香典返しに商品券を贈るのは失礼?メリットや郵送方法もご紹介!

香典返しに商品券を贈るのは失礼?メリットや郵送方法もご紹介!

香典返しの品物は、贈る相手に喜んで頂けるような品物を選びたいですよね。商品券であれば自分の好きな物を選んでいただけますが、失礼になってしまわないでしょうか?今回は香典返しに商品券を贈るのは失礼かどうかと共に、おすすめの品物やマナーについてご紹介しています。

最終更新日: 2019年09月29日

香典返しに商品券を贈るのは失礼?

困った人々

香典返しを選ぶ際はすべての人に喜んでいただけるような品物を選びたいものですが、それぞれに好みがあるため、なかなか上手くいきません。
商品券のような品物であれば、相手に好きな品物を選んでいただけるため好都合ですが、香典返しの品物として失礼になってしまわないでしょうか?

今回「終活ねっと」では、香典返しに商品券を贈るのは失礼かどうかについておすすめの品物やマナーと共にご紹介しています。

  • 商品券を贈るメリット・デメリット

  • 香典返しにおすすめの商品券の種類

  • 商品券以外で香典返しにおすすめの品物

  • 香典返しに商品券を利用する時の送り方

  • 香典返しに商品券を送るときのマナー

以上の項目を軸に解説していきます。
香典返しに商品券を贈るのは失礼かどうかについてお悩みの方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典返しに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典返しの基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

商品券を贈るメリット・デメリット

お金

香典返しとは、お葬式の際などにお供えいただいた香典に対して、お返しの品物を贈ることをいい、49日の忌明けに返すのが一般的です。

香典返しには、お菓子やタオルなどの品物を贈ることが多いですが、香典返しの品物として商品券を贈ることはマナー違反ではありません
マナー違反ではないのですが、お菓子やタオルなどの無難な品物に比べるとメリットのほかに気を付けたいデメリットが存在します

メリット

まずはメリットを確認していきましょう。
以下の3つのメリットがあります。

相手に好きな商品を選んでもらえる

やはり最大のメリットは、相手に好きな商品を選んでもらえることではないでしょうか。

香典返しの定番の品物の「お菓子」は贈った相手に喜ばれやすい品物ですが、そのお菓子ですら個々人で好みが分かれます。
そういった意味で相手に好きな商品を選んでもらえるというのは大きなメリットとなっています。

また、香典返しの品物はその性質から無難な商品になりがちですが、商品券であれば相手に今欲しいものを選んでもらえます。
香典返しの品物として家電を贈る人は少ないでしょうが、商品券を贈ることにより、間接的に家電を贈ることもできるのです。

香典返しの品を選ぶ手間が省ける

香典返しの品物を選ぶ際、贈り物を取り扱っているサイトなどを見るとさまざまな商品があり、その中から香典返しに想定した金額と釣り合う商品を探すのは一苦労です。
また、品物の選別と共に包装サービスや配送サービスを行っているかどうかを確認する必要があります。

しかし商品券であればキリのいい金額が大半で、正規の販売店であればほとんどのお店で配送サービスを行っているため、香典返しの品物を選ぶ負担を減らすことができます

サイズが小さくて送りやすい

サイズが小さくて送りやすいこともメリットの一つです。

香典返しの品物は、見栄えが綺麗で丈夫な箱に梱包されている場合が多いですが、見方を変えると場所を取ってしまうような贈り物となっています。
商品券であれば封筒の中に収まる程度のサイズなので、邪魔になることはまずないでしょう。

封筒に入れて送ることができるため、少数であれば自分で配送の手続きをすることも可能でしょう。

デメリット

次にデメリットを確認していきましょう。
主に以下の3つのデメリットがあります。

金額がはっきりわかってしまう

商品券を香典返しの品物として選ぶ場合のデメリットとして、金券であるために金額がはっきりとわかってしまうことが上げられます。

香典返しの品物は、お供えいただいた香典の金額に応じて選びますが、相手に細かい金額をお知らせすることはありません。
送られてきた商品の金額を自分で調べて文句を言う、というのも中々考えづらいことです。

しかし、商品券の場合はイヤでも金額がわかってしまい、香典返しにいくらの商品券を選んだというのが丸わかりになってしまいます。

快く思わない人もいる

香典返しの品物として、商品券を贈られることを快く思わない人がいることも事実です。

品物を選ぶという部分で送り主の個性が表れるものですが、商品券の場合そういったものはなく、贈り物としては即物的と言わざるを得ない品物となっています。

人によっては、お金を贈られているようで心がこもっていないと捉える方もいらっしゃるので注意が必要です。
相手に喜んでいただくために贈ったはずなのに、その意図と違う捉え方をされる可能性があることがデメリットであるといえるでしょう。

目上の人には失礼となることも

香典返しを贈る相手が、目上の方や高齢者の方の場合は失礼となることもあるので注意が必要です。

ご高齢の方の中には、風習や習慣をとても大事にされる方が多くいらっしゃいます。
そういった方々にとって商品券という贈り物は無機質に思えてしまうかもしれません。

金額的な問題よりも、相手のことを考えて商品を選んだという気持ちを重要視される方には、十分に配慮しなくてはなりません。

香典返しにおすすめの商品券の種類

葬儀

商品券にはさまざまな種類のものがあります。
香典返しの品物としてオススメの商品券を紹介していきます。

jcbギフトカード

jcbギフトカードは、全国100万店以上の取扱のある店で使用できる商品券です。

その特徴はなんといっても取り扱い店が多いことです。
取扱店の種類も多岐にわたり、スーパーから飲食店、家電量販店、ホームセンターに百貨店などさまざまなお店で使用することができます。

また、jcbギフトカードには有効期限がないことも特徴の一つです。
香典返しの品物として届いたことを忘れて、長期間放置したとしても使用できるのは大きなメリットではないでしょうか。

高島屋商品券

高島屋商品券は、高島屋各店で使える商品券です。

高島屋商品券は高島屋各店でのみ使える商品券ですが、百貨店協会に加盟しているお店なら全国どこでも使用できる全国百貨店共通商品券というものもあります。

全国百貨店共通商品券は、百貨店であれば北海道から沖縄まで全国どこでも使用でき、加盟店舗は400以上にもおよびます。
全国百貨店共通商品券には発行元が存在し、高島屋が発行した全国百貨店共通商品券も存在します。
商品券として似ている部分があるため混同してしまいがちですが、違うものなので注意しましょう。

贈り物として商品券を選ぶ際は、送り先の地域で有名な百貨店が発行した全国百貨店共通商品券を選ぶと喜ばれるようです。

高島屋商品券や全国百貨店共通商品券以外にも、以下の百貨店の商品券もオススメです。

  • 三越伊勢丹

  • 阪急阪神百貨店

  • 西武・そごう

イオンギフトカード

イオンギフトカードは、全国にあるイオングループ各店で使用できる商品券です。

イオンギフトカードをもらって嬉しい点として、イオン・ピーコック・マックスバリューなどの食料品を販売しているお店で使用できることではないでしょうか。
イオングループは店舗数も多いため、普段からお店を利用している方も多いと思います。
もちろん、ショッピングモールであるイオンモールでも使用ができます。

WAONやソフトクリームのイメージがあるミニストップもイオングループですが、残念ながらミニストップでは使用できないようです。

クオカードや図書カード

クオカードや図書カードのような定番の商品券もオススメです。
全国共通ギフトカードであるクオカードは、以下のようなさまざまな店舗で使用できます。

  • コンビニエンスストア

    セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなど

  • ドラッグストア

    マツモトキヨシなど

  • ファミリーレストラン

    デニーズなど

  • 書店

    紀伊国屋書店・啓文堂書店など

  • ガソリンスタンド

    ENEOS・JA-SSなど

図書カードは、全国共通図書カード加盟店であればどこでも使用することができます。

下記の記事では、香典返しにクオカードを贈るのは失礼かどうかと共に注意点について解説しています。
さらに詳しいことが気になった方は、ぜひこちらの記事も一緒にご覧ください。

商品券以外で香典返しにおすすめの品物

人々

香典返しに選ばれることが多いオススメの品物というものがありますが、香典返しに相応しいとされる品物にはいくつかの基準というものがあります

一つは消えものであることです。
消えものには、食べてなくなるものであったり消費してなくなるものが該当します。

もう一つは、日持ちするものです。
長期間の保存ができるものや、常温であっても保存できるものが良いとされています。

お茶・お菓子等の食料品

お茶・お菓子等の食料品は、香典返しで定番の品物です。

お茶やお菓子は、食べて(飲んで)消費する消えものであることから、香典返しの品物として選ばれることが多い品物となっています。
種類が豊富なのも魅力的で、さまざまな金額帯の商品があることから幅広いニーズに対応することができます。
また、長期間の保存ができるものや、常温でも大丈夫なものが多くあるので、香典返しの定番の品物となっています。

石鹸・タオル等の日用品

石鹸・タオル等の日用品もまた、香典返しで定番の品物です。

石鹸やタオルは、使って消費する消えものであるため、香典返しの品物として選ばれやすい商品となっています。
日用品であるため、日常生活で使う機会が多いことから、幅広い世代の人に喜ばれる品物だといえます。
お茶やお菓子と違い、消費に期限がないのも魅力的です。
石鹸やタオル以外の類似品として、洗剤や入浴剤などもオススメです。

カタログギフト

カタログギフトとは、品物を贈る相手にカタログを送り、その中から好きな商品を選んでいただき発送するサービスのことをいいます。

カタログギフトはまず、送り主が金額に応じたコースのカタログを選ぶ必要があります。
カタログに掲載されている商品の金額は一律なので、カタログを受け取った方は掲載されているすべての商品の中から好きな物を選ぶことができます。
香典返しの場合お供えいただいた香典の金額に応じて商品を選ぶ必要がありますが、金額毎にカタログを選べるため、香典返しと相性の良いサービスとなっています。
高額の香典をいただいた際の香典返しとしてもおすすめです。

下記の記事では、百貨店や楽天などのネット通販で購入できるおすすめのカタログギフトを紹介しています。
香典返しの品物について気になった方は、ぜひこちらの記事も一緒にご覧ください。

香典返しに商品券を利用する時の送り方

年賀状

香典返しに商品券を利用する場合、どのような手段で送るのが良いのでしょうか?

購入した店の配送サービスを利用する

商品券を販売しているお店が正規の販売店である場合、購入したその場で配送依頼ができます
香典返しの場合、一度に複数の送り先に配送依頼をする必要があるため、商品券を買ったその場で配送手続きができるのはとても便利ではないでしょうか。

注意点として、プレゼント用の包装サービスを利用する場合はお祝いごとではないため、熨斗(のし)がないかけがみを包装してもらう必要があることを覚えておきましょう。

郵送や宅配業者を利用する

購入したお店に配送サービスがなかった場合でも、郵送や宅配業者を利用するという方法があります。

追跡ができる郵送・配送方法が良い

商品券はどの配送手段で送っても法律上問題はありません。
しかし配送をしてもらう以上、紛失や盗難の危険性があるため、追跡ができる郵送・配送方法を選ぶのが良いでしょう。

さらに簡易書留や一般書留などの配送方法であれば損害賠償制度でリスクを下げることができます。
簡易書留は5万円までの実損害、一般書留は10万円までの実損害を賠償してもらえます。
追跡サービスを利用でき、かつ賠償制度があるので商品券を送るには最適な方法です。

現金書留は使えない

現金書留は、現金を送るとき専用の一般書留であるため、金券である商品券を入れて送ることはできません
香典を郵送する際に現金書留を利用することから勘違いしがちですが、現金書留に商品券を入れて送ることはできないため注意が必要です。

商品券と一緒に現金を入れれば送ることもできますが、香典返しとしては相応しくないので、商品券を現金書留では送れないと覚えておきましょう。

香典返しに商品券を送るときのマナー

葬儀

香典返しの品物が商品券であったとしても、香典返しのマナーに変わりはありません。
以下の項目で確認していきましょう。

挨拶状・お礼状は添えるべき?

香典返しの品物には、挨拶状・お礼状を添えるのがマナーとなっています。
挨拶状・お礼状には、四十九日までの法要・法事を無事に終えたことを報告する役割があるので、香典返しの品物と一緒に添えられます。
それは商品券であっても変わりはありません。

葬儀の際にさまざまなマナーがあるように、挨拶状・お礼状にも「時候の挨拶を入れなくていい」や「句読点を使わない」などのマナーがあるため、文章を考える際は注意が必要です。

封筒や熨斗(のし)は必要?

香典返しの品物として商品券を送る際、封筒やのしは必要なのでしょうか?

まず封筒ですが、上記で解説した簡易書留や一般書留のような配送方法の場合、送り先の相手の名前や住所を記入するために必要になります。
商品券を封筒に入れる際、包装されたままの状態で入れるかどうか迷いますが、お店で包装していただいたままの状態で封筒に入れることは問題ではありません。
封筒の中に封筒を入れるようで不恰好に思えるかもしれませんが、配送途中に汚れたり、水に濡れたりしてしまうことを回避できるメリットがあります。

次にのしですが、香典返しはお祝いごとの贈り物ではないため必要ありません。
のしは縁起物とされており、慶事のときに使われるもののため、香典返しの贈り物にはつけてはいけないものとなっています。
そのため、正確には香典返しには掛け紙というものが用いられます

商品券はお祝いごとの贈り物としても選ばれることがあるため、お店で包装してもらうときには注意する必要があります。

金額相場はいくら?

香典返しの金額は、お供えいただいた香典額の三分の一~半額が相場となっています。
地域によって相場は違いましたが、現在では香典額の半額の品物をお返しする半返しが一般的になりました。

また、お供えいただく香典の金額は、親族・友人など故人との間柄によって変わるため、金額毎に三段階ほどに分けて商品券を分けておくと良いでしょう。
商品券毎に用意されている金額が違うため、商品券の種類を選ぶ基準として金額を参考にするのも大事なことです。

下記の記事では、香典返しの基礎知識について詳しく解説しています。
香典返しのマナーについてさらに気になった方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

香典返しに商品券は失礼なのかまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、香典返しに商品券を贈るのは失礼かどうかと共に、おすすめの品物やマナーについて以下のことを解説してきました。

  • 香典返しに商品券を贈るメリットには、「相手に好きな商品を選んでもらえる」「香典返しの品物を選ぶ際の負担が減る」「サイズが小さくて送りやすい」などがある。

  • 香典返しに商品券を贈るデメリットには、「金額がはっきりわかってしまう」「快く思わない人もいる」「目上の人には失礼となることもある」などがある。

  • 香典返しの商品券には、「JCBギフトカード」「高島屋商品券」「イオンギフトカード」「クオカード」「図書カード」などがオススメである。

  • 香典返しの品物の条件には、消えものであることや長期間の保存ができることなどがある。

  • 商品券以外には、お茶やお菓子、石鹸やタオル、カタログギフトなどがオススメである。

  • 商品券を送るには、購入した店の配送サービスを利用するか、簡易書留や一般書留などを利用すると良い。

  • 香典返しの品物を送るときは、挨拶状・お礼状を添え、のしをつけずに送るのがマナーである。

  • 香典返しの品物の金額相場は、お供えいただいた香典額の半額が一般的。

「終活ねっと」では、他にも多数の記事を掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 香典返しに適した時期はいつ?|宗教別・即日返し・マナーのサムネイル画像
    香典返しに適した時期はいつ?|宗教別・即日返し・マナー

    お葬式では参列者から香典をいただくことが一般的です。ご遺族はそのお礼として香典返しを相手に渡しますが、送る時期に関して悩む方も多くいらっしゃると思います。この記事では、香典返しに適した時期や即日返しなどについて解説しています。ぜひお読みください。

  • 葬儀での香典返しはどうする?意味や時期、品物の選び方について解説のサムネイル画像
    葬儀での香典返しはどうする?意味や時期、品物の選び方について解説

    葬儀で喪主などご遺族がするべきことはいろいろとあります。するべきことの1つとして葬儀が終了してから行う香典返しがあります。葬儀の香典返しとは一体どのように行うものなのでしょうか。今回は葬儀の香典返しについて、意味や時期、品物の選び方にも触れながら見ていきます。

  • 葬儀後の香典返しの金額相場は?送るタイミングやお礼状の文例も解説のサムネイル画像
    葬儀後の香典返しの金額相場は?送るタイミングやお礼状の文例も解説

    葬儀後の香典返しは、生前親しかった方に故人に代わって感謝を伝えることです。そのため失礼のないようにしたいですね。今回は葬儀後の香典返しの金額相場について解説します。また、香典返しにおすすめの品物や香典返しに活用できるマナーをご紹介します。

  • 香典返しは郵送してもいい?|送り方・お礼状・書き方・マナーのサムネイル画像
    香典返しは郵送してもいい?|送り方・お礼状・書き方・マナー

    香典返しをする際に、香典返しを郵送してもいいのかどうか不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回終活ねっとでは、香典返しの郵送について詳しく解説するとともに、香典返しに添えるお礼状・挨拶状についてもご紹介いたします。

  • 香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!のサムネイル画像
    香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!

    葬儀の香典返しに添える礼状には、文例や一定のルールがあることはご存じでしょうか?礼状の書き方は、送る相手との関係性や故人の宗教の有無などによっても異なります。今回は、葬儀の香典返しに添える礼状の文例を文章構成や注意点と併せてご紹介いたします。

  • 香典返しが不要なケース|理由・辞退方法・対応・マナーのサムネイル画像
    香典返しが不要なケース|理由・辞退方法・対応・マナー

    葬儀では参列者が香典が包み、喪主は香典返しをするのがマナーです。しかし、遺族の負担を考えて香典返しを不要とする場合もあります。今回香典返しが不要な場合について、辞退の仕方や、辞退の申し出を受けた場合の喪主の対応について説明します。

  • 香典返しの熨斗(のし)の書き方は?|選び方・水引・マナーのサムネイル画像
    香典返しの熨斗(のし)の書き方は?|選び方・水引・マナー

    香典を頂いた方には香典返しをしますが、香典返しにつける熨斗(のし)はどうすればよいのでしょうか?今回は沢山ある香典返しのマナーの中で、香典返しに使うのしの書き方や選び方、包み方などについて解説していきます。

  • 香典返しを当日にしてもいい?|メリット・デメリット・相場のサムネイル画像
    香典返しを当日にしてもいい?|メリット・デメリット・相場

    お通夜や告別式などの際に頂く香典。香典を頂いた際には、香典返しを送る必要があります。通常であれば後日送る香典返しを当日にしても良いのでしょうか。今回終活ねっとでは、香典返しを当日にしても良いのか解説をしていきます。

  • 香典返しに添える挨拶状・お礼状の書き方|例文・注意点のサムネイル画像
    香典返しに添える挨拶状・お礼状の書き方|例文・注意点

    香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

  • キリスト教の香典返しの作法とは?のし紙やお礼状の書き方も解説!のサムネイル画像
    キリスト教の香典返しの作法とは?のし紙やお礼状の書き方も解説!

    チャペルでの結婚式やクリスマスのイメージの強いキリスト教でももちろん葬儀はあります。そして日本のキリスト教で行う葬儀の場合、香典返しが行われる場合もあります。もしキリスト教で香典返しを行う場合、どのような作法を心がければよいのでしょうか。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事