キリスト教式の葬儀の流れやマナーを解説!服装、葬儀費用までご紹介

キリスト教式の葬儀とはどういうものなのでしょうか。仏教の葬儀ですら漠然とした知識なのに、見当もつかないという方も多いと思います。今回はキリスト教式の葬儀の特徴や流れ、出席の際のマナーなどをわかりやすく解説していきます。

目次

  1. キリスト教式の葬儀について
  2. キリスト教式の葬儀の特徴
  3. キリスト教式の葬儀の流れ
  4. キリスト教式葬儀でのマナー
  5. キリスト教式葬儀での服装
  6. キリスト教式葬儀への持ち物
  7. キリスト教式葬儀にかかる費用
  8. キリスト教式葬儀に関するまとめ

キリスト教式の葬儀について

葬儀

キリスト教徒は日本の人口の1%未満と言われています。
キリスト教の葬儀を何かの映像で見たことがあったり、もちろん経験された方もいるでしょう。
想像ができないという方もたくさんいると思います。

では実際のところ、キリスト教の葬儀とはどういうものなのでしょうか?

今回終活ねっとでは、キリスト教の葬儀について特徴や流れ、また出席の際のマナーなどをわかりやすく解説していきます。

内容は以下のとおりです。

  • キリスト教式葬儀の特徴
  • キリスト教式葬儀の流れ
  • キリスト教式葬儀のマナー
  • キリスト教式葬儀での服装
  • キリスト教式葬儀にかかる費用

記事の後半にはキリスト教式葬儀にかかる費用についても解説しています。
キリスト教式の葬儀について少しでも知っておきたいと思った方は、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

キリスト教式の葬儀の特徴

お墓

まずはキリスト教式の葬儀の特徴をご紹介します。

日本におけるキリスト教は大きく「カトリック」と「プロテスタント」という2つの教派に分かれます。

カトリックは伝統を重視し、戒律を厳守する教派です。
それに比べプロテスタントは、教派による違いも多くありますが、儀式の自由度が高く柔軟なのが特徴です。
カトリックはトップにローマ法王を置きますが、プロテスタントは「人間」を重視し、あくまでも聖書が中心という点も大きく異なります。

カトリックは自宅と所属していた教会以外で葬儀を行うことはほとんどありませんが、プロテスタントは自宅と教会以外にも、葬儀場や斎場で行われることがあります。
またプロテスタントは洗礼(教会への入会の儀式)を受けてない人でも葬儀が行えます。

現在の日本におけるキリスト教の葬儀は、仏式の葬儀に影響を受けた日本特有のものになっています。

キリスト教式葬儀の意味合い

キリスト教の葬儀は、カトリックとプロテスタントでは葬儀の意味合いが変わります。
カトリックでの葬儀は、故人の罪を神に詫び、永遠の命を得られるように祈るという意味が込められています。
一方プロテスタントの葬儀は、故人が無事に天に召されたことを神に感謝するための、礼拝を中心に行われます。

教派による葬儀の解釈は違いますが、死は終わりではなく「永遠の安息の始まり」という概念はキリスト教に共通するものです。

この死生観は、記事後半の葬儀の作法やあいさつのことにも関係してきます。

キリスト教式と仏式の違い

キリスト教と仏教では、葬儀の捉え方が大きく違います

仏式葬儀では死を縁起の悪いものとして、「故人を弔う(とむらう)」ことが重要になります。
キリスト教での死は、地上での罪を神様に許していただく「始まり」を象徴するもので、祝福されるべきものと解釈されます。

そのためキリスト教では葬儀そのものよりも、死の迎え方を大切にしています。
ご臨終前の時点で牧師をお呼びし、まだ意識があるうちに神に祈りながら天に召されるための儀式を行うことが重要になります。
この儀式を聖餐式(せいさんしき)といいます。

キリスト教式の葬儀の流れ

葬儀

カトリックとプロテスタントでは多くの点が異なります。

例えば聖職者のことを、カトリックの場合では司祭(神父)、プロテスタントの場合では牧師と呼びます。
礼拝で歌われる歌のことを、カトリックとプロテスタントでそれぞれ「聖歌」、「賛美歌」といいます。

ここからはキリスト教式の葬儀の流れを、カトリックの場合とプロテスタントの場合に分けてそれぞれ解説していきます。

カトリックの場合の流れ

カトリックでは葬儀のことを「葬儀ミサ」と呼びます。
葬儀ミサは主に入堂→言葉の典礼→感謝の典礼→告別式と葬送の順番に進行していきます。
ほとんどが故人の所属する教会で行われ、教会側が葬儀を執り行います。
また後半の告別式は、遺族側が執り行います。

  • 開祭の辞・司祭入場
  • 聖歌合唱
  • 葬儀ミサ
  • 赦祷式
  • 祈祷・神父の追悼説教
  • 聖歌合唱
  • 弔事・弔電披露
  • 閉祭の辞
  • 献花による告別
  • ご遺族代表者あいさつ

プロテスタントの場合の流れ

プロテスタントでは葬儀のことを「葬儀式」と言います。
葬儀式には特定の儀式がなく、告別式との明確な区別がありません。

プロテスタントには多くの教派があり、葬儀の形式はどれも異なります。
そのため、事前に葬儀社や牧師と綿密な打ち合わせ・相談をしましょう。

  • 牧師入場
  • オルガン前奏
  • 聖書朗読・黙祷
  • 賛美歌斉唱
  • 聖書朗読・祈祷
  • 賛美歌斉唱
  • 個人経歴
  • オルガン後奏
  • 献花による告別
  • ご遺族代表者あいさつ
  • 牧師による閉式の辞
  • 納棺式

キリスト教式葬儀でのマナー

葬儀

キリスト教の葬儀の特徴として、賛美歌を歌ったり聖書の一部を唱えることが挙げられます。
また、献花や挨拶の言葉にも細かい作法があります。
これらのキリスト教式葬儀での作法やマナーを知らないという方は多いはずです。

ここからはキリスト教式葬儀でのマナーをより詳しく解説していきます。

献花の作法

キリスト教式の通夜、葬儀、告別式では、カトリック、プロテスタントともに献花を行います。
献花は仏式での焼香にあたるもので、カーネーションや菊などの茎の長い花を1人一本づつ持ち、順番に祭壇に捧げていく儀式です。

基本的な献花の作法はカトリック、プロテスタントともに共通になります。

  • 両手で花を受け取り、ご遺族や他の参列者に一礼する。
    花は茎を左手に、花側に右手を添えて持つ。
  • 献花台に進み、ご遺影に一礼して献花する。
    花の向きは茎が霊前に向くようにする。
  • ご遺影へ黙祷する。
  • 数歩下がって逆を向き、他の参列者に一礼して席に戻る。

花の向きについては諸説あります。
まずは他の参列者が置いた花に揃えて、綺麗に置くように心がけましょう。

賛美歌・聖歌に参加する

キリスト教式葬儀では、賛美歌を斉唱する場面があります。
賛美歌・聖歌とは、キリスト教の神・聖人をたたえる歌のことを言います。

参列者には式が始まる前に聖書の一節や賛美歌、聖歌の歌詞などの用紙が配られます。
起立して参列者全員で斉唱しますが、なじみがなく歌えないようであれば聞いているだけでもかまいません。

お悔やみの言葉は言わない

仏式では当たり前のように使うお悔やみの言葉ですが、キリスト教式の葬儀では使いません
仏教とキリスト教では本質的に死に対する考えが違い、キリスト教における死は、永遠の命の始まりで悔やむものではないからです。

仏式で「お悔やみ申し上げます」「御愁傷様です」という箇所は、「安らかな眠りにつかれますよう、お祈りいたします」「お知らせ頂きありがとうございます」と置きかえるようにしましょう。

キリスト教式葬儀での服装

葬儀

日本のキリスト教式葬儀での服装は、基本的に仏式に則ったもので黒の喪服です。
和装、洋装どちらでもかまいません。

その反面教会での葬儀は、仏教に比べて明るいと言われることがあります。
あくまで黒が基調ではありますが、故人の意向や教会によっては華やかな服装で行われるケースもあります。
葬儀は祝福の儀式という理念を表していると言えるのではないでしょうか。

また数珠は仏教特有のものです。
キリスト教式の葬儀では数珠は不要ですので、注意が必要です。

男性の場合

男性は黒系スーツなどの略式喪服が基本です。

白の無地のワイシャツに、ネクタイや靴下、靴も黒を基調のものにします。
仏式の場合と同じと覚えていて大丈夫です。

女性の場合

女性も略式喪服を着用します。
喪服がなければ地味な色とデザインのスーツやワンピースでもかまいません。

バッグや靴などの小物は黒系に揃え、アクセサリーも基本的には付けません。
お化粧は控えめにして髪もまとめるようにします。

キリスト教式葬儀への持ち物

葬儀

キリスト教式葬儀の持ち物としては弔慰金が挙げられます。
弔慰金とは仏教葬儀で言う香典にあたるものです。

弔慰金の表書きはカトリックとプロテスタントで違います。
正式な表書きは、カトリックでは「御ミサ料」、プロテスタントでは「御花料」になります。
教派がわからない時は「御霊前」と書くのが無難です。
「御霊前」であれば宗教を問わず使用できます。

封筒は普通の白封筒、または百合の花や十字架などが印刷されたキリスト教専用の封筒を使います。
「御霊前」と書く場合は、黒白の水引きの不祝儀袋でもかまいません。

表書きは薄墨で書くのがマナーではありますが、なければ普通の黒いサインペンや筆ペンでも問題ありません。

金額相場も基本的には仏式と同じで、故人との関係や年齢、社会的立場などで決まります。

キリスト教葬儀の香典の書き方などについては、より詳しく解説した記事も掲載しております。
下記リンクより合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

キリスト教葬儀の香典の書き方とは?金額相場やマナーについても解説

キリスト教の葬儀に参列する際に香典は持参するのでしょうか、またその際に袋はどういったものを使えばいいのでしょう。表書きはどうすればいいのでしょう?終活中の方でもほとんど知らないキリスト教のお葬儀、香典の準備、マナーについて解説します。

キリスト教式葬儀にかかる費用

お金

キリスト教式葬儀にかかる費用は、平均的なもので70万〜80万円が相場と言われています。

家族のみで行う家族葬や直葬になると相場は20万円ほどです。

この平均相場には宗教者(神父や牧師)への謝礼、教会への献金、式場使用料や生花代、オルガン奏者への謝礼などが入っています。
宗教者への謝礼は平均数万円からで、献金は無料から幅があり基本的には公表されません。
その内訳を考えると、仏式葬儀の費用と比較しても安価であることがわかります。

また、仏式葬儀の費用の内訳や費用を安くする方法を解説した記事も掲載しております。
下記リンクよりあわせてご参照ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

キリスト教式葬儀に関するまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、キリスト教式の葬儀について詳しくご紹介してきました。

今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • キリスト教は戒律が厳しいカトリックと、比較的柔軟なプロテスタントの2つの宗派に別れる。
  • それぞれの葬儀の意味は異なる。
    カトリックは「故人の罪の許しを神に乞い、永遠の命が得られるように祈る儀式」
    プロテスタントは「故人が人生を全うし、天に召されたことを神に感謝する礼拝の儀式」
  • 仏教とキリスト教では葬儀の意味は異なる。
    仏教では死は縁起の悪いもの。キリスト教では祝福するべきもの。
  • カトリックで言うところの司祭(神父)、聖歌、通夜の祈り(仏式における通夜)、葬儀ミサ(仏式における葬儀)のことを、プロテスタントでは牧師、賛美歌、前夜祭(前夜式)、葬儀式と言う。
  • カトリックの葬儀(葬儀ミサ)は、開祭の辞・司祭入場→聖歌合唱→葬儀ミサ→赦祷式→祈祷・神父の追悼説教→聖歌合唱→弔事・弔電披露→閉祭の辞→献花による告別→ご遺族代表あいさつ、の順番となっている。
  • プロテスタントの葬儀は、牧師入場→オルガン前奏・聖書朗読・黙祷→賛美歌斉唱→聖書朗読・祈祷→賛美歌斉唱→個人経歴→オルガン後奏→献花による告別→ご遺族代表あいさつ→牧師による閉式の辞→納棺式、の順番となっている。
  • 献花のマナーは細かくあるが、まずは他の参加者が置いた向きで綺麗に置くよう心がける。
    賛美歌は全員で斉唱するが、歌えなければ起立して聞くだけでも良い。
  • キリスト教の葬儀ではお悔やみの言葉は用いず「安らかな眠りをお祈りいたします」などに置き換える。
  • キリスト教式葬儀での服装は、基本的に仏式葬儀と同じ喪服。
    ただし数珠は持たない。
  • キリスト教式の香典は「弔慰金」と言う。
    表書きは、カトリック「御ミサ料」、プロテスタント「御花料」になる。
    わからない時は「御霊前」が無難。
  • キリスト教式葬儀にかかる費用は平均相場で70万〜80万円ほど。
    家族葬、直葬であれば20万円ほど。

初めてキリスト教の宗教観に触れる方は、不思議に感じたのではないでしょうか。
何か響くものがあった方もいるかもしれません。
また、世界最大の宗教であるキリスト教の葬儀が、日本においてはかなり日本的になっていると言うことがわかりました。

皆さんがキリスト教の葬儀に参列する時に、少しでも役に立つようなことがあったら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「キリスト教式・葬儀」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

    葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

    お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせたお葬式をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「キリスト教式・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「キリスト教式・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと