葬儀後に行うお寺参りとは?お寺参りのタイミングや流れ、服装を解説

日本では約8割以上の家庭で仏式の葬儀が行われています。そのため葬儀では、僧侶にお経を読んでもらったり、戒名を授けてもらうのですが、そのお礼として後日お寺参りをする風習をご存知でしょうか。今回はそんな葬儀後に行うお寺参りのタイミングや流れなどを解説します。

目次

  1. 葬儀後のお寺参りについて
  2. 葬儀後に行うお寺参りとは?
  3. 葬儀後のお寺参りのタイミング
  4. 葬儀後のお寺参りに行く人は誰?
  5. 葬儀後のお寺参りの流れ
  6. 葬儀後のお寺参りの持ち物
  7. 葬儀後のお寺参りでの服装
  8. 葬儀後のお寺参りまでの流れ
  9. 葬儀後のお寺参りのまとめ

葬儀後のお寺参りについて

葬儀

日本では、葬儀後にお寺参りを行うという風習がございます。
特に、古くからお寺との交流が深い家庭で行われている風習ですが、一体どのような流れで行われるのでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀後に行うお寺参りについて流れや、必要な持ち物、服装などを詳しく解説していきます。

  • 葬儀後に行うお寺参りとは
  • 葬儀後のお寺参りのタイミング
  • 葬儀後のお寺参りにいく人
  • 葬儀後のお寺参りの流れ
  • 葬儀後のお寺参りの持ち物
  • 葬儀後のお寺参りでの服装
  • 葬儀後のお寺参りまでの流れ

以上の項目を中心に解説していきます。
葬儀後のお寺参りについて詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀後に行うお寺参りとは?

困った人々

葬儀後に行うお寺参りというのをご存知でしょうか。
近年では行う家庭も少なくなりましたが、昔はほとんどの家庭が檀家としてお寺との交流も厚かったため、当たり前のように行われていた風習の一つでした。

この段落では記事の前提情報として、葬儀後に行うお寺参りの意味や、通常のお参りとの違いなどを解説していきます。

仏様に葬儀終了の報告をするもの

葬儀後にお寺参りを行うことの意味として、仏様に葬儀が終了したことを報告するという意味が含まれています。

そもそも仏式の葬儀というのは、故人に戒名を与えることで仏弟子(僧侶)にし、無事に極楽浄土へたどり着けるように祈る儀式になります。
また、葬儀が終わった後にも法要という儀式を定期的に行うことによって、故人の冥福を祈ります。

そのため、昔は葬儀が終わったらお寺へ参り、仏様に葬儀が無事に終了したことを報告するというのが当たり前のように行われていました。

葬儀後のお礼参りの意味

葬儀が終わった後は、葬儀を手伝ってくれた世話役や近隣の人へお礼参りをするのが風習となっています。
それと同様に、お寺にも葬儀で読経をしていただいたことに対するお礼参りとして、お寺を訪れるという意味も含まれています。

世話役の人たちには、相手の年齢に合わせて現金や品物を渡しますが、お経を読んでくれたお坊さんには、お布施という形で現金を包んで渡します。

忌中にお寺に行っても大丈夫?

日本で暮らしていれば一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、忌中の間は神社に参拝してはいけないという風習があります。

この風習の由来は、古来より日本で信仰されている神道によるものです。
神道では死そのものを穢れとして忌み嫌っており、特に神社のような神聖な場において穢れを持ち込むことはタブーとされていました。
そのため、神社で葬式を行うことはできません。

また、この穢れというのは周りに伝染するものとして考えられているため、故人本人だけでなく、その親族も穢れていると扱われます。
ですので忌中の間は親族もろとも参拝することはできません。

しかし、この考えはあくまでも神道独特の考え方であり、仏教ではむしろ故人のために祈ることが大切と教えているため(宗派にもよる)、お寺に参拝しても問題ないのです。

以下の記事では、忌中の過ごし方について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

忌中には初詣をしない方がいいの?忌中のお正月の過ごし方も解説

忌中には初詣をしてもよいのでしょうか。そもそも忌中がなんなのかわからない、忌中には初詣をしないほうが良いと聞いたことはあるけどその理由は何なのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は忌中に初詣をしないほうがいいのかについて解説します。

葬儀後のお寺参りのタイミング

葬儀

葬儀後にお寺参りをする場合の適切なタイミングはいつでしょうか。
地域やお寺によっても異なりますが、ここでは一般的なお寺参りのタイミングをご紹介します。

一般的には葬儀の翌日

葬儀後のお寺参りのタイミングは、葬儀の翌日が一般的です。
葬儀が終わった後に、直接伺う時間を伝えるか、電話などで連絡をしてから伺うとスムーズに対応ができます。

火葬中にお寺参りをする場合も

葬儀の翌日に都合がつかない際は、火葬中の待ち時間を利用してお寺参りをする場合もあります。
しかし、火葬の待ち時間は早くて40分、遅くとも2時間程度で終わりますので、お寺と火葬場までの距離や当日の交通状況をきちんと把握した上でお参りする必要があります。

また近年は繰り込み法要という、初七日法要を葬儀に繰り込んで行うのが主流となっており、葬儀の待ち時間にお寺参りができない可能性もありますので、事前に確認しておきましょう。

葬儀後のお寺参りに行く人は誰?

困った人々

葬儀後のお寺参りに行く人に特別な決まりはありませんが、マナーとしては喪主と、もう一人遺族から代表者を連れてお参りをすると良いでしょう。
どうしても他の遺族の都合が合わない場合は、喪主だけでも構いません。

葬儀後のお寺参りの流れ

葬儀

葬儀後のお寺参りのように個別の住職を訪ねる際は、事前に連絡を入れるか、直接伺う時間をお伝えしておきましょう。
以下、お寺参りの流れをまとめます。

  • 山門の前で一礼

    お寺の境内を歩く際は、道の端を歩くようにします。

  • 庫裏(くり)を訪ねる

    インターホンを押して住職を訪ねます。
    葬儀後のお寺参りに伺った旨を伝えましょう。

  • お布施・供花を渡す

    本堂に案内されますので、お参りとお布施を渡します。

  • お参り

    お参りを促されたら、本堂でお参りを済ませます。

  • 退出

    本堂を出る際に一礼をしてから退出します。
    また、山門の前で振り返り、本堂に向かって一礼してから山門を潜りましょう。

葬儀後のお寺参りの持ち物

葬儀

葬儀後のお寺参りをする際、何を持参すれば良いのでしょうか?
ここでは、一般的にお寺参りに持参するべき持ち物をご紹介します。

お布施

お布施とは、葬儀で僧侶に行ってもらった読経や、故人に授けてもらった戒名などに対する謝礼金のようなものです。
お布施は対価ではなく気持ちなので、金額自体は定められていませんが、ある程度の相場は決まっていますので下記を参考にしてください。

お布施の金額相場

お布施の金額相場は約30万〜50万円ほどです。
しかし実際は宗派や地域、戒名のランクによっても金額は異なりますので、分からない場合はその地域の葬儀社に相談してみると良いでしょう。

以下、地域別のお布施の金額相場をまとめます。

北海道 東北 関東 中部 関西 九州
平均額 30万円 60万円 50万円 40万円〜65万円 45万円 30万円

お布施の渡し方

お布施を渡す際は、必ず封筒などに包んでから渡します。
封筒の種類は、郵便番号を記入する枠が印刷されていない無地の白い封筒を使用します。

次に表書きですが、名目は「御布施」と記入します。
他にも、僧侶が遠方から足を運んでくれた場合は「御車代」、食事のお膳の代わりに金銭を渡す「御膳料」などを、別々の封筒に包んで記入します。
名前を記入する際は、〇〇(喪主の苗字)家と記入するか、喪主のフルネームを記入しましょう。

そしてお布施の渡し方ですが、直接手渡しをするのではなく、お盆の上に乗せてから渡すのが正式なマナーとされています。
お盆が用意できない場合は、お布施を包む袱紗に乗せて渡しても問題ありません。
渡す際は、お経を読んでいただいたことに対するお礼の言葉を述べながら渡すと良いでしょう。

仏壇に供える花

お寺参りに行く際は、お布施だけでなく、仏壇に供える花も持参すると良いでしょう。

仏壇に供える花のことを供花といいますが、種類としては白菊、黄菊、白百合、カーネーションなどが一般的です。
また、種類の他にも本数を奇数でまとめるという細かい風習もありますので、自分で選ばずにお花屋さんにお願いすることをオススメします。

葬儀後のお寺参りでの服装

葬儀

葬儀後のお寺参りの服装ですが、基本的には平服で問題ありません

男性は黒やダークグレー、濃紺のダークスーツを着用し、ネクタイや靴などはなるべく無地の黒を着用しましょう。

女性の場合は、黒やグレーなどの地味な色をしたワンピースやスーツを着用しましょう。
カバンなどを持参する際は、黒無地で派手な装飾が施されていないものを選びましょう。

また、一般的には葬儀の翌日にお寺参りを行いますが、日程の都合上葬儀当日に行う場合は、わざわざ平服に着替えずに喪服で参拝しても構いません。

葬儀後のお寺参りまでの流れ

葬儀

お寺参りは葬儀の翌日もしくは当日に行いますが、それまではどのような流れなのでしょうか。
以下、臨終からお寺参りまでの流れをまとめます。

  • 臨終

    医者から死亡診断書を受け取った後、葬儀社を呼んで搬送の準備をしてもらいます。

  • 搬送・安置

    搬送先は自宅か葬儀社の所有する安置所になります。
    安置期間は

  • 打ち合わせ・訃報通知

    葬儀に関する打ち合わせを行います。
    詳細が決定したら、訃報通知状を作成し送ります。

  • 納棺

    棺に故人のご遺体を納めます。

  • 通夜

    僧侶を呼んで読経をしてもらったり、参列者から焼香をあげてもらいます。

  • 葬儀・告別式

    通夜と同様、読経と焼香をあげてもらい、告別式では弔辞・弔電を読み上げます。

  • 出棺

    故人を納めた柩と共に火葬場へと向かいます。

  • 火葬

    火葬炉で故人のご遺体を処理します。

  • (繰り上げ・繰り込み)初七日法要

    本来は故人が亡くなってから7日後に行われる初七日法要ですが、近年はスケジュールの都合上、葬儀当日に行うのが主流となっています。

葬儀後のお寺参りのまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀後のお寺参りについて詳しく解説しました。
以下、今回の内容をまとめます。

  • 葬儀後に行うお寺参りには「仏様に葬儀終了の報告をする」「葬儀後のお礼参り」の意味が含まれている
  • 忌中に神社に参拝するのはタブーとされているが、お寺には参拝しても問題ない
  • 葬儀後のお寺参りするタイミングは、一般的には葬儀の翌日だが、火葬中の待ち時間を利用することも可能である
  • 葬儀後のお寺参りに行く人は、基本的には喪主と、もう一人遺族の中から代表を選び、2人でお参りすると丁寧である
  • 葬儀後のお寺参りの流れは、山門で一礼、庫裏に訪れる、本堂でお布施を渡す、お参りをする、山門で一礼、で退出である
  • 葬儀後のお寺参りの持ち物は、お布施(御車代、御膳料)と仏壇に供える花を持っていく
  • お布施の金額相場は地域や宗派によって異なるが、一般的には戒名代も含めて30万円〜50万円である
  • お布施を包む場合は白い無地の封筒を使用し、表書きには「御布施」と記入する
  • お布施を渡す際は、直接手渡しではなく、お盆や袱紗の上に乗せてから渡す
  • 葬儀後のお寺参りは、当日なら喪服でも構わないが、翌日以降なら平服を着用する
  • 葬儀後のお寺参りまでの流れは、臨終、搬送・安置、打ち合わせ・訃報通知、納棺、通夜、葬儀・告別式、出棺、火葬、初七日法要である

葬儀というのは始まる前から終わった後まで忙しく、特に喪主はお寺参りの後も弔問客対応や香典返しなど、長期にわたってやることが残ります。
そのため、葬儀のやり取りを一人の喪主に全て任せるのではなく、親族一人一人が協力して葬儀を執り行うことが大切です。

また、故人が生前のうちから葬儀の内容等を取り決めるだけでも、打ち合わせなどがスムーズに行えるため、家族のためにもなるべく早めに終活を行っておくことをオススメします。

終活ねっとでは葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用相場や内訳について詳しく紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「お寺参り・葬儀」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

    葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

    葬儀後にやらなければならない5つの手続き

    お葬式が終わっても、残されたご家族にはたくさんのやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかり行うことで、数十万円以上ものお金を手にできるという場合もあります。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

    お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせたお葬式をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お寺参り・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

葬儀後にやらなければならない5つの手続き

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「お寺参り・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと