会社の上司のお通夜は参列すべき?香典やお悔やみの挨拶について解説

会社勤めをしている方にとって上司は、尊敬すべき立場であるとともに頼れる先輩です。もし上司のご家族が亡くなった場合、お通夜に参列すべきなのでしょうか。今回は上司のご家族が亡くなった場合、お通夜に参列すべきかどうかを見ていきます。

目次

  1. 上司のお通夜について
  2. 上司や上司の家族のお通夜には出席すべきか
  3. 上司のお通夜に持参する香典について
  4. 上司のお通夜での挨拶について
  5. お通夜に参列する時の服装のマナー
  6. 上司のお通夜についてまとめ

上司のお通夜について

葬儀

会社勤めをしている方などにとって上司とは、尊敬すべき立場の方であるとともに、頼れる先輩です。
このため日頃から仕事でもプライベートでもいろいろとお世話になることが多いでしょう。

さてもしあなたの上司やご家族が亡くなった場合、お通夜に参列するべきかどうかで悩む方もいます。
確かに上司であれば参加すべきというのはわかりやすいですが、そのご家族の場合については悩みどころです。

かといって、ご家族のお通夜に参列しなかったことで、後になって上司との間にわだかまりが生じるのもあまり良い話ではありません。
そこで今回終活ねっとでは、上司やそのご家族が亡くなった場合はお通夜に参列すべきかどうかについて見ていきます。

  • 上司やそのご家族のお通夜には出席すべきなのか?
  • 上司やそのご家族のお通夜に持参する香典とは?
  • 上司やそのご家族のお通夜で適した挨拶とは?
  • お通夜に参列する際の適切な服装とは?

上司やそのご家族のお通夜に参列すべきか悩みがちな方やマナーがわからない方にとって、大変役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

上司や上司の家族のお通夜には出席すべきか

困った人々

もしあなたの上司やそのご家族が突然亡くなった場合、お通夜に参列すべきなのでしょうか。
ここではまず、上司やそのご家族が亡くなった場合のお通夜について見ていきます。

上司本人のお通夜には参加すべき

まず故人が上司本人である場合は、極力参列するべきです。
日頃からお世話になっている以上、上司本人のお通夜に参列しなければ、ご遺族や会社の同僚から非常識と評価されかねません。

加えて葬儀・告別式の日が仕事である場合は、なおさらお通夜に参列した方が良いです。
本来お通夜は、葬儀・告別式に参列できない方が故人とお別れができるように設けられています。
たとえ関係の悪かった上司であっても、指導してもらった感謝として参列するのがマナーです。

特に若手の社員である場合、会場で受付や会計、会場までの道案内を頼まれることもあります。
そのことも考えると、やや早めに会場へ向かった方が無難です。
なお、お手伝いを頼まれる場合は、翌日の葬儀・告別式まで参列することになります。

上司の家族のお通夜の場合

一方故人が上司の両親や妻、子供といったご家族の場合は参列すべきなのでしょうか。
上司にとって両親や妻など関係の深いご家族が故人の場合であれば参列すべきです。

特に上司のご家族と深い親交をしていたという場合は、上司の場合と同じように極力参列しましょう。
受付などのお手伝いを頼まれる場合もあるため、時間に余裕をもって早めに出かけると無難です。
お手伝いを頼まれる場合は、翌日の葬儀・告別式まで参列することになります。

ただし上司の親戚などのように、上司本人にとっても血筋で離れている方が故人の場合は参列しなくても大丈夫でしょう。

上司のお通夜に持参する香典について

葬儀

上司やそのご家族のお通夜に参列する場合、香典を持参すべきかどうかに悩む方は多いでしょう。
ここでは上司やそのご家族のお通夜に香典を持参すべきか、持参する場合の相場はいくらなのかについて見ていきます。

香典は持参すべきか

上司本人が故人の場合でも、また上司の近いご家族が故人の場合でも香典は持参すべきです。
一般的に香典はご遺族が葬儀を行うのを金銭面で援助する意味合いがあるとともに、故人に対する哀悼や誠意を示すものとされています。

特に故人が上司の場合は、お元気だったころに受けた指導や恩に感謝する意味で必ず持参しましょう。
上司のご家族が故人の場合でも、親交が深ければなるべく持参するようにします。
なお参列できない場合は、参列できる方に預けて代わりに渡してもらうという方法がおすすめです。

金額の目安はいくらか

香典を持参すべきということになれば、重要な問題として香典をいくら包むべきかという点が挙げられます。

上司本人が故人の場合は、5千円から1万円が相場です。
ただし年代によってさまざまで、20代が持参する場合は3千円から5千円であるのに対し、40代以上は1万円以上出すべきという考え方もあります。

一方上司のご家族が故人の場合は、3千円から1万円が相場です。
こちらも持参する方の年代によりさまざまで、20代の場合は3千円から5千円であるのに対し、30代以上は5千円から1万円出すべきと考える場合もあります。

会社関係の人に送る香典の金額相場については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

こちらも読まれています

会社の人に送る香典の金額相場は?上司・同僚・部下の違いをご紹介!

会社関係の人の葬儀は親族のものとは違うため、香典の相場もわかりにくいものです。故人との関係性は様々であり、規則や相談だけでは検討しにくいこともあります。今回の記事では、会社の人に送る香典の金額相場について、要点と理由を全般的に解説していきます。

上司のお通夜での挨拶について

葬儀

上司やそのご家族のお通夜に参列する際は、お悔やみの言葉などの言葉遣いに気を付ける必要があります。
特に会社関係のつながりであるため、なおさら注意しないと後で困ることになるでしょう。
ここでは上司やそのご家族のお通夜で心掛けるべき言葉遣いのマナーを見ていきます。

訃報の知らせを受けた時にかける言葉

まず心がけるべきシチュエーションが、訃報の知らせを受け取った場合です。
口頭や電話で掛ける場合とメールで返信する場合とで異なりますので、注意しましょう。

口頭・電話

口頭や電話で訃報を受けた場合は、なるべく手短に哀悼の意を伝えましょう。
声を途中で詰まらせるのも、悲しみの気持ちを伝えるうえで大切です。
上司が亡くなった際にご遺族に掛けるうえで無難な例文として、以下のようなものがあります。

お知らせいただきありがとうございます。
突然のことで言葉が見つかりません。
〇〇部長のご冥福をお祈りいたします。
お知らせいただきありがとうございます。
○○課長には大変お世話になりました。
心からお悔やみ申し上げます。
もしよろしければお別れの式の日時や場所を教えていただけますでしょうか。

また上司のご家族が亡くなって上司に言葉を掛ける際には、以下のような例が良いでしょう。

この度は突然のことで言葉も見つかりません。
何かお手伝いできることがあればおっしゃってください。

メール

メールで伝える場合は、口頭や電話で伝えるよりも表現の正確さを心がけましょう。
まず上司が亡くなった際にご遺族に送る場合の例文です。

○○部長の訃報に接し、突然のことで驚いております。
心からお悔やみ申し上げます。
心身とも大変でしょうが、なにとぞお気落としなさいませんように。

また上司のご家族が亡くなって上司に送る場合は、以下のように書くと良いでしょう。

突然の訃報で驚いております。
○○様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
何かお手伝いできることがあればおっしゃってください。

受付でのお悔やみのあいさつ

実際にお通夜の受付で掛けるお悔やみのあいさつは、以下のようなものが良いでしょう。

この度はご愁傷さまです。
○○様のご冥福をお祈り申し上げます。
○○課長には大変お世話になりました。
突然のことで残念でなりません。

お通夜に参列する時の服装のマナー

葬儀

お通夜に参列する際には、服装にも注意する必要があります。
ここでは性別ごとにお通夜で適切な服装について、ごく簡潔にご紹介しましょう。

男性の場合

男性の場合は黒色か暗色系の上下スーツと、黒ネクタイを締めた白無地のワイシャツを着用します。
靴や靴下も黒色や暗色系のものを着用しましょう。

アクセサリー関係は、結婚指輪や婚約指輪以外はなるべくつけないようにします。
特にネクタイピンなどのように光沢が著しいものは、お通夜の雰囲気を壊しかねないため置いてくるようにしましょう。

女性の場合

女性の場合は黒色か暗色系のスーツやワンピースを着用するのが基本形です。
靴はパンプスを履き、脚の部分にはストッキングを着用しますが、こちらも同じように黒色や暗色系のものを選びましょう。

アクセサリーについては男性の場合と同じように、結婚指輪や婚約指輪以外はあまりつけてこないようにします。
ただし真珠性のネックレスやイヤリングであれば大丈夫です。
特に真珠性のネックレスについては、一連だけであればつけてきて良いとされています。

上司のお通夜についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、上司やそのご家族が亡くなった場合、お通夜に参列すべきかどうかについて見てきました。
今回は以下に挙げられるポイントを解説してきました。

  • 上司本人のお通夜は、日ごろ仕事やプライベートでお世話になっている間柄であるため、極力参列するべきである。
    一方上司のご家族が故人の場合も、極力参列する。
    ご家族と親交があった場合は、なおさら参列すべきである。
  • 上司や上司のご家族のお通夜には香典は持参すべきである。
    香典に経済的な援助の意味があるほか、故人に対して哀悼や誠意を示す意味もあるためである。

    香典の金額相場は上司本人が故人の場合は5千円から1万円、上司のご家族が故人の場合は3千円から1万円とされている。
    ただし持参する方の年代によって、相場とされる金額が上下する場合もある。
  • 上司や上司のご家族の訃報を受けた場合は、どの手段で伝える場合でも故人の冥福を祈ったり、突然の訃報に驚いている旨を伝えると良い。
    加えて故人が上司の場合は、生前の故人にお世話になった旨も伝える。

    受付でお悔やみの言葉を伝える際も、「ご愁傷さまです」や「ご冥福をお祈り申し上げます」といった言葉を掛ける。
  • お通夜に参列する際は、服装も適切なものを着用する。
    男性であれば黒色や暗色系の上下スーツと、黒ネクタイを締めた白無地のワイシャツを着用する。
    女性の場合も黒色や暗色系のスーツやワンピースを着用する。

    アクセサリーについては結婚指輪や婚約指輪以外は極力つけないようにし、特に光沢が著しいものは避ける。

上司や上司のご家族が亡くなった場合、お通夜にはなるべく参列しましょう。
特に上司本人親交のあったご家族が故人の場合は、誠意や哀悼の気持ちを示すためにも参列することが大切です。

お通夜で守るべきマナーはきちんと知っておかないと、会場で恥ずかしい思いをする場合もあります。
以下の記事ではお通夜に欠かせないマナーについていろいろと説明していますので、お通夜の際にぜひともご活用いただければ幸いです。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

通夜で恥をかかないための礼儀・作法ガイド

通夜の席で礼儀や作法、言葉などをどのようにすればよいのか不安を感じる方が多いと聞きます。この記事ではそんな通夜席での礼儀作法などをご紹介いたします。

シェアする

「お通夜・上司」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・上司」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!のサムネイル画像

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・上司」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと