お通夜の案内には何を書けばいいの?返事のテンプレートもご紹介!

お通夜の案内には基本となる定型文もありますが、葬儀の形式やどういう方法で案内を送るかで内容が変わってきます。今回は、お通夜の葬儀形態による案内の違いと、FAX・メール・電話での案内の書き方とテンプレートについて詳しくご紹介していきます。

目次

  1. お通夜の案内には何を書けばいいの?
  2. お通夜・告別式の案内とは?
  3. お通夜の案内に書くべき内容とは?
  4. お通夜の案内のテンプレート
  5. お通夜・告別式の案内の返事について
  6. お通夜の案内には何を書けばいいかまとめ

お通夜の案内には何を書けばいいの?

葬儀

知人や会社から、一度はお通夜の訃報を受け取ったことのある方はいらっしゃるでしょう。
しかし、いざ自分自身が喪主や遺族の立場になると、お通夜や葬儀のさまざまなことに頭を悩ませられます。
その中でまっさきに思い浮かぶのは、お通夜の案内を送ることではないでしょうか。

今回終活ねっとでは、お通夜の案内に書く内容についてをFAXとメールの案内テンプレートと併せて詳しく解説しています。

  • お通夜の案内には、どんな内容を書けばいいのか?
  • これだけは書いておきたい、お通夜の案内の基本事項
  • 宗教による案内に書くことと、家族葬の場合に気を付けることについて
  • FAX、メール、電話でのお通夜・告別式の案内方法
  • FAX、メールでのお通夜の案内テンプレート
  • お通夜・告別式の案内をもらった立場での返信テンプレート

以上の内容を中心に解説していきます。

故人のご遺志を尊重したお通夜・告別式に、参列してくださる方への配慮にと心労が積み重なる中、少しでもご負担を小さくする手助けができれば幸いです。
ぜひ最後までお読みになってみてください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

お通夜・告別式の案内とは?

葬儀

お通夜・告別式の案内とは、故人の逝去を親族や知人・友人、会社関係者に伝え、お通夜・告別式の日程や場所をご案内する訃報となります。

お通夜の案内に書くべき内容とは?

困った人々

お通夜や葬儀を執り行う前には、案内の文面を送るのが通例となっています。
それでは、案内にはどんな内容を書けばいいのでしょうか。

ここでは、お通夜の案内では必須の基本事項と、さまざまなケースによる違いについご紹介しています。

どんな内容を書けばいいの?

まず、案内に書く基本事項をご説明します。
次に、仏教以外での案内と、家族葬の場合に伝えるべきことについて解説していきます。

お伝えする内容はご自身で考えても良いですし、お通夜をお願いしている葬儀社に依頼して作成していただくこともできます。
下記に基本となるテンプレートもご用意しておりますので、そちらもご参考になさってみてください。

基本事項

お通夜の案内に書いておくべき内容をご説明します。

  • 故人の氏名
  • 故人が亡くなった日時、享年
  • お通夜、葬儀、告別式の日時と場所
  • 喪主の氏名、故人との続柄
  • 連絡先

仏教以外の場合

日本の葬儀は、仏教式がほとんどです。
もし、仏教以外の形式でお通夜や葬儀を行う場合には、参列してくださる方が戸惑わないように宗教を配慮した書き方をすることが大切です。

  • 神道の場合

    通夜を通夜祭、葬儀を新葬祭と呼びますので、案内に書くときも気を付けましょう。

  • キリスト教の場合

    キリスト教にはもともと通夜はありませんが、日本では通夜をすることもあるようです。
    通夜を執り行う場合は、その旨を明確にしておくと良いでしょう。

家族葬の場合

家族葬では、故人のご遺志とご遺族の思いを尊重したお通夜・告別式が大切となるでしょう。

家族のみでお通夜や葬儀を執り行いたい場合は、家族のみでお葬式を行うことを必ず書いて伝えるようにします。
相手の方が参列するべきか迷わないように、お葬式の日時や場所は書かない方が無難でしょう。
故人のご遺志をお伝えしていないと、家族葬であると知らずに弔問してくださった方へ失礼にもあたりますので、ここはしっかりと押さえておきましょう。

また、もし香典・供物・供花を辞退したい場合は、FAX・メールに以下のような文面を書きそえておきましょう。

故人の遺志により、香典、供花、供物の儀はご辞退申し上げます。

お通夜・告別式の案内をする方法

お通夜・告別式の案内の方法を、FAX、メール、電話それぞれでご説明します。

注意点として、訃報を送る基本的な順番は、関係の深い順になります。
家族・親族へはまっさきに知らせますが、それ以外の方へは通夜や葬儀の日時が決まってから連絡する方がお互いの負担も少なくて良いでしょう。

FAXで送る

家族や親族、また友人や知人の場合には、FAXで案内を送ることは少ないかもしれません。
しかし、大きな葬儀や会社の葬儀の場合には、FAXを利用した方が間違いや負担が少なくできます。

とくに会社やグループへの連絡では、口頭で伝えると間違いが起きやすく混乱のもとになりやすいので、書面で送るのがおすすめです。

メールで送る

基本的に、訃報や案内をメールで伝えるのはマナーの面であまり良いことではありません
しかし、現在はメールでの訃報は一般的になっていますし、メールの方が相手方への配慮となる場面もあります

とくに会社や取引先へは、記録が残る文面でお伝えすると、速やかに確実に伝わりやすいというメリットがあります。
また、電話でお知らせした相手であっても、確認のメールを送っておくことも良いでしょう。

FAX・メールともに、記載しておくべき基本的な項目は変わりませんので、基本事項を参考になさってみてください。

電話をする

家族と親族には、まっさきに電話で故人の訃報を伝えるようにします。
まずは誰が亡くなったのかを伝え、通夜・葬儀の日時が決まっていれば伝えておきます。
日時が決まっていなければ、後日あらためて連絡する旨を伝えておきましょう。

次に、葬儀社にお通夜と葬儀の手配をお願いします。
もし菩提寺がある場合には、電話でご都合を相談するようにしましょう。

会社や学校、またグループ関係の方に電話で伝える場合は、代表の方に相談してそれぞれで連絡を回してもらうと良いでしょう。

新聞で死亡広告を出す場合

新聞の死亡広告は、多くの人に訃報を伝えられます。
この広告は、お悔やみ欄とは別になりますので気を付けましょう。

お悔やみ欄は無料ですが、新聞に掲載されるかどうかは新聞社の判断となります。
対して、死亡広告は有料にはなりますが、確実に掲載できます。

訃報を知らせたい人の中には、FAXやメールでの連絡が難しかったり、携帯電話を持っていない場合もあるでしょう。
新聞を目にする機会があれば訃報を伝えられる可能性も高くなるので、どうしても伝えたい相手がいる場合には利用を検討しても良いでしょう。

新聞広告を利用する場合は、料金や新聞社との打ち合わせも必要になりますので、事前に新聞社に相談しておくことをおすすめします。

お通夜の案内のテンプレート

葬儀

FAXとメールによる、お通夜の案内のテンプレートをご紹介します。
文面を作成される際のご参考になさってください。

FAXで送る場合

FAXで案内を送る場合は、FAX番号も書いておくようにしましょう。
以下に例を記載していますので、ご参考になさってください。

故 〇〇〇〇 儀(享年○○歳)令和〇年〇月〇日に逝去いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。
なお、通夜・告別式は下記の通り執り行います。

            記

通夜式   令和〇年〇月〇日(月)18:00~
告別式   令和〇年〇月〇日(火)11:00~

式場     ○○セレモニーホール
場所     ○○県○○市○○町 xx-xx-xx
電話番号  XX-XXXX-XXXX

令和〇年〇月〇日
喪主    ○○○○(故人との続柄:妻など)
住所    ○○県○○市○○町 xx-xx-xx
連絡先  XXX-XXXX-XXXX
FAX    XX-XXXX-XXXX
儀式形態 仏式

メールで送る場合

メールで送る場合は、件名に訃報であることを分かりやすく示しておきます
また、Googleマップなどの地図のURLを記載しておく配慮をしても良いでしょう。

件名:【訃報】○○○○逝去のお知らせ
本文:
株式会社○○様

父 ○○○○は、かねてより病気療養中のところ、令和〇年○月○日午前○時○分、享年○○歳にて永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。
なお、通夜・告別式は下記の通り仏式にて執り行います。

【通夜式】
日時:令和○年○月○日(水) 午後○時より
場所:○○斎場
   ○○県○○市○○町 xx-xx-xx
   ※詳細は添付の地図をご参照ください。(GoogleマップなどのURL)
   TEL:XX-XXXX-XXXX
【告別式】
日時:令和○年○月○日(水) 午前○時より
場所:上記に同じ

喪主:○○○○(長男などの続柄)
住所:○○県○○市○○町 xx-xx-xx
連絡先:XXX-XXXX-XXXX
E-Mail:〇〇〇@○○.○○

お通夜・告別式の案内の返事について

葬儀

お通夜・告別式の案内が、FAXやメールで届いた場合の返事について解説します。

どんなことを書けばいいの?

返事の内容には、お悔やみの挨拶ご遺族の心情に配慮する言葉を書きます。
お通夜・告別式に参列できない場合は、その旨をお伝えするようにします。

返事では重ね言葉死を直接表す言葉、頑張って、や元気を出して、などの言葉は使わないように気を付けましょう。
また、訃報やお通夜・告別式に際しては、故人の敬称が変わってきますので注意が必要です。
例としては、喪主から見た父はご尊父様、母はご母堂様などとなります。

FAXの場合の返事の方法

FAXで返事をする場合は以下のような文章になります。

謹啓

このたびは○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
思いがけないご訃報に接しまして、大変に驚き、戸惑っております。
ご生前、○○様には家族ともども大変お世話になりました。
そのご厚情に、今一度深く感謝するとともに、心からお悔やみ申し上げます。
最愛のご家族を亡くされたご家族の悲しみは計り知れるところではございませんが、
くれぐれもご無理をなさらず、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。
略儀ではございますが、書中にて失礼させていただきます。
○○様のご冥福を、心からお祈りいたします。

***もし、参列できない場合には以下のようにその旨を付け加えておきます。

やむを得ない事情があり、ご葬儀に参列できないことをお許しください。
心ばかりのお供物をお送りしましたので、どうぞ○○様のご供養としてくださいませ。

                                                 謹白

メールの場合の返信方法

メールでは、訃報への返信だと分かるように、件名に氏名とお悔やみの言葉を書きます。

件名:〇〇(自分の氏名)より お悔やみ申し上げます
本文:このたびは○○様のご逝去を知り、とても驚いております。
心より○○様のご冥福を祈り、謹んでお悔やみ申し上げます。
本来ならば直接お目にかかりお悔やみ申し上げるところではございますが、メールにて失礼させていただきます。
ご家族の皆様におかれましては、くれぐれもご無理をなさらず、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。
○○様のご冥福を、心よりお祈りいたします。

お通夜の案内には何を書けばいいかまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、お通夜の案内に書く内容と、案内のテンプレートについて解説しました。
以下に今回ご紹介した内容をまとめています。

  • お通夜の案内には、故人の氏名、亡くなった日時、お通夜・告別式・葬儀の日時と場所、喪主の氏名と故人との続柄、連絡先を基本事項として書く。
  • 宗教ごとに葬儀のやり方が異なるので、参列者が困らないように案内には葬儀形態を書いておく。
  • 家族葬では故人のご遺志を尊重し、お通夜への参列のお断りや香典・供物・供花のお断りの旨も案内に書いておく。
  • お通夜の案内は、場合に応じてFAX、メール、電話を使い分ける。
  • 新聞の死亡広告は有料だが、電話やメールで連絡をとりづらい相手に訃報を知らせる手段になる。広告は新聞社との打ち合わせがあるので、前もって新聞社に相談しておく。

喪主や遺族の立場になると、悲しみにくれる間もなくお通夜に葬儀にとたくさん配慮すべきことがあって大変です。
しかし、大事なポイントを理解しておけば、ご負担も少なくできるのではないでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、お通夜の流れやマナー、時間について詳しく解説した記事も掲載していますので、そちらもご参考になさってみてください。

こちらも読まれています

おさらいしておこう。お通夜の流れやマナー、時間について。

急なお別れはさみしいものですよね。お通夜に参列するときのマナーや服装、時間や流れについては把握していますか?急な出来事にも慌てず心を込めて故人との最後のお別れには参列したいものです。お通夜についてもう1度確認しておきたい内容やお通夜の流れについてお答えします。

「お通夜・案内」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・案内」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?のサムネイル画像

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

法事の案内状はどう書くの?案内状の例文やマナーについても解説!のサムネイル画像

法事の案内状はどう書くの?案内状の例文やマナーについても解説!

葬儀案内の伝達手段や例文って?連絡の内容や挨拶文、マナーを紹介!のサムネイル画像

葬儀案内の伝達手段や例文って?連絡の内容や挨拶文、マナーを紹介!

葬儀の案内の文例やタイミングって?返信の文例や手段もご紹介!のサムネイル画像

葬儀の案内の文例やタイミングって?返信の文例や手段もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・案内」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?のサムネイル画像

お通夜に着られるコートにもマナーがあった!?

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと