葬儀後に行う挨拶回りとは?タイミングや例文、服装などを解説します

葬儀を終えたあとは、葬儀でお世話になった方たちに挨拶回りをします。しかし、葬儀後の挨拶回りとは何をしたら良いのでしょうか。今回は葬儀後に行う挨拶回りについて、挨拶回りでやること、挨拶回りの例文やマナーなども含めてご紹介します。

目次

  1. 葬儀後の挨拶回りについて
  2. 葬儀後に行う挨拶回りとは?
  3. 葬儀後の挨拶回りでやること
  4. 挨拶回りにお礼の品は必要?
  5. 葬儀後の挨拶回りを行う際の服装
  6. 葬儀後の挨拶回りのマナー
  7. 挨拶回り以外に葬儀後に行うこと
  8. 葬儀後の挨拶回りのまとめ

葬儀後の挨拶回りについて

葬儀

葬儀後の挨拶回りは何をすれば良いのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。
葬儀後の挨拶回りは、一体どんな事をするのでしょう。

そこで今回終活ねっとでは葬儀後に行う挨拶回りについて、挨拶回りの詳しい内容や、タイミングやマナーなどを紹介しながら、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 葬儀後に行う挨拶回りとは?
  • 葬儀後の挨拶回りはいつまでにやる?
  • 挨拶回りにお礼の品は必要?
  • 葬儀後の挨拶回りを行う際の服装とは?
  • 葬儀後の挨拶回りのマナーは?
  • 挨拶回り以外に葬儀後に行うことは?

以上の項目を軸に解説していきます。
葬儀後の挨拶回りついてお悩みの方はぜひ最後までご覧いただき、参考になさってください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀後に行う挨拶回りとは?

困った人々

葬儀では葬儀社や宗教関係者以外にも、世話役などたくさんの人たちのお世話になります。
葬儀を終えたあとは、それから人たちになるべく早く御礼に伺います。
これらの流れを「挨拶回り」と言います。

神社やお寺への挨拶回りは、葬儀の翌日、謝礼を支払う際に一緒に行う場合が多々あります。
世話役やご近所の方、町内会、弔辞を担当してくれた方などには、無事に葬儀を行ったことの御礼と報告を兼ねて、金品(3千円~1万円位)や菓子折などを渡します。

故人の勤務先へも菓子折などを持参し、故人の仕事場や机などの私物の整理や、事務手続きを兼ねて挨拶回りをします。
遠方で行くことが難しい場合は、挨拶状を送ることもあります。

今後も長いお付き合いを続けるため、葬儀後の挨拶回りは必ず行うことが一般的です。
葬儀に協力してもらった感謝の思いを伝えることが、何より大切です。

葬儀後の挨拶回りでやること

お墓

葬儀後の挨拶回りでは、様々な人たちに御礼の挨拶に伺います。
挨拶回りは、宗教者、世話役や手伝ってくれた人、 ご近所や故人の勤務先など、広範囲に渡ります。
葬儀後の挨拶回りは、以下のように行います。

挨拶回りはいつまでにやる?

お世話になった寺院や神社、教会などの宗教関係者には、基本的に翌日か遅くとも翌々日までに挨拶回りを行います。
喪主のみでなく、遺族の代表者と二人で出向いた方が丁重です。

葬儀を手伝ってくれた方や世話役、故人の勤務先などには、可能ならば初七日までに挨拶回りをしましょう。
挨拶回りに伺う際は、必ず一度先方に連絡を入れて予定を合わせることが大切です。
先方の予定を聞かず、突然訪ねて慌てさせることのないようにしましょう。

近年は、メールや挨拶状で挨拶回りを済ませる人も増えていますが、基本的には直接伺います。
とはいっても、喪主が未成年や高齢者で挨拶回りが難しい場合には、喪主に代わり代理人が行います。

誰に挨拶回りをする?

では誰に挨拶回りをすればよいのでしょうか。

挨拶回りは、お世話になった葬儀社や宗教者、葬儀を手伝ってくれた方、世話役や弔辞を読んでくれた方などに行います。
葬儀社に依頼した場合は、担当者に相談してみましょう。

高額な香典や、高価な供物・供花を頂いた方にも挨拶回りをします。
故人が勤めていた会社には、事前に連絡した上で挨拶に伺います。

自宅での葬儀では、車や人の出入りがあり騒がしくしてしまう場合もあります。
その場合には、無事に葬儀を終えた報告と感謝を込めて、ご近所や町内会の人にも挨拶回りを行いましょう。
その際も、遅くとも初七日までに行うのが一般的です。

地域よっては、お礼として食事の席を設けることが風習の場合もあります。
事前に、地域の血縁者や親しい方に確認しておきましょう。

挨拶回りの例文をご紹介

ここからは、挨拶回りの例文をご紹介します。

宗教者への挨拶

宗教者に挨拶する場合の文例をご紹介します。
突然の葬儀にも関わらず、おつとめを果たしてくれた感謝の気持ちを伝えましょう。

昨日(先日)は、ご多忙の中、大変ご丁寧なおつとめを賜りありがとうごさいました。
おかげさまで、無事葬儀を行うことができました。
心ばかりの品ではございますが、どうぞお納めください。
今後の法要も、どうぞよろしくお願いいたします。

手伝ってくれた人への挨拶

手伝ってくれた人に挨拶する際の例文をご紹介します。
多忙にも関わらず手伝ってくれたこと事、生前の関わり合いについて感謝の気持ちを伝えましょう。

先日はご多忙中にも関わらず、○○の葬儀をお手伝い下さいまして、誠にありがとうこさいました。おかげさまで、滞りなく葬儀を終える事ができました。
〇〇様のお心遣いに、故人もさぞかし喜んでいる事と思います。
つきましては、供養の印に心ばかりの品ではございますが、お納め頂ければ幸いです。

近所の人への挨拶

近所の人に挨拶する際の例文をご紹介します。
自宅での葬儀の場合は、隣近所を慌ただしくしてしまったことのお詫びを伝えます。
また、生前故人がお世話になったことについて感謝の気持ちを伝え、今後とも末長いお付き合いをお願いしましょう。

生前中は、故人が何かとお世話になりました。
この度の葬儀に関しても、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。
おかげさまで、無事葬儀を執り行う事ができました。
供養の印に心ばかりの品ではございますが、お納め頂けますと幸いです。
今後とも、変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。

会社への挨拶

会社に挨拶する際の例文をご紹介します。
葬儀の場合は忌引きを取って休むことが多いので、お休みをもらった御礼とお詫びを伝えましょう。

この度は○○の葬儀にあたり、皆様から沢山のご香典(弔文、供花など)を賜り、誠に有難うございました。
おかげさまで、無事葬儀を執り行うことができました。
お心遣いに深く感謝致します。
また、忙しい中でお休みをいただき、皆様にご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございません。
本日からまた精一杯努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

挨拶回りにお礼の品は必要?

困った人々

挨拶回りには、お礼の品を持参するのが一般的です。
寺院・神社・教会などには、謝礼の支払いも兼ねて挨拶回りをすることが多々あります。
その場合にも、一緒に菓子折などを持参して渡した方が良いでしょう。
謝礼は奉書紙か白い封筒に入れ、袱紗に包み、渡すときには袱紗を開いて菓子折の上に乗せます。

世話役には、葬儀と精進落としを終えた直後に「御車代」として謝礼を渡すのが一般的です。
その中でも世話役代表や特にお世話になった方には、後日改めて挨拶回りをします。
手土産は、菓子折や商品券など、2000円~1万円程度の相手の負担にならないものにします。

その他にも、高額な香典・供物を頂いた方、ご近所や故人の仕事先にも、同様にお礼の品を持参します。

葬儀後の挨拶回りを行う際の服装

人々

挨拶回りの服装は、一時代前は喪服が一般的でしたが、現在は平服でも無礼ではなくなっています。
しかし、喪服にならった地味なものが一般的です。
黒を基調とした地味な服装や、スーツなどを着用します。

服装の素材は、黒・灰色・濃紺・茶色など控え目な色合いで、無地やシンプルな模様を選びましょう。
また、光沢のある靴や、きらびやかなアクセサリーは避けましょう。

葬儀後の挨拶回りのマナー

葬儀

葬儀後に挨拶回りをする際に忘れてはならないマナーがいくつかあります。

葬儀後の挨拶回りは、宗教関係者には翌日、お世話になった方々には初七日までに済ませることがマナーです。

また、基本的には直接会って挨拶をする方が丁重です。
近年はメールや手紙で挨拶回りをする人が増えていますが、目上の人の場合はなるべく直接伺いましょう。
もちろん、喪主が未成年や高齢で直接伺うことが難しい場合は、代理人が行います。

遠方で伺えない場合は挨拶状を送ります。
直接伺う際は、事前にアポイントメントをとって相手の都合に合わせることが大切です。
また、相手の時間を奪ってしまうことになるため、丁重にお礼を伝えたあとは早めに引き上げることもマナーのひとつです。

挨拶回り以外に葬儀後に行うこと

葬儀

葬儀を終えたあとは、息つく暇もない程たくさんのするべきことがあります。
法要の準備や、市町村役場への届け出、公共料金の名義変更、形見分け、香典返しの手配など、それらは多岐に渡ります。

挨拶回り以外に葬儀後に行うことの詳細をお知りになりたい方は、以下の記事に詳しくまとめられておりますので、ぜひご一読ください。

こちらも読まれています

葬儀後にすることとは?時期ごとにするべき手続き・準備を解説

葬儀後には悲しみに暮れる暇もないほど、手続きなどすることががたくさんあります。葬儀についてや各種手続き、遺産に関してなどはじめての経験ですので戸惑うことも多いですよね。次からは、葬儀後にすることについて説明します。

葬儀後の挨拶回りのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀後の挨拶回りについて解説してきました。

  • 葬儀を終えたあとは、お世話になった方々に挨拶回りをする。
  • 葬儀後の挨拶回りは、宗教関係者には翌日か遅くとも翌々日までに挨拶回りをする。世話役や近所の方などには、可能であれば初七日までに行う。
  • 葬儀後の挨拶回りには、お礼の品を持参するのが一般的。
  • 葬儀後の挨拶回りを行う際の服装は、平服で構わないが、喪服にならった地味なものを選ぶ。
  • 葬儀後の挨拶回りは、なるべく直接会い、丁重にお礼を伝えて早めに引き上げることがマナー。
  • 挨拶回り以外に葬儀後に行うことは、法要の準備や、市町村役場への届け出、香典返しの手配など多岐に渡る。

葬儀後はたくさんの方に挨拶回りがあり大変かと思います。
以上のことを意識して、気持ちの良い挨拶回りができると良いですね。

終活ねっとでは、その他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀後・挨拶・回り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀後・挨拶・回り」についてさらに知りたい方へ

中締めの挨拶ってなにをするの?中締めの挨拶例をシーン別にご紹介のサムネイル画像

中締めの挨拶ってなにをするの?中締めの挨拶例をシーン別にご紹介

お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とはのサムネイル画像

お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とは

退職の準備が整った際の挨拶の方法とメールの例文のサムネイル画像

退職の準備が整った際の挨拶の方法とメールの例文

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!のサムネイル画像

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!

引っ越しの挨拶のマナー。挨拶状の文例もご紹介します!のサムネイル画像

引っ越しの挨拶のマナー。挨拶状の文例もご紹介します!

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

献杯の挨拶の例を紹介。乾杯とはどう違う?のサムネイル画像

献杯の挨拶の例を紹介。乾杯とはどう違う?

献杯の挨拶を頼まれて困った!知っておきたい文例をご紹介しますのサムネイル画像

献杯の挨拶を頼まれて困った!知っておきたい文例をご紹介します

葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説のサムネイル画像

葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀後・挨拶・回り」についてさらに知りたい方へ

中締めの挨拶ってなにをするの?中締めの挨拶例をシーン別にご紹介のサムネイル画像

中締めの挨拶ってなにをするの?中締めの挨拶例をシーン別にご紹介

お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とはのサムネイル画像

お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とは

退職の準備が整った際の挨拶の方法とメールの例文のサムネイル画像

退職の準備が整った際の挨拶の方法とメールの例文

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!のサムネイル画像

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと