
香典返しの品物には食べ物や日用品などがよく選ばれますが、中でもお菓子は定番中の定番とされています。

そして香典返しで定番のお菓子でもとりわけ選ばれることが多いのがどら焼きです。
確かにカステラのような生地の中に甘いあんが入っていておいしいですが、なぜどら焼きが香典返しの品物として選ばれやすいのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、香典返しのどら焼きについて解説いたします。
あわせて香典返しで定番とされる品物や選ぶべきではないものについても触れていきましょう。

  • 香典返しとは?
  • 香典返しでどら焼きを選ぶメリットとは?
  • 香典返しで定番とされる品物とは?
  • 香典返しをする際に守るべきマナーとは?

香典返しをする際に品物選びで迷いやすい方にとって、大変役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

以下の記事では、香典返しに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典返しの基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの基礎知識(金額相場・品物・時期・のし・挨拶状)を解説!

香典返しの品物選びや手配は喪主の方の大切な務めです。今回は香典返しについて、迷いやすい品物選びや金額の相場などを詳しく解説いたします。香典返しを贈る時期やのし・挨拶状の書き方など、知っているようで意外と知らない香典返しに関する基礎知識です。

香典返しとは?

葬儀

そもそも香典返しとは、どのような風習なのでしょうか。
まず香典返しが持っている意味について簡単に見ていきます。

香典返しとは故人のご遺族が葬儀の際にいただいた香典に対し、持参した方にお返しをすることです。
ただしお金ではなく品物で返すのが一般的とされており、お返しのタイミングも故人の四十九日が明けてからとなります。

香典返しはいただいた香典を諸費用に充てても余っているために、その分を葬儀で香典を持参した方にお返しする意味合いがあるものです。
なお香典返しでお送りする品物の相場は地域によりさまざまですが、東日本でいただいた香典の半額、西日本でその3分の1が一般的とされています。

ちなみに香典返しとよく似ているものが会葬御礼です。
こちらは香典を持参したかどうかに関係なく参列した方全てにお渡しする品物で、用意する際の相場も5百円から千円程度の安いものが選ばれます。

香典返しにどら焼きを選ぶメリット

人々

香典返しの品物で比較的選ばれやすいものの1つがどら焼きです。
なぜ数ある品物の中からどら焼きが選ばれやすいのでしょうか。
ここでは香典返しでどら焼きが選ばれる理由を、メリットに触れる形で見ていきましょう。

相手が飽きない種類豊富な和菓子である

どら焼きが香典返しの品物として選ばれやすい最初の理由が、種類が豊富な和菓子であるという点です。
種類が豊富であるということはさまざまな相手の好みに対応しやすく、その分喜んで受け取ってもらえる可能性も高くなるという意味があります。

逆に考えれば相手の嫌いなものに当たりにくいことも意味するため、それだけ受け取った相手とのトラブルが避けられるでしょう。
ほかにも種類が多いことで、受け取った側にとってはさまざまな味を楽しんでもらうこともできます。

個包装されている

香典返しの品物としてどら焼きが選ばれやすい2番目の理由が、中に入っているどら焼きが1個ずつ包装されている点です。
どら焼きに限らずお供え物や香典返しの品物は個包装されている方が、受け取った側にとっても扱いやすく、加えてどのような人数のお客さんにも対応できます。

個包装されていることに加えて賞味期限も長めであるため、タイミングや場所のことを考えることなく好きな時に食べられる点もメリットです。

さまざまな種類や価格帯のものがある

どら焼きが香典返しの品物に選ばれやすい3番目の理由が、さまざまな種類や価格帯のものがあるという点です。
価格帯がいろいろとある分、香典返しを選ぶ側にとって予算の心配をする必要がありません。
そのうえ香典の金額に応じて柔軟に選べるため、品物選びに対する負担が比較的軽くなります。

香典返しによく選ばれるものは?

困った人々

香典返しで選ばれる品物はどら焼きなどのお菓子類だけではありません。
以下のような品物も定番とされていますので、ぜひとも読んでいただいたうえで香典返しの品物選びにご活用ください。

タオル・石鹸などの消費できるもの

香典返しで食べ物関係と並んで選ばれやすいのが消費できるものです。
具体的にはタオルや石鹸、洗剤などの日用品を指します。

一般的に香典返しの品物は「消えもの」と呼ばれる、使えばなくなるものを選ぶのが作法です。
これは故人のご不幸がいつまでも続かないように願う意味があり、そのために食べたり使ったりして悲しい気持ちや不幸を早く消す趣旨といえます。

タオルについては使って消えるもののように見えませんが、使い古せば少しずつ擦り切れていくもののため、消えものの1つに数えてよいでしょう。

商品券やカタログギフト

最近では食べ物や日用品以外でも、商品券やカタログギフトを香典返しとして贈る例も増えてきています。
どちらも受け取った側に好きな品物を選んだり買ってもらうことができるため、ご遺族側の負担を軽くできる品です。

ただし商品券は金額が書かれているため、香典返しで金券類を渡すべきではないというマナーにこだわる方に対しては向いていません。
またカタログギフトも一定期間内で品物と交換しないといけないため、使い方を知っている方や使う時間がある方向けです。

香典返しでカタログギフトを贈ろうと考えている方は、以下の記事も合わせてご活用ください。

こちらも読まれています

香典返しにおすすめのカタログギフトを紹介!金額相場やマナーも解説

近年では香典返しにカタログギフトを選ぶ方が増えています。香典返しにカタログギフトを選ぶ事で、贈る側と受け取る側の双方にメリットがあるのが人気の理由と言えるでしょう。こちらの記事では、おすすめのカタログギフトや、香典返しの金額相場やマナーについてご紹介します。

香典返しのマナー

困った人々

香典返しをする際にはいくつか守るべきマナーがあり、あらかじめ知っておかないと恥ずかしい思いをしたりトラブルのもとになったりします。
ここでは香典返しをするうえで知っておきたいマナーをご紹介しますので、事前に読んでおくとよいでしょう。

香典返しのタブー

香典返しでは贈ってはいけないものもいくつかあります。
ここでは香典返しで送ってはいけないものの代表であるお酒類や肉類、お祝い関係のものについて見ていきましょう。

お酒類

香典返しで贈ってはいけないものとしてまず挙げられるのがお酒類です。
一見すると飲めばなくなる消えもので特に問題がないように見えますが、実は神道でお酒類はお祝い事でお供え物として定番の品物とされています。

日本の文化ではお酒は基本的におめでたいこととつながりやすいということもあるため、香典返しでお酒類は控えるべきものです。

魚やお肉

香典返しで贈ってはいけないものの2番目が、魚やお肉など動物から獲れたものです。
魚もお肉も動物や魚の命を奪って得られたものであるため、仏教で説かれている不殺生の教えに反します。

香典返しの品物でもタブーとされているものを指す言葉に四つ足生臭ものがありますが、平たくいえば魚やお肉のことです。
このためチキンやお刺身、牛肉類などは贈らないようにしましょう。

鰹節や昆布など祝い事に関するもの

香典返しではほかにも鰹節や昆布などもタブーとされています。
鰹節も昆布もお祝い事があったときの定番の贈答品であるためです。
香典返しはあくまでも故人のご不幸を消す意味もあるため、お祝い事関係の品物を贈る場ではないことはよく知っておく必要があります。

ちなみに香典返しの品物に掛けるのしには、おめでたいことに品物を贈る場合と異なり、のし飾りがついていません。
のし飾りはもともとおめでたいときに贈る贈答品だけにつけるものであるからです。

香典返しにお礼状を添えて感謝を伝える

香典返しの際に忘れないようにしたいのがお礼状です。
お礼状には、香典をいただいたことや葬儀に参列していただいたことに感謝する意味があります。
間違えてお礼状抜きに品物だけを贈ると、受け取った相手にとっても何のための贈り物なのかがよくわからないうえ、マナーにこだわる方とはトラブルになりかねません。

このため香典返しをするときは品物にお礼状を添えることを忘れないようにしましょう。
なおお礼状の文面やマナーなどについては、以下の記事で詳しくご紹介しておりますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

香典返しのどら焼きについてのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、香典返しの際に比較的選ばれやすいどら焼きをとりあげ、どら焼きを選ぶメリットについていろいろと見てきました。
今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下の各ポイントに示す通りです。

  • 香典返しとは、故人のご遺族が葬儀で香典をいただいたことへの感謝の気持ちとして、四十九日明けに品物をお贈りする風習のことである。
    品物の金額相場は東日本で香典の半額、西日本で3分の1となっている。
  • 香典返しで贈る品物の中でもどら焼きは比較的選ばれやすい。
    その理由として種類が多く、どのような相手にも受け取ってもらえる可能性が高いことや個包装されていて扱いやすいことがまず挙げられる。

    さらにさまざまな価格帯のものがあるため、予算に関係なく選びやすい点もメリットといえる。
  • 香典返しで選ばれる品物は、食べ物関係、タオルなどの日用品も挙げられる。
    これは香典返しの品物として消えものを贈ることで、故人のご不幸を消す意味もあるためである。

    最近では商品券やカタログギフトを贈って、受け取った側に好きな品物と交換してもらうケースも多くなっている。
    ただし贈る相手によってはトラブルになる場合もあるので、贈る際には相手を選ぶことも大切である。
  • 香典返しでタブーとされる品物はお酒類や魚・お肉類、昆布などである。
    お酒類は神道でお祝い事に使われるという理由で、魚やお肉は仏教で説かれている不殺生の教えに反するためである。
    また昆布などもお祝い事を連想させるため、香典返しの品物として避けた方が良い。

    香典返しを贈るときは品物にお礼状を添えるのが一般的な作法である。
    お礼状には葬儀に参列していただいたことや香典をいただいたことへの感謝の気持ちを示す意味がある。

香典返しではお菓子類などの食べ物や、タオルなどの日用品がよく選ばれます。
食べ物関係の中でも特にどら焼きは、種類が多くどのような相手にも受け取ってもらいやすいことや価格帯が広く予算の心配なしに選べる点などがメリットです。
このため香典返しの品物選びで悩む方は、どら焼きがおすすめでしょう。

香典返しではカタログギフトを選ぶケースも多いですが、こちらは相手によっては使い方がわからないこともあるため、贈っても問題ない方向けです。
さらに香典返しにはタブーとされている品物もいくつかあるため、それらは選ばないように注意しましょう。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

「香典返し・どら焼き」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・どら焼き」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!のサムネイル画像

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!

香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!のサムネイル画像

香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典返し・どら焼き」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと