香典に15000円を包む場合に気を付けることは?金額相場も解説!

香典に15000円を包む場合に気を付けることは?金額相場も解説!

お通夜や葬儀に香典は欠かせないものの1つで、香典の金額相場で悩まれる方も多いと思います。香典に包む金額は3000円や15000円、時には10万円以上を包む場合もあります。今回は香典に15000円を包む場合に気を付けることについて、金額相場とあわせて解説します。

最終更新日: 2020年12月17日

15000円の香典について

葬儀

葬儀や法要に参列する際に香典は欠かせないものの1つで、香典の金額相場で悩む方も多いです。
香典の金額相場は故人との関係性や包む側の年齢、渡す時期(葬儀・法要など)によっても異なります。

今回「終活ねっと」では、15000円の香典について下記の点を中心に解説します。

  • 香典に15000円を包む場合について

  • 香典の金額と故人との関係性について

  • 香典袋の書き方について

  • 四十九日法要にも香典を持参するの?

以上の点を中心に解説します。

香典は包む相手や包む側の年齢によって金額が3000円や5000円、時には10万円以上の香典を包むこともあります。
この記事では、香典に15000円を包むケースを通して、香典の相場金額や香典のマナーをご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

香典に15000円を包む場合について

葬儀

香典に15000円を包むのはどのような場合なのでしょうか。
香典に包む金額を考える時は、故人との関係性・日頃の付き合いの度合い・包む側の年齢を考慮する必要があります。

また、香典の金額相場は渡す時期(葬儀・法要など)によっても異なりますので、ここでは葬儀の香典についてご紹介します。
法要の香典については、後述していますのでそちらをご覧ください。

それでは、香典に15000円を包む場合について見ていきましょう。

故人はどんな関係性の人?

香典に包む金額を考える際のポイントの1つである故人との関係性については、関係が近い人や日頃の付き合いが深い人が高額になりやすいです。

会社関係の人(同僚・上司や部下・取引先など)や友人・知人、ご近所の方の葬儀の香典の金額相場は3000円~1万円が目安で、15000円を包むことは少ないようです。
また、故人との関係性が近い父・母や兄弟姉妹(義父母・義兄弟姉妹を含む)の香典には15000円は少なすぎます。

したがって、日頃の付き合いの度合いや包む側の年齢にもよりますが、香典に15000円を包むのは、祖父・祖母おじ・おば甥・姪いとこなどのその他の親戚の場合が多いようです。

お札の枚数のマナーについて

香典に関するマナーの中には、お札の枚数のマナーがあります。
お札の枚数のマナーとは、香典に包む金額は同じ種類のお札で1枚・3枚・5枚・10枚で包むというものです。

これにはお札の枚数が偶数で割り切れるのを避けるためと、4枚や9枚から死・苦を連想するのを避けるためと言われています。
お札の種類を千円札で包むのであれば3枚で3000円か5枚で5000円、5千円札で包むのであれば1枚で5000円か3枚で15000円か5枚で25000円となります。

日頃の付き合いが深い方への香典で1万円では少ないと感じる場合は、1万円札を2枚で20000円を避けて、5千円札を3枚で15000円を包むというやり方もあります。

香典の金額は多ければ多いほど良いの?

香典にはご遺族を助けたいとの気持ちが込められていますが、香典の金額は多ければ多いほどいいのでしょうか?
香典をいただくと香典返しをするのが一般的なので、香典の金額が多すぎても余計な負担をかけることにもなりかねません

香典は金額が多すぎても少なすぎても失礼になるので、故人との関係性を踏まえて適切な金額を包むのがいいでしょう。

香典の金額と故人との関係性

お金

香典の金額相場について、故人との関係性ごとの相場をご紹介します。
日頃の付き合いの度合いや、包む側の年齢によっても幅がありますので参考にしてください。

それでは、故人が親族や親戚・知り合いや友人・職場関係の場合について見ていきましょう。

故人が親族・親戚の場合

故人が親族・親戚の場合は以下の通りです。

  • 故人が両親・配偶者の両親

    包む側が20代の場合は3万円~、30代の場合は5万円~、40代以降の場合は10万円~が目安になります。

  • 故人が兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹

    包む側が20代の場合は3万円~、30代の場合は5万円~、40代以降の場合は10万円~が目安になります。

  • 故人が祖父母・配偶者の祖父母

    包む側が20代の場合は1万円~、30代の場合は1万円~3万円、40代以降の場合は3万円~5万円が目安になります。

  • 故人がおじ・おば

    包む側が20代の場合は1万円~、30代の場合は1万円~3万円、40代以降の場合は1万円~3万円が目安になります。

  • 故人がその他の親戚

    包む側が20代の場合は3000円~、30代の場合は3000円~3万円、40代以降の場合は5000円~3万円が目安になります。

故人が親族・親戚の場合は以上になります。

故人が知り合い・友人の場合

故人が知り合い・友人の場合は以下の通りです。

  • 故人が知り合い・友人本人

    包む側が20代の場合は5000円~、30代の場合は5000円~1万円、40代以降の場合は5000円~1万円が目安になります。

  • 故人が知り合い・友人の家族

    包む側が20代の場合は3000円~、30代の場合は3000円~1万円、40代以降の場合は3000円~1万円が目安になります。

故人が知り合い・友人の場合は以上になります。

故人が職場関係の場合

故人が職場関係の場合は以下の通りです。

  • 故人が職場の上司

    包む側が20代の場合は5000円~、30代の場合は5000円~1万円、40代以降の場合は5000円~2万円が目安になります。

  • 故人が職場の上司の家族

    包む側が20代の場合は3000円~、30代の場合は3000円~1万円、40代以降の場合は5000円~1万円が目安になります。

  • 故人が職場の同僚

    包む側が20代の場合は5000円~、30代の場合は5000円~1万円、40代以降の場合は1万円~が目安になります。

故人が職場関係の場合は以上になります。

香典袋の書き方について

葬儀

香典はお通夜や葬儀に参列する際に欠かせないものなので、香典に関するマナーはおさえておきたい重要なマナーです。
ここでは、香典に関するマナーの中でも香典袋の書き方についてご紹介します。

香典袋の表書きと中袋の書き方についてご紹介しますので参考にしてください。

表書き

香典袋の表書きは、故人の宗教・宗派の違いや渡す時期によって異なります。

香典袋の表書きは以下の通りです。

  • 仏式の場合

    仏式の葬儀の表書きは御香典・御霊前になります。
    四十九日以降の表書きは御香典・御仏前になります。
    浄土真宗の表書きは、四十九日の前後にかかわらず御仏前になります。

  • 神式の場合

    神式の場合の表書きは御霊前・御玉串料になります。

  • キリスト教の場合

    キリスト教の場合の表書きは御花料になります。

香典袋の表書きは以上になります。

中袋の書き方

香典袋の種類には、お金を入れる中袋付きの香典袋があり、中袋には住所・氏名・金額を書きます。

中袋の表面金額を書きます。
金額の書き方は、表面中央に縦書きで漢数字の大字を使って書きます。
例えば、3万円を包む場合は「金参萬圓」のように頭に「金」を付けて書きます。

中袋の裏面には住所・氏名を書きます。
住所・氏名の書き方は、裏面の左側の下部に縦書きで書きます。
番地や部屋番号までしっかりと読みやすい字で書くようにしましょう。

下記の記事では、香典袋の正しい書き方について表書きや名前、中袋の書き方をご紹介しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

49日にも香典を持参するの?

困った人々

香典はお通夜や葬儀以外でも、忌日法要(四十九日など)や年忌法要(一周忌・三周忌など)に参列する際にも持参します
定期的にある法事に持参する香典は、故人との関係性や包む側の年齢、食事の有無などによって金額相場が異なりますが、月日が経つにつれて金額相場は下がるのが一般的です。

下記の記事では、法事の香典金額について、回忌別・関係性別の金額を紹介しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

15000円の香典についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、15000円の香典について解説してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 15000円は、故人が祖父母やおじ・おば、その他の親戚の葬式の香典で包むことがあります。
    香典に包むお札の枚数が4枚や9枚、偶数にならないように気を付けましょう。
    香典は多ければ多いほどいいわけではないので、故人との関係性を踏まえて適切な金額を包むようにしましょう。

  • 香典の金額と故人との関係性については、故人との関係性が近い(続柄が近い)人ほど高額になります。
    また、包む側の年齢が20代よりも30代、30代よりも40代以降の方が高額になります。

  • 香典袋の書き方については、表書きは宗教・宗派の違いや渡す時期によって異なります。
    仏式の表書きは御香典・御霊前・御仏前などがあり、マナーにあった表書きを使いましょう。
    神式の表書きは御霊前・御玉串料、キリスト教の表書きは御花料になります。

  • 中袋の書き方は、表面に金額を漢数字の大字を使って縦書きで書きます。
    裏面には住所・氏名を縦書きで書きます。
    番地や部屋番号までしっかりと読みやすい字で書きましょう。

  • 定期的にある法事にも香典は持参します。
    法事に持参する香典の金額相場は、月日が経つにつれて金額相場は下がります。

以上の内容について解説してきました。

香典に15000円を包む場合に気を付ける点についてご理解いただけたのではないでしょうか。

香典に包む金額は決まった正解があるわけではありませんので、ご紹介した内容が香典に包む金額を考える際の参考になれば幸いです。

「終活ねっと」では、この他にも以下の記事のような葬儀に関する記事を多数記載しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事