葬儀での葬祭プランナーって何?仕事の内容や資格が必要なのかも解説

葬儀社には、葬儀のしきたりを熟知した葬祭プランナーがいます。今回はこの葬祭プランナーについて、仕事内容や資格試験など詳しい解説をいたします。似ている資格である葬祭ディレクターとの違いもご説明いたします。葬儀の実現に欠かせない葬祭プランナーに関する情報です。

目次

  1. 葬儀での葬祭プランナーについて
  2. 葬儀とは
  3. 葬祭プランナーについて
  4. 葬儀での葬祭ディレクターと資格
  5. 葬儀での葬祭プランナーのまとめ

葬儀での葬祭プランナーについて

葬儀

葬儀やお墓について考えることは、終活の取り組みの大きな柱の一つです。
時代の変化にともない、葬儀の形は多様化しています。
現在では、家族葬や小規模葬など自分らしい葬儀の形にこだわる方も増えています。

しかし、自分で葬儀の内容まで考えることは意外と難しいものですよね。
そのような時に役立つのが、葬儀の形や内容についての専門家です。

今回の記事は、葬儀での葬祭プランナーについて以下の項目に沿ってご説明いたします。

  • 葬儀とは何をするものなのか?
  • 葬祭プランナーの仕事内容は?資格は必要?葬祭プランナーに向いている人は?
  • 葬祭ディレクターの仕事内容は?資格は必要?

葬祭プランナーについて知っておけば、終活を進めるうえで大いに役立ちます。
最後まで目を通していただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀とは

葬儀

葬儀は、家族・親族・友人などが集まり、亡くなった方を偲んでご冥福をお祈りするセレモニーです。
葬儀の歴史はとても古く、貴族が仏教式の葬儀を始めた平安時代にルーツがあります。

仏教式の葬儀では、お坊さんの読経とご焼香の後に、出棺を参列者全員で見送ります。
亡くなった方の棺にお花やお別れの品を入れて、最後のお別れをします。
こうした一連の儀式が、仏教式の葬儀の内容です。

葬儀の流れを知っておくことは、参列者側・ご遺族側のいずれの立場の時にも役立ちます。
終活ねっとでは、葬儀の流れについて詳しい記事を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

こちらも読まれています

葬儀場の基本的な流れを説明!葬儀開始から終了までの注意点も紹介!

葬儀の喪主の経験は滅多にないと思います。事前に葬儀場の基本的な流れを知っておくと、突然の葬儀も慌てず執り行えます。今回は葬儀場の基本的な流れ説明します。葬儀開始から終了まで注意点をふまえて、説明していきますのでご覧ください。

葬祭プランナーについて

葬儀

葬儀のしきたりを踏まえた上で、葬儀についての相談に応えてくれる専門家が葬祭プランナーです。
葬祭プランナーはまだ聞き慣れない資格に思えます。
ここでは、葬祭プランナーの仕事について詳しく見ていきましょう。

仕事内容

亡くなった方のご遺体を運ぶ手配から、お通夜・葬儀の準備は始まります。
葬祭プランナーは、ご遺体を運んで安置する葬儀の準備から葬儀の完了まで、すべての手続きの相談を受け付ける葬儀の専門家です。
状況によっては、役所への届出や納骨の手配まで葬祭プランナーがフォローしてくれます。

葬祭プランナーの具体的な仕事内容は次のとおりです。

  • ご遺体の搬送と安置の手配
  • 葬儀の形と内容の選定、見積もり
  • お坊さんへの連絡
  • 祭壇とご遺影などの準備
  • お通夜・葬儀会場のセッティング
  • 火葬場への霊柩車とバスの手配
  • 香典返しの準備

これら以外でも、葬儀に関するすべてを相談できる窓口が葬祭プランナーの仕事内容です。

資格は必要ない

葬祭プランナーは葬儀についての専門的な知識を備えていますが、葬祭プランナーという国家資格はありません

一般的に葬祭プランナーは各葬儀社に所属しています
免許や免状のような資格試験がないので、実際の業務の中で葬儀の知識を増やし、それなりの経験を積んだ方が、葬祭プランナーの肩書をもって活動しています。

葬儀社の担当の方の名刺に葬祭プランナーの肩書がある場合、安心して葬儀の依頼や相談ができます。

この仕事に向いている人

資格免許はないものの、葬祭プランナーはどなたでも名乗れるわけではありません。
葬儀社によっても異なりますが、ある程度の実務経験と知識のある社員が葬祭プランナーとなっています。

葬祭プランナーに向いているのは次のような資質を備えた方です。

  • 常に真面目な気持ちで仕事に取り組める

    人生の最期のセレモニーを真摯な姿勢で手伝うので、いい加減な姿勢では葬祭プランナーに向きません。

  • その場に応じて素早く判断ができる

    葬儀の進行はマニュアル通りに行かない場合もあり、臨機応変の対応が求められます。

  • 協調性がある

    会場や祭壇の準備などでは葬儀社のスタッフ同士の連携が必要です。

  • 基本的な体力がある

    ご不幸の連絡を夜中に受け付けることもあり、また葬儀の間は立ち仕事となるので、体力が必要です。

現在の葬儀は仏教式がほとんどですが、キリスト教式や神道式の葬儀に備えて、宗教の予備知識も必要となります。
葬祭プランナーは、宗教や葬儀の知識を前向きに身につけることができる向上心のある方に向いています。

葬儀での葬祭ディレクターと資格

葬儀

葬儀全般の内容を相談できる窓口としては、葬祭ディレクターという専門家もあります。
葬祭プランナーとの違いは、どのような点でしょうか。

ここでは葬祭ディレクターについて詳しくご説明いたします。

仕事内容

葬祭ディレクターとは、葬儀の依頼から葬儀当日の運営まで、葬儀に関するすべてを取り仕切る専門家です。
葬儀プランの選定・見積もりや祭壇の準備など、具体的な仕事内容は葬祭プランナーの仕事と同じですが、さらに豊富な実務経験が求められます

一般的に葬祭ディレクターは各葬儀社に所属しています。
担当者が葬祭ディレクターかどうかは、名刺の肩書を見るとわかります。

名乗るには資格が必要

葬祭プランナーと葬祭ディレクターでは、仕事内容が重なります。
では、プランナーとディレクターでは、何が違うのでしょうか。

最も大きな違いは、葬祭ディレクターは厚生労働大臣が認定する資格で、技能審査に合格した方だけが名乗れることです。
この技能審査は、葬儀業界の代表的な団体である葬祭ディレクター技能審査協会が実施しています。

葬祭ディレクターには、1級と2級があるのが特徴です。
1級と2級を合わせて、2008年の時点で約18000人が葬祭ディレクターの資格を持っています

資格の難易度や合格率

葬祭ディレクターの技能審査には受験資格が設けられています。
2級葬祭ディレクターで実務2年以上、1級葬祭ディレクターでは実務5年以上の経験、または2級合格後に実務2年以上の経験が必要です。

技能審査では実技試験と筆記試験があり、葬儀の受注から葬儀当日の運営について、細かな知識と技能が試されます。
2級の場合は個人葬について、1級の場合は社葬も含むすべての規模の葬儀についてが出題範囲です。

ちなみに気になる合格率ですが、2013年度の場合で1級が約58パーセント、2級が約67パーセントです。
実技・筆記ともに約7割の得点で合格できる試験となっています。

資格は役立つか

厚生労働大臣認定の葬祭ディレクターは、葬儀にまつわる唯一の民間資格です。
現時点では、葬儀に関係する国家資格はありませんので、葬祭ディレクター1級および2級は実務を担当する能力を計る貴重な目安になります。

高齢化社会の現在、葬儀について、また終活について深く考える方は年々増えています。
葬祭ディレクターの資格は、社会の要請に応える役立つ資格と言えます。

また、葬儀屋が持つと良い資格に関しては以下の記事にも詳しく記載されているので、気になる方はぜひご参照ください。

こちらも読まれています

葬儀屋になるには資格が必要?葬儀屋の仕事や開業のための資格も解説

葬儀は故人とご遺族にとって最期のお別れをする大切な儀式です。その葬儀を取りまとめる葬儀屋になるためには何か特別な資格を取得しなければならないのでしょうか?葬儀屋にまつわる資格について、また葬儀屋になるためにはどのようにすれば良いのか詳しく紹介します。

葬儀での葬祭プランナーのまとめ

葬儀

いかがでしたか。
今回終活ねっとでは、葬祭プランナーと葬祭ディレクターについて以下のことを解説してきました。

  • 葬儀とは、お坊さんによる読経・ご焼香・出棺をを行う、故人にお別れをしてご冥福を祈るセレモニーである。
  • 葬祭プランナーは葬儀社に所属して、ご遺体の搬送の手配から会場準備、バスの手配など葬儀当日のすべてを取り仕切る仕事で、葬儀に関するすべてを相談できる。
  • 葬儀プランナー向いている人は、仕事に真摯に向き合え、臨機応変さがあり、スタッフ同士の連携がとれるだけの協調性があり、基本的な体力のある人が向いている。
  • 葬祭プランナーは資格試験はなく、実務経験のある社員が肩書を名乗るのに対して、葬祭ディレクターは厚生労働大臣認定の民間資格で、技能審査に合格しなければなれない。
  • 葬祭プランナーも葬祭ディレクターも、名刺の肩書を見ればわかるので、その人がどれくらい実務を担当する能力を持っているのかを測る貴重な目安となる。

葬儀の多様性に注目が集まるなか、葬祭プランナーと葬祭ディレクターは葬儀について何でも相談できる心強い味方です。

今回の記事が皆様の終活のお役に立てれば幸いです。

終活ねっとでは、葬儀についてさまざまな解説を掲載しています。
費用の内訳といった気になる点も解説していますので、ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・プランナー・資格」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 神主に必要な資格の取り方!大学や通信教育がある?のサムネイル画像

    神主に必要な資格の取り方!大学や通信教育がある?

    最近のスピリチュアルブームの影響で神社で働く神主さんに興味を持った方もいらっしゃることでしょう。ですが神主になるには資格が必要なことをご存知でしょうか?今では就職サイトや情報誌などで簡単に職業訓練の情報が手に入りますが、神主の資格については記載がありません。

  • 死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

    葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・プランナー・資格」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

神主に必要な資格の取り方!大学や通信教育がある?のサムネイル画像

神主に必要な資格の取り方!大学や通信教育がある?

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・プランナー・資格」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

神主に必要な資格の取り方!大学や通信教育がある?のサムネイル画像

神主に必要な資格の取り方!大学や通信教育がある?

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと