直葬という葬儀の内容とは?直葬の割合や費用、参列者の服装も解説!

直葬という葬儀の内容とは?直葬の割合や費用、参列者の服装も解説!

最近、直葬という葬儀形式が増えています。直葬とはどういう葬儀なのでしょうか。また葬儀の流れやマナー、費用はどのようになっているのでしょうか。そこで今回終活ねっとでは、直葬という葬儀について、直葬の内容・費用・服装などを含め分かりやすく解説していきます。

最終更新日: 2020年02月09日

直葬という葬儀について

葬儀

皆さんは直葬をご存知でしょうか。
最近、葬儀を行うときに家族だけで直葬を行うので、参列、香典・供花は辞退しますというケースが増えています。
直葬とはどういう形の葬儀なのか、葬儀の流れや・マナーがどのようになっているのか、費用も気になりますね。

そこで今回「終活ねっと」では、直葬という葬儀について、以下の事項を解説していきます。

  • そもそも直葬とは?

  • 直葬にかかる葬儀費用は、どのくらいか?

  • 直葬という葬儀の流れは、どのようになっているのか?

  • 直葬のメリット・デメリットは、どんなことがあるのか?

  • 直葬の注意点は、どんなことがあるか?

  • 直葬に参列する際のマナーは、どんなことがあるか?

直葬の内容、直葬の割合や費用、参列者の服装についても分かりやすく解説しています。
ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

直葬とは?

葬儀

そもそも直葬とはどのような葬儀の方法なのでしょうか?
通常の葬儀との違い・直葬の割合・直葬が選ばれる背景などを、分かりやすくご説明していきます。

火葬のみを行う葬儀を指す

直葬は、火葬式とも呼ばれ、火葬のみを行う葬儀を指します。
火葬のみの葬儀とは、ご遺体を納棺後すぐに火葬場で火葬するだけの葬儀です。

通常の葬儀の場合ですと、お通夜の翌日に葬儀式・告別式を行い、その後で火葬となります。
ご遺族・親族がお通夜・告別式に参列するのは当然ですが、故人の友人・知人・会社関係者などの一般参列者もお招きして、最期のお別れの儀式を行います。

これに対して直葬の場合、火葬場で荼毘に付す前にお坊さんに読経をお願いすることはありますが、お通夜や宗教的な葬儀式・告別式などは行いません。
直葬の参列者は、ご遺族とごく親しい友人・知人などに限られた少人数のことが多いです。

葬儀全体に対する直葬の割合

葬儀全体に対する直葬の割合については、明確な統計資料はありませんが、直葬を希望する方は年々増えているようです。

例えば、公正取引委員会の葬儀社へのアンケート調査によると、直葬の割合は全国で5.5%になっています(葬儀の取引に関する実態調査報告書(平成29年3月))。
注目したいのは直葬の増加率は26%で、増加率51%の家族葬とともに大きく伸びていることです。

他にも民間の葬儀社などの調べがありますが、直葬は全国的に増加傾向にあり、特に東京など大都市では20%を超えていると見込まれています。

直葬が選ばれる背景

直葬が選ばれる背景には、家族関係の変化、地域との関係の希薄化などの環境変化があります。
特に都市部では高齢者単身世帯・核家族が増え、親戚・ご近所との付き合いも少なくなっています。
菩提寺との繋がりも希薄になっており宗教的儀式に重きを置かない方が増えていることもあります。

このような環境変化の下、特に時間に追われる大都市では葬儀時間が短い直葬が選ばれるようです。
また、直葬は一般的な葬儀に比べて費用が大幅に抑えられることも間違いなく大きな理由でしょう。

直葬にかかる葬儀費用

葬儀

ここでは直葬にかかる費用についてご説明します。
直葬はお通夜や葬儀・告別式を行いませんので、葬儀場費用は必要なく、参列者数も一般に少ないので会食費用も抑えることができます。

地域や火葬のやり方により違いますが、直葬の費用相場は10万円~30万円位と一般的な葬儀費用より大幅に低くなっています。
直葬の費用の内訳は、おおよそ次のとおりです。

  • 遺体搬送費:2万円~3万円

    ご遺体を搬送するための寝台車の費用です。
    病院などからご自宅・安置所への搬送と、安置所から火葬場への搬送が必要です。

  • 棺費用:5万円~7万円位

    ご遺体を納める棺などの費用です。
    基本的にご遺体を棺に納めていなければ火葬してもらえません。

  • 火葬場利用料:5万円~15万円

    火葬場施設の利用料・火葬料です。
    火葬場は公営と民営がありますが、公営は無料~5万円位までが多いです。

  • 骨壺代:5000円~2万円

    火葬したご遺骨を納めるための骨壷代です。

  • その他:数万円

    他にも参列者の交通費、控室使用料、お布施代などが必要になることもあります。

葬儀の費用相場について、内訳や葬儀形式による違いを詳しくお知りになりたい方は、次の記事をご覧ください。

直葬という葬儀の流れ

葬儀

それでは本題の直葬の流れについて分かりやすくご説明します。

一般的な日程

直葬の流れをご説明する前に、一般的な葬儀の日程をご説明します。
ご家族などがご逝去されたときは、その日は仮通夜を行い、斎場・火葬場の空きを確認して、通夜・告別式・火葬の日程を決めます。

火葬場が混んでおり1週間位待つこともありますが、一般的にはご逝去後3・4日をめどに告別式・火葬を行うこととし、その前夜にお通夜を行います。

  • ご逝去・葬儀社の決定

    身内の方がご逝去されたときは、医師に死亡診断書を書いてもらいます。
    すぐに葬儀の段取りを決めなければなりませんので、まず葬儀社を決めます。

  • ご遺体の搬送・安置

    ご遺体は死後24時間は火葬できませんので、ご自宅に安置して枕飾りをします。
    自宅以外で亡くなったときは、ご遺体を自宅または他の安置場所に搬送します。

  • 死亡届・火葬許可書

    死亡診断書を添えて死亡届を役場に提出し、火葬許可証をもらいます。
    並行して葬儀日程を決め、親戚など関係者に知らせます。

  • 納棺

    お通夜の前にご遺体を納棺します。

  • お通夜・通夜振るまい

    お通夜は通常、葬儀・告別式の前夜になります。
    僧侶の読経・遺族などの焼香の後、通夜振るまいと続きます。

  • 葬儀・告別式

    葬儀・告別式は、参列者数にもよりますが1時間~1時間半くらいです。
    僧侶の読経、喪主・遺族に続き一般参列者が焼香します。

  • 出棺

    告別式に続き、最後のお別れをして出棺となります。
    火葬場が併設されている斎場もありますが、通常マイクロバスなどで移動します。

  • 火葬・骨上げ

    火葬場で最後のお別れをし、荼毘に付しお骨上げをします。

  • 精進落とし

    火葬場から斎場・ご自宅などに戻り、精進落としの会食を行います。

直葬の流れと所要時間

直葬では通夜・告別式と会食は行いませんので、所要時間は大幅に短縮されます。
これらの儀式などを除くと、臨終から納棺までの手続きは一般的な葬儀の場合と違いはありません。

直葬の場合、火葬場の空き具合にもよりますが、ご逝去の翌々日に荼毘に付すことが多いようです。
直葬当日の流れと所要時間は、おおよそ次のようになります。

  • 納棺:15分~30分位

    一般に出棺の直前にご遺族が葬儀社の方とともにご遺体を棺に納めます。
    故人の愛用品や思い出の品などを棺に納めることが多いです。

  • 出棺:15分~30分位

    納棺して準備ができたら出棺です。
    お別れの時間をゆっくりとっても、納棺から出棺まで1時間弱です。

  • 火葬:1時間~2時間

    火葬場の炉前などであらためてお別れをして火葬に付します。
    お坊さんを招いて読経をして頂くことも多いです。
    お別れは通常10分程度で、その後、ご遺族は控室で待ちます。

  • 収骨:30分位

    火葬が終わったら、お骨上げ・収骨をし、ご遺骨を骨壷に納めます。
    ご遺骨が納められた骨壷を受け取ります。

直葬のメリット・デメリット

葬儀

直葬は具体的にどのような意味があるのか分からないという方もいらっしゃると思います。
直葬のメリット・デメリットをご説明します。

メリット

まず直葬を行うメリットを二点ご紹介します。

葬儀費用を抑えることができる

一点目は、何といっても葬儀費用を抑えることができることです。
直葬は通夜・告別式・会食を行わない簡素な形の葬儀です。
一般的な葬儀費用は平均190万円と言われますが、直葬は10万円〜30万円ですのででかなり違います。

参列者への対応の負担が減る

二点目は、参列者への対応の負担が減ることです。
通常の葬儀ですと、故人の会社関係者など大勢弔問に訪れます。
喪主・ご遺族は、参列者の方へのご挨拶など失礼のないよう気配りが必要です。

特に喪主は、お坊さんのお迎え・お見送り、受付などをお手伝いの方への心配りなども必要です。
直葬であればこういった負担はほとんどなくなります。

デメリット

喪主・ご遺族にとってメリットが多い直葬ですが、直葬にはデメリットもあります。
直葬のデメリットについて二点ご紹介します。

故人とのお別れの時間が短い

一点目は、ご遺体は自宅から火葬場に移してすぐ荼毘に付しますので、故人とのお別れの時間が短いことです。
ご自宅でのお別れの時間も長くはなく、火葬場の炉前で読経していただくとしても、お別れは一般的な葬儀に比べると極めて短時間になります。

故人とのお別れを心行くまでできないと不満に感じられたり、辛いお気持ちになる方もおられると思います。

菩薩寺に納骨を断られる場合がある

二点目は、菩薩寺に納骨を断られる場合があることです。
直葬の場合は火葬場で僧侶に読経を依頼することはあっても、菩提寺で葬儀・告別式は行いません。
しかし、お寺は基本的にその宗旨宗派のやり方に従い葬儀を行うものですから、直葬は菩提寺の存在意義に関わるものとも言えます。

このため菩提寺が直葬に反対することもあり、菩提寺から納骨を断られることもありうるのです。
直葬を検討される場合は、菩提寺に事前にきちんと説明して相談しておくことが重要です。

直葬を行う際の注意点

葬儀

直葬は比較的最近行われるようになった葬儀形式であるため、注意しなければならない点があります。
ここでは、直葬を行う際に注意すべき点をご紹介します。

ご遺体を安置する場所が必要

墓地埋葬法では、ご遺体は亡くなった後24時間が経過した後でなければ火葬はできません。
ですから、ご遺体を火葬場に移すまでの安置場所が必要で、最初に必ず決なければなりません。

病院で亡くなった場合は、ご遺体は病室から一旦霊安室へ移されますが、数時間しか置いてもらえません。
ご遺体は普通の場合はご自宅に搬送することになります。
しかし、ご自宅が手狭のときや病院から遠いときなどは、葬儀会社などにお願いしてご遺体の一時的な安置場所を探す必要があります。

参列を希望されていた方への対応が必要

葬儀には必ず参列したいとご希望されていた方への対応も必要になります。
故人の友人・知人など故人と親交があった方は、葬儀後に自宅に弔問に訪れることがよくあります。

通夜・告別式はその場は大変ですがその場で参列者に対応することができます。
直葬の場合は葬儀後しばらくの間、ご自宅への弔問者への対応が必要になることを意外と忘れがちです。

故人を偲び弔問に来ていただけるのはありがたいことですが、何時に何人くらいがお見えになるのかよく分からないと、中々落ち着かないものです。
後日弔問に訪れる方がいることをある程度念頭に置いて、準備しておくことも必要です。

周囲の方々の理解を得ることが大切

直葬を検討される場合は、周囲の方々の理解を得ることが大切です。
直葬を選ぶ方が増えているのは確かですが、従来のお通夜・告別式がよいと考える方も多いです。
旧来の葬儀の形に慣れ親しんでいる方にとっては、直葬はとんでもない、認められないこと、とされ理解が得られない場合もあります。

最後のお別れの場や葬儀後にトラブルになるのは避けなければなりません。
そのためには、直葬にしたいという気持ち・理由をしっかり説明して、納得がいくように話し合うことが大事です。

直葬に参列する際のマナー

葬儀

直葬と一般葬ではマナーに違いはあるのでしょうか。
ここでは直葬に参列する際のマナーをご説明します。

服装・持ち物

葬儀は簡略化しても直葬のときの服装はどうしたらよいのかと悩まれる方も多いと思います。
直葬の服装は、普通の葬儀のときと変わりません

ご遺族は喪服が正式です。
参列者がご遺族だけの場合は話し合って簡略化することもありますが、少なくとも喪服に準じた服装にするのがマナーでしょう。

基本的に派手な服装や華美な装いは避け、黒系統の落ち着いた色の服を着るようにします。
男性は、白いシャツに黒いネクタイ、ベルトや靴、靴下も黒にしましょう。
女性は、肌の露出を控えた黒いワンピースなどにし、化粧も薄めにします。

香典は持参する?

直葬であっても葬儀には違いありませんので、基本的に香典は持参した方がよいでしょう。
その場合の香典の相場は、1万円位が多いようです。

ただ、ご遺族が香典を明確に辞退される場合はその指示に従った方がよいでしょう。
ご遺族で相談して香典は必要ないと決める場合も多いです。
直葬といっても、個別の事情に応じて判断した方がよいですが、格別のことがなければ香典を持参するのが無難です。

直葬という葬儀に関するまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、直葬という葬儀の内容について解説してきました。

記事の要点をまとめると、次のようになります。

  • 直葬とは、ご遺体の火葬のみを行う葬儀である。
    直葬を希望する方は年々増えており、葬儀全体に対する直葬の割合も高くなっている。

  • 直葬の費用は、地域や火葬のやり方により違うが、10万円~30万円が相場である。

  • 直葬では一般的な葬儀で行う通夜・葬儀・告別式と会食は行わない。
    直葬は、納棺・出棺・火葬・収骨という流れで行われ、所要時間は2~3時間である。

  • 直葬のメリットは、葬儀費用を抑えられ、参列者対応の負担が減ることである。
    デメリットは、お別れの時間が短い、菩薩寺に納骨を断られる場合があることである。

  • 直葬の注意点は、遺体安置所の確保・参列希望者への対応・周囲の理解を得ることである。

  • 直葬に参列する際のマナーは、一般的な葬儀と基本的に同様で、香典も持参した方がよい。

直葬がどのようなものか、メリット・デメリット、注意点などもお分かりいただけたと思います。
葬儀のやり方について悩まれるときは、この記事も参考にして頂ければ幸いです。

「終活ねっと」では、ほかにも葬儀に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。
ぜひそちらの記事もご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す