葬儀は死後何日でおこなう?直後にするべきことやペットの場合も解説

葬儀は死後何日でおこなう?直後にするべきことやペットの場合も解説

葬儀を執り行う上でマナーや費用などを気にする人は多いですが、いつまでに行うのかという点も非常に大切です。葬儀は死後何日くらいで行うのが適切なのでしょうか。この記事では、葬儀を行うのは死後何日になるのか、直後にやることなどを解説しています。

最終更新日: 2020年02月09日

死後に葬儀をおこなう時期について

葬儀

葬儀を執り行う上で気にする人が多いのは、葬儀全般に関するマナーやかかる費用はどれくらいかなどが挙げられます。
特にご遺族にとっては、無視できない項目と言えるでしょう。
しかし、故人がお亡くなりになった後、葬儀はいつまでに行えば良いのかという点も非常に大切なことです。

葬儀を行う時期は死後何日くらいが適切なのでしょうか。
他にも「葬儀を避けた方が良い時期はいつか」「火葬は死後24時間以上経たなければ行えないという話は本当か」など、知りたいことは数多くあることと思います。
早めに葬儀の日程を決めるためにも、死後何日はどれくらいか知っておきましょう。

今回の「終活ねっと」では、死後に葬儀を行う時期について

  • 臨終後から葬儀までの期間

  • 火葬を死後1日以内に行ってはいけない?

  • 臨終直後に何を行うのか

  • ペットの葬儀を行う時期

以上のことを解説していきます。
死後直後にご遺族が行う末期の水についても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀は死後何日でおこなうのか?

葬儀

故人がご臨終された後、ご遺族は葬儀などの準備に取り掛かります。
死後どれくらいの期間を置いて葬儀を執り行うのでしょうか。
ここでは死後何日で葬儀を行うのかについてご紹介します。

法的な決まりはない

結論から申し上げますと、法的な決まりはありません
そのため、葬儀を一週間後、一か月後に行っても法律違反にはならないということです。

ただ、火葬を行うまでの間、ご遺体の腐敗はどんどん進行していきます。
長期間安置する場合は腐敗を防ぐため、ドライアイスやエンバーミングなどで処置しておく必要があります。

ドライアイスに関してはご遺体を安置した際、葬儀会社が安置期間に関わらず、数日分を用意してくれていることが多いです。
この場合、ドライアイスの費用は契約した料金プランに含まれるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

ちなみに法律では葬儀を行う義務も定められていないため、葬儀自体をしない場合もあります。

平均で4〜5日

葬儀は平均で死後4~5日くらいが一般的です。
繰り返しになりますが、ご遺体は放置しておくと腐敗が進行していくため、安置した時点でドライアイスを使用します。

それでも完璧に腐敗を防ぐことは難しいため、出来るだけ早めに葬儀を行い、火葬をした方が良いのです。
しかし、葬儀の準備や日程調整などを行う時間が必要になるため、4~5日を目安に行動すると良いでしょう。

地域や状況によっては、葬儀の前に火葬を済ませておく「前火葬」というのもあります。
例えば「ご遺体の損傷が激しく、腐敗の進行が通常よりも早い」「亡くなられた場所が斎場から遠い」などの場合は火葬を先に行います。

友引の日は避ける

葬儀は死後4~5日くらいの期間を置いて行われると先述しましたが、注意点として友引の日は避けることが挙げられます。
「友引」は中国から伝わった「六曜」という暦占いの一種で、他にも「先勝・先負・大安・赤口・仏滅」があります。

友引の日を避ける理由は「葬儀の場で友人があの世へ引きずられる」という俗信があるためです。
あくまでも六曜は占いであり、仏教との関連性はありません。

しかし、上記の俗信を気にして葬儀を行わない人が多いことから、火葬場も友引の日を休日にしているところが多いです。
近年では若い世代を中心に気にしない人が増えていますが、周囲の人への配慮という理由で友引の日を避ける場合もあります。

死後24時間以内の火葬は禁止?

葬儀

ご遺体の腐敗を防ぐため、早めに葬儀・火葬をした方が良いと先述しました。
しかし、死後24時間以内にご遺体を火葬することは法律で禁止されているため、火葬を行うのはどんなに早くても24時間を過ぎてからとなります。

このような法律が出来たのは、過去に「仮死状態だった患者が葬儀や火葬の最中に蘇生した」などの例があったためです。
そして亡くなったと分かる紫色の「死斑」が出るのは24時間後なので、それまで火葬は禁止となりました。

ただ「感染症患者だった人」「7カ月未満の胎児」の場合は例外として、死後24時間以内の火葬が認められています。
前者は感染症が周囲に広がるのを防ぐため、後者は蘇生する可能性が低いためです。

死後直後におこなう項目の流れ

困った人々

葬儀が始まるまで、ご遺体は自宅や葬儀会場などで安置しておくことになります。
しかし、故人が亡くなった直後に行うべきことがあるのをご存知でしょうか。
ここでは死後直後に行ういくつかの流れについてご紹介します。

家族・親族で末期の水を

末期の水とは、故人の口内を水で濡らす儀式を指します。
お釈迦様が亡くなる直前、お弟子さんに喉を潤すための水を頼んだとされています。
このことから、故人の喉の渇きを癒やすために末期の水を行うようになりました。

その場にいるご遺族やご親族の中で、故人と一番縁の深い人から順に行います。
新品の筆や脱脂綿に水を浸し、ご遺体の口元を湿らせるようにします。
上唇を左から右へ、次に下唇の左から右という流れでなぞります。

エンゼルケア

エンゼルケアとは、死後にご遺体へ行うさまざまなケアの総称です。
ここでは大きく3つに分けて解説していきます。

清拭・湯灌

清拭と湯灌は同じようで、行われる意味合いは違います。
清拭は病院で亡くなった際、ご遺体を清潔にする目的で看護師が行います。
アルコールを含ませた脱脂綿でご遺体を綺麗に拭いた上で、ご遺族が持参してきた服装に着せ替えます。

湯灌は衛生面だけでなく、この世の汚れや悩みなどを洗い清める目的で行われます。
湯灌はご遺体を入浴させ、全身を洗うため、清拭よりも手間がかかります。

身繕い

ご遺体を綺麗にした後は身繕いを行います。
仏教では故人があの世へ旅に出るため、身支度を整える必要があるとされています。
そこで、ご遺体には「死装束」を着せます。

死装束は経帷子(きょうかたびら)を始めとした昔の旅装束が一般的でしたが、近年では故人が気に入っていた服を着せることも増えてきました。

死化粧

死化粧とは、ご遺体の顔を少しでも生前に近づけるように化粧を施すことです。
髪や爪を切って整え、男性の場合は髭を剃り、女性の場合は薄く化粧をします。

ご遺族側の希望があれば男性でも化粧をする場合があります。
化粧道具は葬儀会社側で用意することもありますが、生前に故人が愛用していたものを使って死化粧を施すこともできます。

ただ、地域によってはご遺体に刃物を向けることを良く思わないところもあるため、髭剃りができないこともあるので注意が必要です。

エンバーミング

エンバーミングは先述したように、ご遺体の腐敗を防ぐための方法です。
ご遺体の中に消化しきれずに残っている飲食物や血液などを抜いてから、体内に防腐溶液を注入します。
費用はかかりますが効果は高いため、ドライアイスでご遺体を冷やさなくても、一定期間腐敗させずに姿形を保つことが可能です。

葬儀までの安置期間が4~5日程度の場合はドライアイスで十分でしょう。
しかし、一週間以上かかることが予想される場合は、エンバーミングで処置することをおすすめします。

ペットの葬儀は死後何日でおこなう?

葬儀

人間と同じくペットの葬儀も死後何日で行うかを決める法律はありません
人間の場合は一週間以内に死亡届を役所に提出しなければいけませんが、ペットの場合は一部の動物を除き、基本的には必要ありません。
狂犬病を予防するという目的から、犬だけは30日以内に死亡届を出すことが義務とされています。

葬儀に関しては人間と同じようにお通夜・葬儀・告別式を行う人もいれば、自宅に遺影を用意し、ご家族だけで手を合わせるという人もいます。

死後に葬儀をおこなう時期のまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の「終活ねっと」では、死後に葬儀を行う時期について、以下のことを解説してきました。

  • 葬儀を死後何日で行うという法的な決まりはない
    平均で死後4~5日が一般的
    友引の日は「友人があの世へ引きずられる」という俗信により、葬儀を避ける人が多い

  • 死後24時間以内の火葬は法律で禁止されている、理由は蘇生の可能性があるため
    死後直後は亡くなった人の口に水を含ませる「末期の水」を行う
    清拭・湯灌でご遺体を綺麗にして、死装束に着せ替え、死化粧をする

  • 腐敗を防ぐためにエンバーミングを行う場合もある
    ペットの葬儀も死後何日で行うという決まりはない

人間もペットも葬儀をいつまでに行うかという規定はないということが分かりました。
火葬場の空き状況や参列者の都合、友引の日は避けるなど、葬儀の日程はさまざまな要素を考慮の上で決めなくてはいけないため、予想よりも期間が延びてしまうことがあります。
しかし、大切な相手を見送るための葬儀なので、悔いが残らないよう日程調整は慎重に行いましょう。

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では、葬儀にかかる費用の相場について解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事