葬儀に参列・出席すべき関係はどこまで?特殊なケースについても解説

葬儀に参列・出席すべき関係はどこまで?特殊なケースについても解説

ご不幸の知らせを受けたものの葬儀に参列するかどうかを迷う場合があります。今回は葬儀に参列・出席するのはどの関係までかを詳しく解説いたします。故人との関係別に具体的なケースを挙げながら、自分だけで参列を判断するのが難しい特殊なケースについてもご説明します。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀に参列・出席すべき関係について

葬儀

葬儀については多くのしきたりがあり、それらの知識は終活においても大いに役立ちます。

葬儀の知識の前提として、葬儀に参列するべきか、欠席するべきかの判断が必要です。
ご不幸の知らせを受けたとき、亡くなった方が遠い親戚や知り合いの家族というように、生前の関係の薄い方だった場合、葬儀に参列するかどうかを迷うことがあります。

そこで今回は、葬儀に参列するべき関係者の範囲について詳しく解説いたします。
今回の「終活ねっと」では、次の項目に沿ってご説明いたします。

  • 葬儀に参列・出席すべき関係はどこまでか?

  • 供花を贈る関係について

  • 会社関係の記帳はどうするか?

迷ってしまいがちな葬儀への参列についての解説です。
今回の記事をぜひ皆様の終活に役立てていただければと思います。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀に参列・出席すべき関係はどこまで?

葬儀

亡くなった方が直接の知り合いではなかった場合、葬儀に参列するかどうかを迷ってしまうものです。
そもそも葬儀に参列すべき関係はここまでというように、はっきりとした線引きはあるのでしょうか。
まずは葬儀に参列すべき関係について、具体的にご説明します。

参列すべき境界線

葬儀に参列すべき関係に、はっきりとした線引きはありません
しかし、たとえば親族の場合に〇親等までというように、目安となる基準はあります。
この目安は参列すべき境界線と言えます。

亡くなった方との関係別に、参列すべき境界線を見ていきましょう。

家族の場合

家族は夫婦とその血縁者で構成される一つのまとまりで、社会を構成する最も小さい単位です。
家族のどなたかにご不幸があった場合は、最も近しい間柄として葬儀に参列します。
具体的には、配偶者・子供・孫・兄弟姉妹です。

最近増えている家族葬においても、家族全員が葬儀に参列します。
家族のなかでは、葬儀に参列するかしないかの境界線はないとする考え方です。

親族の場合

親族とは、血縁または婚姻によってつながりを持つ者どうしです。
親族のどなたかにご不幸があった場合、一般的には3親等までの親族が葬儀に参列します。
親等の数え方は次のとおりです。

  • 1親等

    両親・子供・配偶者の両親

  • 2親等

    兄妹姉妹・祖父母・孫・配偶者の兄妹姉妹・配偶者の祖父母

  • 3親等

    曾祖父母・曾孫・叔父叔母・おいめい・配偶者の叔父叔母・配偶者のおいめい

いとこの関係は、3親等より先の4親等となります。

3親等までとする境界線は、あくまで目安です。
近所に住んでいて生前に親しかった場合は、4親等や5親等の間柄であっても葬儀に参列します。

友人・知人の場合

親しくしていた友人・知人とのお別れは悲しいものです。
友人・知人のご不幸の知らせを受けたときは、生前の関係性と葬儀の会場への距離などを考慮して、葬儀に参列するようにします。

参列を迷うのは、友人・知人のご家族にご不幸があった場合です。
たとえば親友の父母といったように、生前によくお会いしていた方の場合は、気落ちしている親友を励ます意味で葬儀に参列します。

友人・知人の場合、はっきりとした境界線はありませんが、生前のつながりと親しさを踏まえて、参列を判断するとよいでしょう。

なお、ここで気をつけたいのは、近年増えている家族葬の場合です。
家族葬は、原則として血縁関係のある家族だけで見送ります。
家族葬に親しい友人の立場で参列を希望する場合は、ご遺族の方に参列の可否を確かめるようにしましょう。

また、下記の記事では友人の母親の葬儀に参列すべきかどうかについて詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

仕事関係の場合

仕事関係の方にご不幸があった場合で参列を迷うのは、同僚・上司・部下のご家族が亡くなった場合です。
この場合、亡くなった方が、仕事の関係者の配偶者・両親であるかが参列する境界線となります。
配偶者・両親以外の親族のご不幸であれば、葬儀に参列する必要はありません。

仕事の取引先の方の場合は、社内の規定に従って葬儀に参列しますが、参列はしないで弔電やお花を贈るケースも多いようです。

内縁関係の場合

内縁関係とは、婚姻届を出していない事実婚の間柄のことです。
内縁関係にある配偶者のご家族にご不幸があった場合、配偶者のご家族が内縁を認めているのであれば、葬儀に参列します。
ご不幸の知らせのときに「〇〇さんも参列してください」と言われたかどうかが、参列すべき境界線となります。

内縁関係にある配偶者が亡くなった場合、ご本人が喪主を務めるか、もしくは配偶者のご家族の納得のうえで葬儀に参列することができます。

受付をお願いされたら

葬儀の受付係は、会場で会葬者の方々を迎えて会葬者名簿に名前を書いていただき、ご香典を預かることを行います。
葬儀の受付係は、喪主の方の友人・知人・近所の方々などにお願いするケースが多いです。

葬儀での受付係を頼まれたら、参列してご遺族の方々を手伝うようにします。
事前の喪主の方の指示を仰いで、早めに葬儀会場に着くようにしましょう。

最終的にはそのときの状況次第

亡くなった方との関係性ごとに、葬儀に参列する境界線をご説明してきました。
こうした境界線には、法的な決まりや明確なしきたりがあるわけではなく、あくまで基準です。
生前のつながりの深さや葬儀会場への距離などの状況をケースバイケースで考えて、参列するかどうかを決めるとよいでしょう。

供花をおくる関係は?

葬儀

葬儀では、お悔やみの気持ちを込めた生花の供花をおくります。
供花にはおくった方の名前が書かれた木の札が付けられます。

供花は、家族・親族・仕事関係者・親しい友人というように、葬儀に参列する方々の中でも特に亡くなった方と深いつながりがあった方々がおくります。

外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」について気になるという方はこちらの記事も併せてご覧ください。

会社関係の記帳はどうする?

葬儀

会社としての立場で葬儀に参列する場合は、受付の会葬者名簿または会葬者カードに、会社名と会社の住所を書くようにします。
このときの会社名は、省略せずに正式な名称を書くのがマナーです。
もし会社の部署として葬儀に参列する場合は、「〇〇株式会社営業部営業二課一同」というように所属する部署名を省略せずに書くようにしましょう。

葬儀に参列・出席すべき関係について

葬儀

今回「終活ねっと」では葬儀に参列する方の範囲について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
今回の記事のポイントは次の点でした。

  • 葬儀に参列すべき境界線は故人との関係性で決まる
    家族(配偶者・子供・孫・兄弟姉妹)は家族葬の場合でも参列する
    親族は原則3親等までが参列する
    友人・知人は生前のつながりと親しさを踏まえて判断する
    仕事関係者は関係者の配偶者か両親であれば参列する
    内縁関係の場合は、家族が内縁を認めているのであれば葬儀に参列する
    受付を依頼されたら、参列してご遺族を手伝う
    葬儀に参列するかの境界線はあくまで基準であり、そのときの状況次第で参列を判断する

  • 供花は葬儀参列者の中でも故人と深いつながりがあった方がおくる

  • 会社関係での葬儀での記帳には、正式な会社名も書き入れる

葬儀に参列するかどうかの境界を知っておけば、突然のご不幸の知らせを受けても迷わずに済みます。
今回の記事を皆様の終活に役立てていただければ幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

以下の記事では葬儀費用について詳しく解説しております。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事