義母に包む香典の金額相場は?法要ごとの違いや香典のマナーを解説!

義母に包む香典の金額相場は?法要ごとの違いや香典のマナーを解説!

身内や親族の不幸の際でも香典を包みます。香典は、親族でも関係の深い相手ほど相場が高くなりますが、義母の場合はどれくらいでしょうか。今回は義母に対する香典について、法用毎の相場や香典袋に関するマナーについて説明をします。

最終更新日: 2020年12月18日

義母に包む香典について

人々

身内や親族に不幸があれば香典を包んで、お悔みの気持ちを伝えます。
親族への香典は血縁関係が近いほど、相場は高くなりますが、亡くなったのが義理の母の場合だとどれくらいの金額の香典を包めば良いでしょうか?
親とはいっても、直接の血縁関係はないだけに悩んでしまう方も多いようです。

今回「終活ねっと」では、義母に包む香典の金額相場やマナーについて下記の内容を中心に説明していきます。

  • 義母に包む香典の場合の金額相場や、法要毎の相場

  • その他の親族に包む香典について

  • 義母に包む香典のマナーについて

  • 義母についての香典のまとめ

義母の香典への相場や、マナーについて悩んだ事のある方は、ぜひ最後までお読みいただき参考にして頂ければ幸いです。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

義母に包む香典の金額相場

お金

香典とは、古くから身内や近所に不幸があった際に、葬儀を主催する側の負担を少しでも軽くするために、米などの食料を持ち寄っていた事が始まりです。
仏教の葬儀で焚かれるお香が、仏様の食料と考えられていた事にも由来しています。
そして、香典を頂いた方に不幸があれば香典をお返しするという相互扶助の精神も香典には含まれています。

昔は葬儀を行うにも、現在のような葬儀場もなく自宅で参列者をもてなしたりと、主催者側の負担や手間は今以上のものでした。
その為、親族など関係の近い方たちは準備や当日の手伝いなどをして喪家を助けていました。

現代のように香典を金銭で包むようになってからも、親族ほど多く包むのはこの頃の名残です。
では、義父母のように直接の血縁関係はなくとも、関係の深い場合はどのくらいの金額を包めばよいでしょうか。

対象者ごとの金額相場

一口に義母といっても、様々な関係の義母がいます。
それぞれの関係における義母に対して贈る香典の相場を説明します。

義母本人が亡くなった場合

香典を包む場合、義理の親と実の親によって香典の相場に違いはありません。
つまり、義母に包む香典は実の母に包む香典と同じ金額になります。
親に包む香典の相場は20代で3万~5万円、30代で5万~10万円、40代で10万円~となります。

また、ここで注意したいのが、自分たちが喪主となる場合です。
義母の葬儀であっても、自分たちが喪主(喪家)となる場合もあるでしょう。
喪主は葬儀を主催する側の立場ですから、香典を包む必要はありません。

義母の兄弟姉妹が亡くなった場合

義母の兄弟姉妹とは、つまり配偶者から見た叔父や叔母です。
香典の相場を考える時は、自分の叔父や叔母と同じと考えましょう。
叔父や叔母への香典相場は、1万~3万円程度です。

香典を包む側の経済状況や、故人と生前どれだけ親交があったかで実際の金額を決めましょう。
迷った場合は、配偶者や義母に相談ができる状況であれば、相談してみると良いでしょう。

兄弟姉妹の義母が亡くなった場合

兄弟姉妹の義母となると、結婚式以来一度も会った事がない、という場合もあるでしょう。
故人との関係性によって香典の相場は決まりますが、1万~3万円が相場です。
遠方の場合は、葬儀に参列するのが難しいケースもあります。
香典を郵送で包むかどうか迷う場合は、兄弟姉妹に相談しましょう。

会社の同僚の義母が亡くなった場合

職場の同僚や上司・部下の義母の場合、故人と直接面識のない場合も多いです。
しかし、香典には遺族を励ます目的もあるので、親を亡くして故人が落ち込んでいるのであれば元気づける意味でも香典を包む場合もあります。

職場の場合、個人で包む場合もあれば職場の一同で包む場合もあるでしょう。
個人で包む場合の相場は、3千~5千円程度です。
一同で包む場合は、周りに合わせて包むようにしましょう。

友人・知人の義母が亡くなった場合

友人・知人の義母の場合も、直接面識がなくとも仲の良い友人であれば香典を包みます。
故人との関係性にもよりますが、相場は5千~1万円程度です。
香典を包んでお悔みを伝える事も大切ですが、友人の気持ちを励ましたり、何か手伝える事はないか声をかけてあげるなど、友人を元気づけるようにしましょう。

法要ごとの金額相場

人が亡くなった後には、最初に通夜があり、その翌日には葬儀と告別式が行われます。
そして、初七日、四十九日と続き、一周忌から長い場合は五十周忌の弔い上げまで法要は続きます。
三回忌以降は親族のみで行われるケースも多いですが、義母であれば参列する事が多いです。

ここでは、各法要毎の香典相場について説明します。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

故人が亡くなって最初に行われる儀式が、お通夜と葬儀です。
お通夜は親族がご遺体のそばに夜通し付き添い、別れを偲びます。
そして、告別式は皆が集まって故人に最後の別れを告げる儀式でもあります。

その為、お通夜・葬儀における香典は大切で、相場も一番高額になります。
相場は20代で3万~5万円、30代で5万~10万円、40代で10万円~となります。

葬儀の際の香典に関する相場やマナーについては、こちらの記事で詳しく解説をしています。
ぜひ、合わせて呼んで頂き参考にして下さい。

初七日

仏教では、故人を亡くなって七日毎に閻魔様に裁きを受けると考えられいます。
最初の裁きの日に故人の冥福を祈って行われるのが初七日の法要です。

最近では、葬儀と同時に初七日の法要を行う場合も多く、その場合の相場は葬儀の半額となっています。

初七日の法要を別で行う場合は、20代で1万~3万円、30代で3万~5万円、40代で5万円~が相場です。

初七日の法要での香典に関するマナーについては、こちらの記事で詳しく説明をしています。
興味のある方は読んでみてください。

四十九日(49日)

前述のように、故人は七日毎に七回裁きを受けると仏教では考えられえています。
つまり、四十九日は最後の裁きを受ける日で、この日を境に故人は成仏し極楽浄土へと旅立ちます。
その節目となる日に、冥福を祈るために行われるのが四十九日の法要です。

四十九日に法要における香典相場は、20代で1万~3万円、30代で1万~5万円、40代で3万~5万円です。

また四十九日の法要での香典については、こちらの記事で詳しく説明しています。

一周忌

義母が亡くなって、満1年目の命日に行うのが一周忌の法要です。
一周忌の法要迄は親族だけでなく、友人や知人などを招いて幅広に行う場合が多いです。

義母の一周忌であれば、法要に参列して香典を包む場合が多いです。
一周忌での義母への香典相場は、1万~5万円程度です。

一周忌における詳しいマナーや香典相場はこちらの記事を参照してください。

三回忌

故人がなくなって、満2年目に行われる法要が三回忌です。
一周忌が終わった後は数えでの年の数え方になるので、一周忌の次が三回忌、つまり二回忌の法要というのはありません。

近年では三回忌以降の法要は行わないケースも多く、行う場合も近い親族のみで行います。
義母であれば、法要が行われる場合は参列して香典を包みます。
三回忌の法要での香典相場は、1万~3万円程度が相場となっています。

三回忌の法要における詳しい記事はこちらです。

七回忌以降

七回忌以降も、年忌法要は続きます。
義母であれば、配偶者への気持ちも考慮して、しっかりと参列し香典を包むのがマナーでしょう。
法要によって相場は変わってきますが、年数が経つにつれ包む側の年齢も上がってきますので立場に応じた香典を包む事を心がけましょう。

また、法要の際には会食が行われる事が多いです。
会食に参加する場合には、香典に会食費用として5千~1万円を上乗せするのがマナーです。
夫婦で参加する場合には、2名分の会食費用を上乗せするようにしましょう。

7回忌法要の香典についてより詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

家族葬の場合は?

近年では、家族葬を選択するご家庭も増えてきました。
家族葬とは、文字通り家族と仲の良い身内のみで行う葬儀の形態です。
職場や知人関係などは呼ばないので、主催者側も参列する側も双方に負担が少ないのが特徴です。

ただし、家族葬であっても参列する場合は、香典を包むのが原則です。
家族葬の場合、故人の意思で香典を辞退するケースもありますから、その際は故人の意思を尊重して香典は包まないのがマナーです。

その他の親族に包む香典について

葬儀

これまで義母に関する香典について説明してきましたが、他の親族の場合の香典相場はどれくらいでしょうか?
香典は、知人や友人よりも親族、親族の中でもより親等の近い、つまり血縁関係が深い間柄ほど相場は高くなります。

また今回説明している通り、義理の母と実の母が相場が同じなように、香典では血族と姻族の違いはありません。
配偶者の気持ちを考えれば、当然とも言えますし、むしろ配偶者の親族の方が気を使ってしまうという声も多いでしょう。

いずれにしても、親族に不幸があった場合は、しっかりと香典を包んで対応する事が大切です。
義母以外の親族に対する香典相場は、こちらの記事で詳しく解説をしています。
親族の不幸は遅かれ早かれ必ずいつかは来てしまうものですので、ぜひ一度読んでおいてください。

香典のマナー

葬儀

香典には、相場以外にも気をつけるべきポイントがあります。
香典袋への記入の仕方や、会場での香典の渡し方などのマナーなどが挙げられます。
義母、つまり配偶者側の親族の葬儀ともなれば、しっかりとマナーを守ってそつない対応をしたいものです。

書き方

香典袋の書き方にも様々なマナーがあります。
義母への香典であってもしっかりとマナーを守って対応する事が大切です。

表書き

香典の表書きには御霊前などと書くのが一般的なイメージですが、実は宗教や宗派によって違いがあります。
日本での葬儀の9割が仏式の葬儀と言われていますが、同じ仏教でも宗派によって表書きには違いがあるのをご存知でしょうか。
他にも、キリスト教や神式の場合など違いがあります。

仏式の場合、御霊前御香典御香料と書きます。
ただ浄土真宗の場合のみ御仏前と書くのがマナーです。

また神道では御榊料、御玉串料、神饌料と書きます。
キリスト教では宗派を問わず御花料、お花料と書くことができますが、カトリックでは御ミサ料、プロテスタントでは献花料や忌慰料でも良いとされています。


香典袋の表書きについては、こちらの記事で詳しく説明していますので、香典袋を書く前にぜひ一度目を通しておいてください。

中袋

香典袋には、上包みの他に中袋があります。
お金はいったん中袋に入れて、上包みで包みます。

ここで注意したいのが、中袋には包んだ金額と名前を記載しておくことです。
これは、遺族が香典を記録する際に集計しやすくするための心配りでもあります。
金額を書く時には、旧字体を使うのも忘れないようにしましょう。

包み方

香典袋には包み方にもマナーがあります。

1万円以上を香典として包む場合、水引がついており、かつ中袋がある香典袋を用意します。
中袋を使用する際は、上包みも中包みも基本的に接着剤で封をする必要はありません。

また地域によっては、中袋を「不幸が重なる」として使わない地域もあります。

香典袋の詳しい包み方については、こちらの記事をお読みください。

渡し方・タイミング

香典には渡し方にもマナーがあります。
袱紗(ふくさ)を使って上手く渡すのと、渡す時にお悔みの言葉をかけるのがポイントです。
お悔みの言葉は、「この度はご愁傷様です。
」のように簡潔に一言ですませましょう。

また香典を渡すタイミングにはこれといった決まりがありません。
そのため地域の風習に従うのがよいとされています。

香典の渡し方の詳しい説明はこちらの記事で説明をしています。
合わせてお読みください。

義母に包む香典についてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、義母に対する香典について下記の内容を中心に説明をしてきました。

  • 義母への香典相場は法要の種類や関係によって異なる。また、家族葬の場合も原則香典が必要である。

  • 義母以外の親族に渡す香典は、血縁が近いほど相場が高額になる。

  • 香典袋は宗教によって表書きが異なっており、渡す際には袱紗を活用したりお悔やみの言葉をかけることを欠かさないなどのマナーがある。

義母の葬儀ともなると、配偶者側の親族ですから、自分の親族の葬儀以上に気を使ってしまう場合もあるでしょう。
実の親と同じように対応する事、何よりも実の母を亡くして落ち込んでいる配偶者の気持ちに寄り添う事が大切です。

今回の記事が義母への香典について悩んでいる方の参考になれば幸いです。
「終活ねっと」では、他にも香典に関する記事を多数掲載していますので、合わせてお読みください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事