お通夜に手ぶらで行くのはマナー違反?持ち物や服装も解説します!

突然の訃報を受けてお通夜に参列をする際に、何か持ち物が必要なのか悩んだことはありませんか。手ぶらでお通夜に行くとマナー違反となってしまうのでしょうか。今回終活ねっとでは、お通夜に手ぶらで参列できるのか解説をしていきます。

目次

  1. 手ぶらでのお通夜の参列について
  2. お通夜に手ぶらで参列するのはあり?
  3. お通夜に必要な持ち物について
  4. お通夜に参列する際の服装は?
  5. 手ぶらでのお通夜の参列についてまとめ

手ぶらでのお通夜の参列について

葬儀

親族の方や親しくされていた方、会社関係の方等が亡くなった場合にはお通夜に参列することになります。
お通夜に参列する際に、特に荷物が無い場合は手ぶらで行ってもいいのか悩んだことはありませんか。
特に男性の方ですと、荷物が少ないため手ぶらになりがちですがマナー違反となるのでしょうか。

今回終活ねっとでは、お通夜に手ぶらで参列するのはマナー違反となるのかについて以下の内容を中心に解説をしていきます。

  • お通夜に手ぶらで参列しても失礼ではないの?
  • お通夜の際に必要になる持ち物はあるの?
  • お通夜にはどんな服装で参列するの?

お通夜に参列する場合に、手ぶらではなく鞄などを持っていくほうがいいのか悩まれる方も多くいらっしゃいます。
ぜひ今回の記事を最後まで読み、参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜に手ぶらで参列するのはあり?

葬儀

お通夜の際、荷物が少ない時などには鞄を持たずに参列をしたいところですがマナー違反となってしまうのでしょうか。
女性の方ですと、どうしても小物が多いため小さな鞄を持ってお通夜に参列することが一般的です。
男性の場合ですと、荷物も少ないので鞄を持たずに手ぶらで参列することが一般的になります。

男性の方は、喪服の内ポケットにハンカチや香典、数珠などを入れて参列するスタイルが基本となります。
内ポケットに荷物を入れるため、内ポケットが膨らんでしまわないように必要最低限の荷物を持参するようにしましょう。

男性の方でどうしても鞄が必要となる場合や女性の方は、セカンドバッグのような小さめの黒色のバッグを持参するようにしましょう。
バッグには金具が付いていないもの、ツヤのある素材のものを選ぶようにしましょう。
また、革製品は殺生を連想させるためお通夜や葬儀の際には適していませんので布製品のものを選ぶようにしましょう。

以下の記事では、お通夜の際に持参する鞄の選び方について説明をしています。
選ぶ際のポイントや注意点について詳しくご紹介していますので、一度目を通しておくといいでしょう。

こちらも読まれています

お通夜に持参する鞄はどう選ぶ?ポイントや注意点を解説します!

お通夜に参列するときに、鞄はどうしていますか。 お通夜に鞄は持参したほうがよいのか、持参しない方がよいのか、持参するときはどんな鞄がよいのか、悩むことも多いと思います。 この記事では、お通夜に持参する鞄について、選び方のポイントや注意点などを解説します。

お通夜に必要な持ち物について

葬儀

お通夜の際に手ぶらで参列することができるのかご紹介してきました。
鞄などは持参していなくてもいいのですが、お通夜に参列する際には必ず必要となるものがあります。
ここではお通夜の際に必要な持ち物について解説をしていきますので、お通夜に参列する前にはこれらのものを忘れずに用意しているのか確認してみましょう。

香典

お通夜の際に必要となる持ち物の一つに、香典があります。
香典とはお香の代わりに霊前にお供えするお金になります。
故人へのお供え物としての意味だけでなく、遺族の方の突然の出費を助ける意味も込めて贈られます。

香典を贈る際には、金額相場を理解しておくことが重要です。
相場以上の高額な香典を渡してしまうと、後日香典返しをする際に高額なお返しをすることになり負担となってしまいます。

香典を包む際には、故人との関係性、自分の年齢などを考慮して適切な金額を包むようにしましょう。
以下の記事では、香典の金額相場について解説をしています。
故人との関係別、法要別に相場をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

数珠

仏式のお通夜に参列されるのであれば、数珠も必要になります
神式など仏式以外のお通夜の場合には、数珠は必要にはなりません。
数珠は基本的に貸し借りをしてはいけないものなので、必ず持参する必要があります。

数珠には本式数珠と略式数珠の2種類があります。
本式数珠は宗派により決まっている数珠で、違う宗派のお通夜では使用することはできません。
略式数珠はどの宗派でも使用できる数珠なので、故人の宗派が分からない場合には略式数珠を持参するといいでしょう。

また数珠には男性用と女性用が違うので、自分の性別に合った数珠を用意しておく必要があります。

袱紗

お通夜に参列する際には、香典を持参する必要があるとご紹介しました。
香典を持参する際に、香典袋の状態で持ち運びをすることはマナー違反となります。
香典を持ち運びする際には、袱紗に包んで運ぶようにしましょう

もし袱紗が無い場合には、ハンカチや風呂敷などで代用をすることも可能です。
色は明るい色を選ぶのではなく、紫や灰色などの寒色系のものを選びましょう。

香典を受付でお渡しする際には、袱紗から香典袋を取り出してお渡しする必要があります。
袱紗から香典袋を早く取り出しすぎていてもマナー違反となるので、袱紗から取り出すタイミングについては注意しておく必要があります。

ハンカチ

お通夜に参列する際には、涙を拭くためにハンカチを持参しておく必要もあります
お通夜などの際に持参するハンカチは、白色または黒色で無地のものが基本となります。
赤色やピンクなどの派手な色のものや、ラメが入っているもの、光り物の装飾が付いているものなどはNGとなるので控えるようにしましょう。

以下の記事ではお通夜の際に持参するハンカチについて解説をしています。
ハンカチについても細かくマナーが決まっており、知識がないと知らず知らずの内にマナー違反をしていることがあります。
ぜひ一度記事をご覧になり、お通夜に参列される前にチェックしてみるようにしましょう。

こちらも読まれています

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?

お通夜には服装や持ち物などにさまざまなマナーがあります。ハンカチにもマナーがあるんです。今回はお通夜で恥をかかないよう、ハンカチはどんなものがいいのか紹介していきます。

お通夜に参列する際の服装は?

葬儀

ここまではお通夜に参列する際の持ち物について解説をしてきました。
お通夜に参列をする際には、持ち物だけでなく服装についても注意をしておかなければいけません
お通夜は急いで駆けつけるという性質上、服装についてはそこまで重要視されないといわれています。

しかし、服装について最低限のマナーは守っていないと遺族の方に対して大変失礼となります。
以下に男性、女性、子どものお通夜の際の服装をご紹介していきますので参考にして下さい。

男性の場合

男性の服装は、喪服または黒のスーツなどがお通夜の際の基本的な服装となります。
ワイシャツに関しては白色無地のシンプルなもの、ネクタイは黒色無地のものを着用しましょう。
光沢のある生地はお通夜などの際にはNGとなるので、注意するようにしましょう。

靴に関しては、金具が付いているとお通夜ではマナー違反ですので紐靴を選択するようにしましょう。
アクセサリー類に関しては、基本的に結婚指輪以外のものは身に付けていてはいけないので、ネクタイピンなどは外しておくようにしましょう。

女性の場合

女性の服装や、黒のスーツやワンピースといったものが一般的な服装となります。
男性同様に光沢のある生地のものは選ばないようにしましょう。
また、ワンピースで半袖タイプのものを着用する際には必ず長袖の上着を着用するようにして下さい。

お通夜の際には基本的に素肌が見えないようにしなければいけません。
そのため、スカートを着用されるのであれば黒色のストッキングを着用するようにしましょう。

女性の方も基本的に結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けないのですが、真珠のネックレスは着用可能です。
ネックレスを着用する場合、2連のものは縁起が悪いとされているので控えるようにしましょう。

子どもの場合

子どもの場合は喪服を用意する必要は無く、学校の制服があればそちらを着用して参列するようにしましょう。

もし制服が無いのであれば、黒色や紺色のブレザーやジャケットなどを着用するといいでしょう。
派手な服装とするのではなく、黒や白で地味な服装とするといいでしょう。

以下の記事ではお通夜の際の基本的な服装について解説をしています。
お通夜は突然行われるので、服装で悩んでしまうことはよくあります。
万が一の際に慌てないですむように、事前に知識をつけておくといいでしょう。

こちらも読まれています

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

急な訃報でお通夜に参列することになった時、あれ?お通夜ってどんな服装で行けばいいの?と焦る方も多いと思います。告別式は喪服だけどお通夜は…?と不安な方に、お通夜の服装についてご紹介。マナーを知っておけば、もしもの時でも大丈夫!

手ぶらでのお通夜の参列についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、手ぶらでお通夜に参列できるのかについてご紹介してきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • お通夜に参列する場合は、男性は手ぶらで参列することが一般的である。
    女性の方や男性の方で鞄が必要な場合には、小さめの邪魔にならない黒の鞄を持参するようにする。
  • お通夜に参列する際には、香典、袱紗、数珠、ハンカチが必要になる。
    これらの持ち物にはそれぞれマナーが決まっており、マナー違反をすると周囲の方を不快にしてしまう恐れもあるので注意が必要である。
  • お通夜に参列する際には、持ち物だけでなく服装にも注意しなければいけない。
    どんな格好でお通夜に参列して良い訳ではなく、最低限のマナーは守らなければいけない。
    服の生地や色など細かくマナーが決まっているので、事前に知識をつけておく必要がある。

お通夜の際に、荷物が少なくても手ぶらではなく、鞄を持参していないとマナー違反になるのではと思われる方もいらっしゃいます。
しかし手ぶらで参列をしても失礼にはならず、男性の方に関しては手ぶらで参列することが一般的となっています。

必要最低限の荷物で参列をするようにし、どうしても鞄が必要な場合にはマナー違反とならない鞄を選ぶようにしましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

シェアする

「お通夜・手ぶら」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・手ぶら」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!のサムネイル画像

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・手ぶら」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと