葬儀の流れはどうなっているの?日程と流れや葬儀の形式、法要を紹介

お葬式全体の流れをご存知でしょうか?葬儀には形式があり、お葬式の日程や流れはその形式に基づいて進められます。今回は臨終を迎えてから通夜、葬儀・告別式を終えるまでの日程と流れについて解説します。葬儀後の法要についてもご紹介します。

目次

  1. 葬儀の流れを知っている?
  2. 葬儀には形式がある
  3. 一般葬と家族葬の流れと日程
  4. 直葬の流れと日程
  5. 葬儀後の法要
  6. 葬儀の流れと日程まとめ

葬儀の流れを知っている?

葬儀

お葬式全体の流れをご存知でしょうか?

通夜や葬儀に参列することはあっても、喪主や遺族の立場でお葬式を執り行うケースは少なく、もしもの時を考えると不安だという方もいらっしゃるでしょう。
葬儀がどんな日程で進められるのか、遺族は何をするべきか、知っておくといざという時慌てずに済みます。

そこで今回終活ねっとでは、臨終を迎えてから葬儀・告別式を終えるまでの日程と流れをご紹介します。

  • 葬儀に形式はあるのか?
  • 一般葬と家族葬の流れと日程について解説
  • 直葬の流れと日程について解説
  • 葬儀後の法要について

以上のことについて解説します。
葬儀の全体的な流れが理解できるように説明していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀には形式がある

葬儀

葬儀とは亡くなった人を葬るための儀式ですが、いわゆる「葬儀・告別式」のことを指す他に、臨終から火葬を終えるまで儀式全てを含めて葬儀と呼ぶ場合もあります。

葬儀の規模や宗教による違いはあるものの、葬儀には基本の形式があり、その決まりに従って全ての儀式が進められます。
具体的な葬儀のしきたりや形式に関することは、葬儀社の専門スタッフがしっかりサポートしてくれます。

一般葬と家族葬の流れと日程

葬儀

一般葬と家族葬では葬儀の規模が違いますが、どちらも通夜と葬儀・告別式を行うスタンダードな形式をとります。
一般葬と家族葬の流れと日程について詳しく見ていきます。

臨終・安置(1日目)

家族が危篤の状態になった時は、最期に会わせたい親族や友人に連絡をとります。
後に臨終を迎えてから、遺体を安置するまでの流れを解説します。

死亡確認について

病院で臨終を迎えた場合は、医師によって死亡が確認されます。

自宅で療養していて危篤に陥ったり、息を引き取ってしまった場合は、すぐにかかりつけの医師に連絡をとります。
医師と連絡がつかなかったり、かかりつけ医がいない場合は、救急車を呼びます。
既に息を引き取った状態であっても、医師による死亡確認がされるまでは、公式には死亡と認められません。

病気療養中などではなく、突然亡くなってしまった場合には、遺体は動かさずに直ちに警察に連絡します。
監察医または検視官に死因を判断してもらい、警察から死体検案書を受け取る必要があります。

ご遺体の安置場所と搬送方法

病院や施設で亡くなると、遺体にはエンゼルケアが施されます。
病院の霊安室には遺体を長時間安置できないため、速やかに安置する場所を決めて搬送しなければなりません。

既に依頼する葬儀社が決まっている場合は、連絡をとって搬送を依頼します。
決まっていなければ病院が葬儀社を紹介してくれますが、葬儀全てを依頼するのではなく、遺体の搬送のみをお願いすることも可能です。

搬送先としては、自宅や葬儀会館の安置室などが考えられます。

搬送の手配ができたら退院の手続きをしますが、必ず医師による死亡診断書を受け取りましょう。
死亡届を提出して火葬許可証をもらうために必要な書類となります。

以下の記事では、遺体の安置の方法について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

遺体の安置方法とは?安置する期間や安置所の種類・注意点を全て解説

亡くなった方の遺体は葬儀が行われるまでの間、適切な方法で安置する必要があります。テレビドラマなどでもよく見かける遺体の安置ですが、実際にどのようにやるのかについてはわからないという方も多いのではないでしょうか?今回は遺体の安置の方法を見ていきます。

葬儀の打ち合わせ(1日目)

遺体を安置したら、通夜・葬儀に向けて葬儀社と打ち合わせをします。
葬儀社をまだ決めていない場合は、どこに依頼するか検討することから始めます。

事前の見積もりと葬儀社比較

葬儀社を決める際には、まず遺族が望む葬儀の条件を決め、複数の葬儀社に見積もりを出してもらいます。

葬儀社のホームページには、よくセットプランの料金が提示されていますが、セットの金額で単純に比較することはできません。
参列者の数が違いますし、多くのプランには飲食接待費やお布施などが含まれていません。

見積もりで提示されたプランにも、必要な項目が含まれているのかをしっかり確認します。
良心的な葬儀社であれば、追加料金を予想して丁寧な説明をしてくれるはずですので、担当者の対応もチェックした上で決めましょう。

菩提寺と付き合いのある場合は、すぐにお寺にも連絡しておきます。

葬儀内容や規模を決める

葬儀社が決まれば、担当者と葬儀の内容や規模について打ち合わせをします。

喪主を誰が務めるのかを決め、葬儀の日程や参列者の人数、希望する内容があれば予算も考慮しながら決めます。
遺影用の写真を探したり、供花・供物の手配も行います。

通夜・葬儀の日時と場所が決まったら、参列してほしい方に詳細を連絡します。
故人または遺族の職場の関係者にも連絡をとります。

葬儀までに死亡届を提出し、火葬許可証を受け取る必要がありますが、大抵の場合葬儀社が代行してくれます。

通夜(2日目)

夜中や朝方に亡くなった場合は、当日の夜に通夜を行うこともありますが、通例であれば亡くなった翌日が通夜となります。

通夜が始まるまでに、旅立ちの支度を整えた遺体を棺に納めます。
納棺は葬儀社の方が行ってくれます。

本来通夜は遺族や身近な人だけで夜通し故人を供養する儀式でしたが、現在は3時間程度の半通夜が主流となっており、日中の葬儀に参列できない知人・友人も弔問に訪れます。

通夜は基本的に仕事のある人も参列しやすい18~19時頃から始まります。
遺族は開始の2時間前くらいから式場で受付の準備や、段取りの確認などを行います。

開式の30分前から受付が始まり、入場した参列者は席につきます。
僧侶が入られる時には、参列者は一同合掌してお迎えします。
定刻になると開式となりますが、進行は葬儀社で取り仕切ってくれます。

読経が始まり、喪主、遺族、親族と故人に近い立場の人から順番に焼香をします。
読経後、僧侶による法話をいただき、退席されると通夜式は閉会となります。
開式から閉式までは1時間程度です。

その後は通夜振る舞いの席を設け、生前お世話になった方たちと故人を偲びます。
通夜振る舞いは1時間程で散会となり、通夜は終了します。

葬儀・告別式(3日目)

葬儀・告別式の日程は、火葬のスケジュールによって決まります。
火葬の予約は日中となるので、葬儀・告別式と移動にかかる時間を逆算して予定を組みます。

したがって葬儀の開始時刻は10~15時の間くらいで幅があるのですが、遺族は開式の1時間には集合して、受付の準備をします。
葬儀では弔電の奉読も行われるので、名前や読む順番に誤りがないか確認しておきます。

受付を終えて参列者が着席すると、僧侶が入場され、司会者の案内で開式となります。
僧侶の読経が始まり、次に弔辞・弔電の紹介や、焼香も行われます。

焼香が終わり、僧侶が退席されると司会者が閉式の辞を述べます。
続いて出棺の準備に移りますので、一般参列者は見送りのため式場の外などで待機します。

遺族、親族、親しい友人などは故人とのお別れの儀を行い、棺の中に生花を入れて飾ります。
手紙や副葬品もこの時に一緒に入れ、棺の蓋に釘打ちをしたら出棺となります。

葬儀の開式から出棺までにかかる時間は1時間前後ですが、ゆっくりお別れがしたいとのことから1時間半程度の時間を見込むこともあります。

最後に喪主は参列者に向けてお礼の挨拶をし、火葬に立ち会う近親者は火葬場へと移動します。

火葬・骨上げ(3日目)

火葬場に到着したら葬儀社が代行して火葬許可証を提出し、火葬の後には埋葬許可証を受け取ります。

火葬の前には納めの式といわれる最後のお別れをします。
焼香と合掌礼拝で故人を送り、火葬が執行されます。

火葬には1時間前後かかりますので、控室などで待機します。
骨上げでは、遺族は係員の方の指示に従って骨壺に遺骨を納めていきます。

精進落とし(3日目)

火葬を終えて式場へ戻ると祭壇に遺骨を安置し、還骨法要または繰り上げ初七日法要の読経をしていただいて、お葬式は終了です。

その後は精進落としの会食となり、2日間参列してくださった方々をお酒と料理でもてなし、労をねぎらいます。
会食の席で喪主は、葬儀を無事に終えたことに対し感謝の挨拶を述べます。
1時間程みんなで食事を囲んだ後、散会となります。

直葬の流れと日程

葬儀

これまで一般的な葬儀の流れについて紹介してきましたが、お葬式には他にもいくつかの形式があります。

直葬は、火葬だけで故人を送るお葬式で、葬儀のスタイルとしては最もシンプルなものです。
葬儀の形式にこだわりがなく、金銭的な負担をできる限り抑えたい場合などに選ばれます。
直葬は火葬式とも呼ばれ、通夜や告別式などの儀式を省き、ごく限られた身内のみで行われます。

ここでは直葬の流れと日程について解説します。

臨終・安置(1日目)

臨終を迎えたら、病院で死亡診断書を発行してもらうとともに、葬儀社と連絡をとります。

日本の法律では死後24時間は火葬できませんので、それまでの間遺体を安置する場所を決めて搬送しなければなりません。
搬送先としては自宅のほか、葬儀社または火葬場の霊安室などがあります。

遺体を安置したら、葬儀社の担当者と火葬場の手配や、僧侶をお願いするかどうかなどについて打ち合わせをします。
立ち会うのは基本的に最小限の身内のみとなりますので、必要な人に連絡をとります。

役所に死亡届を提出し、火葬許可証をもらっておく必要があります。
ですので葬儀社に依頼するか、自分たちで行う場合は必要書類を持参し、役所で手続きを済ませておきます。

火葬・骨上げ(2日目)

火葬当日は、予約の時間に合わせて遺体を納棺します。
遺族は棺に生花を入れたり、手紙や副葬品があれば一緒に入れます。

納棺を終えたらすぐに出棺となり、火葬場へ向かいます。
到着したら火葬の前に家族で最後のお別れをします。
事前に手配しておけば、炉前で僧侶に読経していただき、焼香を行うこともできます。

火葬を終えるまで1時間前後控室で待機し、その後骨上げをします。
お骨を骨壺にお納めすれば、直葬の行程は終了です。
その後、喪主の判断で会食を行う場合もあります。

葬儀後の法要

葬儀

仏教では、人が亡くなって49日の間は魂が成仏できずに迷っていると考えられています。
死者は7日ごとに7回、閻魔大王はじめ十王の裁きを受けるので、遺族は法要を行って故人が成仏できるよう祈ります。

遺族は7日ごとに追善供養をしますが、親族・親戚が集まる法要は初七日と四十九日になるのが通例です。

ここでは葬儀を終えてから忌明けまでの法要について解説します。

初七日の法要

本来なら初七日の法要を行うのは、亡くなった日を1日目と数えた7日目になります。

最初の忌日にあたる大切な法要ですが、遠方に住む親戚も多いため、現在は初七日法要を葬儀の日に行うケースがほとんどです。

葬儀当日の初七日法要には、繰り上げ法要と繰り込み法要があります。
繰り上げ法要は、火葬を終えた後に式場へ戻り、遺骨を安置して営まれます。
繰り込み法要は、告別式後の火葬場へ向かう前に行われるのですが、時間の面で合理的であることから、近年よく選ばれるようになっています。

四十九日の法要

四十九日は極楽浄土へ行けるか判決が下るという重要な日で、満中陰ともいいます。
さまよっている魂が旅立つ日にあたりますので、親戚や親しい人を招いて四十九日の法要を営みます。

一般的には四十九日法要と一緒に本位牌の開眼供養も行われます。
葬儀の時には白木の仮位牌ですが、この仮位牌から魂を抜き、戒名の入った本位牌に魂入れをしていただきます。

納骨は後日行う場合もありますが、お寺や霊園などで法要を営み、そのままお墓に移って納骨式を行うこともあります。

法要や納骨を終えたら、施主は僧侶と参列者に感謝のご挨拶をします。
その後会食となり、参列者にはお返しの品を手渡します。

忌明け

家族が亡くなって四十九日を迎えるまでの期間を忌中といい、この期間は慶事や祭典を避けるべきといわれます。
四十九日の法要を終えると忌明けとなり、日常の生活に戻るための一つの区切りを迎えます。

自宅に神棚がある場合、忌明けまでは神棚封じといってお札を貼っておくのですが、これをはがして解除します。

また忌明けには、葬儀の際に香典をくださった方へ香典返しを贈ります。
香典返しの品物には、四十九日の法要を終えた報告を兼ねた挨拶状を添えます。

以下の記事では葬儀後に行う法要について解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀後の法要にはどんなものがあるの?香典やお布施の金額もご紹介!

葬儀ではやるべきことが非常に多いため、故人のご不幸に対して悲しむ暇もないほどです。ようやく葬儀が終わって心の整理を付ける時間も持てるようになりますが、実は葬儀後にもさまざまな法要があります。今回は葬儀後に行う法要についていろいろと見ていきましょう。

葬儀の流れと日程まとめ

葬儀

いかがでしたか?
葬儀の日程や流れについて、以下のように解説してきました。

  • 葬儀は宗教や規模によって決まっている基本の形式に従い進められる。
  • 家族が息を引き取ったら医師が死亡確認を行い、遺族は遺体の安置場所を決めて病院や施設から搬送しなければならない。
  • 亡くなった1日目は葬儀社を決め、担当者と通夜、葬儀・告別式の日程や内容について打ち合わせをする。
  • 2日目は夕刻から通夜が行われ、半通夜であれば開式から通夜振る舞いまで3時間程度を要する。
  • 3日目は葬儀・告別式が行われ、開式、読経、弔辞・弔電の紹介、焼香と進み、閉式に続いて出棺となり、喪主は参列者に向けてお礼の挨拶をする。
  • 火葬場では納めの式をして火葬が執行され、1時間前後待機した後骨上げを行い、式場に戻って読経をしていただいた後、精進落としの会食となる。
  • 直葬の日程と流れは、臨終の1日目に搬送先へ遺体を安置し、死後24時間を経過する2日目には火葬・骨上げとなる。
  • 初七日法要は葬儀の当日に、繰り上げ法要や繰り込み法要として行うことが多く、四十九日の法要は忌明けの法要として親戚や親しい人を招いて執り行う。

この記事が葬儀の日程や流れを知るきっかけになれば幸いです。

終活ねっとでは、葬儀に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・流れ・日程」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

    葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

    葬儀後にやらなければならない5つの手続き

    お葬式が終わっても、残されたご家族にはたくさんのやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかり行うことで、数十万円以上ものお金を手にできるという場合もあります。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

    お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせたお葬式をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・流れ・日程」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

葬儀後にやらなければならない5つの手続き

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・流れ・日程」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと