今日亡くなった人のお通夜はいつ行う?日取りや焼香についても解説!

今日亡くなった人のお通夜はいつ行う?日取りや焼香についても解説!

今日亡くなった人のお通夜はいつ行うのかご存知ですか?亡くなってからお通夜や葬儀までは準備の時間がないことが多く、初めてだと戸惑うことも多いと思います。そこで今回は、今日亡くなった人のお通夜はいつ行うかについて解説します。また、あわせて日取りや焼香も解説します。

最終更新日: 2020年12月17日

今日亡くなられた人のお通夜について

葬儀

お通夜は亡くなられてからどのくらいで執り行われるかご存知ですか?
お通夜~葬儀・火葬までの流れは決まっていることが多いですが、実際に当事者になってみないと分からないことも多いと思います。

そこで今回「終活ねっと」では、今日亡くなられた人のお通夜について、下記の点を中心に解説します。

  • 今日亡くなられた人のお通夜の日取りについて

  • 今日亡くなられた人のお通夜の連絡について

  • お通夜に参列する際のマナー

以上の点を中心に解説します。

お通夜や葬儀に参列した経験はあっても、お通夜から葬儀・火葬がどんな段取りで執り行われるかをご存知の方は少ないかもしれません。

この記事では、お通夜・葬儀・火葬の日取りがきめられる要因と、お通夜の連絡をする際のポイントについて解説します。
また、お通夜に参列する際のマナーもあわせてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

今日亡くなられた人のお通夜の日取り

葬儀

今日亡くなられた人のお通夜はいつ執り行われるのが一般的なのでしょうか?

ご臨終からお通夜や葬儀を執り行うまでには、決めなければいけないことが数多くあります。
また、提出しないといけない書類や決められた手続きなども多いです。
大切な方のご臨終を目の当たりにし、冷静ではいられない中での準備になりますので、事前にお通夜の日取りや流れについて知っておくことは大切だと思います。

それでは、今日亡くなられた人のお通夜の日取りについて見ていきましょう。
一般葬で執り行われるお通夜や葬儀・告別式~火葬までの流れを基本としてご紹介します。

今日ご臨終なら明日に行われることが多い

一般的に今日ご臨終なら明日に執り行われることが多いようです。
ご臨終の時間帯(早朝など)によっては、お通夜を当日に執り行うことも可能ですが、ご臨終からお通夜まで準備が必要なので、当日に執り行うのは難しいようです。

ご臨終からお通夜までの流れを簡単にご紹介します。

ご臨終の当日の流れは以下の通りです。

  • ご臨終・安置

    死亡確認後に死亡診断書を書いてもらいます。
    安置所でご遺体を安置します。

  • 葬儀社との打ち合わせ

    葬儀社を手配して、葬儀社の担当者・ご遺族で日程などの打ち合わせを行います。
    死亡診断書を担当者に渡して、死亡届や火葬許可証などの手続きを依頼します。

  • 訃報連絡・日程連絡

    先に近親者には訃報連絡を行い、日程が決まり次第日程連絡をします。
    その他の参列者には打ち合わせで内容が決まり次第、訃報・日程連絡をします。

ご臨終の翌日の流れは以下の通りです。

  • 納棺

    僧侶の立会いの下、死装束を施したご遺体を棺におさめます。

  • お通夜

    お通夜は夕方頃から行われるのが一般的です。

ご臨終からお通夜までの流れは以上になります。

お通夜には日程に関する明確なルールはない

先程もお話しましたが、お通夜はご臨終の翌日の夕方に行われることが多いです。
しかし、ご臨終が早朝などの場合は、当日の夕方頃にお通夜が行われることもあります。
このように、お通夜には日程に関する明確なルールがあるわけではありません

告別式・葬儀は通夜の翌日

一般葬のような一般的な流れで執り行われる場合は、お通夜の翌日に葬儀・告別式~火葬の流れになります。
開始時刻の目安としては、葬儀・告別式は午前10時頃から1~2時間程度午後から火葬の流れが多いようです。

火葬場の空き状況を確認しておく

火葬場が混雑していたり、定休日であったりする場合もあるので、事前に火葬場の空き状況を確認しておきましょう。
また、法律で火葬はご臨終から24時間は出来ない決まりになっていますので、注意してください。

お通夜の日程を決める際は、火葬の日程を決めてから逆算して決めることも多いようです。
お通夜から火葬までの日程が空くと、ご遺体を維持する費用がかさむことにも繋がりますので、葬儀社に相談の上日程を決めるようにしましょう。

六曜について

六曜とは、先勝(せんしょう)・友引(ともびき)・先負(さきまけ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(しゃっこう)の六曜からなる日の吉日を表すものです。

結婚式などの祝い事は大安を選び、仏滅は避けるというように冠婚葬祭では六曜を気にされる方が多いのではないでしょうか。

それでは、六曜のお通夜や葬儀との関係を見ていきましょう。

六曜と仏教は関係ない

六曜の起源は中国と言われていますが、はっきりとは分かってはいません。
また、六曜の1つに仏滅(仏も滅する日)がありますが、これはもともと物滅(物が滅して新しくはじまる)から来ている説もあり、仏教と関係があるわけではありません

友引の前日は行わないことが多い

お通夜は友引の前日に行わないことが多いです。
それは、お通夜の翌日の葬儀・火葬を友引に行うと「弔事に友を引く」と考えられているからです。
気にされない方もいますが、友引に葬儀を行うのを気にされる方も多いので注意しましょう。

これらのことから友引を定休日にしている火葬場も多く、葬儀を執り行っても火葬が出来ないこともあります。
火葬場の定休日を確認するようにしましょう。

仏滅に通夜を行ってもよいか

仏滅にお通夜を行っても問題ありません
仏滅(仏も滅する日)は何をやってもダメな日というイメージを持ちがちですが、仏式の葬儀であっても六曜は関係ないので問題ありません。

今日亡くなられた人のお通夜の連絡について

葬儀

ご家族や親族が亡くなられたら、周囲の方に訃報(亡くなった事・お通夜や葬儀の案内)を伝える必要があります。

ここでは、連絡するタイミング・連絡する手段・伝えるポイントについてご紹介します。
それでは、今日亡くなられた人のお通夜の連絡について見ていきましょう。

連絡するタイミングはいつか

連絡するタイミングは、ご遺体の安置が終わりお通夜や葬儀・告別式の日程が決まってからが一般的です。
しかし、ご家族やご親族、特に親しい友人には取り急ぎ亡くなったことだけを連絡し、お通夜や葬儀・告別式の日程については詳しいことが決まり次第別途連絡することも珍しくありません。

連絡する手段

連絡する手段としては、電話メールFAXなどが挙げられます。

電話で連絡する

基本的には電話で直接伝えるのが一般的です。
伝える相手や内容に不足がないように事前に準備してから電話しましょう。

メールで連絡する

電話が繋がらない場合や、伝える方が多い場合などはメールで連絡するほうがいい場合もあります。
会社関係などに連絡する場合は、電話をしてメールを送るといいでしょう。

FAXで連絡する

連絡する方が多い場合にはFAXで連絡することもあります。
お通夜や葬儀・告別式の日程について、伝え間違いや聞き間違いがないように文字で伝えることができるので安心です。

その他の連絡手段

その他の連絡手段として、新聞のお悔やみ欄回覧板などもあります。
新聞のお悔やみ欄は、無料の場合は必ず掲載されるわけではありませんので注意が必要です。
自治会などの連絡には回覧板で伝えることもあります。

伝えるポイント

最低限伝えるポイントは以下になります。

  • 亡くなったことと、故人のお名前

  • お通夜や葬儀・告別式の日時や場所

この他にも、喪主の名前連絡先葬儀の形式(家族葬で執り行う場合は特に)や宗教宗派、連絡する相手によっては故人の死因なども連絡します。

下記の記事では、お通夜の連絡はいつするべきについて、連絡手段や返信などについてご紹介しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

お通夜に参列する際のマナー

葬儀

お通夜に関するマナーは多く、お通夜に参列する度に確認しているという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、お通夜に参列する際のマナーとして、忌み言葉・香典の渡し方・焼香の作法についてご紹介します。
お通夜には欠かせない基本的なマナーになりますので、ぜひご覧ください。

お通夜では忌み言葉を使わない

お通夜では忌み言葉を使わないのがマナーです。
忌み言葉とは「重ね重ね」「ますます」などの重ね言葉や、「再び」「繰り返し」などの不幸が続くことを連想させる言葉を言います。

この他にも、ご遺族に直接死因を尋ねることは避けましょう
また、「死ぬ」「生きている時」などの直接的な表現は避けて、「死ぬ」は「亡くなる」という表現に、「生きている時」は「お元気な時」という表現にしましょう。

香典の渡し方

基本的に香典は受付で渡します。
まず、香典を持参する際は袱紗(ふくさ)に包んで持参しましょう。

袱紗から香典を取り出すタイミングはちょうど受付に来たときです。
受付で香典を取り出し、お悔やみの言葉を述べてから係の方に渡します。
香典を渡す時は、相手側から表書きが読める向きで渡しましょう。

下記の記事では、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点を詳しく解説しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

焼香の作法

焼香の作法についてご紹介します。

左手に数珠を持って進み、焼香台に着たら合掌します。
右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまみ目の高さまで持ち上げ、指をこすり合わせながら香炉の中に落とす動作を1回~3回繰り返します。
焼香が済んだら合掌します。

焼香の作法は宗教・宗派によってことなります。
また、抹香ではなく線香で焼香を行う場合もあります。

今日亡くなられた人のお通夜についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、今日亡くなられた人のお通夜について解説してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 今日亡くなられた人のお通夜の日取りについては、ご臨終の翌日に行わることが多いです。

  • お通夜の日程に関する明確なルールはありませんが、葬儀・告別式・火葬は通夜の翌日に行われることが多く、火葬場の定休日や空き状況で日取りを考えることが多いです。
    仏教と六曜は関係ありませんが、友引の前日はお通夜を行わないことも多いようです。

  • 今日亡くなられた人のお通夜の連絡については、ご遺体を安置した後にお通夜の日程が決まり次第訃報の連絡をするのが一般的です。
    ご遺族や親族には亡くなられて直ぐ連絡をして、お通夜などの詳細が決まり次第追って連絡することも珍しくありません。

  • 連絡の手段は電話・メール・FAXなどで、伝える内容は亡くなった方のお名前・お通夜の日時や場所・喪主の名前や連絡先・葬儀の形式などを連絡しましょう。

  • お通夜に参列する際のマナーとして、忌み言葉を使わない・香典の渡し方・焼香の作法などは欠かせないマナーになります。
    忌み言葉や香典の渡し方は宗教・宗派による違いはありませんが、焼香の作法は宗教・宗派によって異なります。

以上の内容について解説してきました。

お通夜や葬儀の段取りは、悲しみの最中に短い時間で行うことになります。
お通夜や葬儀の流れを事前に確認しておくことで、いざという時に慌てず行動できるようになるかもしれません。
皆さんが悔いのない素晴らしい葬儀を執り行う助けになれば幸いです。

「終活ねっと」では葬儀に関する記事を多数掲載しています。
下記の記事では、葬儀費用の相場について、内訳や料金を安くする方法、注意点を解説しています。
ぜひ、あわせてごご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像
    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像
    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介のサムネイル画像
    お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介

    お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。

  • お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像
    お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

    お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

  • お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像
    お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

    冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。

  • お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像
    お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像
    お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

    お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

  • お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像
    お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

    お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。

  • お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像
    お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

    通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。

  • お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像
    お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す