お通夜で渡す香典の金額相場とは?関係別の相場やマナーを解説!

お通夜で香典を渡す際の金額相場について悩むケースもあるのではないでしょうか?そこで今回終活ねっとでは、お通夜で渡す香典の金額相場について、故人との関係別に詳しく解説するとともに、お通夜での香典のマナーについてもご紹介していきます。

目次

  1. お通夜で渡す香典の金額相場は?
  2. 香典とは?
  3. 故人との関係別の金額相場
  4. お通夜での香典のマナー
  5. お通夜の香典の金額相場まとめ

お通夜で渡す香典の金額相場は?

葬儀

「お通夜に香典を持っていく」というのは多くの方が知っていると思います。
しかし実際に香典を用意する際に、香典っていくら包むの?
といった疑問を持たれると思います。

そこで今回終活ねっとでは、お通夜で渡す香典の金額相場について詳しく解説するとともに、お通夜での香典のマナーについてもご紹介していきます。

  • 香典とは?
  • 故人との関係別の金額相場とは?
  • お通夜での香典のマナーについて

以上の項目について解説していきますので、お通夜で香典を渡す際の参考になれば幸いです。

お通夜で渡す香典の金額相場について、また、お通夜での香典のマナーについて詳しく知りたい方はぜひ最後までお読みください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典の基礎知識(金額相場・書き方・包み方・渡し方)を全て解説!

葬儀や法事に参列する場合、香典を持参することが一般的です。しかし、香典には金額相場・書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがあり、戸惑ってしまう方も多いです。今回終活ねっとでは、社会人として知っておきたい、葬儀・法要の際に役に立つ香典の基礎知識を解説致します。

香典とは?

葬儀

香典とは、亡くなった方の御霊前に線香や抹香の代わりにお供えする金銭のことを指します。
不祝儀用の袋(香典袋)に現金を包み、通夜または告別式の際に持参するのが一般的とされています。

香典として包む金額は、年齢や生前の故人とどのような関係にあったかによっても違いがあります。
また、宗教ごとに異なるしきたりにより香典袋の種類も異なるので注意が必要です。

どのようなケースであっても、香典は亡くなった方へのお悔やみの気持ちを表すものに変わりはありません。

故人との関係別の金額相場

お金

こちらでは、故人との関係別の金額相場を見ていきましょう。

親族の香典の金額相場

故人が親族の場合の香典の金額相場はどのようになっているのでしょうか?
関係別に詳しく見ていきましょう。

両親

故人が自分の両親の場合は、自分が喪主を務めるかどうかで香典を包むか包まないかが決まってきます。
自分が結婚をしている場合は夫婦として香典を包み、故人が配偶者の両親の場合も同様の金額となります。

香典は「家単位」で出すものとされているため、自分が喪主を務めるのであれば、香典を包む必要はありません。

しかし、喪主を務めない場合には、香典を包むのが一般的となります。

故人が自分または配偶者の両親の場合の年齢別の香典の金額相場は以下のようになります。

20代 30代 40代以上
自分の(配偶者の)両親の場合 3万円~5万円 5万円~10万円 5万円~10万円

20代の場合は3万円程度、30代以上の場合は5万円程度を包むと覚えておくと良いでしょう。

祖父母

故人が祖父母の場合の香典の金額は、1万円~5万円が相場とされています。

しかし、自分が両親と生活を共にしているなど、両親と家計を共にしている場合には孫から香典を包まないケースもあります。
孫同士で一律の香典を包んだり、孫一同という形でまとめて香典を包むケースもあるようです。

年齢別の香典の金額相場は以下のようになります。

20代 30代 40代以上
祖父母の場合 1万円 1万円~3万円 3万円~5万円

自分が結婚をしている場合は、夫婦として香典を包んだ方が良いという考え方もあります。
自分の祖父母の場合に限らず、故人が配偶者の祖父母の場合も同様となります。

兄弟

故人が兄弟や姉妹の場合は、3万円~10万円が相場となっています。
実の兄弟姉妹だけでなく、義理の兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹に関しても同様の金額です。

故人が兄弟や姉妹の場合の年齢別の香典の金額相場は以下のようになります。

20代 30代 40代以上
自分の(配偶者の)兄弟姉妹の場合 3万円~5万円 5万円 5万円~10万円

子供

香典は家単位で包むものという考えがあります。
そのため、故人が子供の場合の香典は必要ありません。

故人が孫の場合の香典の金額は、3万円~5万円が相場と言われています。

この場合、故人が未成年で収入がない場合は3万円程度、故人が成人あるいは収入がある場合は5万円程度を包むのが良いでしょう。

叔父・叔母

故人がおじ・おばの場合は、1万円~3万円が相場となっています。
配偶者の叔父・叔母の場合も同様の金額を包むのが一般的です。
年齢別の香典の金額相場は以下のようになります。

20代 30代 40代以上
おじ・おばの場合 1万円 1万円~2万円 1万円~3万円

そのほかの親戚の場合の金額相場

故人がそのほかの親戚の場合の香典の金額は、5,000円~3万円が相場と言われています。
幼いころから交流があるなど、故人との関係性によって金額にも開きがあり、関係性が深いほど金額が高くなるようです。

以下の記事では、葬儀における親族の香典について更に詳しく解説しております。
こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀における親族の香典って?金額相場や渡す際のマナーをご紹介

誰もがご親族の葬儀に参列するタイミングを生涯の中で何度か持つことになるでしょう。大切な方をお見送りする場でもやはり香典は持参するものとして重要です。今回はご親族の葬儀に参列する際に包む香典の金額相場やマナーなどについて見ていきましょう。

友人・知人・会社の人の香典の金額相場

故人が友人・知人・会社の人の場合の香典の金額相場を見ていきます。

職場の人

職場の人の場合は以下のようになります。

上司・同僚・部下

故人が上司の場合の香典の金額は、5,000円~1万円が相場となっています。
「部下一同」などの連名で包むケースでは、1,000円程度の金額を出し合う場合が多いようです。

故人が同僚の場合の香典の金額は、3,000円~1万円が相場となっていますが、複数人でまとめて香典を包む際には、1万円~3万円程が相場のようです。

故人が部下の場合の香典の金額は、3,000円~1万円が相場となっています。

上司・同僚・部下の親

故人が上司の親の場合は、5,000円~1万円が金額相場となっています。
会社によっては経費で支給される場合もあるため、会社の方針に従うか、同僚などと話し合うなどして香典の額を決めるのが良いでしょう。

故人が同僚の親の場合の香典の金額は、3,000円~1万円が相場となっています。
故人が部下の親の場合も同様に、3,000円~1万円が相場となります。

友人・知人

友人・知人についても詳しく見ていきましょう。

同級生・友人

故人が同級生や友人の場合の香典の金額は、5,000円~1万円が相場となります。
5,000円を包むというケースが一番多いようです。

同級生・友人の親

故人が同級生や友人の親の場合は、3,000円~5,000円が金額相場となります。
ただ「4」という数字は「死」を連想させる数字のため、4,000円を包むのはNGです。

3,000円もしくは5,000円を包むのが良いでしょう。

学校の先生

故人がお世話になった恩師の場合、3,000円~1万円が金額相場となります。

子供の学校の先生の場合には、複数人でまとめて連名で香典を包むなどのケースも多いようです。
その場合は、1人あたり1,000円~3,000円を包むのが良いでしょう。

近所の人・知人

故人が近所の人や知人の場合の香典の金額は、3,000円~1万円が相場となっています。
交流の度合いによって、金額にも差が出てくるようです。

以下の記事では、友人の葬儀での香典の金額相場やマナーについて詳しく解説しております。
こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

友人の葬儀の際、香典はいくら包めば良いのか迷いませんか?友人といっても、付き合いの深さなどの差が多少はありますし、香典の金額に悩みますよね。友人の葬儀の金額相場と香典の包み方のマナーも合わせてご紹介します。

お通夜での香典のマナー

葬儀

こちらでは、お通夜での香典のマナーについて解説していきます。

香典袋の選び方

香典袋にもいくつかの種類があります。
香典袋の選び方について見ていきましょう。

金額よって違う

香典袋は様々な種類のものがありますが、包む金額に見合った袋を選ぶことが大切です。

  • 1,000円~5,000円の場合

    封筒に水引が印刷された香典袋(中袋が付いていないものもある)

  • 1万円以下の場合

    多当折りの形で水引が印刷された香典袋(中袋が付いている)

  • 1万円以上の場合

    多当折りの形で白黒の水引がかかっている香典袋(中袋が付いている)

  • 3万円以上の場合

    多当折りの形で双銀の水引がかかっている香典袋(中袋が付いている)
    高級な和紙などで作られている物が良い。

宗教ごとの違い

香典袋は宗教によっても違いがあります。
仏教・神道・キリスト教に分けてご紹介しましょう。

仏教

蓮の絵が描かれている香典袋を使用します。
表書きには薄墨で「御霊前」「御香典」「御香料」などと書くようにしましょう。

無地の香典袋も使用することが可能です。

神道

無地の香典袋を使用します。
表書きには薄墨で「御神前」「御玉串料」「御榊料」などと書くようにしましょう。

ちなみに、「御霊前」はどの宗教でも使用することができます。

キリスト教

水引のない、十字架が描かれている香典袋を使用します。
表書きには薄墨で「御霊前」「御花料」などと書くようにしましょう。

無地の香典袋はどの宗教でも使用することが可能です。

以下の記事では、香典袋の選び方について更に詳しく解説しております。
こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の選び方って?宗教・金額・法事の種類ごとに分けて解説!

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

香典袋の書き方

こちらでは、香典袋の書き方をみていきましょう。

表書き

表書きの書き方をご紹介します。

連名・有志一同で書く場合

連名や有志一同などで書く場合、3名まででしたらそれぞれの氏名を書きます。
その場合には、目上の人順に右から書くようにします。

3名以上になる場合は、「○○一同」などと書き、中袋にそれぞれの氏名を書いた紙を入れるのが良いでしょう。

夫婦連名で書く場合

基本的には夫の氏名のみを書きます。
夫婦そろって故人との親交が深かったケースでは、夫の氏名の左側に妻の名前を書き、連名で出しても問題ありません。

以下の記事では、香典を連名で書く際のマナーについて更に詳しく解説しております。
こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典を夫婦連名で書いてもいいの?書き方やマナーについて解説!

訃報は突然くるもので、葬儀の準備も急がなくてはなりません。準備の中では香典も用意することになりますが、もし亡くなった方が夫婦でお世話になっていたという場合は香典は夫婦連名でもいいのでしょうか?香典を連名にするかどうか等の書き方を知りたい方には必見の記事です。

中袋の書き方

香典袋の中袋の表側には、包んだ金額を書きます。
金額を書く際は、縦書きの漢数字で書くのが一般的ですが、最近では横書きの金額記入欄が印刷されている中袋もあるようです。

中袋の裏面には、住所と氏名を書いてください。

以下の記事では、香典袋の書き方について更に詳しく解説しております。
こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回は香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの書き方を中心に解説していきます。

香典の渡し方

次に、香典の渡し方をみていきます。

袱紗(ふくさ)で包む

香典は袱紗で包むのが一般的です。
香典袋を袱紗で包んで持参し、香典をお渡しするときは袱紗の上に香典袋をのせます。
相手の方から見て、香典袋の文字が正面になるように整え、両手でお渡しするのがマナーです。

弔事の場合はグレーなどの色合いのものを使用しますが、紫色は慶弔両方で使用できるため、持っていると便利です。

渡す際の言葉について

香典をお渡しする際には、挨拶をしながら深くお辞儀をします。
「この度は、ご愁傷さまでございました。」と、一言添えて渡すようにしてください。

以下の記事では、香典袋の包み方や表書きのマナーについて詳しく解説しております。
こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説

お葬式の際、香典袋の包み方や表書きのマナー、袱紗の使い方など、知っているようで実は自信が無かったりしませんか?いざという時に、迷わない正しい香典袋の包み方について詳しく解説します。袱紗の包み方や使い方などもスマートに出来ると、一層品格が上がります。

学生は香典を用意する必要はあるの?

学生と言っても、小学生・中学生・高校生・大学生と年齢の幅が広いです。
一般的に小学生~中学生までは、香典を包む必要はありません。

高校生の場合は、同級生や先生が亡くなった際に、クラス一同のような形で香典を包むケースもあります。
この場合は、一人数百円~数千円程度の金額を集め、連名で持参するのが良いでしょう。

大学生の場合は、社会常識のある大人と判断される年齢です。
アルバイトをしているなど収入がある場合は、香典を包む方が良いでしょう。
その場合は、一般的な香典の金額相場である、1万円~3万円程度を包むようにします。

収入がない場合は無理に包む必要はありませんが、気持ちとしてできる範囲で香典を包むのが望ましいでしょう。

お通夜の香典の金額相場まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お通夜での香典の金額相場とマナーについて詳しく解説してきました。

記事をまとめると以下のようになります。

  • 香典とは、亡くなった方の御霊前に線香や抹香の代わりにお供えする金銭のことである。
  • 故人が両親の場合の香典は、3万円~10万円が相場である。
  • 故人が祖父母の場合の香典は、1万円~5万円が相場である。
  • 故人が兄弟の場合の香典は、3万円~10万円が相場である。
  • 故人が叔父・叔母の場合の香典は、1万円~3万円が相場である。
  • 香典は家単位で包むものという考えがあり、故人が子供の場合の香典は必要ない。
  • 故人が孫の場合の香典は、3万円~5万円が相場である。
  • 故人がそのほかの親戚の場合の香典は、5,000円~3万円が相場である。
  • 故人が上司・同僚・部下の場合の香典は、3,000円~1万円が相場である。
    上司・同僚・部下の親の場合も同様の金額になる。
  • 故人が同級生や友人の場合の香典は、5,000円~1万円が相場である。
    同級生や友人の親の場合は、3,000円~5,000円が相場となる。
  • 故人がお世話になった恩師の場合の香典は、3,000円~1万円が相場である。
    子供の学校の先生の場合には、複数人でまとめて連名で香典を包むなどのケースも多い。その場合は、1人あたり1,000円~3,000円を包むのが良い。
  • 故人が近所の人や知人の場合の香典は、3,000円~1万円が相場である。
  • 香典袋には様々な種類があり、包む金額や宗教によって選ぶことが大切である。
  • 香典袋の表書きに連名や有志一同などで書く場合、3名までは氏名を書き、それ以上になる場合は「○○一同」などとして、中袋の中にそれぞれの氏名を書いた紙を入れる。
  • 夫婦で香典を包む場合には、夫の氏名のみを書くのが一般的。
    夫婦そろって親交が深い場合には、夫の氏名の左側に妻の名前を書いても良い。
  • 香典袋の中袋の表側には包んだ金額を書き、裏側には住所と氏名を書く。
  • 香典は袱紗で包むのが一般的。
  • 大学生は社会常識のある大人と判断される年齢であるため、収入がある場合は一般的な香典の金額相場である、1万円~3万円程度を包むのが良い。
    収入がない場合は無理に包む必要はないが、気持ちとしてできる範囲で香典を包むのが望ましい。

お通夜で渡す香典の金額相場とマナーについて、理解が深まったのではないでしょうか?
お通夜で香典を渡す際の参考になれば幸いです。

終活ねっとではこの他にも、お通夜や告別式に関する記事を多数ご用意しております。
以下の記事では、お通夜と告別式の違いについて詳しく解説しております。
こちらも合わせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

こちらも読まれています

お通夜と告別式の違いって何?それぞれの流れや参列時のマナーも紹介

お通夜と告別式ではどちらも読経と焼香が行われるため、似た儀式に感じられ違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。今回はお通夜と告別式の違いについて詳しく解説します。それぞれの儀式の流れや、参列時のマナーについてもご紹介します。

「お通夜・香典・相場」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・香典・相場」についてさらに知りたい方へ

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!のサムネイル画像

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!

子どもとともに暮らしたい!二世帯住宅の相場とは?のサムネイル画像

子どもとともに暮らしたい!二世帯住宅の相場とは?

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのかのサムネイル画像

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのか

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケットのサムネイル画像

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケット

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?のサムネイル画像

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?

話題の永代供養!宗派別に永代供養墓の相場を調べてみました。のサムネイル画像

話題の永代供養!宗派別に永代供養墓の相場を調べてみました。

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「お通夜・香典・相場」についてさらに知りたい方へ

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!のサムネイル画像

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!

子どもとともに暮らしたい!二世帯住宅の相場とは?のサムネイル画像

子どもとともに暮らしたい!二世帯住宅の相場とは?

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのかのサムネイル画像

家の解体を考えたとき、費用と相場はどうなっているのか

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと