義理の兄に包む香典の金額相場は?|法要別・関係別・マナー

義理の兄に包む香典の金額相場は?|法要別・関係別・マナー

法要に参列される場合には香典を包む必要があります。故人が義理の兄であった場合には香典はいくら包むといいのでしょうか。今回終活ねっとでは義理の兄に包む香典の金額相場やマナーをご紹介していきます。香典を用意される際の参考にしてください。

最終更新日: 2020年12月18日

義理の兄に包む香典の相場はいくら?

葬儀

葬儀や四十九日、一周忌などの法要に参列される場合には香典を持参する必要がありますが、香典は故人との関係性などにより金額相場が決まっているといわれています。
故人が義理の兄であった場合には香典はいくら包むといいのでしょうか。
今回「終活ねっと」では義理の兄に包む香典について以下の内容を解説していきます。

  • 義理の兄に包む香典の金額相場

  • 義理の兄に包む香典のマナー

  • 義理の兄の通夜・葬儀の参列マナー

  • その他の親族に包む香典

香典で包む金額については頭を悩ませることが多いポイントとなります。
今回の記事を最後までご覧いただき、ぜひ香典を包む際の参考にしてください。
また、香典や葬儀などに参列する際のマナーについても解説していきますのでそちらも参考にしてみてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

義理の兄に包む香典の金額相場

お金

義理の兄は関係性も深い為、香典を包む必要があります。
香典の金額は故人の方との関係性だけでなく、別居しているのか同居しているのかといった条件でも変わってきます。
ここでは法要ごとに包む香典の一般的な相場をご紹介していきます。
香典の金額は包む側の年齢によっても違いがありますのでそちらもチェックしてください。

法要ごとの金額相場

通夜・葬式(葬儀・告別式)

義理の兄が亡くなった場合の通夜、葬式に持参する香典はキリのよい金額にする必要があります。
また偶数にならないように1,3,5など奇数の金額で包むことが一般的です。
地域などによっては偶数で包んでも問題ないこともあります。
事前に確認をしておくと良いでしょう。

通夜や葬式の後に会食が設けられており、参加されるのであれば会食費用をプラスして包むようにしましょう。

20代 30代 40代 50代 60代
金額相場 3万円~5万円 5万円 5万円 5万円~ 5万円~

四十九日などの忌日法要

四十九日などの忌日法要の香典を包む場合も、会食に参加されるのであればその費用も追加して包んでおく必要があります。
またご夫婦で参列されるのであれば、香典の金額も相場金額の2倍程度を包む必要があります。
この場合に4や9といった数字で包むと死や苦を連想させてしまうので控えるようにしましょう。

20代 30代 40代 50代 60代
金額相場 1万円~3万円 1万円~3万円 1万円~5万円 1万円~5万円 1万円~5万円

新盆・初盆

新盆や初盆の際に関しても、他の法要の際と同じく会食に参加されるのであれば費用を追加して包んでおくようにしましょう。

20代 30代 40代 50代 60代
金額相場 1万円~3万円 1万円~3万円 1万円~5万円 1万円~5万円 1万円~5万円

一周忌

一周忌は故人が亡くなった日から、丁度1年後に行う法要となります。
一周忌では法要後にお斎と呼ばれる会食を設けることがあります。
この場合にはお斎の費用をプラスして香典に包んでおくようにしましょう。

20代 30代 40代 50代 60代
金額相場 1万円~3万円 1万円~3万円 1万円~5万円 1万円~5万円 1万円~5万円

三回忌以降の年忌法要

年忌法要とは一周忌以降に行う法要となっており、満2年目に三回忌、満6年目に7回忌といった風に行われます。
年忌法要の際にも会席を設けることがありますのでその際には費用を追加しておきましょう。

20代 30代 40代 50代 60代
金額相場 1万円~3万円 1万円~3万円 1万円~5万円 1万円~5万円 1万円~5万円

その他対象者ごとの金額相場

義理の兄が故人の場合の香典についてご紹介してきました。
その他の方が個人の場合には香典はいくら包めばいいのでしょうか。
以下にその他対象者ごとの金額相場をご紹介していきます。

義理の兄の両親・親族の場合

義理の兄の両親、親族が故人の場合には香典の金額相場はいくらになるのでしょうか。
ご紹介していきます。

義理の兄の両親

義理の兄の両親、つまり自分の義理の両親が故人の場合には自分の親に包む際の香典と同額を包む必要があります。
年齢により相場は異なりますが、約3万円~約10万円程度が相場であるといわれています。

義理の兄の祖父母

義理の兄の祖父母の場合、自分の祖父母に包む香典と同額程度を包むといいでしょう。
同居しているのか別居なのかといった条件などで金額は変わりますが、一般的には約1万円~約5万円の間で包みます。

義理の兄のその他親族

義理の兄のその他親族に包む場合には故人と普段から親密な関係であったか等により金額は少し変わります。
一般的には3千円~3万円の間で香典を包むといわれています。

知り合いの義理の兄の場合

知り合いの義理の兄が故人である場合、生前に親交があった場合等には故人を慰める意味を込めて香典をお渡ししても問題はありません

会社の同僚の義理の兄

会社の同僚の方と親しくしており、同僚の義理の兄とも親交があった場合には3千円~5千円の間で香典を包みましょう。
あまり親しくない場合等には香典をお渡しする必要はありません。

友人の義理の兄

友人の義理の兄の際も同僚の時と同じく特に親しい場合には香典を包みます。
金額が3千円~5千円が相場となっています。
他の友人の方も香典を包むのであれば金額を揃えておくようにしましょう。

義弟・義姉・義妹の場合に相場は変わる?

義弟、義姉、義妹の場合であっても香典に包む金額に違いはありません
特に親しくされていたのであれば、少し多めに香典を包むなどしてもいいでしょう。
あまり高額な香典にしてしまうとご遺族の方がお返しの際に困りますので気をつけるようしましょう。

義理の兄に包む香典のマナー

葬儀

香典を包む際にはいくつかのマナーがあります。
ここではそんな義理の兄に包む香典のマナーについてご紹介してきます。
香典を包まれる際には参考にしてください。

書き方

香典は香典袋に包むのですが、香典袋には表書きをしておく必要があります
表書きは故人の宗教に合わせて書く必要がありますので、事前に確認をしておく必要があります。
宗教を問わず利用できる表書きに御霊前があります。

御霊前は通夜、葬儀で使用できますので宗教が分からない際にはこちらを書くようにしましょう。
以下の記事では香典袋の表書きの正しい書き方について解説しております。
金額の書き方や名前の書き方についても説明しておりますので参考にしてください。

包み方

香典袋に香典を包む際には、お金をそのまま入れるのではなく中袋に入れてから包む方法が基本となります。
中袋の裏面には自分の名前、住所、金額を記載するようにしましょう。
これは遺族の方が香典をどなたから頂いたのか確認する際に必要となります。

お金の入れ方にもマナーがあり、中袋に入れる際にはお札に描かれている人物が裏面に向くように入れます。
また人物が中袋の上側にくるように入れましょう。

香典を持参する際には香典袋の状態で持ち運ぶことはマナー違反となります。
袱紗またはハンカチなどに包んで持参するようにしてください。

以下の記事では香典袋の包み方について解説しております。
袱紗についての説明もありますのでぜひ一度ご覧ください。

渡し方

香典をお渡しする際にもマナーがあります。
先程香典は袱紗に包んで持参する必要があるとご紹介しました。
しかし香典をお渡しする際には袱紗から取り出していないといけません。
必ず香典をお渡しする際には袱紗から香典を取り出してお渡ししましょう

以下の記事では香典を渡すタイミングや渡し方について詳しく説明しております。
香典の渡し方はしっかりと覚えておかなければいけないポイントですのでぜひ一度ご覧になってください。

義理の兄の通夜・葬儀の参列マナー

葬儀

義理の兄の通夜や葬儀に参列する場合には参列マナーを守る必要があります
マナーをわきまえていないと他の方を大変不快な気持ちにしてしまいますので注意が必要です。

葬儀や通夜に参列する場合の服装は、男性であれば黒のフォーマルスーツ、女性であれば黒のワンピースなどとなります。
男性の方はスーツの下には無地の白いシャツ、黒い靴下を、女性の場合はストッキングを着用するのであれば黒色のものにしましょう。

アクセサリー類は基本的に着用してはいけませんので注意が必要です。
バッグなどを持っていく場合には光を反射しない布製の黒いものを持参するようにしましょう。

以下の記事では通夜、葬儀に参列する際の細かいマナーについて詳しく解説しております。
いざという時に備える為にもぜひご覧ください。

その他の親族に包む香典

お金

今回の記事では義理の兄が故人の場合に包む香典に関して解説してきました。
その他の親族が故人の場合にも香典は包む必要があります。
この場合の香典の相場に関しては故人との関係性や年齢、別居しているのか同居しているのかといった条件で変わってきます

以下の記事では葬儀における親族の香典について詳しく解説しております。
親族の方が万が一亡くなられた際に香典をしっかりと準備できるように参考にしてみてください。

義理の兄に包む香典についてのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では義理の兄に包む香典についてご紹介してきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 義理の兄が故人の場合でも香典を包む必要がある。
    香典に包む金額は香典を包む方の年齢や法要によって違う。

  • 義弟、義姉、義妹が故人の場合でも基本的に香典に包む金額は同じである。

  • 香典を包む際にはマナーがある。
    香典袋に書く表書きや、中袋へのお金の入れ方等マナーを守って正しく香典を包む必要がある。

  • 香典を持参する際には香典袋のまま持参するのではなく、袱紗に包んでおく。
    香典を渡す際には袱紗から必ず取り出す。

  • 葬儀や通夜に参列する場合の服装は、男性であれば黒のフォーマルスーツ、女性であれば黒のワンピースなどになる。
    基本的にアクセサリー類は身に付けないようにする。

  • 義理の兄以外の親族が故人の場合でも香典は包む必要がある。
    香典の相場に関しては故人との関係性や年齢等で変わってくる。

香典を包む際には相場の金額で包んでおく必要があり、あまり多すぎても遺族の方の迷惑となってしまう恐れもあります。
義理の兄が故人の場合に香典を包む際にはぜひ今回の記事の内容を参考に金額を決めてみてください。

「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では香典袋を持参する際に使用する袱紗について詳しく解説しております。
袱紗についてあまり詳しくない方や、袱紗でどうやって香典袋を包むのかご存知でない方はぜひ一度ご覧ください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事