お通夜は何するの?|流れ・参列者・喪主・親族・受付係

お通夜は何するの?|流れ・参列者・喪主・親族・受付係

亡くなってからまず始めに行われるお通夜。葬式の前日に行うことが多いのですが、参列をした事がない方はお通夜では何をするのかご存知ないかと思います。今回終活ねっとでは、お通夜では何をするのか解説をしていきますので、ぜひ参考にしてください。

最終更新日: 2020年12月17日

お通夜って何するの?

葬儀

葬式が行われる前、故人が亡くなってからまず一番最初に行うものがお通夜になります。
お通夜という言葉は耳にされたことがあるかもしれませんが、お通夜に参列したことが無い方は一体何をするのかご存知ないと思います。

今回「終活ねっと」では、お通夜で何をするのかについて以下の内容を中心に解説をしていきます。

  • お通夜はどのような流れで進行するの?

  • お通夜に参列した人がすることは?

  • 喪主や親族といった喪家側の人は何をするの?

  • お通夜で受付がするべきことは?

お通夜の流れだけでなく、参列者側、喪家側の立場の際にお通夜で何をするのかも解説していきます。
参列時の流れを分かっている方でも、喪家側になった場合はどうすればいいのかをご存じない方も多くいらっしゃると思います。
喪家側についても解説していますので、ぜひ最後まで記事をお読みになり参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

お通夜の流れについて

葬儀

お通夜は故人が亡くなってすぐに準備を始めます。
お通夜はどのような流れで進行されていくのでしょうか。
また、お通夜とお葬式にはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、お通夜とお葬式の違いとお通夜の流れについて詳しく解説をしていきます。
お通夜に参列したことが無い方は、参列前に流れを掴んでおくようにしましょう。

お通夜とお葬式の違いとは?

どちらも故人を弔うために儀式になるお通夜とお葬式、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

  • お通夜

    故人の遺族、親族、親しくされていた方がお葬式の前夜に集まり、故人の冥福を祈る儀式となります。
    この際、夜通し明かりを消すことなく故人の遺体を見守ります。

    これらの理由からお通夜には故人と関係の深い方のみが参列するものでしたが、最近では一般の参列者の方もお通夜に参列することがあります。

  • お葬式

    お通夜の翌日に行われる葬儀と告別式を合わせて行う際に総称として使用されています。
    葬儀とはお坊さんや神主さんなど故人の宗教に関係する方をお呼びし、故人の冥福を祈る儀式となります。
    葬儀は遺族や親族、親しくされていた方を集めて行われます。

お通夜の流れについて

お通夜が一体どのようなものなのか解説をしてきました。
故人の冥福をお葬式前夜に祈る儀式となるお通夜は、1時間~2時間程度行われるといわれています。
お通夜ではどのようなことが行われるのか、お通夜の流れはどうなっているのかの知識をつけ、いざという時に慌てないようにしましょう。

ここではお通夜の流れを解説していきますので、ぜひ覚えておくようにしましょう。

受付開始

お通夜が始まる前には参列者の方を確認する受付が開始されます。
受付は通常お通夜の始まる30分前から開始されます。
受付では、芳名帳に名前と住所を記帳します。

僧侶の読経・焼香

参列者の方が全員集まりましたら、遺族の方も会場に入り着席をします。
着席順に関してマナーがあり、祭壇に向かって右側が遺族の席、左側へ故人と親しくされていた方などの席とされています。

全員が着席し、お通夜の開始時間になりましたら葬儀社のスタッフが僧侶をお呼びします。
僧侶の方が会場へ入場されるとお通夜が開始されます。

僧侶の方は入場後、お経を読み上げる読経を始めます。
読経は約30分~40分程度行われるといわれていますが、宗派により時間は異なります。

葬儀社のスタッフや僧侶の方が焼香の案内をしますので、案内を受けたら喪主から焼香を始めます。

参列者の焼香

喪主、親族の順に焼香が終わりましたら、最後に参列者の方が焼香を始めます。
参列者の方は焼香をする前と後に必ず喪主や遺族の方に黙礼をするようにしましょう。

喪主や遺族の方は、席から立たず座ったまま対応するようにしてください。

喪主の挨拶

読経、焼香が終わると僧侶の方から法話をされる場合があります。
法話が終了すると僧侶の方は退場されますので、お辞儀をしてお見送りするようにしてください。

僧侶が退場されましたら、最後に喪主の挨拶が始まります。
喪主の挨拶が終わると、式は終了となります。

通夜振る舞い

式が終了すると、通夜振る舞いと呼ばれる食事の席が設けられています。

食事をしながら故人との思い出を語る席といわれており、約1時間程度行われます。
地域などによっては食事の席を設けるのではなく、お菓子などを渡すのみという場合もあります。

以下の記事でお通夜の流れについて詳しく解説をしていますので合わせてお読みください。

お通夜で参列者は何するの?

葬儀

ここまでは、お通夜の流れについてご紹介をしてきました。
では実際にお通夜に参列をする場合には、どういったことをしなければいけないのでしょうか。
初めてお通夜に参列する場合、何をすればいいのか戸惑ってしまう恐れがあります。

ここでは参列者がお通夜ですることを解説していきますので、覚えておくようにしましょう。

受付

お通夜の会場へ入る前には、まず受付をしなければいけません。
受付の際には細かいマナーがあり、マナーについて知識がないと知らず知らずのうちに失礼な行動をとってしまう場合もあります。

以下に受付の流れを解説しますので参考にしてください。

お悔やみの言葉を言う

受付で自分の順番になりましたら、まずお悔やみの言葉を述べるようにしましょう。
お悔やみの言葉を述べる際に注意しなければいけないポイントが忌み言葉を使わないということです。

忌み言葉とは縁起の悪い言葉で、お通夜などの場合ですと「繰り返す」や「続いて」といった不幸が続いてしまうことを連想させる言葉や、重ね重ねやますますといった重ね言葉になります。

これらの言葉を用いてお悔やみの言葉を述べると大変失礼です。
ミスをしないためにも、事前に忌み言葉が入っていない文章をを考えておきましょう。

記帳する

お悔やみの言葉を述べましたら、芳名帳に記帳を行います。
記帳では自分の名前や住所を記載するのですが、この内容は後日遺族の方がお礼をする際などに使用しますので正しいものを記帳してください。

また記帳の方法は個人で参列する場合、夫婦で参列する場合、会社などを代表して参列する場合、代理で参列する場合で書き方が変わってきます。
参列をする前に、自分の参列する立場にあった記帳方法を知っておくようにしましょう。

香典を渡す

記帳が終わりましたら、香典を受付の方にお渡しします。
香典を持参する際には、香典袋の状態で持ち運ばず袱紗(ふくさ)などに包んだ状態にすることがマナーとされています。

一方で、受付の方に香典を渡す際には、香典袋を袱紗から取り出した状態で渡すことがマナーとなっており、香典を袱紗から取り出すタイミングには注意しなければいけません。

以下の記事では香典に関する詳しいマナーを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

焼香

参列者の方がお通夜に参列した際に行わなければいけない事に、焼香があります。
焼香を行うタイミングに関しては先程もご紹介しましたが、喪主、親族の方が終わった後になります。

焼香の方法としては、一般的には数珠を左手に持った状態で右手で香を焚いて拝みます。
流れとしては、まずは一礼をして合掌を行います。
その後、親指、人差し指、中指の3本の指で抹香をつまみ額の近くまで運びます。
額の近くまで運んだあとは、指をこすりながら香炉へ落としましょう。
この手順を1~3回行った後、再び合掌をして最後に一礼を行い終了となります。

以下の記事では、焼香のやり方をより詳しく解説をしております。
お通夜に参列をする際には、焼香は必ず行われるので会場で戸惑わないですむように覚えておくようにしましょう。

通夜振る舞いについて

式が終了した後に行われる通夜振る舞いですが、参加する範囲は地域によって異なるといわれています。
一般的には関西の地域では遺族や親族のみ、関東の地域では一般の参列者の方も参加をするといわれています。

通夜振る舞いの案内は式の最後、喪主の挨拶の際に行われることが多いです。
喪主や遺族の方から、通夜振る舞いへのお誘いをされた場合には可能な限り参列することがマナーとなっています。

勧められたら一口でも食べること

通夜振る舞いではお食事をすることで、故人を供養するという意味が込められています。
そのため、通夜振る舞いの席にお誘いをされて参加する場合には必ず一口はお食事を食べるようにしてください。

通夜振る舞いに参加して、食事を食べないと大変失礼ですので気をつけておきましょう。

食べる場合は長居しないこと

通夜振る舞いは一般的には1時間程度行われるといわれています。
故人の方や喪主、遺族の方と親しい関係ではない場合には長居をするのではなく30分程度で退席するようにしましょう。

お通夜で喪主・家族・親族は何するの?

葬儀

お通夜に参列者として参列する場合に何をするのかをご紹介してきました。
では、自分が喪主や故人の家族、親族といった立場の場合にはお通夜で何をするのでしょうか。
一般参列者とは違い、お通夜の際にしなければいけない事は多くあります。

ここではお通夜で喪主や家族、親族は何をするのかについて解説をしていきます。
お通夜をスムーズに進行できるようにするためにも、何をしなければいけないのか学んでおくようにしましょう。

会場の準備

お通夜をする際には、会場の準備をしなければいけません。
葬儀社に依頼して行うのであれば、葬儀社の決定や打合せを行う必要があります。

打合せでは参列者の方にお渡しする返礼品を用意してもらえているのか、進行はどうなるのかといった確認をが必要です。

また受付や案内などお通夜での世話係を決めておく必要もあります。
喪主の方は受付などはできませんので、その他の遺族や親族の方にお願いするようにしましう。

会場ではお供え物や供花の順番を確認することも忘れてはいけません。
故人と近い関係にある人から祭壇へ並べる順番が決まっていますので、正しい順番に並べる必要があります。

僧侶のおもてなし

お通夜には僧侶の方をお呼びして、読経などを行ってもらいます。
そのため、会場へ僧侶の方が到着されましたらおもてなしをする必要があります。

僧侶の方が会場へ到着されましたら、まず控室へご案内をしてお茶をお出ししましょう。
その際に、喪主がご挨拶をしてお通夜の内容について確認を行います。

お通夜が終了した後も、控室へ案内してお茶をお出しするようにしましょう。
この際に喪主はお礼のご挨拶をするようにしてください。
この際に、タイミングをみてお車代をお渡しするようにしましょう。
また僧侶の方が通夜振る舞いを辞退されている場合には、お膳代もお渡しする必要があります。

喪主挨拶

喪主の方は、お通夜の際には参列者の方に対し故人に代わってお礼の挨拶をしなければいけません。
喪主の挨拶では、参列をしていただいた感謝の言葉、故人の生前の思い出、葬儀や告別式の日時の案内などを話す必要があります。

お通夜の際には、悲しみなどから上手く挨拶ができないこともありますので内容を事前に確認しておくといいでしょう。

以下の記事ではお通夜での喪主の挨拶は何を言うのか解説をしています。
挨拶のタイミングや例文などについても詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

受付は何するの?

葬儀

お通夜の際に受付をして欲しいと依頼をされる場合があります。
受付は参列者の方の対応をする重要な役割となるため、会場で戸惑わないで済むように何をするのか把握しておく必要があります。

ここではお通夜で受付は何をするのかご紹介していきますので、参考にしてください。

受付準備

受付が事前にしておかなければいけない準備はどのようなものがあるのでしょうか。
受付係の方はまず会場の配置や、式のスケジュールなどを把握しておかなければいけません。
参列者の方に質問をされた場合に、しっかりとお答えできるようにしておきましょう。

また参列者の方に渡す返礼品の数量が揃っているのかを確認し、記帳してもらう筆記用具を用意しておく必要もあります。
この際に芳名帳へ通し番号がふられていない場合には、事前に番号をふっておくようにしましょう。

香典の受け取り

参列者の方は、受付で香典を差し出されますがこの際受け取り方にも注意をしておかなければいけません。
香典を差し出された際には、無言で受け取るのではなく一言を添えて両手で受け取るようにしましょう。

記帳してもらう

参列者の方には記帳をしてもらうようにお願いをする必要があります。
芳名帳へ名前と住所を記載していただけるようにお声掛けをしましょう。

記帳をしてもらう際には、名前はフルネームで会社関係者の方には会社名も書いてもらうようにしましょう。
記帳完了後には、芳名帳にあらかじめ記載していた通し番号と同じ番号を頂いた香典袋の裏に記載しておきましょう。

会計

受付の際には会計係を兼任することがあります。
会計係は、頂いた香典の金額と香典袋に書かれている金額が一致しているのかを確認をします。
金額が一致しない場合は香典袋を持参された参列者の方が、会場から帰る前までに確認を取る必要があります。

香典袋に金額が記載されていない場合は、入っている金額を記入するようにしましょう。
香典帳へ香典袋に記入した通し番号と金額、名前と住所を記載します。
香典袋とお金は別々に保管するようにしてください。

お通夜は何するのかについてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、お通夜は何をするのかということについてご紹介してきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • お通夜は葬式前夜に遺族や親しくされていた方が集まり故人の冥福を祈る儀式である。
    葬式は葬儀と告別式を同日に行う際の総称である。

  • お通夜の流れとしては受付、読経、焼香、喪主挨拶、通夜振る舞いとなる。
    受付の際には、お悔やみの言葉を述べる、香典を渡す、記帳をするといったことをしなければいけない。

  • 焼香に関しては、喪主、親族、一般参列者の順番に行われる。
    事前に焼香の正しいやり方を知っておく必要がある。

  • 通夜振る舞いは喪主などから参加のお誘いを受けたら出来る限り参列する。
    通夜振る舞いでは食事を食べることが供養となるので、必ず一口は食べる。
    一般参列者の場合は長居をせず、30分程度で退席するようにする。

  • 喪主や故人の家族、親族にはお通夜の際にはさまざまな役割がある。
    会場の準備や受付、僧侶の対応などやるべきことは多くあるので上手く分担して行うようにする。

お通夜でしなければいけないことは多くあり、スムーズに進行するためにも内容をしっかりと把握しておく必要があります。
お通夜に参列をしたことが無い方や、喪主などの経験がない方は今回の記事の内容を覚えておくといいでしょう。

「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では香典のマナーについて解説をしております。
お通夜に参列する際には基本的に香典を持参することになりますので、基本的なマナーについても学んでおくといいでしょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像
    お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

    通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。

  • お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像
    お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

    冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。

  • お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介のサムネイル画像
    お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介

    お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像
    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像
    お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像
    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。

  • お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像
    お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

    お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

  • お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像
    お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

    お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。

  • お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像
    お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像
    お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

    お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事