お通夜は何分前までに行けばいいの?喪主・親族・参列者ごとに解説

お通夜に参列する機会は日常的にあるものではありません。だからこそお通夜に行く場合、何分前に会場に到着するのが良いか迷います。そこで今回は、お通夜到着するのは何分前が良いのかについて解説します。喪主・親族・一般会葬者など立場別に解説していますのでご覧ください。

目次

  1. お通夜は何分前に行くのがいいの?
  2. 親族は何分前に到着すればいいの?
  3. 一般の参列者は何分前に到着すべき?
  4. お通夜の流れや所要時間について
  5. お通夜の前や後で焼香させてもらう場合
  6. お通夜は何分前に行けばいいのかまとめ

お通夜は何分前に行くのがいいの?

葬儀

お通夜やお葬式は日常的に行われるものではありません。
このため、親せきや親しい人、知人のお通夜へ行くことになった場合、「時間」について悩む人は多いのではないでしょうか。
何分前に行ったら良いのか、何分前がご遺族の迷惑にならないのかわからない人は多いと思います。
またご自身が喪主やその家族の場合にも、準備のため何分前に会場へ行けばよいのか気になるでしょう。

そこで今回終活ねっとではお通夜の時間について

  • 親族は何分前に到着するべきか
  • 一般の参列者の到着時間は何分前?
  • お通夜の流れや所要時間とは
  • お通夜の前後にご焼香したい場合について

以上について解説します。
お通夜の流れや到着時間は、非日常だからこそわかりにくいものです。
こちらで立場ごとのお通夜への到着時間や流れについて解説します。

また記事の後半では、親しかった方のお通夜に参列できず、その前後にお焼香させてもらう際のポイントも解説します。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

親族は何分前に到着すればいいの?

困った人々

故人の近しい家族や親族である喪主や、お手伝いをする親族は何分前に到着したほうが良いかを解説します。

喪主の場合

喪主は、葬儀会社や世話役との細かな打ち合わせや会場準備のため、1~2時間前にお通夜の会場へ到着するのが良いです。
この際の事前打ち合わせ・準備には、世話役への挨拶、僧侶との打ち合わせ、供花の飾りつけなどがあります。
また通夜振る舞いの打ち合わせなどもこの時にする場合が多いです。

どれくらい前に到着するのが良いかは、具体的には葬儀会社からの指示があります。
当日はその通りに行動すれば大丈夫です。

お手伝いをする場合

親族の人で、会計や受付、通夜振る舞いの準備など何かしらのお手伝いを頼まれた人は開始の1時間前には到着するのが良いでしょう。
ただしお通夜の規模によって時間は前後しますので、詳しくは葬儀会社や喪主へ確認しましょう。

お手伝いをしない親族の場合

お手伝いをされない親族の方は、開始の30分から1時間前にお通夜会場へ到着するのが望ましいです。
親族はお通夜での席順が決まっているため、一般の弔問の方がいらっしゃる前に着席しておく必要があります。
また焼香の順番も以下のようになります。

  • 喪主
  • 故人の配偶者(故人の配偶者が喪主である場合は省略)
  • 故人の子供とその配偶者
  • 故人の両親
  • 故人の孫
  • 故人の兄弟姉妹
  • その他の親族
  • 友人・知人
  • 一般会葬者

お手伝いの有無にかかわらず、親族の焼香は喪主の次となります。
このため、お通夜開始には参列する親族が余裕をもって揃っているのが望ましいのです。

一般の参列者は何分前に到着すべき?

葬儀

続いて、一般参列者は何分前に到着すれば良いのかを解説していきます。
あまりに早すぎても遅すぎても喪主やご遺族の負担となるため、適切な到着時間をおさえておきましょう。

受付は開式の何分前に始まるの?

到着時間について解説する前に、そもそもお通夜の受付開始は何分前なのかについてご説明します。
お通夜により違いますが、1時間~30分前に開始されることが一般的です。

受付で記帳し、お通夜のみに参列する人は受付でお香典を渡します。
そして会葬返礼品があればそれを受け取り、着席します。

一般の参列者が到着する時間

それでは本題の一般参列者は何分前に到着するのが良いのかをご説明します。

理想は開始時間の30分前くらい

一般の参列者の場合、理想的な到着時間は開始の30分前くらいです。
この頃になると受付も開始されているため、ちょうど良い到着時間となります。
遅刻してはいけないからといって、くれぐれも開始の1時間前などに到着するのは避けましょう。

なぜなら、開始の1時間前は喪主やご遺族は葬儀会社との打ち合わせも残っており、親族のお迎えにも忙しくしている場合が多いのです。
この時間帯に一般の参列者までもが到着すると、喪主やご遺族への負担となってしまいます。
くれぐれも早く着きすぎないように気を付けましょう。

開式に遅れても問題はない

一般の参列者の場合、開式に遅れても問題はありません。
お通夜という急な場面のため、遅れてもマナー違反とはならないのです。
しかし、遅れても良いといっても限度は覚えておきましょう。

遅刻する場合は、一般参列者のご焼香が始まる頃から、お通夜開始後1時間半後位までなら良いとされています。
つまり、18時から開始のお通夜であれば、18時30分から19時間30分頃なら、弔問しても問題ありません。

この頃なら、まだお通夜や通夜振舞いの最中のことがほとんどです。
ご遺族がいらっしゃるので、挨拶をしてから焼香をしましょう。
ただし、ご遺族がどれくらい斎場の部屋を借りているかはその時の状況より異なります。
あらかじめ遅刻することが分かっている場合は、斎場に何時まで弔問しても良いか確認するのが無難でしょう。

お通夜の流れや所要時間について

葬儀

こちらで、お通夜の流れや所要時間についてもご紹介します。
到着時間だけでなくお通夜とはどのようなものなのかをおさえておきましょう。

お通夜の全体的な流れ

お通夜の全体的な流れは以下のようになります。

  • 受付開始

    お通夜の1時間~30分前に受付開始します。

  • 僧侶到着

    僧侶が到着されたら、喪主は挨拶をしお通夜の段取りを確認します。
    僧侶に通夜振舞いを受けていただけるかもこの時に確認します。

  • 一同着席

    一般会葬者だけでなく、喪主やお手伝いをしていた親族も着席します。

  • 僧侶入場

    進行役が僧侶を案内します。
    喪主たちは黙礼で迎えます。

  • 僧侶読経

    お経が僧侶により唱えられます。
    読経は30~40分です。

  • 遺族焼香

    喪主から順に焼香します。
    参列者が多い場合は読経中に焼香が始まることもあります。
    僧侶によりご焼香を促す挨拶があるため、それに従います。

  • 参列者焼香

    着席順に焼香を一般参列者もしていきます。
    一般参列者の黙礼に喪主や遺族も黙礼で返します。

  • 僧侶退場

    黙礼で僧侶の退場を見送ります。

  • お通夜終了

    喪主によりお通夜終了の挨拶があります。
    また、通夜振舞いがある場合は、この時に通夜振舞いの案内をします。

  • 通夜振舞い(通夜振舞いをしない地域もあります)

    参列者に食事やお菓子などを振る舞います。
    通夜振舞い終了時も喪主により挨拶があります。

以上がお通夜の大まかな流れです。
よりお通夜の流れについて詳しく知りたい方は、下記記事もあわせてご覧ください。
お通夜の流れだけでなく、マナーなどについても詳しく解説しています。

こちらも読まれています

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。

急なお別れはさみしいものですよね。お通夜に参列するときのマナーや服装、時間や流れについては把握していますか?急な出来事にも慌てず心を込めて故人との最後のお別れには参列したいものです。お通夜についてもう1度確認しておきたい内容やお通夜の流れについてお答えします。

お通夜の所要時間は?

お通夜の所要時間は、約1~2時間であることが一般的です。
会葬者の人数によって、お通夜の時間は変動します。
お通夜終了後の通夜振舞いの所要時間も1~2時間となります。

お通夜の前や後で焼香させてもらう場合

葬儀

お通夜ではなく、その前後に焼香をさせてもらいたいと思うこともあるでしょう。
しかし、時間外での対応をお願いできるのは故人とかなり親しかった人に限られます。
こちらで時間外での焼香をお願いする際のマナーを解説します。

遺族に確認をとる

お通夜の時間外に焼香をしたい場合は、まずご遺族に伺っても良いかの確認をとりましょう。
特に、お通夜前の焼香が可能なのは、かなり親しかった友人や親族のみに限られます。
そしていくら親しかったとはいえ、故人の突然の死でご家族が動揺されている場合やご遺族だけで過ごしたいと考えられている場合は時間外での弔問は控えましょう。

お通夜後の弔問は、遅くても21時台までが良いでしょう。
こちらも親しい間柄の人に限られます。
22時を過ぎる場合は、ご遺族が待たれる場合は別として、弔問は控えた方が無難です。

挨拶について

それでは、お通夜の時間外に伺う場合の挨拶について見ていきましょう。
お通夜の時間外に弔問する場合は、ご遺族の負担を考え、長居せず手短に済ませることが大切です。
挨拶もポイントを押さえた簡潔なものを心がけましょう。

お悔やみの言葉を言う

挨拶の冒頭にはまずお悔やみの言葉を述べます。
「御愁傷様でした」「このたびは本当に突然のことで言葉もありません」などが一般的です。
またお悔やみの言葉を述べる場合、使ってはいけない重ね言葉などがあります。
それらの言葉だけは使用しないように気を付けましょう。

お通夜で焼香できないお詫びを言う

やむを得ず、お通夜の時間外に焼香をさせてもらう場合、その理由を詳しく言う必要はありません。
ご紹介する文例のように、時間外に伺ったことへのお詫びのみで十分です。

例文 ◯◯様のご逝去を知り、大変驚いています。
本日は時間外にお伺いし、大変申し訳ありません。
せめて、ご焼香だけでもさせて頂ければと思い参りました。
ご焼香をさせて頂いてもよろしいでしょうか。

上記のような手短な挨拶でも、気持ちは伝わります。

こちら以外のお通夜の挨拶についても終活ねっとでは、記事をご用意しております。
弔問する場合、喪主になった場合それぞれについて詳しく解説しています。
どうぞ下記記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

お通夜での挨拶、あなたはどうしていますか?お通夜に弔問で伺う場合と、喪主の立場での挨拶について知っておくと安心ですね。

香典を渡す

最後にお通夜の時間外に弔問した場合の香典の渡し方について見ていきましょう。
お通夜の時間外であっても、受付がある場合は、受付に渡すのが原則です。
受付が閉まっている場合は、後日の葬儀・告別式で香典を渡します。

トラブルを避けるためにも、受付の時間外に葬儀会社の人に香典を手渡したりなどは避けましょう。

お通夜でも葬儀・告別式でも香典を渡せない場合は、葬儀後に喪主やご遺族様へ香典は現金書留で郵送した方が良いです。

終活ねっとでは、香典の渡し方についてより詳しい記事をご用意しています。
なかなか機会のない香典の渡し方で迷う方は多いでしょう。
ぜひ下記記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

お通夜は何分前に行けばいいのかまとめ

葬儀

いかがでしたか?
お通夜は何分前に行けば良いのかについて解説してきました。
今回、終活ねっとがお送りした内容を改めてまとめます。

  • お通夜には、喪主なら1~2時間前、お手伝いをする親族なら1時間前、親族なら1時間~30分前位に到着するのが目安である。
  • 一般会葬者の場合、お通夜の30分前位に到着するのが望ましい。
  • 一般会葬者であれば、少々お通夜に遅刻してもマナー違反にはならない。
  • お通夜の所要時間は1~2時間、通夜振舞いも1~2時間程度である。
  • 故人と親しい親族や友人なら、お通夜の時間外に焼香をさせてもらうこともあるが、必ずその場合は遺族の了解をとる。
  • お通夜の時間外に焼香をする場合、挨拶等は手短にし長居しない。

以上です。
こちらの記事が、お通夜の到着時間について迷われている方の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとではお通夜に関しての記事を他にもご用意しています。
お通夜と告別式の違いなど知りたい方はぜひ下記記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜と告別式の違いって何?それぞれの流れや参列時のマナーも紹介

お通夜と告別式ではどちらも読経と焼香が行われるため、似た儀式に感じられ違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。今回はお通夜と告別式の違いについて詳しく解説します。それぞれの儀式の流れや、参列時のマナーについてもご紹介します。

シェアする

「お通夜・何分前」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・何分前」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!のサムネイル画像

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・何分前」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと