ハスの描かれた香典袋の意味とは?香典袋の種類や書き方も解説!

ハスの描かれた香典袋の意味とは?香典袋の種類や書き方も解説!

コンビニやスーパーなどで簡単に手に入る香典袋ですが、ハスのデザインが入っているものを見かけたことはありませんか?ハスが描かれた香典袋には実はある特別な意味を持っています。今回は市販の香典袋の中でもハスが描かれたものの意味を見ていきましょう。

最終更新日: 2020年12月18日

ハスの絵が描かれた香典袋とは?

葬儀

いまやコンビニやスーパーなどで気軽に購入できるようになった香典袋ですが、市販の香典袋の中にはたまに普段見かけないような種類のものが陳列されています。
そのうちの1つが、香典袋の表面にハスの花のデザインが入ったものです。

綺麗なデザイン付きということで喜んで買いそうになりますが、その前にハスの花の香典袋が持つ意味を知っておいた方がよいでしょう。
実はハスが描かれた香典袋には特別な意味があるためです。
意味を知らないまま買って使うと、場合によっては恥ずかしい思いをすることがあるかもしれません。

そこで今回「終活ねっと」では、ハスが描かれた香典袋について見ていきます。

  • ハスが描かれた香典袋にはどのような意味があるのか?

  • 香典袋の種類には何がある?

  • 香典袋の書き方とは?

ハスが描かれた香典袋の意味について不思議に感じる方の疑問が解決する内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

ハスが描かれている香典袋について

葬儀

コンビニやスーパーなどでたまに見かけるハスの花が描かれた香典袋ですが、いったいどのような意味があるのでしょうか?
ここではハスが描かれた香典袋の意味や、使う上で適している場合について見ていきます。

ハスの絵が描いてある香典袋は仏教用

ハスが描かれている香典袋は、実は仏式専用の香典袋です。
別の言い方をすれば仏教の儀式では使うことができますが、一方でキリスト教や神式で行われる儀式では使うことができません。

なお、似たようなものとしてキリスト教専用のものも挙げられ、こちらについては白いユリや十字架のデザインが施されています。

なぜ蓮(はす)の花が描かれているか

なぜハスの花が描かれている香典袋が仏教専用なのでしょうか?
それはハスの花が仏教のシンボルであるためです。

ハスは水の底に根や地下茎を張り、水中を経て水面に美しい花を咲かせる特徴があります。
たとえ泥水や泥沼であっても美しい花を咲かせるため、その姿が煩悩の多い世の中で仏様の清らかな慈悲が存在していることを思わせる象徴として古くから表現されてきました。

また仏像でも仏様がハスの花の上に立っているさまや座っているさまを示すものも多く、それだけ仏教ではおなじみの花とされています。

外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」について気になるという方はこちらの記事も併せてご覧ください。

絵の上から名前を書いてもOK

なおハスの花のデザインが施された香典袋は、正確には香典袋の下半分に広く描かれていることが多いです。
名前を書く際にどう書けばいいか悩んでしまいますが、どのような書き方をすればよいのでしょうか?

実は名前を書く際には絵の上から書いたり、名前の一部が絵にかかっても特に問題はありません。
むしろ名前がきちんと書かれていることも、ご遺族側にとっては香典を持参した方を記録したり確認したりするうえで重要ですので気にしないでおきましょう。

香典袋の種類について

葬儀

香典袋には実にさまざまな種類があり、その中からご自身が参列しようとしている葬儀や法事に適したものを選ぶのはなかなか大変なことが多いです。
ここでは適切な香典袋の選び方について見ておきましょう。

宗教別の選び方

香典袋の選び方には大きく宗教別に選ぶ方法と金額別に選ぶ方法があります。
ここでは宗教別に選ぶ方法を見ていきましょう。

宗教別に見ていくには、表書きに注目するのが最も重要なポイントです。
宗教に関係なく最も広く使えるのは御霊前の表書きが入ったもので、仏教のほとんどの宗派や神道、キリスト教のカトリックで使うことができます。

また仏教でも浄土真宗と曹洞宗、四十九日後のすべての宗派であれば御仏前を、神道で五十日祭以後であれば御神前が適切です。

ほかにも各宗教独特の表書きが入ったものもあります。
仏教であれば御香典や御香料など、神道であれば御神饌料や玉串料、キリスト教であれば御花代や御ミサ料などです。

金額別の選び方

もう1つのポイントである金額別の選び方ですが、コンビニなどで販売されている水引が印字されたものは1万円までの香典を包む上で適しています。
1万円以上3万円未満であれば、市販のものと同じ大きさの香典袋に水引が印字されていないものがおすすめです。

3万円以上となると市販のものよりも一回り大きい中金封の香典袋を使います。
水引についても色が双銀のものを使いましょう。
10万円を包む場合はより大きい大金封の香典袋を選びます。

香典袋の選び方については以下の記事でより詳細に説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

香典袋の書き方

葬儀

香典袋を手に入れたら、香典のお金を包むほかにさまざまなことを書く必要があります。
香典袋に記す項目として挙げられるのが表書きや名前、金額、住所などです。

表書きはそれぞれの宗教や宗派に適したものを、名前は実際に包んだ人物のフルネームを記します。
そして金額は「金○○圓」という形で書きましょう。
特に縦書きの場合は漢数字の旧字体を使って書きます。
なお葬儀の場合は薄墨を使って書くのがマナーです。

香典袋を書くマナーについては以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご活用ください。

香典袋に描かれたハスの意味についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、ハスの絵柄が入った香典袋について見てきました。
内容をまとめますと、以下の各ポイントのようになります。

  • ハスのデザインが入った香典袋は、仏式専用の香典袋を意味する。
    このためキリスト教など他宗教の儀式では使うことができない。
    ハスは仏教のシンボルであることが、仏式専用である理由である。
    なおハスの絵柄部分に文字がかかってもよい。

  • 香典袋の種類を選ぶには、宗教に応じて選ぶ方法と金額別に選ぶ方法とがある。
    宗教別に選ぶには主に表書きで見分け、金額で選ぶには水引の種類と袋の大きさで区別する。

  • 香典袋に書く項目として表書きと名前、金額、住所が挙げられる。
    表書きは各宗教・宗派に適したものを、名前は実際に包んだ人物のフルネームを、金額は「金○○圓」という形で記す。
    なお葬儀に持参する場合は薄墨で書くのがマナーである。

ハスが描かれた香典袋は、仏教専用で使うことのできる種類です。
これは仏教でハスの花は象徴とされているところから来ています。
このためキリスト教や神式の葬儀などに参列する場合は、ハスの花が入った香典袋は選ばないようにしましょう。

香典の渡し方については以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方はぜひお読みください。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 香典袋の包み方に関するマナー|中袋・袱紗・ない場合のサムネイル画像
    香典袋の包み方に関するマナー|中袋・袱紗・ない場合

    葬儀の際には香典を包んで遺族にお悔みを述べるのがマナーです。香典を包む時、香典袋の包み方について困った経験ありませんか?今回終活ねっとでは、香典袋の包み方や袱紗の使い方、香典袋に関するマナーについて詳しく解説をします。

  • 香典袋の書き方|御霊前・御仏前・違い・表書き・手書き・印刷のサムネイル画像
    香典袋の書き方|御霊前・御仏前・違い・表書き・手書き・印刷

    葬儀や法要に参列する際には香典袋を包みます。香典袋には表書きを書きますが、表書きには御霊前や御仏前などの書き方があります。表書きで一般的な御霊前は、どのようなときに書くのが正しいでしょうか。今回香典に御霊前と書くのはいつか、について詳しく解説をします。

  • 香典袋の裏面の書き方|中袋・金額・住所・氏名・封・マナーのサムネイル画像
    香典袋の裏面の書き方|中袋・金額・住所・氏名・封・マナー

    葬儀や通夜に参列する際に持参する香典ですが、その香典袋の裏側には何を書けば良いのでしょうか?また、香典袋の内側についている袋の裏側にも何を書けば良いか分からない方もいらっしゃると思います。そこで今回は香典袋の裏側や中袋の書き方について解説していきます。

  • キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説のサムネイル画像
    キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説

    葬儀の際に必ず持参するものの1つが香典袋ですが、宗教によってマナーが異なるという点では注意すべきといえます。もしキリスト教の葬儀に参列する場合、どのような香典袋を持参すれば良いのでしょうか?そこで今回はキリスト教の葬儀での香典袋のマナーなどを見ていきます。

  • 香典袋の水引の選び方は?水引の種類や中袋の書き方を詳しく解説!のサムネイル画像
    香典袋の水引の選び方は?水引の種類や中袋の書き方を詳しく解説!

    香典袋には黒白または銀色の水引が付いています。今回は。水引に注目して、水引と香典袋に関する正しいマナーを解説いたします。また、水引の色や結び方による種類、香典袋の選び方や書き方など葬儀の参列に欠かせない香典のマナーもご紹介します。

  • 葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像
    葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

    葬儀へ参列する際、香典は必ず持参する必要があります。しかし、葬儀で渡すために準備すべき香典袋について、あまり知らないという人は多いのではないでしょうか。この記事では、葬儀に向けて準備する香典袋の種類や表書きなどについて解説します。

  • コンビニで買える香典袋って?宗教ごとの違いや香典袋の包み方を紹介のサムネイル画像
    コンビニで買える香典袋って?宗教ごとの違いや香典袋の包み方を紹介

    突然訃報が入り香典を急いで用意しなくてはならない時、近くのコンビニで香典袋が買えると助かります。今回はコンビニで買える香典袋について、その選び方を詳しく解説します。宗教ごとの違いや香典袋の包み方についてもご紹介します。

  • 香典袋の表書きはどうすればいいの?外袋の書き方も解説!のサムネイル画像
    香典袋の表書きはどうすればいいの?外袋の書き方も解説!

    葬儀に欠かせないものといえば香典ですが、香典袋の表書きで悩まれる方は多いのではないでしょうか。香典袋の表書きを書く際には、宗教・宗派の違いや渡す時期などを考慮する必要があります。今回は香典袋の表書きはどうすればいいのかについて、外袋の書き方も解説します。

  • 香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像
    香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

    現在では、金銭で香典をお供えすることが一般的です。そのため、お金を包む香典袋が必要ですが、包む香典金額の相場はいくらでしょうか?香典袋の書き方から香典の金額までお教えします。

  • 香典袋で中袋なしの場合は?|理由・書き方・入れ方・マナーのサムネイル画像
    香典袋で中袋なしの場合は?|理由・書き方・入れ方・マナー

    香典袋には通常中袋がついていますが、中袋なしの香典袋を見かけることがあります。地域によっては中袋なしの香典袋が主流の所もあります。今回は中袋なしの香典袋の書き方やお金の入れ方を解説します。香典を準備するときの注意点やマナーもご紹介しますのでぜひご覧ください。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事