叔父のお通夜には参列するべき?香典の金額や服装についても解説!

叔父が亡くなった場合、お通夜に参列するべきなのか悩む方もいるのではないですか?会社によっては忌引休暇がもらえない場合もあり、戸惑うのではないでしょうか?今回終活ねっとでは、叔父のお通夜に参列するべきなのか、また、香典の金額や服装について解説いたします。

目次

  1. 叔父のお通夜には参列するべき?
  2. 叔父のお通夜に参列することについて
  3. 叔父のお通夜で渡す香典について
  4. 叔父のお通夜・お葬式の服装について
  5. 叔父のお通夜に参列するべきかまとめ

叔父のお通夜には参列するべき?

人々

会社関係や友人・知人の場合なら、お通夜に参列するかしないかは自分の判断で決められますが、叔父のような親戚の場合はかえって判断が難しいのではないでしょうか?

叔父とはいえ、ほとんど会っていない場合もあります。
名前は知っているが、顔を見たことがないという場合もあるでしょう。
叔父の場合、会社を休んでまで行かなければならないのか、悩んでしまうこともあるかと思います。

今回終活ねっとでは、叔父のお通夜に参列するべきなのかについて以下の項目で解説いたします。

  • 叔父のお通夜には参列しなければならないのか?
  • 叔父のお通夜で渡す香典の金額っていくら?
  • 叔父のお通夜・お葬式の服装は?

最後までご覧になり、叔父のお通夜の際に、お役に立ててください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

叔父のお通夜に参列することについて

葬儀

叔父の場合、血縁でも姻戚でも親族にあたります。
親族が亡くなったのだから、お通夜や葬儀に参列するのが筋だろうと考えてしまいます。
特に血縁の叔父の場合、欠席すると、あとから何か言われるのではないかと不安になると思います。

両親が叔父のお通夜に参加すれば、自分は行かなくてもいいと思っている方もいれば、両親と一緒に参列するのが常識と思っている方もいるのではないでしょうか。

叔父のお通夜に参列することについて、以下で詳しく解説いたします。

叔父のお通夜には出席するべき?

叔父といっても、血縁の叔父と姻戚の叔父とでは、関わり合いが違うと思います。
血縁の叔父でも、ほとんど会わない人もいるでしょう。
逆に姻戚の叔父でも、親交の深い人もいると思います。

叔父といっても、関わり合いは様々であり、出欠の判断は非常に難しいところです。

基本的には出席する

叔父のお通夜へは、基本的には出席すべきです
ただし、これは正式なルールというわけではなく、常識として言われていることです。
叔父のお通夜に出席しないと、マナー違反になってしまうということはありません。

個人によって都合は様々です。
その時その時で、事情が変わるのは仕方のないことではないでしょうか。
都合が付けば出席するというのが、一般的な対応になっています。
可能であれば出席する、という判断で問題はないと言われています。

どうしても欠席する場合

遠方の場合、ご遺族が気を遣って出席を辞退してくる場合もあります。
また、どうしても仕事の都合で当日休めず、出席できないという場合もあるでしょう。
必ず出席しなければならないというルールはないため、欠席しても問題はありません。

欠席する場合は欠席の連絡をするのがマナーです
言い訳がましく長々と理由を伝えるのではなく、やむを得ない事情があることや、どうしても都合が付かないといった、簡潔な言葉にしてください。

現在は仕事やプライベートで、メールは主要な連絡ツールになっています。
従来は電話が一般的でしたが、今はメールでも失礼にはならないようです。
欠席する場合は早めに連絡をしましょう。

告別式には参列できる場合

お通夜を欠席して告別式だけに参列しても問題はありません
一般的に通夜は夕方から行われ、告別式は翌日に行われます。

会社帰りではお通夜の時間に間に合わない場合は、1日の休暇では足りません。
そのため、休暇の関係でお通夜は欠席し、告別式のみ参列するという人も多いです。

告別式のみ参列する場合は、事前にその旨を伝えてください
火葬中や火葬後に精進落としの食事をする場合があります。
告別式当日の朝に料理の数を決めるため、その前に参加することを伝えるべきです。

どちらにも参列できない場合

どうしても、お通夜と告別式のどちらにも参列できない場合もあると思います。
どちらにも参列できない場合もその旨を遺族に伝えてください

しかし、欠席でも香典は出す必要があります
両親またはどちらかが参列する場合は、香典を預けて渡してもらうのがいいでしょう。
代理がいない場合や遠方の場合は、あとで香典を現金書留で送るという方法もあります。
香典を書留で送る際は哀悼の意をこめた手紙を添えるといいと思います。

香典以外にも、弔電を送ったり、弔問をするという方法もあります。
弔電は告別式の1時間前には届くようにしてください。
弔問する場合は、遺族も葬式の後は色々な対応で忙しいため、都合のいい日時を聞いてから行くようにしてください。

妻や旦那の叔父のお通夜には出席するべき?

妻や旦那の叔父は、自身にとっては姻戚の叔父にあたり親族です。
親族とはいえ、一般的にはあまり関係がない間柄ではないでしょうか。

お通夜に出席するかしないかは、叔父との付き合いの度合いだと思います。
付き合いが深ければ、妻や旦那と一緒にお通夜に出席しますが、付き合いが無ければ妻や旦那のみが出席する場合が多いようです。

その後、四十九日法要や一周忌、三回忌と続きます。
無理に出席しなくても、そちらに顔を出すことで義理は立つと思います。

叔父のお通夜・葬式で会社は休めるの?

一般的に会社では忌引休暇(慶弔休暇)があり、有休休暇として処理されます。
適用範囲や休める日数は会社によって異なります。

実の父母方の叔父・叔母の場合は適用され、1~2日認めれますが、義理の父母方の叔父・叔母だと認められない会社が多いです

自分の会社の慶弔規定を確認しておいた方がいいでしょう。

叔父のお通夜で渡す香典について

葬儀

叔父の場合、お通夜に渡す香典は、いくら包めばいいのでしょうか。
香典の金額について悩む方も多いと思います。
身内からもらう香典は、身内以外の弔問者より高額になっている場合が通例です。

叔父のお通夜の場合に包む金額とは?

では、いくら包めばいいのでしょうか?
香典の金額には決まったルールはありませんが、一般的な金額の目安というものがあり、叔父の場合は1万円~3万円程度が目安とされています。

下記の記事では、香典の金額相場を関係別・法要別に紹介しています。
詳しく書かれていますので、こちらをご覧になってください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

香典袋について

香典は香典袋に入れて持って行きます。
香典袋はコンビニでも売られているため、簡単に入手することができます。
ただし、香典袋にも種類があるため、選び間違いがないようにすることが重要です。

香典袋の選び方

お店で売られている香典袋には、表書きがあらかじめ印刷されています。
表書きは、「御霊前」、「御仏前」、「御香典」などがあります。
お通夜に持っていく香典袋の表書きは故人の宗派にあったものを使います
また、宗教によって水引の色が違ったり、印刷される柄が異なっていたりもします。

下記の記事では、香典袋の選び方について解説しています。
詳しく書かれていますので、こちらをご覧になってください。

こちらも読まれています

香典袋の選び方って?宗教・金額・法事の種類ごとに分けて解説!

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

香典袋の書き方

香典袋の表側には表書きと名前を書きます。
また、香典袋には中袋が付いており、金額や自分の住所・名前を書く必要があります。
それらの書き方にもいくつかのマナーがあるため抑えておきたいポイントです。

以下の記事では、香典袋の正しい書き方について解説しています。
詳しく書かれていますので、こちらをご覧になってください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回は香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの書き方を中心に解説していきます。

お通夜と告別式どちらに持っていく?

お通夜と告別式の両方に参列する場合、どちらで香典を出せばいいのか悩みますよね?
両方に参列する場合、香典は2回出すものと思っている方もいるのではないでしょうか?

両方に参列する場合は香典はお通夜で渡し、告別式は記帳のみで問題ありません
不幸が重なるという意味で、2回香典を出すのはタブーとされています。

叔父のお通夜・お葬式の服装について

葬儀

叔父のお通夜やお葬式に参列する場合、服装はどうしたらいいでしょうか。
基本的に身内でも一般弔問者と同じ服装で構いません
ただし、服装にもマナーがあるため、身だしなみのマナーについて見ていきましょう。

男性の服装・身だしなみ

基本は礼服かブラックスーツです。
ダークスーツでも問題はありません。
白のワイシャツ、黒のネクタイを着用してください。
ネクタイは黒無地でも光沢のあるものや、柄の入ったものは避けてください。

靴は黒無地の布製か合成皮革です。
ベルトも黒の合成皮革で、金具等が目立つものや、ワニ革やヘビ革のベルトは避けてください。

ネクタイはしても、ネクタイピンは付けないのが基本です。
アクセサリーは結婚指輪以外は外すのが基本です。
腕時計もできれば外した方がいいでしょう。

女性の服装・身だしなみ

ブラックフォーマルやワンピースが多いです。
ストッキングの色は基本的に黒無地がマナーとされています。
素足はマナー違反になりますので必ずストッキングを着用してください。

男性同様、結婚指輪以外のアクセサリーは外してください。
基本的に腕時計は外しておいた方がいいでしょう。

イヤリングやピアスは過度な装飾とみなされます。
出来る限り、身に着けない方がいいでしょう。
ネックレスは一連のネックレスにしてください。
二連や三連のものは不幸が重なるという意味になるため、絶対に控えてください。

髪の長い女性は、黒のヘアゴムでシンプルに結ぶのがおすすめです。
カチューシャなどはカジュアルな印象を与えるので避けた方がいいです。

下記の記事では、お通夜の基本的な服装について解説しています。
詳しく書かれていますので、こちらをご覧になってください。

こちらも読まれています

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

急な訃報でお通夜に参列することになった時、あれ?お通夜ってどんな服装で行けばいいの?と焦る方も多いと思います。告別式は喪服だけどお通夜は…?と不安な方に、お通夜の服装についてご紹介。マナーを知っておけば、もしもの時でも大丈夫!

叔父のお通夜に参列するべきかまとめ

困った人々

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、叔父のお通夜に参列するべきなのかについて解説してきました。
今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 叔父のお通夜へは基本的には出席すべきだが、都合がつかない場合は欠席しても問題はない。
  • お通夜を欠席する場合は、欠席の旨を簡潔な言葉で伝える。
  • お通夜を欠席して告別式だけ参列しても問題はないが、その場合は告別式当日の朝までに参加することを伝える。
  • お通夜と告別式のどちらにも参列できない場合は代理の人に香典を預けて渡してもらうのがいいが、代理がいない場合や遠方の場合はあとで香典を現金書留で送る。香典以外にも弔電を送ったり弔問をするという方法もある。
  • 妻や旦那の叔父のお通夜は、付き合いが深ければ妻や旦那と一緒にお通夜に出席するが、付き合いが無ければ妻や旦那のみが出席する場合が多い。
  • 叔父のお通夜・葬式での忌引休暇範囲や日数は会社によって異なるため、確認をしておいた方がよい。
  • 香典の金額には決まったルールはないが一般的な金額の目安というものがある。
  • 香典袋にも種類があるため、選び間違いがないようにすることが重要。
  • お通夜と告別式の両方に参列する場合はお通夜で香典を渡し、告別式は記帳のみで問題はない。
  • 身内でも一般弔問者と同じ服装で構わないが、服装にはマナーがある。

叔父だからといって、お通夜に必ず出席する必要はないのですね。
あなた自身の気持ちで判断すれば、いいのではないでしょうか。

お通夜に出席する場合は、服装や香典などにマナーがあるため、しっかり守りたいものですね。
今回の記事がお役に立てば幸いです。

以下の記事では、お通夜と告別式の違いについて詳しく解説しています。
こちらの記事も、ぜひご覧になってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

お通夜と告別式の違いって何?それぞれの流れや参列時のマナーも紹介

お通夜と告別式ではどちらも読経と焼香が行われるため、似た儀式に感じられ違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。今回はお通夜と告別式の違いについて詳しく解説します。それぞれの儀式の流れや、参列時のマナーについてもご紹介します。

シェアする

「お通夜・叔父」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・叔父」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像

お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像

お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・叔父」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引