お通夜のお饅頭とは?お淋し見舞いや通夜振る舞い、のしについて解説

日本各地にはお通夜にまつわる独特の習慣がいろいろとあります。その中の1つに数えられるのがお饅頭にまつわるもので、地方によってご遺族が配ったり、参列者が持参したりするものなどさまざまです。今回はお通夜に見られるお饅頭関係の習慣をご紹介しましょう。

目次

  1. お通夜における饅頭とは
  2. お通夜に持参する饅頭について
  3. お通夜でもらう饅頭について
  4. お通夜における饅頭につけるのしについて
  5. お通夜に参列する時のマナー
  6. お通夜における饅頭についてまとめ

お通夜における饅頭とは

葬儀

お通夜は古くから行われているため、現在でも昔の習慣が伝えられている場合が多いです。
そして日本各地で地方独特の習慣が残っている場合も多く見られます。

そのような独特の習慣に数えられるのが、お通夜での饅頭にまつわるものです。
地方によってはご遺族が参列者のために用意する場合もあれば、逆に参列者がご遺族のために持参する場合もあります。

あなたがお住まいの地域でもお通夜で見られる饅頭にまつわる習慣があるでしょう。
地方の習慣ということであれば知っておいた方が後々役に立ちます。
そこで今回終活ねっとでは、地域によってお通夜で見られるお饅頭にまつわる習慣について見ていきましょう。

  • お通夜に参列者が持参するお饅頭とは?
  • お通夜でご遺族からもらう饅頭とは?
  • お通夜でのお饅頭につけるのしとは?
  • お通夜に参列するときに守るべきマナーとは?

お通夜の際にお饅頭のやり取りをする習慣について知っておきたい方にとって、大変役立つ情報を載せてあります。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜に持参する饅頭について

葬儀

お通夜とお饅頭は一見するとあまりイメージがつきにくいですが、地域によってお通夜でお饅頭を用意する習慣があります
まずは参列者がご遺族のためにお饅頭を持参する習慣から見ていきましょう。

地方によって饅頭を贈る習慣がある

お通夜の際にお饅頭を参列者が持参する風習は、主に岐阜県と愛知県の一部で見られるものです。
この習慣はお淋し見舞いといい、読みかたは「おさみしみまい」もしくは「おさびしみまい」と読みます。

お淋し見舞いで持参するものはお饅頭が主ですが、ほかにも現金やお供え物、お線香、お菓子などもよく持参されるものです。
特に食べ物関係を持参する場合は、ご遺族がその場ですぐに全員で分け合えるようなものを用意すると良いでしょう。

なぜお淋し見舞いをするのか

お淋し見舞いをする目的ですが、実は諸説あります。
よくいわれるのは、故人を失ったご遺族がお通夜の中で寂しい思いをせずに済むように配慮するためです。

ほかにも「葬儀であわただしいご遺族が、お淋し見舞いで少しでもまかなえるように」という理由や、「飲食を通じて故人をしのび、少しでも元気になってほしい」という理由もあります。
いずれにせよ、参列者がご遺族の気持ちに寄り添って、少しでも寂しさを紛らわせたり元気になったりしてほしい思いが込められた習慣といえるでしょう。

お通夜でもらう饅頭について

葬儀

お通夜のお饅頭といえば、ご遺族が参列者に対してお渡しするものもあります
ここではそのお饅頭の習慣について見ていきましょう。

会葬御礼品としての葬式饅頭

ご遺族が参列者にお渡しするお饅頭として知られているのが葬式饅頭です。
葬式饅頭はお通夜や葬儀に参列した参列者に会葬御礼品としてお渡しします

葬式饅頭はもともと仏教で説かれている布施の考え方に基づいた習慣です。
つまり故人が亡くなった際に、故人が所有していた財産が少しでも多くの方にいきわたるように、お饅頭という形でお渡しします。
なおご遺族から参列者にお渡しする饅頭は、地域によって色や形、材料がさまざまです。

通夜振る舞いのお茶菓子が饅頭のとき

ご遺族がお渡しするお饅頭は、儀式後に行われる通夜振る舞いで会食代わりにお茶菓子としてお饅頭をふるまう場合もあります
つまりお通夜の儀式が終わった後で、お茶とお饅頭とで故人をしのんだり思い出に浸っていただいたりするためのものです。

ただしこの場合、会食を行う形としての通夜振る舞いはご親族などが行います。

通夜振る舞いで中華饅頭が出る地域もある

お通夜に出てくるお饅頭の種類が地域によってさまざまであることに先ほど触れましたが、その中でも特に独自性があるのが北海道の場合です。
北海道では通夜振る舞いでふるまわれるお饅頭として中華饅頭が使われます

北海道で通夜振る舞いに中華饅頭が出される理由は、北海道のお通夜の規模が大きいためです。
規模が大きい分、参列者の数も多くなるため、ご遺族にとって通夜振る舞いの用意は骨が折れます。
そこで比較的用意のしやすい中華饅頭を作ってお渡しするという習慣が古くから一般的です。

お通夜における饅頭につけるのしについて

葬儀

全国的にお通夜でお饅頭をやり取りする習慣がありますが、もしお渡しすることになった場合、どのようなのしを掛ければ良いのでしょうか
ここではお通夜のお饅頭に使うのしについて見ていきましょう。

弔事用の熨斗(のし)のない掛け紙を使う

まずお饅頭に掛けるのしですが、物品に対して使うために弔事用ののしがついていない掛け紙を使います
のしがついているものは結婚式などのような慶事に使われるためです。

このため水引が黒白または黄白のものを使うようにしましょう。
なお黄白のものは関西や北陸で使われるものです。

水引の結い方は、淡路結びか結びきりになっているものを使いましょう。
両方とも一度結ぶと簡単にほどけないことから、不幸が繰り返さないように願う意味があるためです。

表書きについて

掛け紙で水引とともに大切なのが表書きの部分です。
お通夜でお饅頭をやり取りする場合、適切な表書きを使う必要があります。
参列者がご遺族にお渡しするお淋し見舞いの場合は御淋見舞や御淋見舞い、御淋し見舞、淋し見舞いなどさまざまです。

一方ご遺族が参列者にお渡しする葬式饅頭の場合は、会葬御礼品としてお渡しするために会葬御礼が一般的に使われます。
ほかにも西日本では「粗供養」が、岐阜県では「茶の子」が地方独特の表書きとして一般的です。

お通夜に参列する時のマナー

葬儀

お通夜でお渡しするお饅頭のほかにも、参列する際に守るべきマナーはさまざまです。
ここではお通夜で守るべき服装や言葉遣いについても見ておきましょう。

服装について

お通夜で服装といえば、黒いスーツに黒ネクタイのイメージが強いです。
しかしこのようなイメージのほかにも、守るべきマナーはいろいろとあります

女性

まず女性がお通夜に参列する際に着用すべき服装は、黒色や暗色系のスーツやワンピースが基本です。
靴は黒色のパンプスを履くほか、脚の部分には黒色や暗色系のストッキングを身につけましょう。
なおスカートについてはやや丈の長いものを選びます。

アクセサリーについては結婚指輪や婚約指輪以外は極力つけないようにしますが、真珠のネックレスは一連だけつけて良いです。

男性

男性の場合は、黒色や暗色系のスーツが基本です。
また上スーツの下には、黒ネクタイを締めた白いワイシャツを着用します。
靴や靴下も黒色や暗色系のものを身につけましょう。

アクセサリーは女性の場合と同じように、結婚指輪や婚約指輪以外は極力つけないようにします。
加えてネクタイピンや金色の時計のように光沢が著しいものも避けましょう。
お通夜で適切な服装についてより詳しいことは、以下の記事で説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

こちらも読まれています

これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

急な訃報でお通夜に参列することになった時、あれ?お通夜ってどんな服装で行けばいいの?と焦る方も多いと思います。告別式は喪服だけどお通夜は…?と不安な方に、お通夜の服装についてご紹介。マナーを知っておけば、もしもの時でも大丈夫!

お悔やみの言葉について

お通夜でもう1つ重要なのが、ご遺族などへのお悔やみの言葉です。
一般的に無難とされているお悔やみの言葉として、「この度はご愁傷さまです」といった言葉があります

ほかにも「ご冥福をお祈りいたします」という言葉も知られていますが、こちらは仏式葬儀のみで適切とされているため、ほかの宗教で行われる葬儀では使わないようにしましょう。
なおキリスト教式葬儀の場合は、死を不幸なことと考えません。
このため故人の安息を祈る言葉を掛けると良いです。

お通夜で掛けるお悔やみの言葉については、以下の記事でより詳しく説明されています。

こちらも読まれています

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

お通夜での挨拶、あなたはどうしていますか?お通夜に弔問で伺う場合と、喪主の立場での挨拶について知っておくと安心ですね。

お通夜における饅頭についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、お通夜の際にやり取りをするお饅頭についていろいろと見てきました。
今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下に挙げられる各ポイントのようになります。

  • 岐阜県や愛知県の一部地域では、参列者がご遺族に対して持参するお淋し見舞いという習慣がある。
    お淋し見舞いは故人を失ったご遺族が寂しい思いをしないように願ったり、少しでも元気になってほしいと思ったりするための習慣である。
  • ご遺族が参列者に対してお饅頭をお渡しする葬式饅頭の習慣は全国各地で見られるが、お渡しするお饅頭の色や形、材料はさまざまである。
    一般的には会葬御礼品としてお渡しするが、通夜振る舞いで会食の代わりにお茶菓子としてお渡しする場合もある。

    加えて北海道では通夜振る舞いで中華饅頭をふるまうのが一般的である。
    これは北海道で行われるお通夜の規模が非常に大きいために、作りやすさを重視したことによる。
  • お通夜でお饅頭のやり取りをする際には、弔事用ののしを掛ける。
    具体的にはのしがついていない掛け紙を掛けるため、水引の色や結い方も弔事で適しているとされるものが選ばれる。
    お淋し見舞いの表書きは、「御淋見舞」や「御淋見舞い」、「淋し見舞い」などさまざまである。

    一方葬式饅頭の場合は、一般的な会葬御礼品としてお渡しするため、「志」や「会葬御礼」がよく書かれる。
    ほかにも地域によって「粗供養」や「茶の子」などが一般的な場合もある。
  • 女性のお通夜で適切な服装は、黒色か暗色系のスーツやワンピースが基本である。
    アクセサリーは結婚指輪や婚約指輪以外は極力つけない方が良いとされているが、真珠のネックレスであれば一連のみつけて良い。

    男性の場合は黒色か暗色系のスーツを着用し、下には黒ネクタイを締めた白ワイシャツとする。
    アクセサリーは女性と同じように結婚指輪や婚約指輪以外は極力つけない方が良いとされ、特に光沢が目立つものは控えるようにすべきである。

    お悔やみの言葉については「この度はご愁傷さまです」といった言葉が無難である。
    ただし宗教や宗派によって適切とされる言葉が異なるため、その点は注意する。

お通夜の際にご遺族と参列者の間でやり取りするお饅頭は、地域によってさまざまな習慣があります。
特に参列者からご遺族にお渡しする場合は、お淋し見舞いとして岐阜県や愛知県で一般的です。

またご遺族が参列者にお渡しする葬式饅頭は全国的に見られるものの、地方によってお渡しするお饅頭の色や形などが異なります。
このためご自身がお住まいの地域でどのようなお饅頭をお渡しするのかは、事前に確認した方が無難といえるでしょう。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

「お通夜・饅頭」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・饅頭」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!のサムネイル画像

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・饅頭」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像

お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと