葬儀で飾る供花の種類を徹底解説!手配方法やお礼の仕方もご紹介します

葬儀で飾る供花の種類を徹底解説!手配方法やお礼の仕方もご紹介します

供花のお供えは故人に対するお悔やみの気持ちです。しかし、葬儀の宗派によって使用できる供花の種類が違うことはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀で飾る供花の種類を徹底解説します。手配の方法や、供花をもらった時のお礼の仕方もご紹介していきます。

最終更新日: 2020年12月02日

葬儀での供花について

葬儀

葬儀で故人に対して出される花にも様々な種類があります。

今回「終活ねっと」では、葬儀に出す花について適した花の種類や手配の方法、頂いた花へのお礼の方法などもご説明していきます。

  • 葬儀でお供えする花とは?

  • 宗教別のお葬儀に適した供花の種類について

  • 葬儀で送る供花のタイプを紹介

  • 葬儀への供花の手配方法

  • 葬儀へ供花を送る際の注意点

  • 葬儀へ送る供花の費用相場をご紹介

  • 葬儀場に供花を飾る際のポイントとは

  • いただいた供花に対するお礼の仕方

  • 葬儀での献花の作法とは

  • 葬儀での花のまとめ

以上について解説していきます。
葬儀に花を出される際の参考にして頂ければと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。

お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀でお供えする花とは?

困った人々

葬儀で出される花は、亡くなった人に対して、親族や、故人とご遺族の関係者から供えられます。
故人の冥福を祈るためにお供えされる花は、故人に対してのお悔やみの心そのものといえるでしょう。

葬儀でお供えする花の種類をご紹介します。

供花

供花(きょうか・くげ)とは主に親族と故人とご遺族の友人・知人・会社関係から供えられる花です。
供花は一基と数え、二基を一対(いっつい)と数えます。

親族は祭壇から近い場所へお供えすること多く、友人・知人・会社関係から出される供花は、祭壇から少し離れた場所に置くのが一般的です。

また、宗教宗派によって異なりますが、供花には名札を立てることが一般的です。

供花として用いられる花の種類は地方や地域によって異なります
東北では生花ではなく造花の花輪が主流であり、関西では供花ではなく樒(しきみ・しきび)をお供えすることが多くあります。

樒は強い匂いと毒のある香木で、仏式では古くから魔除けとして葬儀で扱われています。

枕花

枕花(まくらばな)は、故人の枕元にお供えをする供花です。
枕花は故人がご逝去した直後からお供えをします。

そのため、血の濃い血縁者や、故人と特別に関係が深かった人から出されます。

枕花は白を基調で彩られる供花で、濃い色合いの花はあまり使用しません。

地方では、下記の祭壇の近くに供える籠花の花を、すべて枕花と称するところもあります。

祭壇に供える花

祭壇に供える花は血縁者や親族などの故人から見て比較的近しい人が出す花です。

また、祭壇上の遺影の周りを彩る供花は主にご遺族が出します。
最近では、従来の白木で作られた輿のついた祭壇ではなく、供花だけで飾るタイプの花祭壇も増えてきており、花祭壇もご遺族からの供花の一種です。

花祭壇は、供花が好きだったという人や、華やかな祭壇がよいと考える人に人気が高い祭壇となっています。

献花

献花(けんか)は、キリスト教の葬儀で、故人に対して捧げられる花、もしくはその儀式を言います。
仏式での焼香の儀にあたり、一人一本の供花をそれぞれ手向けて故人へのお悔やみの気持ちを表します。

献花には名札は立てません。
また、花の準備はご遺族が行うため、ご遺族以外から準備されることはまずありません。

参列者は、式の中で花を受け取り、献花をします。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の一般葬プランを565,000円(税抜)よりご用意しています。

また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの登録割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

一般葬プランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



宗教別の葬儀に適した供花の種類

葬儀

葬儀で出される供花には、宗派によって使用できる供花の種類が異なります。
ここでは、宗教別で適した供花の種類について説明していきます。

仏教の場合

仏教の葬儀の祭壇は多くは白菊で飾られます
また、祭壇の周りの供花に色花を多く入れて華やかに仕上げることも多くあります。

仏教の場合に用いられる供花の種類は白菊を中心に、ユリ・カーネーション・デンファレ・オンシジウム・カトレア・胡蝶蘭などが一般的です。

注意点として、仏教のの中には花祭壇を使用しない宗派もあることがあります。

神道の場合

神道の場合に使用する供花の種類は、仏式とほとんど変わりはありません
白菊が中心で、ユリ・カーネーション・カスミソウが中心です。

神道の場合は、花祭壇は使用せず、祭壇を飾る供花は白で統一されます。

そのため、供えられる供花も色合いは白が基調です。
ただし地域によって、供花においては、白一色での準備の場合と、色供花の使用が認められているところがあります。

下記の記事では、神式葬儀について詳しく解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

キリスト教の場合

ただ、キリスト教の場合は、花を供えるという概念が存在しませんが、故人ではなくご遺族へ供花を自宅へお送りすることがあります。

キリスト教の場合は、使用する供花の種類は白っぽい洋花中心で、ユリやカーネーション、カスミソウなどとなります。
キリスト教では、白菊はあまり使われません

供花を自宅へお送りする場合、籠盛のようなフラワーアレンジメントとして自宅に贈ることが望ましいです。

葬儀場へ供花をお送りする場合は、供花を供えてはもらえますが、名札を立てることはしません。
名札の代わりに芳名版という板に一覧で張り出される形となります。

名札を付けない理由としてはキリスト教の葬儀の主役は、故人ではなく神様であり、神様に礼拝するための儀式とされているからです。

献花に使用する供花は白菊・カーネーションが多いです。
この二種類が選ばれる理由としては柄が長く、日持ちするので適してることが挙げられます。

下記の記事では、キリスト教式の葬儀について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀へ送る供花のタイプ

葬儀

お供えの供花は、地方によって風習や慣習があったりして形や意味合いが異なります。

ここでは葬儀へと送る供花のタイプについて二種類を紹介します。

籠花などのアレンジメントタイプ

供花籠などのアレンジメントタイプは、かごに供花を飾り付けてお送りするタイプの供花です。
多くの葬儀場では一段高くなった祭壇の横に置かれることが多いタイプです。

祭壇の近くということは故人の柩の近くということになりますので、亡くなった人から見て比較的関係が深かった人がよく出す供花でもあります。

花輪

花輪は、生花や造花で作られたリング状のものをさし、葬儀以外でも慶事事でも使用されます。
葬儀などの弔辞用は白と黒を基調として落ち着いた色合いで作られており、そのほとんどは造花です。

花輪は、小型のものから大型のものまで各種葬儀社が取り扱っていますが、葬儀場での場所を大幅に必要とするため、都市部では小型のものが好まれます。

また、地方では風習の差が大きく、花輪自体の取り扱いがない地域もあります。

花輪はキリスト教では使用されません
理由としては、キリスト教では、特にプロテスタントでは生花以外は認められていないからです。

花輪がない地域では、スタンド式の供花などが用意されています。
スタンド式の供花と花輪は意味合いは同じですので、花輪がない場合はこちらを供えましょう。

葬儀へ送る供花の費用相場

お金

葬儀へ送る供花の費用相場について、ここで説明していきます。
地域などによって違いがありますので、あくまで目安として参考にしてください。

祭壇の左右に飾る供花

祭壇から近い場所に飾られる供花の金額相場は一基1万円〜5万円ほどです。
供花の種類やボリュームなどによって価格が違い、一対は一基の倍の値段です。
亡くなった人に対して関係性が深い人々が出す供花なので、他の供花よりはやや豪華になっています。

祭壇から離れた場所に飾る供花

会社関係などが出す供花の場合の金額相場は、一基7千円から1万円程度です。
また、造花場合は値段が少し下がり、5千円程度が相場になります。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「DMMのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

葬儀への供花の手配方法

葬儀

ここでは、葬儀への供花の手配方法について詳しく説明していきます。

誰が供花を送るべき?

供花を送らないといけないような決まりは一切ありませんが、亡くなった人との関係が近い人が送ることが多いです。
親族のなかでも特に亡くなった人の兄弟や、子供・孫は供花を出す場合が多くあります。

また、亡くなった人の友人や会社関係、町内やご遺族の会社関係から供花を出す場合が多いです。

供花を注文するタイミング

供花を注文するタイミングは、訃報を聞いてからできるだけ早くが望ましいです。

訃報の連絡を受け取るのが遅れて、供花の注文が遅れた場合は通夜に間に合うかどうか葬儀社に確認しましょう。
間に合わない場合は、葬儀のみに飾るように手配するか、または自宅へ籠花として後日届けるかのどちらかにするのがよいでしょう。

名前の書き方

供花を出した人が誰かが分かるように名札がつきます。
名札によって亡くなった人との親交を、ご遺族や参列者が改めて知ることができます。

名札の名前の書き方を紹介いたします。

個人で供花を出す場合

親族や友人など個人で供花を出す場合は個人名で出します。
フルネームを記載するようにしましょう。

法人で供花を出す場合

亡くなった人やご遺族の関係で、会社から供花を出す場合はその法人名と肩書、代表者の氏名を正式名で記載します。

株式会社 〇〇〇 
代表取締役社長 〇〇〇〇

その他にも、代表名ではなく「社員一同」と記載したり、会社の部署で出す場合には、「〇〇部一同」「〇〇課有志一同」などと記載します。

連名の場合

夫婦や友人などで、連名で供花を出す場合は右が上位となりますので、地位が上の人から右から順に記載するようにします。

また、4名以上の名前を記載すると、非常に名札の表示が小さくなりますので、その場合は「同級生一同」などと一同としてまとめた記載の方がよいでしょう。

一対を出す場合、一基ずつに名前を分ける方法もあります

葬儀へ供花を送る際の注意点

困った人々

ここでは、葬儀へ供花を送る際の注意点を説明します。

供花を辞退されている場合は送らない

葬儀を執り行う喪主やご遺族が、供花を辞退している場合は供花をお送りしません

供花を辞退している場合は、訃報の連絡や葬儀案内の際に連絡があります。
もし、送ってもよいのか不安な場合は事前にご遺族に確認をとりましょう。

必ずご遺族や葬儀場に確認をとる

供花を送る場合、ご遺族が供花を辞退していないかはもちろん、葬儀場が供花を受け付けているかどうか確認をご遺族や葬儀場にとりましょう

そして、葬儀社へ別の供花屋から供花を持ち込む場合には、まず供花が持ち込めるかどうかの確認も必要です。

葬儀場に供花を飾る際のポイント

葬儀

では供花を贈っていただいた際に、葬儀場にどのように飾っていけばよいのでしょうか。
ここでは、葬儀場に供花を飾る際のポイントについて詳しくみていきます。

供花の並べる順番

供花の並べる順番は、おおよその決まりがあります。
祭壇と亡くなった人を中心に見て、近しい関係の人ほど祭壇の中央から遠くへと並べていきます

つまり、中央から、近親者、友人、会社関係といった順番となります。
また、菩提寺から供花を出された時は、一番中心に飾ります。

飾った供花は持ち帰れる?

飾った供花は、全てご遺族のものになります

通常、葬儀で飾った供花は故人の柩(きゅう)へと手向けられます。
柩へ手向けるには多くて残った供花は、葬儀後に葬儀社によって供花束へと纏められて、後でご遺族に渡されます。

いただいた供花に対するお礼

人々

それでは次は、供花をいただいた場合のお礼について見ていきます。
香典はもらった時はお返しをするのがマナーですが、供花の場合はどうなのでしょうか。

供花いただいた時のお返しの仕方

供花をいただいた時には、必ずお返しが必要というわけではありません

もしお礼状を出すのであれば、はがきや手紙などの書面が正式マナーですが、きちんと略式である旨を伝えれば、電話やメールでも問題ありません。

葬儀が終わって一週間以内には伝えるのがよいでしょう。
その場合のお礼状の例文は以下の通りです。

○○の葬儀の折には、立派なご供花を賜り誠にありがとうございました。

謹んでお受けいたし、霊前に飾らせていただきました。
格別のご高配と生前のご厚誼に重ねて深くお礼申し上げます。

つきましては早速拝眉の上お礼を申し上げる筈ではございますが略儀にて失礼ながらご挨拶申し上げます。

末筆ながら、幾久しいご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
このたびは母○○の葬儀に際し立派な供花を賜り誠にありがとうございました。

○○の最期を美しい供花で飾ってくださいましたご芳情に深謝し故人も心安らかに旅立って行ったことと存じます。

お陰様をもちまして葬儀も滞りなく終えさせて頂きました。
早速拝趨の上ご挨拶申し上げるべきところ略儀ながら、書中をもって謹んで御礼申し上げます。

また、香典と供花を頂いた場合は、香典返しの額に供花のお返し分の金額を乗せて返すことがあります。

下記の記事では、香典返しの金額相場について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

葬儀での献花の作法

葬儀

献花は、キリスト教の葬儀で行われる儀式の一つとなっています。
仏式でいう焼香、神式でいう玉串奉奠にあたります。

また近年では、無宗派で葬儀を執り行う際にもよく献花が行われます。

献花は白やピンク、黄色などのカーネーションやその他の似た色合いの供花で行われます。
淡い色で枝が長ければ、故人が好きだった供花などでも対応が可能です。

献花の作法は以下の通りとなっています。

  • 式中に案内が入ったら、席を立ち前へと進みます。

  • 供花を持っている係から、供花を受け取ります。

  • 供花を持ったまま、祭壇の前に進み、ご遺族と祭壇に向かってそれぞれ一礼をします。

  • 献花をする台に、茎の先を祭壇に向け、供花を自分の方へと向けるようにして静かに置きます。

  • 黙とうを捧げます。
    この際、合掌をする必要はありません。

  • 黙とうが済んだら祭壇にむけて一礼をします。

  • ご遺族に一礼をして、席へと戻ります。

献花は祭壇の前に作られた献花台に乗せることが多いですが、故人の柩へと治める場合もあります
その際は、葬儀社の係や神父から案内がありますので従うようにしましょう。

葬儀での供花のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回、「終活ねっと」では葬儀での供花に関して種類や、宗派による違い、手配の方法など解説してきました。

まとめると以下のようになります。

  • 葬儀における花は供花・枕花・祭壇にお供えする花、そして献花がある。

  • 宗教別で供花に用いられる花の種類が異なるので、注意が必要である。

  • 葬儀へ送る供花のタイプは籠花タイプと花輪タイプの2つが主な2種類である。

  • 祭壇の近くへ飾られる供花の相場は1万円〜5万円程度で、花輪の相場は7000円〜1万円程度である。

  • 供花は送らないといけないという決まりはなく、送る場合は訃報連絡を受け取った直後に送る。また、個人で送るのか、連名で送るのかで名札の記載方法が異なるので注意が必要。

  • 供花は祭壇を中心に、親族等間柄の近い人から並べられる。

  • 供花をいただいた際はお礼状をお送りすることが多い。

  • 献花にも仏式葬儀の焼香や神式葬儀の玉串奉奠のように作法があるため、事前の確認が必要。

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他にも「終活ねっと」では、葬儀に関する情報をたくさん掲載しております。
下の記事では、葬儀の費用相場について詳しく説明していますので、あわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事