通夜見舞いは地域によって違うの?包み方や渡し方についても解説!

通夜見舞いという言葉、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。風習として根強く残っている地域もあれば、もともと通夜見舞いという風習がない地域もあるようです。通夜見舞いが行われる地域とはどこなのか、その包み方・渡し方などについて解説していきます。

目次

  1. 通夜見舞いは地域によって違うの?
  2. 通夜見舞いとは?
  3. 通夜見舞いの地域による違い
  4. 通夜見舞いの包み方
  5. 通夜見舞いの渡し方
  6. 通夜見舞いの地域による違いまとめ

通夜見舞いは地域によって違うの?

葬儀

通夜見舞いという風習は決して全国共通の風習ではありません。
当然の風習として現在も行われている地域もあれば、それに近い風習が残っている地域や、行われていない地域・現在では全く残っていない地域もあります。
今回終活ねっとでは、通夜見舞いについて以下の項目を中心に解説いたします。

  • 通夜見舞いって何?
  • 通夜見舞いが行われている地域ってどこ?
  • 通夜見舞いって地域によってどう違うの?
  • 通夜見舞いとして何を渡すの?
  • 通夜見舞いの包み方・渡し方は?

通夜見舞いが行われる地域にお住まいの方や、仕事などの人間関係や引っ越しなどで、今後その地域にかかわりを持つことになる可能性がある方など、多くの方に最後までお読みいただいて参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

通夜見舞いとは?

葬儀

通夜見舞いの基本的な意味合いとしては、通夜の夜に線香の煙を絶やさないようにしながら一晩中故人と共に過ごす遺族に差し入れを提供すること、あるいは提供する差し入れ(食品やお金)ということになります。

ただ、意味合いそのものは地域によって考え方に違いがあるようです。
また、通夜見舞いとは別の言い方をする地域もありますし、そういった言い方そのものがない地域もあります。
しかし、言い方や形が違っても、故人と共に一夜を過ごす遺族を気遣うという意味では、全国共通の風習という考え方もできるかもしれません。

通夜見舞いの地域による違い

葬儀

上でも説明しましたように、通夜見舞いの基本的な意味合いは、遺族への気遣い・思いやりということになります。
香典が通夜・葬儀における正式・公式な慣習と位置付けられるならば、通夜見舞いはどちらかというとプライベートな意味合いが強くなります。
したがって、香典と通夜見舞いの両方を渡すのは、故人や遺族ときわめて近い関係(親族など)にある人に限られるといってよいでしょう。

香典辞退とされている場合でも通夜見舞いは有難くお受けするということもあり得ますので、遺族の方や葬儀会社の担当者に確認することをおすすめします。
場合によっては通夜に通夜見舞い、告別式に香典というように分けることもあります。
一般的な参列者は基本的には、香典だけでよいことになります。

香典の場合は香典返しという公式の慣例がありますが、通夜見舞いの場合は基本的には何かをお返しするという慣例・風習はない場合も多いです。

通夜見舞いの具体的な内容としては、遺族の負担を減らし手軽に口にすることができるようにということで、おにぎり、サンドイッチ・お菓子・飲み物などが最も一般的です。
遺族へお渡しするときには「通夜見舞いです」とはっきりお知らせするようにしましょう。
賞味期限の短い食品を間違えて仏壇にお供えしてしまうということになりかねません。

ただ、遺族のほうで軽食類を十分に準備していて、せっかく差し入れしても廃棄処分せざるを得なくなるなど、かえって遺族の気持ちにそぐわない状況を生み出すようなことは避けなければいけません。
そのような場合は、遺族と連絡を取り合ったうえで、日持ちの良いものを選ぶなどの慎重さが必要です。
場合によってはお金を通夜見舞いとする地域もあります。

またさらに、通夜見舞いにもう一つ、別に大事な意味合いが込められることになる地域もあります。
故人が生前入院したときに、本来なら入院見舞いを持って持参するべきところを、諸事情によりそれがかなわずにいるうちに訃報に接したという場合です。
この際、お見舞いとして食品やお金を持参するという意味合いがこめられることもあります。

このように通夜見舞いの大事な意味としては、遺族への気遣い・ねぎらいと入院見舞いをできなかったことの取り戻しといった二つの要素があげられます。

下記の通夜見舞いを渡す地域で挙げている茨城県・千葉県・新潟県・福岡県は、この遺族への気遣いと入院中のお見舞いのタイミングを逸した場合の故人への弔いという二つの意味合いが通夜見舞いに込められる代表的な地域ということになります。

渡す場合はのし袋やのし紙などに、御通夜見舞いと表書きして渡します。
相場としては2,000円~3,000円というところです。

通夜見舞い渡す地域

通夜見舞いを渡す風習があるのは以下の4県です。

  • 茨城県
  • 千葉県
  • 新潟県
  • 福岡県

通夜見舞いに似た慣習のある地域

通夜見舞いと似た風習で淋し見舞いを渡す地域もあります。
淋し見舞いとは、上の項でも述べているように故人を忍びながら長い通夜の一夜を過ごす遺族を気遣いねぎらうために、遺族ときわめて近い関係にある人が食品や飲み物、さらには線香などを差し入れすることです。
お金が渡されることもあります。
御淋見舞と表書きします。
愛知県・岐阜県・三重県で見られる風習です。

上記の茨城県・千葉県・新潟県・福岡県の場合の通夜見舞いと違って、故人の生前における入院の際にやむなく逸したお見舞いの機会を、通夜の場で持たせていただくといった意味合いは込められてはいないようです。
つまり純粋に遺族への差し入れという意味合いの風習ということになります。
淋し見舞いを渡すのはやはり、故人や遺族と極めて近い関係の人(親族)に限られます。
一般の参列者は香典だけ渡すことになります。

通夜にしか参列できない場合は香典とは別に淋し見舞いも渡すことになります。
告別式に参列できる場合は、通夜で淋し見舞い、告別式で香典を渡すというように分けることもできます。

淋し見舞いの風習があるのは以下の3県です。

通夜見舞いの習慣がない地域が多い

上述のように通夜見舞いの風習は茨城県・千葉県・新潟県・福岡県に限られていて、淋し見舞いは愛知県・岐阜県・三重県に限られている風習と言えるでしょう。
他の地域ではそのような具体的に名前の付いた風習としては存在していないようです。

しかし、日本人としての自然な考え方として、「遺族の思いに心を寄せて差し入れくらいはしてあげたい」という思いやりや、「諸事情で入院お見舞いには行けなかった代わりにお通夜でのお弔いはさせていただこう」という誠意は全国共通のものと考えてよいでしょう。

通夜見舞いで渡すものの違い

さて、これも少し上述しましたが、通夜見舞いとして渡すものは、現金の場合と遺族に食べてもらうための差し入れとして食品や飲料などが考えられます。

現金を渡す

突然の訃報に接して、遺族への差し入れとしての食品や飲料などを準備する時間が確保できなかった場合や、遺族との相談の上で食品飲料類はすでに多く準備されていることが分かった場合などには、通夜見舞いとして現金をわたすことは決して失礼には当たりません。

相場としては2.000円~3,000円あたりが一般的となっています。
少なすぎるのは失礼ですが、多すぎる必要もありません。
高額が遺族に精神的負担を書けてしまうということもありえます。

差し入れを渡す

通夜見舞いとして差し入れを渡す場合には、手軽に分けて食べられるようなものが一般的です。
和菓子(饅頭)などが伝統的ですが、他にも助六寿司・稲荷寿司・サンドイッチ・一口サイズのケーキ・缶詰・果物・さらには酒・飲み物(特に缶入りなど)、場合によっては線香なども選ばれることがあるようです。

金額としては現金の場合と同じで2,000円~3,000円くらいが一般的な相場です。

分からない時は葬儀社に聞く

遺族と極めて近い親族など、遺族の方と気軽に連絡を取り合える立場であれば、直接事情を聞いて通夜見舞いをどうしたらよいか確認しあうのがよいでしょう。
故人や遺族と極めて親しい関係だが、血縁ではない場合などは、どこまで割り込んで接したらよいものか、迷うことになると思います。

弔意は表したいが遺族への負担や迷惑となるような事態は避けたい場合は、葬儀社に尋ねるのが賢明でしょう。
大切な人を失った悲しみを抱きながら葬儀のための諸事をこなす負担を負う遺族と、どこまで立ち入ってかかわってよいものか決しかねている参列者の間を取り持って、スムーズな事態の進行を図ってくれる経験者に頼ってみてください。

通夜見舞いの包み方

葬儀

通夜見舞いを渡すにあたって、現金の場合と食品・飲料などの場合では包み方をどうしたらよいのでしょうか。

現金で渡す場合

通夜見舞いを現金で渡す場合は、のし袋にいれて渡すのが原則といってよいでしょう。

のし袋の選び方

のし袋の水引ですが、入院見舞いでは赤白の水引にしますが、通夜見舞いの場合は、弔い事ということで黒白の水引を選びます。
弔事での水引の結びは蝶結びではなく結び切りを選びます。
これには、不幸ごとを断ち切るという意味が込められています。

水引が印刷されたのし袋もあります。

表書きについて

水引の上に、御通夜見舞と表書きします。
地域によっては伽御見舞・御淋見舞と書くこともあります。
文字が印刷されたのし袋も売られています。
手書きの時は、急な訃報に墨をする間もなかったという意味で薄墨で書くのが基本です。

名前は水引の下にフルネームで書きます。

なお、終活ねっとでは、以下のページで香典袋の書き方について詳しくわかりやすく解説していますので、ぜひご覧になってください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回は香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの書き方を中心に解説していきます。

差し入れを持っていく場合

基本的には現金を渡す場合と同じ書き方でのし袋に書いて差し入れの品に貼って渡します。
特に箱入りのお菓子などにはのし袋をつけることが多いようです。
その一方で、すぐにそのまま手に取って食べたり飲んだりするような品物(サンドイッチや缶入りなどの飲み物)はのし袋をつけずに渡すこともあります。
お供え物とは違うという意味で、もともと何も貼らないで渡すという考え方もあるようです。

地域性ということもありますから、わからない場合は葬儀会社の人に尋ねたほうがよいでしょう。

通夜見舞いの渡し方

葬儀

通夜見舞いの渡し方について確認しておきます。

必ずお通夜に持っていく

通夜見舞いですので、当然通夜にもっていくことが大前提です。
香典の場合は通夜の時に出すか、告別式の時に出すかに分かれます。
しかし、通夜見舞いは通夜の夜に遺族の方に届けることが原則となっています。

受付に持っていく

日本の伝統として儀式で手渡される袋は、慶事であれ弔事であれ、袱紗に包んで持参し、受付の場で袱紗を開いて袋を取り出すのが礼儀となっています。
弔事の場合の色としては紺や深緑や紫などがよく使用されます。
紫は慶事にも弔事にも使われますので、おすすめです。

また、現金ではなく食品などの差し入れの場合は、通夜見舞いであることを受け付けの方に明確に伝えるように注意してください。
お供えものと勘違いされて、仏壇に数日間据え置かれることになれば、遺族へ気遣いという大事な思いやりが無駄になってしまいます。

通夜見舞いの地域による違いまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、通夜見舞いについて解説いたしました。
今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 通夜見舞いとは、通夜の夜に遺族にお届けする現金や食品・飲料のことである。
  • 通夜見舞いの風習は、茨城県・千葉県・新潟県・福岡県にあり、他に淋し見舞いの風習は、愛知県・岐阜県・三重県にある。
  • 通夜見舞いには、遺族への気遣いを表す意味と、故人の生前の入院見舞いが果たせないままだったのでそれを通夜で果たすという意味が含まれていて、地域によって意味の取り方が違う。
  • 通夜見舞いとしては、現金や食品・飲料などを渡す。
  • 通夜見舞いはのし袋に入れたり、のし紙をつけて渡すのが基本だが、のし紙無しで渡す場合もある。

以上のようなことについてご紹介してきました。
最後までお読みいただいてありがとうございました。

なお、ここ終活ねっとでは、以下のページでお通夜の流れやマナーなど、知っておきたい情報・いざというとき役立つ情報を満載しておりますのでぜひご覧になってください。

こちらも読まれています

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

シェアする

「通夜見舞い・地域」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜見舞い・地域」についてさらに知りたい方へ

通夜見舞いの袋ってどうするの?書き方マナーや香典との関係も解説!のサムネイル画像

通夜見舞いの袋ってどうするの?書き方マナーや香典との関係も解説!

通夜見舞いの書き方とは?のし袋に関するマナーや金額相場も解説!のサムネイル画像

通夜見舞いの書き方とは?のし袋に関するマナーや金額相場も解説!

通夜見舞いは薄墨で書くの?のし袋の選び方や書き方についても解説!のサムネイル画像

通夜見舞いは薄墨で書くの?のし袋の選び方や書き方についても解説!

通夜見舞いにお返しは必要なの?お返しをする場合についても解説!のサムネイル画像

通夜見舞いにお返しは必要なの?お返しをする場合についても解説!

通夜見舞いの表書きはどうすればいいの?のし袋の書き方も解説!のサムネイル画像

通夜見舞いの表書きはどうすればいいの?のし袋の書き方も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「通夜見舞い・地域」についてさらに知りたい方へ

通夜見舞いの袋ってどうするの?書き方マナーや香典との関係も解説!のサムネイル画像

通夜見舞いの袋ってどうするの?書き方マナーや香典との関係も解説!

通夜見舞いの書き方とは?のし袋に関するマナーや金額相場も解説!のサムネイル画像

通夜見舞いの書き方とは?のし袋に関するマナーや金額相場も解説!

通夜見舞いは薄墨で書くの?のし袋の選び方や書き方についても解説!のサムネイル画像

通夜見舞いは薄墨で書くの?のし袋の選び方や書き方についても解説!

通夜見舞いにお返しは必要なの?お返しをする場合についても解説!のサムネイル画像

通夜見舞いにお返しは必要なの?お返しをする場合についても解説!

通夜見舞いの表書きはどうすればいいの?のし袋の書き方も解説!のサムネイル画像

通夜見舞いの表書きはどうすればいいの?のし袋の書き方も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと