身内のお通夜に参列する時のマナーとは?服装や香典についても解説!

身内のお通夜に参列する際に守るべきマナーを貴方はご存知ですか?大切なお通夜をマナー知らずで通すわけにはいきません。今回終活ねっとでは、身内にのお通夜に参列する時のマナーについて、服装や香典を含めて解説していきます。

目次

  1. 身内のお通夜に参列する時のマナーとは?
  2. 身内のお通夜に参列する時のマナー
  3. 身内のお通夜での服装マナー
  4. 身内のお通夜での香典マナー
  5. 身内のお通夜についてまとめ

身内のお通夜に参列する時のマナーとは?

葬儀

身内のお通夜に参列する際に、貴方はマナーに自信を持って参列することができますか?
大切なお通夜ですので、礼を失するのは避けたいところだと思います。

今回終活ねっとでは、身内のお通夜に参列する時のマナーについて詳しく説明していきます。

  • 身内のお通夜に参列する時の持ち物は?
  • 身内のお通夜に参列する時の集合時間や挨拶とは?
  • 身内のお通夜での男女の服装マナーについて
  • 身内のお通夜での香典のマナーとは

また、お通夜に参列する際の服装や香典についても、説明していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

身内のお通夜に参列する時のマナー

葬儀

まず、身内のお通夜に参列する時のマナーについて、持ち物や集合時間などを見ていきます。

持ち物

身内のお通夜に参列する際には、以下のような持ち物があります。

  • 香典

    亡くなった人と自分の関係性と、自分の年齢によって包む金額を決めます。
    家で香典袋に香典を入れて準備をして持っていきましょう。
    香典辞退と最初から分かっている場合は必要ありません。

  • 袱紗(ふくさ)

    香典を包む布です。
    葬儀用は寒色系を用います。
    香典を包んで持参しましょう。
    香典がない場合は必要ありません。

  • 数珠

    仏式であれば数珠を持参しましょう。
    白い房が一番お通夜と葬儀にふさわしいものとなります。

    二連数珠が正式ですが、略式の一連の数珠でも問題ありません。

  • ハンカチ

    涙をぬぐったり、様々な用途で使用できるお出かけで持っていくマナー用品です。
    お通夜には派手なものやキャラクターものは避け、落ち着いた色合いのものを持っていきましょう。

集合時間は?

身内のお通夜の集合時間について見ていきます。

1時間くらい前

お通夜の1時間くらい前にはお通夜の会場に到着するようにしましょう

お通夜が始まる30分前くらいからは、会葬者が多数来たり、お通夜の式の説明があったりといろいろとバタついています。
遺族の負担にならないように心がけましょう。

どうしても遅刻する場合

どうしてもお通夜が始まる時間に間に合わない場合は、間に合わないと分かった時点で会場に居る遺族に電話をいれましょう

お通夜の時間が迫っているほど、遺族は忙しくなりますので配慮が必要です。
手短に簡潔に伝えるようにします。

また、遺族でなくとも会場に知り合いがいれば、そちらに連絡をして遺族に伝えてもらう方法も大丈夫です。

遅刻してしまう場合は、お通夜の式が始まっているので大きな音などを立てないように気を付けて控えめな場所に座るのがよいでしょう。

かける言葉や挨拶について

お通夜の会場に到着したら、お悔やみの言葉で挨拶します。
一般的なお悔やみの言葉には次のようなものがあります

例文「心よりお悔やみ申し上げます」
例文「哀悼の意を表させて頂きます」
例文「このたびはご愁傷様でございます」
例文「このたびは・・・」

お通夜では、言葉が少ない方がよいとされているため、「このたびは・・・」と文末を濁しても問題ありません。

また、「ご冥福をお祈りいたします」という言葉は、仏式の浄土真宗とキリスト教以外であれば使ってもよい言葉です。
宗旨宗派がわからない場合は、上記の言葉にしておきましょう。

故人の死因に関する話題は遺族の気持ちを配慮して、こちらからは言わないようします。
遺族から話してきた場合には話題にしてもかまわないでしょう。

また、忌み言葉を使わないようにします
忌み言葉とは不吉なことを連想させるとして、通夜と葬儀には控える言葉で、下記のような言葉です。

  • 不幸や死を連想させる言葉

    枯れる・死ぬ・四・九・追って・続いて・割れる・敗れる・終えるなど

  • 繰り返す言葉

    重ね重ね・たまたま・わざわざ・度々・くれぐれも・再三再四・いよいよなど

お通夜の流れについて

ここでは、お通夜の流れについて説明していきます。

  • 受付開始

    お通夜が始まる1時間ほど前から受付が始まります。
    香典はこの時に受付に渡すようにしましょう。

  • 開式・僧侶の入場

    仏式の場合は僧侶が読経を行います。
    僧侶によって読経は異なりますが、おおよそ30分前後が一般的です。
    私語を慎み、故人を悼みましょう。

  • 僧侶の読経・焼香

    読経の最中に焼香を行います。
    司会進行の係から案内が入りますので順次焼香に進みます。
    僧侶の考えや地方によっては、読経終了後に焼香を行う場合もあります。

  • 参列者の焼香

    遺族の焼香が終わると参列者の焼香の案内がされます。

  • 喪主の挨拶・閉式

    読経が終了し、僧侶が退席すると喪主挨拶があります。
    喪主挨拶は、身内だけの葬儀の場合は割愛されることもあります。
    その後、閉式となります。

  • 通夜振る舞い

    通夜振る舞いは地域によって差があります。
    関東では参列者まで振る舞いますが、中部や関西では身内のみに振る舞われます。
    決まりはありませんので、遺族の意向によります。

    通夜に参列し、手伝ってくれた方へのねぎらいの意味合いがあり、また食事をしながら故人の思い出話などをします。

焼香の基本的な手順

焼香の基本的な手順は以下の通りです。

  • 自分の番が来たら席を立ち、焼香台の前に進む

  • 焼香をする前に、遺族と故人に対して一礼をする

  • 香をつまんで、香炉へと移す

    香を頂く回数や、香を額に押し頂くかなどは、宗派によって異なります。
    通夜を進めている僧侶の宗派に合わせるか、自分の宗派で行いましょう。

  • 故人に対して手をあわせる

  • 故人と遺族に一礼をして席へと戻る

お清めの塩は使わない

お通夜や葬儀に参列した際に、家の玄関の前でお清めの塩をまく慣習が地域によって残っています。
宗派によってはもともと使用しない場合も有ります。

塩は「穢れ」を祓うものとされて、もともとは神道の考えから生まれています。
そのため基本的には仏式とは関係がないものなのです。

そして、身内のお通夜ではお清めの塩は使いません
故人を穢れとして扱う必要はないということですね。

お清めの塩を使う場合は、身内以外のお通夜から帰ってきた玄関前でということになります。

身内のお通夜での服装マナー

困った人々

ここでは身内のお通夜での服装マナーについて見ていきます。

男性の服装

男性の場合は、主にブラックフォーマルの礼服が無難です。
ただ本来の通夜では、「知らせを聞いて取り急ぎ駆けつけた」という意味合いから、グレーや紺のスーツや落ち着いた普段着でも大丈夫とされていますが、最近のお通夜で着る人はほとんどいません。

スーツの形はダブルでもシングルでもどちらでもかまいません。
ただし、ネクタイやベルトは紺やグレーのものは一切使用せず黒のみを使用するのがマナーです。

女性の服装

女性の場合は、ブラックフォーマルのワンピースやアンサンブル・スーツを着用します。

男性と同じく、通夜は紺やグレーの色合いのものも同じ意味合いで大丈夫ではありますが、着る人は少なくなっています。
露出を控えるために袖ありの服を着用しましょう。
ストッキングは、肌色か黒のどちらでも大丈夫です。

下記の記事では、お通夜での女性の適切な服装について、髪型や持ち物なども合わせて紹介していますので、合わせて御覧ください。

こちらも読まれています

お通夜での女性の適切な服装とは?髪型や持ち物などのマナーも解説!

お通夜の服装は女性のみなさんにとって不安になることが色々ありませんか?メイクやアクセサリーなどマナー違反にならないように、事前に知っておきたい大切なお通夜の服装についてのポイントをご説明します。女性に適切な髪形や持ち物なども解説していきます。

身だしなみのマナー

ここでは身だしなみのマナーについて見ていきます。

アクセサリーについて

男性はカフスやネクタイピンをつけないように気を付けましょう。

女性もアクセサリーは一連の真珠のネックレスやブローチ、結婚指輪に限ります
男性も結婚指輪はしてお通夜に参列しても構いません。

男女ともに殺生を思わす毛皮やファーを避けます
また、光沢のあるバッグや靴も避けるようにしましょう。

髪型・化粧について

男女ともに髪が長い人は、束ねて纏めましょう。
その際、派手な髪ゴムや飾りがついた留め具は使わないようにします。
あくまで落ち着いて清潔感のある髪型にします

また、派手な化粧やカラフルなネイル、香水はマナー違反となります。

身内のお通夜での香典マナー

葬儀

香典にも様々なマナーがありますので、身内のお通夜での香典マナーについて見ていきましょう。

香典袋に関するマナー

ここでは香典袋に関するマナーを見ていきます。

香典袋の選び方

まず、香典袋の選び方についてご説明します。
香典袋は市販のものが何種類か売っていますので、水引きが黒と白の結び切りのものを選びます。
結び切りはこれ以上の不幸がないようにと願われた結び方ですのでお通夜にふさわしいものです。

蓮の柄がついているものがありますが、これは仏式のものですので仏式だとわかっている場合は使用しても構いませんが、参列する葬儀の宗教がわからない場合は、無地のものを選びましょう。

詳しくは下記の記事にて解説しています。
宗教をはじめ、金額や法事の種類ごとに解説してますので、こちらもどうぞ参考になさってください。

こちらも読まれています

香典袋の選び方って?宗教・金額・法事の種類ごとに分けて解説!

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

香典袋の書き方

まず、表書きは以下の表を参考に選んでください。

御霊前/御香典/御香料 仏式(浄土真宗を除く)・神式・キリスト教
御仏前/御香典/御香料 仏式の浄土真宗
御玉串料/御榊料/御神饌料 神式
御花料 キリスト教

宗教がわからない場合は、御霊前を選びましょう。

また、外袋には御香典などと書かれた下側に、フルネームで氏名を書きます。
連名の場合は、向かって右側から地位の高い人から書いていきます。
地位が同じであればあいおうえ順で記載します。
外袋は表書き、名前共に悲しみを表すとされる薄墨の筆ペンで書くようにします。

4人以上の連名の場合は、「一同」とまとめるか、一人の名前を書きその横に「他3名」などと書きます。
こちらも薄墨の筆ペンを使用しましょう。

中袋に香典を入れたら、中袋の裏側には住所と氏名を書きます。
その表側には香典の金額を旧字体の漢数字で縦書きで記載します。

香典袋の正しい書き方については、詳しく下記の記事で解説していますのでこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回は香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの書き方を中心に解説していきます。

香典のお金の相場

香典のお金の相場を、これから説明しますが、あくまで相場であり平均的数字だと考えるようにしてください。
香典は、故人との関係と自分の年齢でおおよそは決まりますが、身内となるとそこに地域性と一族のしきたりや風習が関わってきます。

そして、親族間の香典のやりとりは一つ間違うと後の親族関係に大きく響きますので非常に注意するべきことになります。
香典を渡す遺族に聞くのは失礼ですので経験豊富な親戚の人を頼り、情報を得ることをおすすめします。

年代/故人との関係 両親・義父母 祖父母 おじ・おば 兄弟姉妹 その他親戚 友人
20代 3万円~10万円 1万円 1万円 3万円~5万円 3千円~1万円 3千円~5千円
30代 5万円~10万円 1万円~3万円 1万円~2万円 5万円 3千円~2万円 3千円~5千円
40代以上 7万円以上 3万円~5万円 1万円~3万円 5万円 3千円~3万円 5千円~1万円

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

香典はお通夜に持って行くべき?

香典は、お通夜と葬儀のどちらで出してもかまいません
ただし、お通夜と葬儀のどちらにも、合わせて二回出すのはマナー違反です。
二回出す、つまり重ねる、不幸が重なると連想させてしまうからです。

香典の渡し方

香典は渡し方にもマナーがあります。

まず香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参します。
袱紗とは、贈り物などを包んだり覆ったりするための布です。
昔から幅広い用途に使われてきましたが、現在では主に冠婚葬祭に使用されています。
紫のものを一枚持っていると冠婚葬祭のどちらにも使えますので、便利といえるでしょう。

香典は受付で渡すものです。
しかし、袱紗に包んだまま香典を渡すことはしません。
お悔やみの言葉を述べたあと、袱紗から香典を取り出して、相手のほうから文字が読める向きにして差し出すのです。

差し出すときにお盆などが受付にあれば、そこに香典を乗せましょう。

香典の渡し方については以下の記事でさらに詳しく解説しています。
こちらも合われてお読みください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

身内のお通夜についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、身内のお通夜のマナーについてみてきました。
まとめると以下のようになります。

  • 身内のお通夜に参列する時は、香典・袱紗・数珠やハンカチなどを忘れないようにする。
  • 身内のお通夜に参列する時は、1時間ほど前にお通夜の会場へ到着するようにする。遅刻しそうな場合は、早めに連絡をする。
  • 身内のお通夜に参列する時は、お悔やみの言葉を適切に使う。
  • 身内のお通夜ではお清めの塩は必要無い。
  • お通夜では男女とも紺やグレーの色合いの服装でも構わないが、現在では黒のブラックフォーマルを着る人が多くなっている。アクセサリーは結婚指輪や女性では真珠のものに限り、つけてもよい。
  • 香典の書き方や金額相場にはマナーがある。

下記の記事では、お通夜と告別式の違いと、それぞれの流れや参列する際のマナーについて詳しく説明しています。
こちらもどうぞ合わせて御覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

お通夜と告別式の違いって何?それぞれの流れや参列時のマナーも紹介

お通夜と告別式ではどちらも読経と焼香が行われるため、似た儀式に感じられ違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。今回はお通夜と告別式の違いについて詳しく解説します。それぞれの儀式の流れや、参列時のマナーについてもご紹介します。

シェアする

「お通夜・身内」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・身内」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

身内が亡くなったらどうする?やらなければならない手続きのサムネイル画像

身内が亡くなったらどうする?やらなければならない手続き

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!のサムネイル画像

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・身内」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

身内が亡くなったらどうする?やらなければならない手続きのサムネイル画像

身内が亡くなったらどうする?やらなければならない手続き

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと