先輩への香典の金額相場はいくら?香典袋の書き方や渡し方もご紹介!

先輩への香典の金額相場はいくら?香典袋の書き方や渡し方もご紹介!

香典を持参する際に包む金額は悩みどころですね。先輩にあたる方の葬儀に参列する際はいくら包むのが相場なのでしょうか。この記事では先輩への香典の金額相場について解説していきます。香典袋の書き方や渡し方もご紹介いたしますので香典でお悩みの方はぜひ参考にご覧ください。

2019-09-29

先輩の香典について

葬儀

職場や学校関係の人が亡くなった際に香典を出す場合がありますが、その時に香典の金額で困ったことはありませんか?
香典に包む金額は相手によって変動するものですので、故人との関係性を考慮して用意する必要があります。

親や親族などの相場は周知されていますが、先輩といった関係性の方の葬儀にはいくら包めばよいのかは悩みどころです。
人間関係にもかかわってくることですので、マナー違反とならないように香典の金額相場はしっかりと把握しておきたいですね。

今回終活ねっとでは先輩の香典について、金額相場や渡し方などを中心に解説していきます。

  • 先輩が亡くなった場合の金額相場はいくらなの?

  • 香典袋の書き方は?

  • 香典袋の包み方について

以上の3点を中心に解説していきます。
香典の金額相場や包み方が気になる方にとって役立つ内容となっています。
ぜひ、最後までご一読ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

先輩が亡くなった場合の金額相場はいくら?

葬儀

まず気になるのは、香典の金額相場です。
先輩が亡くなった場合はいくら包むのが適正なのでしょうか。
先輩の近親者がなくなった場合はどうでしょう?

また、香典は出す側の年齢によって金額相場が上下いたしますので、ご自分の年齢も考慮して決める必要があります。
これらを鑑みて、ケース別に香典の金額相場を解説していきます。

会社・部活の先輩本人への金額相場

会社や部活の先輩が亡くなられた場合の香典の金額相場は以下のようになっています。

  • 香典を出す側の年齢が20代の場合

    3000~5000円

  • 香典を出す側の年齢が30代の場合

    5000~1万円

  • 香典を出す側の年齢が40代以上の場合

    1万円~

職場でなく大学や高校など、学生時代の先輩に香典を出すという場合では、自身の年齢が20歳未満ということもあるかもしれません。
その場合は、必ずしも香典を出す必要はありません。
自身の年齢や故人との関係性を踏まえた上で香典を包むと良いでしょう。

先輩の母親・父親への金額相場

続いて、先輩の母親・父親などの家族が亡くなった場合の金額相場です。

  • 香典を出す側の年齢が20代の場合

    3000~5000円

  • 香典を出す側の年齢が30代の場合

    3000~5000円

  • 香典を出す側の年齢が40代の場合

    5000~1万円

先輩の祖母・祖父への金額相場

こちらでは、先輩の祖母・祖父が亡くなった場合の金額相場をご紹介します。

  • 香典を出す側の年齢が20代の場合

    3000~5000円

  • 香典を出す側の年齢が30代の場合

    3000~5000円

  • 香典を出す側の年齢が40代の場合

    3000~5000円

先輩の祖母・祖父が亡くなって葬儀に参列する場合は、普段から親交がある相手でなければ香典を出さないことも多いです。

また、職場関係の方に香典を出す場合は、同僚や上司・部下と連名で香典を出すというケースも考えられます。
この場合は職場の人数で頭割りとなりますので1人当たりが負担する金額は少なくなります。

  • 例)同僚一同20人で1万円の香典を出す場合、1人当たりが出す金額は500円となります。

  • 例)人数の少ない職場の場合、1人あたり1000円や2000円程度を負担し、きりの良い数字に整えて香典を出すといったケースもあります。

今回紹介した金額相場は一般的な慣習であり、地域や職場の環境によって変化する場合があります。
また、同じ職場の方と相談して歩調をそろえるといったことも重要です。
そういった場合は身近な環境を優先して判断してください。

下記のリンク先のページでは、香典の金額相場を関係別・法要別に詳しくご紹介しています。
香典の金額相場についてさらに詳しく知りたいという方はこちらもあわせてご覧ください。

香典袋の書き方

葬儀

香典を出す際には香典袋でお包みして渡すのが一般的です。
ここでは香典袋の書き方を解説いたします。
表書き・名前・内袋の記入についてご確認ください。

表書き

まずは表書きについて、各宗教別にご紹介いたします。

仏式の場合

一般的な仏式の場合、表書きは御霊前とすると広く使用することができます。
他には、御香典と書く場合もあります。
四十九日の忌明け法要以降はこれらは用いません。

浄土真宗の場合

仏教の中でも浄土真宗では、故人は亡くなられてからすぐに仏さまになるという往生即成仏の教えがあり、表書きも異なります。

浄土真宗の方に香典を出す場合は、表書きは御仏前と記入します。
御香典でも問題はありませんので、先方の宗派がわからない場合は御香典と記すのが無難です。

神式の場合

神式の葬式に参列する場合は、表書きは御神前と書きます。
御玉串料・御榊料でも可能です。

神道では香典は神様にお供えするものですので、このような書き方となります。

キリスト教の場合

先方がキリスト教の信徒である場合は、カトリックかプロテスタントによって表書きは変わります。
カトリックの場合は、御ミサ料・献花料・御霊前を用います。
プロテスタントの場合は忌慰料(きいりょう)と書きますが、御花料・献花料であればどちらでも問題ありませんので、迷ったらこれらを選びましょう。

名前

個人で香典を出す場合は、香典袋の中央下段に名前をフルネームで縦書きで記入します。
代理で出す場合は、自分ではなくお金を包んだ方の名前が記入されていることと、名前の横に(代)と入っていることを確認してください。

内袋

香典袋の中に入っている内袋には、包んだ金額や差出人の住所・氏名を記入します。
内袋の表側中央に香典の金額を記載し、裏側の下段左に住所・氏名を記載します。

注意点

香典袋に書く際の注意点として、薄墨を使うことが挙げられます。
これには「墨を磨る間も惜しんで急いできました」という気持ちを表明する意味があり、お通夜や葬式の香典では通常の墨は用いません。

また、金額を書くときは旧字体の漢字(大字)を使う、キリスト教では専用の香典袋を使うなど、香典を用意する際には気を付ける点が多々あります。
下のリンク先の記事ではそういった注意点やさらに詳しい香典袋の書き方を解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。

香典袋の包み方

葬儀

こちらでは香典袋の包み方をご紹介いたします。
香典はお金を用意するだけではなく、包んでお渡しするのにも作法があります。
ぜひこちらでご確認ください。

包み方

香典を包む際は、直接香典袋に入れるのではなく、中袋にお札を入れてその後外袋で包みます。
中袋にお札を入れる際は、人物画の描かれている側が裏向きで中袋入れ口側に来るように入れます。
不祝儀袋は関東と関西で差異があり、関東では双銀か白黒の水引きがついたものを使い、関西では黄白の水引きのものが主流です。

香典袋の包み方についてさらに詳しく知りたい方は下記のリンク先の記事をご覧ください。

渡し方

香典袋の渡し方にもマナーが問われます。
まず、香典袋はそのままバッグに入れて持ち歩いたりすることはせず、袱紗(ふくさ)に包んで持ち運びます。

受付で香典を渡してから芳名帳に記帳します。
香典の渡し方には他にもいくつかの注意点があります。
下記のリンク先の記事では香典の渡し方についてさらに詳しい情報をお伝えしていますので、ぜひこちらもご覧ください。

先輩の香典についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは先輩の香典についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。
この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 会社・部活の先輩への金額相場は、香典を出す側の年齢が20代の場合は3000~5000円、30代の場合は5000~1万円、40代以上の場合1万円~となる。

  • 香典袋の表書きは、一般的な仏式の場合は御霊前・浄土真宗の場合は御仏前・神式の場合は御神前・キリスト教の場合は御花料。

  • 香典袋の包み方として、紙幣の入れ方や香典袋を袱紗に包むといったマナーがある。

香典には様々なマナーがありますが、不安なく葬儀に参列して故人を見送るためにも事前に正しい知識を知っておきたいですね。
この記事をその一助としていただけたら幸いです。

下記の記事では香典に対するお礼はメールで送っても良いのかについて解説しています。
ぜひこちらの記事も併せてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「香典・先輩」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料