死後から葬儀までの流れを徹底解説!火葬までの流れもご紹介します

あまり経験することが無いが故に、人の死後から葬儀までの流れを把握している方は少ないでしょう。しかしいざ喪主を務めるときに、それらを把握していなければ対応に困ってしまうかもしれません。そこで今回は死後から葬儀までの流れと、そこから火葬までの流れを徹底解説します。

目次

  1. 死後から葬儀までの流れについて
  2. 死後から通夜までの流れとは
  3. 通夜から葬儀までの流れ
  4. 葬儀から火葬の流れ
  5. 死後から葬儀までの流れに関するまとめ

死後から葬儀までの流れについて

葬儀

葬儀に参列することはあっても、自身が喪主を務め葬儀の進行を担った経験があるという方は少ないのではないでしょうか?
喪主を務める場合というのは、基本的に故人が身近な方だった場合ですので当然の事ではあります。

しかし、喪主の方がやらなければいけない事は葬儀の進行だけではなく、死後から葬儀に至るまでに行う手続きや準備なども担わなければならないのです。
そんな喪主をいざ任されれば、やはり不安に思ってしまう方は多いでしょう。

ですが、死後から葬儀までの流れをしっかり把握しておけば、いざという時でも不安を感じることは無いはずです。
そこで今回終活ねっとでは、死後から葬儀までの流れを中心に以下のことを解説して参ります。

  • 死後から通夜までの流れはどうなってるの?
  • 通夜から葬儀までの流れはどうなってるの?
  • 葬儀から火葬の流れは?

以上のように死後から通夜までの流れだけでなく、火葬までの流れについても解説しております。
ぜひ最後までご覧いただき、いざという時でもスムーズに葬儀を進行できるようにしっかりと流れを把握しておきましょう。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

死後から通夜までの流れとは

葬儀

人の死後から、葬儀に向けて様々な準備が始まります。
もちろん、その間にも喪主にはやるべきことが数多く存在します。
では具体的に通夜までの準備には何が行われ、どんな流れとなっているのでしょうか?

ここでは、死後から通夜までの流れについて見ていきましょう。

臨終

臨終とは、人が息を引き取る間際あるいは引き取った状態のことを言います。
医師が臨終を告げ死亡確認を行うと、死亡診断書が作成されます。
死亡診断書は後々行う様々な手続きに必要になりますので、大切に保管しましょう。

その後、臨終に立ち会った人達は末期の水という儀式を行います。
具体的には、水を湿らせた綿を故人の唇に軽く当てて潤いを与えます。
ちなみに末期の水は、死後の世界で故人が喉の渇きに苦しまないように行うものとされております。

エンゼルケア

エンゼルケアとは、死後のご遺体に施される処置のことであり主に看護師によって行われます。
まずは故人の身体をきれいにする清拭が行われます。
具体的には、アルコールを湿らせたガーゼなどで全身を拭きます。

清拭を終えると、故人の鼻や耳には綿が詰められ新しい衣服に着せ替えられて、死後の処置が完了します。
ちなみに故人が着用する衣服は、白装束だけでなく生前好んでいた服装も選ぶことができます。

遺体を安置する

ご遺体をそのまま病院に置いておくことはできませんので、エンゼルケアを終えたらすぐにご遺体の安置場所を決めなければいけません
では一般的に、安置場所にはどのような場所が挙げられるのでしょうか?

ご遺体の安置場所には、主に自宅や斎場などの安置所が挙げられます。
一般的な葬儀の場合であれば、自宅を安置場所に選ぶ方が多くなっております。
やはり、故人と少しでも長く一緒に過ごせるという点が理由の一つのようです。

ただ自宅がマンションの高層階であったり、そもそも安置できるスペースが無いという場合もあるかもしれません。
そういった場合には、斎場などの安置所を利用するのが良いでしょう。

ただし、その際には線香を絶やさないように付き添う人が必要になります。
またこれら以外にも、現代ではご遺体の安置のみを目的とした施設もあるようです。

葬儀社と葬儀の相談をする

ご遺体の安置が完了したら、まずは葬儀において重要となる喪主や世話役を務める人を決めます。
他にも必要に応じて、当日に受付係・会計係・接待係を担う人を親族や信頼できる人の中から、それぞれ決めておくのも良いでしょう。

次に喪主となった人が、葬儀を担ってもらう葬儀社を決め当日の相談を行います。
ちなみに、葬儀社を選ぶ目安として担当者の対応が丁寧かどうか、自身の意向に合ったプランを提案してくれるかという点に注目すると良いかもしれません。

また各葬儀社で見積もりを作成してもらい、費用を比較して決めるのも良いでしょう。
そして葬儀社が決定したら、実際にどのような葬儀を営むのかを相談しながら決めます。

具体的には葬儀の宗派やどれくらいの人を呼ぶのかなど、葬儀の規模を予算に応じて決定します。
その後、葬儀の日程や大まかな段取りなどを確認します。

訃報と葬儀案内を準備する

葬儀の日程が決まったら、次に喪主は訃報と葬儀案内の準備をします。
訃報とは、故人と縁があった方々に亡くなったこと知らせることを言います。
そして、基本的には訃報とともに葬儀の日程を伝え葬儀案内を済ませます。

一般的に訃報を連絡する範囲は、故人の親族・友人・務めていた会社・付き合いのあった近所の方などになります。
その連絡手段には、電話を用いるのが基本ですがメールやFAXも用いられることがあります。

また主に伝えるべきことは、故人の名前と死亡日時そして通夜・葬儀の日程、喪主の名前と連絡先となります。
ただし、家族葬など参列者を限定して営む葬儀の場合は、その旨を伝え葬儀の案内を省きます。

納棺を行う

通夜の前には納棺の儀式が行われます。
始めに、ご遺体の安置場所にて僧侶による枕経が行われます。
それが終わると、納棺師によってご遺体に湯灌が施されます。

湯灌とは、ぬるま湯程度のお湯で身体を洗い清めるという処置になります。
その後、ご遺体の頭髪や爪などの身だしなみが整えられ、死化粧が施されます。
最後に死装束に着替えさせたら、ご遺体を棺に納棺します。

また納棺の際は、ご遺体とともに故人が生前愛用していた物も入れることができます。
ただし、当然燃えにくい物はNGとなります。

通夜から葬儀までの流れ

葬儀

死後から通夜までの流れを解説致しました。
通夜に至るまでにも、様々な準備があり喪主がやるべきことは沢山ありました。
しかし葬儀は通夜からが本番であり、通夜が始まれば喪主はさらに忙しくなるのです。

続いては、そんな通夜から葬儀までの流れにを詳しく見ていきましょう。

式場の設営

ほとんどの場合、式場の設営は葬儀社にお任せする形になります。
そのため、祭壇や会場のセッティングなどにも喪主が携わることはありません。
その他、受付や返礼品などの用意も葬儀社によって行われます。

ただ、返礼品などは数に誤りがないか一応確認しておきましょう。
そして、式場の設営が完了すると喪主・世話役・その他の係の人も含め、葬儀社と式の段取りを確認する打ち合わせを行います。

供花の受け取り・配列

次に喪主は供花を受け取り、自身で祭壇の周りに配列します。
ただ供花の並べ方には、故人との関係によって決まりがあるので注意が必要です。

厳密に言うと、喪主を筆頭に故人の家族・その他の親族・友人・会社関係者という順に、上段から配列していきます。
つまり故人との関係が近い人ほど上段に配置し、遠くなるにつれて下段に配置する形になります。

供花の配列の決まりを無視してしまうと、他の親族の方には悪印象与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、供花に添えられる名札の名前に誤りが生じている場合もあります。
配列を終えたら、最後に名札と送り主の名前が一致するかしっかり確認しましょう。

受付の開始

通常、通夜の開始時刻の30分前には受付を開始します。
受付は遺族側が行うことは出来ませんので、予め喪主に受付係を頼まれた人が行います。

ただ一口に受付といっても、参列者を最初にお迎えするという重要な役割となりますので、しっかりとした対応ができる方が望ましくなります。

また、受付の基本的な流れは以下のようになります。
まず参列者が来られたら、ご足労いただいたお礼などを述べ丁寧に対応します。
その後、芳名帳に弔問客の名前・住所・連絡先を記入してもらいます。

香典・弔電・供物を頂いた場合は、お礼を述べてから頂戴しそれぞれの記録帳に記帳します。
そして、最後に弔問客の方に返礼品をお渡しします。

通夜の開始

弔問客の方は受付を終えると会場に案内されます。
その後、開始10分前には遺族と弔問客の全員が着席する形となり、定刻になると通夜が開始されます。

ちなみに、遺族や親族は祭壇から向かって右側の最前列から着席します。
そのため、祭壇から向かって左側は基本的に一般の方の席となります。

では次に通夜の具体的な流れを見てみましょう。

  • 僧侶の入場

    通夜の儀式は僧侶の入場とともに始まります。
    また多くの場合、司会の案内によって一同が合掌をして僧侶を迎えます。

  • 読経

    僧侶が定位置につくと読経が始まります。
    読経の時間は宗派によっても異なりますが、30分程度となることが多いようです。

  • 焼香

    読経の途中には、司会の案内を合図に焼香が行われます。
    焼香は喪主から開始し、その後は座席の並び順に沿って行います。

  • 僧侶の退場

    読経を終えると、僧侶は一同に法話を語りその後退場となります。

  • 喪主の挨拶

    喪主の挨拶をもって通夜の終了となります。
    ご足労いただいたお礼と、通夜振る舞い・葬儀の案内を行います。

  • 通夜振る舞い

    弔問客に食事やお酒を振舞い、故人を偲ぶ場となります。
    ただ、地域によっては通夜振る舞いを行わないところもあります。

  • 棺守り

    食事を終え一段落したら、葬儀社の方と翌日の葬儀の段取りを確認します。
    その後、遺族だけが斎場に残り夜通し線香の火を灯し続けます。
    ただし、翌日のことも考慮し無理のない範囲で行います。

葬儀の準備

通夜の際の設営を引き継ぐ箇所がほとんどなので、葬儀の準備にはさほど時間を要しません。
準備を終えると、葬儀社と葬儀の最終確認を行います。

また、葬儀では弔辞・弔電の奉読が行われます。
弔辞を行う場合は予め葬儀の前の日に、故人と特に親しかった方に頼んでおかなければいけません。
一方、弔電の披露は司会者の方が行うので、予め弔電を整理し葬儀社に渡しておきましょう。

その後、葬儀の30分前くらいになったら受付を開始します。
会葬者には通夜と同様に対応し、香典なども受け取ったらしっかりと記帳します。

葬儀の開始

こちらも通夜と同様に、開式の少し前には遺族や他の会葬者は着席します。
また、遺族や親族が座る順番も通夜の時と同じになります。
そして葬儀の具体的な流れは以下の通りです。

  • 僧侶の入場・開式の言葉

    僧侶が入場し、司会者が開式の言葉を述べることで葬儀が始まります。

  • 読経

    僧侶は開式の言葉を確認したら、すぐに読経を始めます。
    ちなみに葬儀の場合は、40~50分ほどの読経となります。

  • 弔辞・弔電の奉読

    読経の途中、司会の案内によって弔辞・弔電の奉読が行われます。
    弔辞は予め頼んでおいた故人の親友、弔電は司会の方によって奉読されます。

  • 焼香

    弔辞・弔電の奉読を終えると、焼香に移ります。
    焼香は通夜の時と同様に、喪主から順に行います。

  • 僧侶の退場・喪主の挨拶

    読経を終えると僧侶は退場します。
    その後喪主の挨拶をもって葬儀の閉式となり、一般会葬者のみ退場となります。

葬儀から火葬の流れ

葬儀

葬儀が終われば、そのまま火葬へと移行します。
ただし、葬儀後すぐに火葬が行われるわけではなく、火葬に至るまでにはいくつかの儀式が執り行われるのです。

では、それらは具体的にどんな流れとなっているのでしょうか?
続いては、葬儀から火葬までの流れについて詳しく見ていきましょう。

出棺

出棺とは、葬儀後にご遺体を火葬場までお送りすることを言います。
一般会葬者は、故人との最後のお別れの場となります。

出棺の前には遺族や近親者が故人と最後の対面をし、棺に生花を入れお別れを告げるお別れの儀が行われます。
その後、近親者の中の数人の男性が棺を霊柩車へと運びます。

この時、一般会葬者は会場の外で待機し出棺を最後まで見送ります。
そして霊柩車が発進しクラクションを鳴らしたら、一般会葬者は故人の冥福を祈りながら合掌をします。

出棺を終えたら、喪主がお礼の挨拶を述べ一般会葬者はお開きとなります。

納めの式

火葬場では、火葬を行う前に火葬炉の前にて納めの式を行います。
具体的には、火葬炉の前の台に故人の位牌と遺影を飾り、僧侶の読経とともに焼香を行う儀式となります。

ただ、僧侶が同行していない場合は焼香のみを行います。
納めの式を終えると、一同の合掌の中で棺は火葬炉へと納められます。

火葬

基本的に、火葬には1~2時間ほどの時間がかかります。
その間、参加者は全員控室での待機となります。

待機時間は長くなりますので、喪主は控室に茶菓子などを用意しておきましょう。
また、僧侶の待機場所も参加者と同じ控室になります。

僧侶が同行している場合は、入り口から一番遠い席の上座に僧侶を案内します。
もちろん、僧侶へのおもてなしも忘れてはいけません。

お骨上げ

火葬が終了したら、遺族と近親者で骨壺にご遺骨を納めるお骨上げを行います。
お骨上げは二人一組となり、喪主・遺族から順にご遺骨を拾っていきます。
また足の部分のお骨から順に拾い、最後に喉仏を拾い上げるのが基本となります。

ただし、地域によっては拾い方が異なる場合がありますので、あくまでもその場の指示に従いましょう。

ちなみに関東では全てのお骨を納めますが、関西では足から頭部にかけての一部分のみを納めるようです。

死後から葬儀までの流れに関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、死後から葬儀までの流れについて以下のことを解説して参りました。

  • 死後から通夜までは臨終から始まり、エンゼルケア・遺体の安置・葬儀社と葬儀の相談・訃報と葬儀案内の準備・納棺といった流れになっている。
  • 通夜から葬儀までは式場の設営から始まり、供花の配列・通夜の受付開始・通夜の開始・葬儀の準備・葬儀の開始といった流れになっている。
    また通夜の流れは、僧侶の入場・読経・焼香・僧侶の退場・喪主の挨拶・通夜振る舞い・棺守である。
    葬儀の流れは、僧侶の入場・開式の言葉・読経・弔辞・弔電の奉読・焼香・僧侶の退場・喪主の挨拶となっている。
  • 葬儀から火葬までは出棺から始まり、納の式・火葬・お骨上げといった流れになっている。

以上のように、死後から火葬までの流れを詳しく解説しました。
これらの流れを知っておけば、いざ喪主を任されても戸惑う心配はないでしょう。
また喪主に限らずとも、通夜や葬儀に参加する側としても一つの目安になるかと思います。

葬儀は人の死後に営まれますが、実際はいつ誰がお亡くなりになられるかなど誰にも分かりません。
いざという時のためにも死後から火葬までの流れを把握し、いつでも適切な対応ができるように準備しておくことが大切です。

終活ねっとでは他にも、葬儀の費用に関する記事なども多数掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用相場や内訳を詳しく解説しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「死後・葬儀・流れ」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説のサムネイル画像

    仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説

    仏教はインドから伝わりました。インドは輪廻転生を信じる国であり、この輪廻転生を断ち切るのが本来の仏教の目的でした。この死後観が、中国を経由して日本に伝わると、中国の道教思想を受けた日本特有の死後観が成立しました。今回は、日本特有の死後観を見ていきます。

  • 死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

    葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

    葬儀後にやらなければならない5つの手続き

    お葬式が終わっても、残されたご家族にはたくさんのやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかり行うことで、数十万円以上ものお金を手にできるという場合もあります。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「死後・葬儀・流れ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説のサムネイル画像

仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

葬儀後にやらなければならない5つの手続き

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「死後・葬儀・流れ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説のサムネイル画像

仏教では死後の世界はいったいどのようなもの?死生観を解説

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと