香典の金額相場を関係別・法要別に紹介|書き方・入れ方・マナー

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

目次

  1. 香典の金額相場はいくらなのか
  2. 香典の金額相場
  3. 香典に関するマナー
  4. 葬儀にかかる金額相場
  5. 香典の金額相場はいくらなのかまとめ

香典の金額相場はいくらなのか

葬儀

日本ではお葬式に参列する時に、古くからお香典として金銭を故人のご親族に渡すという風習があります。
故人を偲ぶ思いや、ご遺族の金銭的負担を気遣って贈られる香典ですが、もともと葬儀の際にお線香やお香を故人にお供えしていたものが、時代の流れとともに金銭に置き換わったものであると言われています。

そんな香典ですが、その金額や書き方などのマナーについてお悩みの方も多いのではないでしょうか?
香典の金額は故人との間柄や自身の年齢によって変わってくるため、いくら包めばよいかという目安がなかなかわかりづらいです。
また、四十九日や三回忌など法要によって香典の額はどれだけ違うのか、職場の仲間や友人などの有志一同で連名で出す場合の金額など、香典の金額に関する疑問をお持ちの方は多いのではないかと思います。

今回終活ねっとでは、年齢や故人との関係別の香典相場から法要別、連盟の場合など、香典の金額やマナーについて

  • 年齢によって香典の金額はどれくらい違うのか
  • 故人との関係で香典の相場はどう変わるか
  • 法要別で香典の金額はどう変わるか
  • 連名などまとめて出す場合の金額はどうなるか
  • 香典袋の選び方や香典の書き方、包み方などのマナー
  • 葬儀にはいくらくらいかかるのか

以上の事柄を軸に解説していきます。

これから葬儀に参列する予定のある人、香典を送りたいけどどうすればよいのかわからない人など、香典に関する疑問をお持ちの方はぜひ最後までお読みいただき、お香典を渡す際の参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典の基礎知識(金額相場・書き方・包み方・渡し方)を全て解説!

葬儀や法事に参列する場合、香典を持参することが一般的です。しかし、香典には金額相場・書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがあり、戸惑ってしまう方も多いです。今回終活ねっとでは、社会人として知っておきたい、葬儀・法要の際に役に立つ香典の基礎知識を解説致します。

香典の金額相場

困った人々

お葬式で渡す香典は、4千円や9千円など「死」や「苦」をイメージしてしまう額は避けるべきとされていますが、それだけでなく包むべき香典の金額は本人の年齢や人との関係、法要によっても変わってきます。

香典の場合、多すぎてもご遺族に気を遣わせてしまうので、相場は抑えておきたいものです。
何かとややこしい香典の金額相場ですが、ここではそれぞれのケース別に関連記事をご紹介しつつ説明していきます。

年齢による香典の金額の違い

きちんとした決まりがあるわけではありませんが、香典の額は渡す側の年齢によって変わってきます。
一般的には20代と40代では収入が違ってくるため、それに合わせて香典の額も上下します。

  • 友人の親や同級生、職場関係など、直接血のつながりのない場合

    20代と40~60代で2千円~5千円程の差額

  • 親族のとき、兄弟や叔父叔母の場合

    20代と40代で5千円~2万円、20代と50~60代で2万円~4万円程の差額

  • 自分の両親、義父母の場合

    20代と30代で2万円~4万円、20代と40代では5万円~7万円程の差額

目安としては上に示したようになりますが、友人や職場関係など直接血のつながりがない場合はほとんど金額の差額がない場合もあります。
また、10代で学生の場合など収入がない時は香典は渡さなくても問題ありません。

故人との関係別の金額相場

先ほど述べたように、香典の金額相場は故人との関係別で大きく変わってきます。
ここでは大まかに目安となる金額を提示していきます。
香典の金額相場について詳しく知りたい方は、リンク先の記事を参考にしてください。

親族

故人が親族の場合でも自分との血縁関係の距離で香典の金額が変わります。

祖父・祖母

自分が孫で、故人が祖父母や、配偶者の祖父母である場合はおよそ1万円~5万円というのが一般的になっています。
自身と配偶者両家の関係を良好に保つという意味で、配偶者の祖父母でも相場は変わりません。

叔父・叔母

故人との関係が叔父・叔母である場合は、少し距離のある血縁関係となるため、金額は祖父母の場合より少なめで1万円~3万円程度となります。

義父・義母

先ほど述べた祖父母の場合と同様、配偶者の家との関係を良好に保つという意味で、金額の相場は自分の両親の場合と変わらず、3万円~10万円程度となります。

父親・母親

最も自分に近い関係の親族となる両親の香典の相場は3万円~10万円程度となります。
ただ、故人が親の場合、自分が喪主となることも多いです。
自分が喪主となる場合、香典は必要ありません。

兄弟・姉妹

故人が自分の兄弟姉妹の場合は両親の次に近い関係となるため、香典の金額の目安は3万円~5万円程度となります。

子供

故人が自分の子供の場合、両親と同じく一番近い血縁関係にある親族となるので香典相場はおよそ3万円~10万円程度となります。
故人が子供の場合も、自分が喪主となるケースでは、香典は必要ありません。

故人が自分の孫である場合、血縁関係の距離から考えると1万円~5万円が妥当であると言えます。

親族の香典の金額相場については以下の記事で詳しく解説しています。

こちらも読まれています

葬儀における親族の香典って?金額相場や渡す際のマナーをご紹介

誰もがご親族の葬儀に参列するタイミングを生涯の中で何度か持つことになるでしょう。大切な方をお見送りする場でもやはり香典は持参するものとして重要です。今回はご親族の葬儀に参列する際に包む香典の金額相場やマナーなどについて見ていきましょう。

会社・職場関係

会社や職場関係の知り合いが故人であった場合、香典の金額はいくらになるのでしょうか。

社長・上司・同僚・部下

社長や上司、同僚・部下など同じ会社で働いている人が故人の場合、香典の相場はおよそ3千円~1万円となります。

社長・上司・同僚・部下の親

自分の職場関係の人の親が亡くなった場合、会社によっては香典を用意せずとも会社から扶助として一定額が支給されることがありますが、そのような扶助がない場合は3千円~1万円程度が一般的です。

取引先

取引先相手の社員の場合、香典の金額相場は5千円~3万円程度というのが一般的ですが、社長など役員の場合はおよそ3万円~10万円程度の高額になる事もあります。

会社の人に送る香典についてさらに知りたい方は以下の記事もお読みください。

こちらも読まれています

会社の人に送る香典の金額相場は?上司・同僚・部下の違いをご紹介!

会社関係の人の葬儀は親族のものとは違うため、香典の相場もわかりにくいものです。故人との関係性は様々であり、規則や相談だけでは検討しにくいこともあります。今回の記事では、会社の人に送る香典の金額相場について、要点と理由を全般的に解説していきます。

その他

その他、故人が親戚や友人、友人の親だった場合についても見ていきましょう。

親戚は?

3親等の親族である、叔父・叔母については先ほど説明しましたが、いとこや、3親等より遠い親戚が故人だった場合の金額はどうなるのでしょう。
一般的には3千円~1万円程度といわれていますが、付き合いが多かったり、特に親しかった場合には3万円程度包むこともあるようです。

友人・同級生

友人や同級生の場合、関係の深さによっても変わってきますが、一般的には5千円程度とされています。

友人・同級生の親

友人や同級生の親が亡くなった場合、包む香典の額は3千円~5千円程度が一般的と言われています。

友人の葬儀で包む香典の金額についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

こちらも読まれています

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

友人の葬儀の際、香典はいくら包めば良いのか迷いませんか?友人といっても、付き合いの深さなどの差が多少はありますし、香典の金額に悩みますよね。友人の葬儀の金額相場と香典の包み方のマナーも合わせてご紹介します。

法要別の金額相場

香典は四十九日や、三回忌など葬儀後にある法事でも送られることがありますが、ここでは法要別の香典の相場を見ていきたいと思います。

通夜・葬式

通夜・葬式とは故人が亡くなった後に行われる宗教的儀式のことです。
通夜・葬式に参列者として行く場合、先ほど示したように故人との関係性でも変わってきますが3千~5万円程度となります。

初七日

初七日とは故人が亡くなってから7日目に営む法要です。
初七日の法要で包むべき香典は故人との関係で変わりますが、3千円~5万円程度と言われています。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

初七日は葬儀が終わった後に一番初めに執り行われる法要です。親族などの身内だけで集まることが多いため、香典の書き方や金額相場などの詳しい知識があまり広く知られていません。今回は初七日の香典のマナーや書き方の他、いただいた香典のお返しについても解説します。

四十九日

四十九日とは故人がお亡くなりになられてから、49日後に行われる法要です。
四十九日法要に必要な香典の額は1万円~10万円程度と言われていますが、葬儀の時と同じように近い関係の人ほど金額が大きくなります。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

一周忌

一周忌とは故人が亡くなってちょうど1年に当たる祥月命日に行われる法要のことです。
香典の金額相場は近い親族で1万円~10万円、遠い親戚・知人で3千円~1万円程度となっています。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

一周忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別・地域別にご紹介!

一周忌の香典の金額相場は、出す人の故人との関係や地域によって様々です。一周忌の全国的な相場もありますが、ご香典をどのように捉えているかによっても、金額の意味が異なってきます。今回の記事では、一周忌の香典の金額相場を中心に、その意図と意義を解説します。

三回忌

三回忌とは故人が亡くなってから2年目の命日に行われる法要です。
香典の金額相場は故人が親族の場合は5千円~5万円、親族以外の場合は5千円~1万円程度となっています。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

3回忌の香典の相場はいくら?香典袋の書き方や注意点も解説!

皆さん、回忌法要に参列する場合、香典の相場はいくらくらいなのか?香典袋はどう書けば良いのか?悩むところだと思います。故人が亡くなって2年目に行われるのが3回忌の法要ですが、今回は、この3回忌での香典の相場について、香典袋の書き方や注意点も含めて解説します。

七回忌以降

故人が亡くなって6年目の法要である七回忌以降の年忌法要の香典の金額相場は、5千円~3万円程度で、時間が経つほど金額相場は下がります。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

法事の香典金額はいくら?回忌別・関係性別の金額を紹介します!

法事には様々な種類があり、包むご香典の金額に毎回迷ってしまうものです。施主側もご香典の総額によって負担が大きく変わるので、失礼のないように準備したいところです。今回の記事では法事の香典金額について、相場・書き方・マナーを理由も含めて細かく解説します。

連名・有志一同で出す場合の金額相場

故人が親族以外の友人や同僚だった場合、連名や有志一同で香典を出す事があります。
この場合では通常一人で出す香典の額を複数人で負担するため、一人当たりの金額は1千円~3千円程度となります。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典を有志一同で包む場合の相場は?金額相場や香典袋の書き方を解説

故人の葬儀に際して有志一同で香典を準備することもあるでしょう。特に会社の部署や趣味仲間などでせめて故人を悼む気持ちを示したいという場合には、有志一同で香典を包むのはおすすめの方法です。そこで問題となるのが金額相場ですが、いくらほど包めばよいのでしょうか?

香典に関するマナー

葬儀

ここまで香典の金額相場について説明してきましたが、金額以外にも香典に関するマナーはいくつかあります。
ここでは香典袋の選び方や書き方、包み方のマナーを見ていきます。

香典袋の選び方

近頃ではスーパーやコンビニなどで香典袋が売られていますが、表書きの種類や水引の種類など、様々なものが並んでいてどれを選べばよいかわからない方も多いかと思います。
ここではそんな香典袋の選び方について解説していきます。

金額による違い

香典袋は包む金額によって水引や紙の素材などが変わります。
目安としては以下のようになります。

  • 包む香典の金額が1万円以下

    印刷された水引の香典袋

  • 包む香典の金額が1万円~3万円

    実物で黒白、または双銀の水引のついた香典袋

  • 包む金額が3万円以上

    実物の双銀の水引のついた高級和紙製の香典袋

宗教・宗派による違い

香典袋は宗教や宗派によって、表書きや水引、包みなどが変わります。

  • 仏式

    仏式の香典袋は御香典という表書きで、水引は白黒または双銀になります。

  • 浄土真宗

    浄土真宗の場合は御仏前という表書きになります。

  • 神式

    神式の場合、表書きは御玉串料(おたまぐしりょう)御榊料(おさかきりょう)となり、水引は黒白、双銀だけでなく双白のものも使われます。
    また、包みは白無地となります。

  • キリスト教

    キリスト教の場合、表書きは御花料となり、水引は使いません。
    また、十字架や白百合が書かれた包みを使うこともあります。

宗教・宗派による香典袋の違いは以上のようになります。
故人の宗教や宗派がわからない場合、表書きが御霊前、水引は黒白か双銀の香典袋を使うこともできますが、浄土真宗やプロテスタントの場合は受け入れられないので注意してください。

香典袋の選び方についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

香典袋の選び方って?宗教・金額・法事の種類ごとに分けて解説!

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

香典の書き方

香典を渡すときには自分の名前や別紙に金額を記入しますが、その書き方にもマナーがあるのをご存じですか?
ここでは香典の書き方のマナーについて見ていきます。

基本的には薄墨で書く

通夜や葬儀に香典を持参する時は、「悲しみのあまり涙で墨が薄くなってしまった」や「突然の訃報で駆け付けたので墨が濃くならなかった」という意味合いから薄墨で香典を書くのがマナーとされています。
また、四十九日以降の法事の際は、突然の訃報という意味合いが薄れるため、通常の濃い墨を使う必要があるとされています。
ただし、地域によっては四十九日以降も薄墨で書く場合があります。

詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典は薄墨で書く必要があるの?意味や理由、書くときの注意点を紹介

葬儀で必ず持参する香典ですが、当然ながら表書きなどを墨で書くのが作法です。そして葬儀の場合は薄墨を使って書く必要があります。普通の墨ではなく薄墨を使って書く理由や意味とはどのようなものなのでしょうか?今回は香典を薄墨で書く意味などについて見ていきます。

表書きの書き方

先ほど香典袋の選び方についての項目で、表書きの違いについては説明しましたが、表書きが印刷されてない香典袋を使うときは自分で表書きを記入する必要があります。

  • 仏式

    仏式の場合、表書きは薄墨で御香典と書きます。

  • 浄土真宗

    浄土真宗の場合は表書きは薄墨で御仏前と書きます。

  • 神式

    神式の場合、表書きは御玉串料もしくは御榊料と書きます。

  • キリスト教

    キリスト教の場合、表書きは御花料と書きます。
    カトリックの場合は御ミサ料としてもよいです。

表書きの宗教や宗派別の書き方は以上のようになります。
名前は表書きの下に薄墨でフルネームで書きますが、故人の方と会社関係の繋がりだった場合などは、わかりやすいように名前の右肩に会社名などを書くと良いでしょう。

香典袋の表書きや名前の書き方について詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

内袋・中袋の書き方

コンビニなどで売られている香典袋には、内側に封筒のような袋がついていることが多く、この袋を内袋・中袋といいます。
ここでは内袋・中袋の書き方について説明していきます。

内袋・中袋ありの場合

内袋がついた香典袋を使う場合、表面の中央に包んだ金額を書き、ご遺族が香典返しをする時にわかりやすいように、裏面の左下に住所と氏名を記入するのが一般的です。

内袋の書き方について詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典袋の内袋の正しい書き方とは?お札の入れ方やふくさもご紹介

知っている方の葬儀に出かける際に必ずといってよいほど持参するものの1つが香典袋です。香典袋といえば外側ばかり気になりますが、実は中に入っている内袋にも書き方など気を配る点があります。今回は香典袋のマナーの中でも内袋の書き方について見ていきましょう。

内袋・中袋なしの場合

安く販売されている香典袋には内袋がついていないものがあったり、地域によっては内袋を外して使うのを礼儀とするところがあります。
このように内袋がない場合、金額や住所・氏名は香典袋の裏面の左下に書くこともできます。

内袋・中袋がない場合の香典袋の書き方について詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

中袋なしの香典袋の書き方・お金の入れ方は?注意点やマナーもご紹介

香典袋には通常中袋がついていますが、中袋なしの香典袋を見かけることがあります。地域によっては中袋なしの香典袋が主流の所もあります。今回は中袋なしの香典袋の書き方やお金の入れ方を解説します。香典を準備するときの注意点やマナーもご紹介しますのでぜひご覧ください。

金額・数字の書き方

香典袋の内袋や別紙に記入する金額の書き方にもマナーがあります。

香典の金額は漢数字で書く

香典の金額は縦書きで書くため漢数字を使うのがマナーとされていますが、書き換えることが出来ないようにという意味合いで、正式には旧字体の漢字である大字(だいじ)を使うのが良いとされています。

漢数字の書き方

実際に香典の金額を書くときに使う大字の書き方は以下の通りです。
また、金額の最後につける円は大字においては圓となります。

算用数字 漢数字 大字
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1000
10000
横書きの場合は算用数字で書く

市販されている香典袋には内袋の金額欄が横書きで印刷されているものがありますが、この場合は通常の算用数字(アラビア数字)で記入します。

香典の金額の書き方について詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典の金額は漢字で書くべき?香典のお金に関するマナーをご紹介!

香典を用意する際にはいろいろと書くべき項目がありますが、中でも難解なのが金額の書き方です。漢字で書いてよいのか、ただの数字で書いてよいのかに悩む方も多いでしょう。実際のところ、香典に包んだ金額は漢字で書くべきなのでしょうか?

連名・有志一同で出す場合の書き方

会社の同僚や同級生、もしくは夫婦で連名で香典を出す場合の書き方についてです。

会社や同級生で連名で出す場合、3名以内の時は並べて記名できますが、それ以上の場合には代表者名+一同もしくは団体名+一同とし、別紙にそれぞれの名前を書いて内袋に入れます。
夫婦で連名で出す場合は、一般的に夫の名前のみ書くのが基本とされていますが、妻も故人との関わりが深い場合は並べて記名しても大丈夫です。

こちらも読まれています

香典袋の名前を連名でどう書く?金額の書き方についても紹介します

お通夜や告別式に参列する際には、一般的に香典を包んだ香典袋を準備します。香典袋を準備するとき、名前を連名で書いていいのか迷ってしまったという経験はありませんか?。今回は香典における連名について、香典のマナーや具体的な書き方についてご紹介いたします。

香典の包み方

香典を包むとき、お札の入れ方や袱紗の包み方などにもいくつかのマナーがあるのをご存知ですか?

袱紗

金品を送る際の気遣いとして使う袱紗(ふくさ)ですが、香典を持参する際も弔事用の袱紗に包むというしきたりがあります。
慶事の時も使う袱紗なので、色や柄に気を付けるようにしましょう。
弔事用は柄のない無地で、紺色や紫など寒色系を使うのがマナーです。

葬儀における袱紗について詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

葬儀の袱紗(ふくさ)とは?渡し方や包み方などのマナーを解説!

葬儀に参列した時、他の人が袱紗(ふくさ)に包まれた香典をサッと出しているとカッコイイと思いませんか?でも、そもそも袱紗って何なのでしょう?葬儀の時には絶対必要なものなのでしょうか?そこで、袱紗について詳しく解説しますので、ぜひ読んでくださいね。

お札の入れ方

ここでは香典袋にお札を入れるときのマナーについて解説します。

お札の枚数は偶数を避ける

偶数は割り切れる数字となるため、切れるという言葉が故人がこの世とのつながりを切ってしまうことを意味します。
そのため、香典に包むお札の枚数も偶数は避けたほうが良いとされています。
また、4枚や9枚という枚数も死や苦を連想させてしまうため避けるべきとされています。

香典に包むお札の枚数のマナーについて詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典に偶数の金額がダメなのは何故?香典袋の書き方や包み方も紹介!

葬儀にさまざまなマナーがあるように、香典の金額や香典袋の書き方・包み方にもさまざまなマナーがあります。何故、香典に偶数の金額を包むのがダメなのでしょうか?今回は香典に偶数の金額がダメな理由とともに香典袋の書き方や包み方についてもご紹介していきます。

お札の向き

香典に入れるお札の向きは、肖像がある側が裏に来るようにして、それぞれのお札の上下をそろえて入れるのがマナーとされています。
肖像が裏に来るようにする理由は、故人が亡くなった悲しみに顔を伏せるという意味合いがあり、ご遺族へのお悔やみの気持ちを表すためと言われています。

香典にお札を入れる向きについて詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典のお札を入れる向きって?中袋あり・なしの場合に分けて解説!

葬儀に必ずといって良いほど持参する香典ですが、香典にお金を包む際の向きは決まっているというのはご存知でしょうか?そして香典のお札を入れる向きは気をつけないと相手方に不快な思いをさせることもあります。今回は香典のお札を入れる向きについていろいろと見てきましょう。

新札・ピン札は避ける

丁寧に新札を用意して包みたい香典ですが、新札を包むのは避けたほうが良いとされています。
理由は、故人が亡くなるのを予想して新札を用意していたという印象をご遺族に与えないためとされていますが、新しい不幸をご遺族のもとに呼び込まないという意味合いもあると言われています。

香典に使うお札のマナーについて詳しくは下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典で新札を使用してはいけないの?新札を使う場合のマナーをご紹介

葬儀や法事で必ず持参することになるのが香典です。せっかくご遺族の方に差し上げるための香典ですので、お札も新札にした方がよいと考えるでしょう。しかし、香典に新札を使わない方がよいという声が多く聞かれます。はたして香典に新札は使わない方がよのでしょうか?

葬儀にかかる金額相場

葬儀

葬儀にかかる費用は、葬儀一式の費用と寺院関係の費用、飲食接待費の3つと言われていて、その平均は総額196万円といわれています。
家族葬や1日葬などで費用が抑えられることもありますが、ご遺族にとってはかなりの負担になります。

これらすべてを参列者からの香典のみで賄うことはできないので、葬儀費用の相場は香典の目安にはならないかもしれませんが、香典で多少なりともご遺族の負担が軽減されるのは確かです。
香典返しなどがご遺族の負担にならないためにも、香典の金額相場の目安を把握しておくと良いでしょう。

葬儀にかかる費用について詳しく知りたい方は下の記事をお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

香典の金額相場はいくらなのかまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、香典の金額相場について以下の流れで解説してきました。

  • 香典の金額は年齢によっても異なるが、故人との関係性が近いほど高くなる。
  • 法要によって香典の金額は変わってくるが七回忌以降は、遠くなるにつれて少額になる。
  • 連名で香典を出す場合、1人当たりの金額は本来1人が出す金額を人数で割った額になる。
  • 香典袋は包む金額や宗教・宗派によって、水引や表書きが変わる。
  • 香典袋は薄墨で書くが、四十九日を過ぎたら通常の墨で書く。
    また、表書きは宗教・宗派によって異なるため注意。
  • 内袋・中袋には金額と住所氏名を記入する。
    金額は旧字体の漢数字である大字を使うが、横書きの場合はアラビア数字で記入する。
  • 連名で香典を出す場合、3名までは並列して記名できるが、それ以上の場合は、~一同といった形にし、別紙にそれぞれの名前を記名して中袋に入れる。
  • 香典を包む袱紗は無地で寒色系のものを使うのがマナー。
  • 香典にお札を入れるときのは、新札と偶数枚を避け、肖像がある側が裏に来るようにして上下をそろえて入れる。
  • 葬儀にかかる費用の平均は約200万円でご遺族にとってはかなりの負担になる。

いかがでしたでしょうか。

葬儀に参列しなければならないときに備えて、香典の金額相場やマナーについて知っておくと慌てずに済むと思います。

終活ねっとでは、他にも葬儀や法事に関する様々な解説記事を載せています。
以下の記事では、香典返しに添える挨拶状・お礼状の文例や注意点について解説しています。
香典をいただいた場合、返礼品を贈る必要があり、返礼品と共に挨拶状・お礼状を添えることも多いです。
香典返しを贈る際に、挨拶状・お礼状の書き方に悩む方も多いので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

「香典・金額」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・金額」についてさらに知りたい方へ

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!のサムネイル画像

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!

お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!のサムネイル画像

お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!のサムネイル画像

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!のサムネイル画像

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典・金額」についてさらに知りたい方へ

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!のサムネイル画像

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!

お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!のサムネイル画像

お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと