お通夜・葬儀から法要までの流れは?|違い・日程・決め方

お通夜や法要はあまり経験することのない儀式なので、それぞれがどのような流れで実施されるかご存知ない方も多いことでしょう。今回、終活ねっとでは、お通夜から法要までの流れについて、日程をどう決めるかについても解説していきます。

目次

  1. お通夜から法要までどんな流れで進むの?
  2. お通夜と法要の違いとは?
  3. お通夜から法要までの当日の流れ
  4. お通夜から法要までの日程について
  5. 葬儀・法要の日程の決め方
  6. お通夜から法要までの流れまとめ

お通夜から法要までどんな流れで進むの?

葬儀

お通夜や法要がどのような流れで実施されるのか、詳しくご存知ない方も多いのではないでしょうか。
また、お通夜から法要までの流れや日程はどのように決めるのか詳しく知っている方は少ないかと思います。

今回、終活ねっとでは、以下のようなポイントを中心にお通夜から法要までの流れについて解説していきます。

  • お通夜と法要はどう違うのか
  • お通夜から法要までの当日の流れはどのようになっているか
  • お通夜から法要までの日程はどのようになっているのか
  • お通夜から法要までの日程はどのように決めるのか

お通夜から法要まで執り行うことが決まってからでゆっくり確認することはできません。
事前に概要だけでも把握しておくことは非常に有用です。

今回の記事で、お通夜から法要までの日程はどのようになっておりどのように決めるべきか確認してみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜と法要の違いとは?

困った人々

では、お通夜と法要ではどのように違いがあるのでしょうか。
葬儀に関する言葉として、お通夜や法要という言葉は頻繁に出てきます。

お通夜と法要の違いを把握して置かないと両者を混同してしまいがちですので、お通夜と法要の違いを把握してみてください。

お通夜とは?

お通夜の本来の意味は、故人が亡くなり親族や近所の方で夜通し線香を絶やすことなく故人を偲ぶ仏教上の儀式です。
そのため、従来のお通夜では会社の関係者などの一般弔問客を呼ぶことはなく翌日の儀式に参列していました。

しかし最近では、会社関係者の方なども含めて一般の弔問客も参列しやすいように18時頃から開始し、その夜のうちに儀式も終了する「半通夜」が主流となっています。

法要とは?

本来の法要の意味は釈迦の教えを知ることをさしていましたが、現在では、故人が亡くなった後決まったタイミングで故人の冥福を祈るために供養することを表す意味になりました。

故人が亡くなった後に行う供養を「追善供養」と呼び、仏教においては、追善供養を行うことが故人の善行となり極楽浄土にいけると考えられています。

お通夜から法要までの当日の流れ

葬儀

お通夜と法要の違いについて確認できたので、次に当日はどのような流れになるのかをみていきましょう。
お通夜から法要まで、当日はどのような流れで実施されるのかを事前に把握しておくだけでも、いざ執り行う必要が生じた場合に冷静に対応できます。

以下では、お通夜から法要までの当日の流れを解説していきます。

ご臨終〜お通夜までの流れ

まずは葬儀社を探す必要があります
危篤の報を受けた段階で冷静に葬儀社を探しておくとスムーズに進みます。

ご遺体を自宅などの安置する場所へ搬送します。
ご遺体の搬送についても葬儀社に相談しておくと、車の手配なども含めて対応してもらえるでしょう。
ご遺体を安置できたらお通夜などのその後の流れについて葬儀社と打ち合わせを行います。
お通夜に日程や連絡する方の範囲など、細かく決める必要がありますので打ち合わせ段階でしっかり決めておきましょう。

お通夜当日は参列者や僧侶への対応をすることとなります。

お通夜・お葬式の流れ

次にお通夜・お葬式の当日の流れを確認していきましょう。
お通夜・お葬式の流れは、一般的には次のような流れで進行します。

  • 受付

    一般参列者は式の開始30分前には会場に集まります。
    受付は遅くとも式の開始30分前には準備をしておくと良いでしょう。

  • お通夜・お葬式の進行

    式の開始宣言とともに僧侶が入場します。
    僧侶による読経が行われ僧侶から焼香の案内が促されます。

    焼香の順番は喪主が初めに焼香を済ませ、次に親族、一般参列者の順番で行います。

    焼香が一通り終わったら僧侶は退場します。

  • 喪主の挨拶

    僧侶退場後に参列者に対して喪主から挨拶をします。
    喪主からの挨拶は1〜3分程度におさめる内容で事前に考えておくと良いでしょう。

    使ってはいけない重ね言葉や忌み言葉などもありますので不相応な言葉を使わないよう注意が必要です。

  • 通夜振る舞い・精進落とし

    お通夜・お葬式の会が終了次第、通夜振る舞いや精進落としが行われます。
    どちらも故人を偲ぶ会食の場のことで、一般参列者も含めて会食をしながら故人の生前の話などをして供養します。

法要の流れ

次に法要の流れについて確認していきましょう。
法要の当日の流れは一般的には以下のような流れとなっています。

  • 僧侶への挨拶

    法要にてお勤めをいただく僧侶へ挨拶をします。
    この時に僧侶へお布施を渡してしまうと良いでしょう。

  • 法要の進行

    法要開始の挨拶の後、僧侶が入場します。
    入場後は僧侶による読経が行われ、僧侶から焼香が促されます。

    焼香の順番はお通夜・お葬式と同様に喪主から始まり、ご遺族・親族、一般参列者の順番で行われます。

    僧侶による読経が終わったら、僧侶から法話があり僧侶は退場します。

  • 喪主の挨拶

    僧侶が退場した後、喪主から参列者の方へ挨拶が行われます。
    法要における挨拶でも、お通夜・お葬式と同様に忌み言葉や重ね言葉などは使わないように注意が必要です。

お通夜から法要までの日程について

人々

お通夜から法要までの当日の流れについてご紹介してきました。

次に、お通夜から法要までの日程について解説していきます。
お通夜から葬儀の日程はどのようになっているのか、その際の注意点についてや法要の日程についてご紹介していきます。

特に法要については仏教において実施すべきタイミングが決まっていますので、事前に把握しておく必要があります
しっかり把握しておき、その日に合わせてスケジュールが組めるようにしておきましょう。

お通夜〜葬儀の日程

まず、お通夜から葬儀の日程について解説していきます。

一般的な日程

お通夜は一般的には故人が亡くなった日の翌日に行われます。
地域などによっては故人が亡くなった当日に行う場合もありますので、お住いの地域の風習などを事前い確認しておくと良いでしょう。

葬儀はお通夜の翌日に実施されるのが一般的です。
葬儀は火葬の時間帯にもよりますが、お通夜の翌日の午前中などに実施されるのが一般的です。

日にちがずれた場合の日程

お通夜や葬儀は儀式を行う斎場の空き状況や火葬場の日程、お通夜や葬儀を行う日程によっては上記の日程よりずれる場合もあります。

その場合、最も最短で準備が進められる日程でスケジュールを組む必要があります
葬儀場や火葬場の状況によってはお通夜や葬儀の日程をずらす必要が出てきますので、葬儀社に相談しつつ日程をずらしましょう。

法要の日程

法要はお通夜と異なり実施するタイミングが決まっています
故人が亡くなった後、一般的に行われる法要の日程について解説していきます。

初七日

初七日の法要は、故人が亡くなった日から7日目に行う法要です。
初七日は仏教において、故人が三途の川にたどり着く日とされています。

初七日法要では親族などで故人の供養を行い、会食などを行うのが一般的です。

四十九日

四十九日は、仏教において故人がこの世を離れあの世へ旅立つ日とされており四十九日を迎えて遺族は忌明けとなります
忌明けすることで日常の生活に戻るため、親戚や故人と親しかった友人などを招いて法要を行います。

初七日の法要後に行う大きな法要が四十九日法要です。

一周忌

一周忌は故人が亡くなった日から1年後に行う法要です。
この一周忌までが喪中となるため、一周忌法要を迎えることで喪が明けることとなります。

一周忌法要ではご親族のみならず親戚や友人などをお呼びして、儀式や会食なども行います。

三回忌

三回忌は、故人が亡くなった日の2年後に行う法要で1周忌の後に行う大きな法要です。
三回忌という名称から、亡くなった日から3年後に行うと考えがちですが、三回忌は亡くなった日の2年後に行います。

亡くなった日を1回目の忌日として数えますので、2年後が3回目の忌日として数えることができます。

葬儀・法要の日程の決め方

人々

上記ではお通夜や葬儀、法要をどのタイミングで実施するかをみてきました。

では、お通夜や葬儀、法要の具体的な日程はどのように決めるのでしょうか。
ここでは、葬儀・法要の具体的な日程の決め方について解説していきます。

葬儀の日程の決め方

まず、葬儀の日程の決め方について解説していきます。
葬儀の日程を決める際にはどのような点を考慮すべきなのかについてご紹介していきます。

葬儀当日が友引の日を避ける

葬儀の日程を決める際には、葬儀当日が友引の日を避けるよう決めるのが一般的です。
友引は、「友を引く」という意味に捉えられていることから葬儀などの日程を避ける傾向にあります。

火葬場なども友引の日は営業していないこともありますので、葬儀当日が友引の日となることは避けたほうが良いでしょう。

火葬場の空き状況による

葬儀では火葬までを当日のうちに行いますので、火葬場の空き状況も確認したうえで日程を決める必要があります。

火葬場はほぼ毎日稼働していますが、葬儀当日に火葬場の空きがなかったり、火葬場が稼働していなかった場合、葬儀を執り行うことができなくなります。

そのため、火葬場の空き状況によって葬儀の日程を決めていくこととなります。

法要の日程の決め方

次に法要の日程の決め方について解説していきます。
法要の日程を決める際にはどのような点を考慮しながら決めていくべきか確認してみてください。

決まっている日から遅れてはいけない

法要は葬儀などと違って、儀式を行うべきタイミングや時期が決まっています
そのため、決まっている日から遅れないように日程を決める必要があります。

仏教上決まっている日に実施できない場合には、その日よりも前に実施できるように日程を決めるようにしましょう。
決まっている日から遅れないようにすることが重要です。

早めに決める

法要には親戚や故人の友人などもお呼びします。
他の方にも予定がありますので、法要の日程はなるべく早めに決めておくようにしましょう。

なお、葬儀などの日程の決め方についてはさらに詳しい記事を用意しています。
以下のリンク先もご参照いただき、葬儀・お通夜の日程の決め方などについて確認してみてください。

こちらも読まれています

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

お通夜から法要までの流れまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、お通夜から法要までの流れについてまとめてきました。

今回の記事をまとめると以下の通りです。

  • お通夜は故人が亡くなった日の翌日に実施する儀式であり、法要は亡くなった後、決まったタイミングで故人を供養する儀式である。
  • お通夜や法要の当日の流れについて事前に把握しておき、いざ執り行わなければならない場合にも慌てず、冷静に対処できるようにすることが大事。
  • お通夜は故人が亡くなった日の翌日に行い、葬儀はお通夜の翌日に実施するのが一般的。日程がズレる場合もあるので、葬儀社としっかり相談することが重要。
    法要の日程はそれぞれの儀式を行うタイミングが決まっているので、事前にしっかり確認しておく必要がある。
  • 葬儀の日程を決める際には友引を避けるのが一般的。火葬場の空き状況もしっかり確認しつつ日程を決める必要がある。
    法要の日程はタイミングが決まっているため、遅れないように決める必要がある。
    参列者の都合もあるので早めに決めることが重要。

お通夜や法要の流れについては事前にしっかり把握しておくことで、実際に行う際にも慌てずにすみます。
今回の記事を参考に、お通夜から法要までの流れや日程の決め方について確認していただき、冷静に対処できるようにしておいてください。

なお、終活ねっとではお通夜と告別式の違いやそれぞれの流れ、マナーなどについてまとめた記事も用意しています。
今回の記事と併せて参考にしてみてください。

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

お通夜と告別式の違いって何?それぞれの流れや参列時のマナーも紹介

お通夜と告別式ではどちらも読経と焼香が行われるため、似た儀式に感じられ違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。今回はお通夜と告別式の違いについて詳しく解説します。それぞれの儀式の流れや、参列時のマナーについてもご紹介します。

シェアする

「お通夜・法要」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・法要」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像

お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像

お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・法要」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引