安い費用で葬儀を行うには?直葬や市民葬、扶助制度をご紹介!

安い費用で葬儀を行うには?直葬や市民葬、扶助制度をご紹介!

葬儀を行う上で多くの方が抱く心配事の一つが、葬儀にかかる費用です。実際に、一般的な葬儀は費用がかかるものですが、最近では様々な葬儀の形があり、安い費用で葬儀を行うこともできます。今回は、安い費用で行える葬儀の形式についてや、扶助制度についてご紹介します。

2019-09-29

安い費用で葬儀を行うには?

困った人々

一般的に、葬儀を行うには高い費用がかかると言われています。
しかし、そのような高額なお金を用意できない場合や、葬儀にはお金をかけたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、高い費用をかけなくても葬儀が行えることや、基準を満たしていれば利用できる国の扶助制度があるということをご存知でしたか?

今回終活ねっとでは、費用をかけずに行える葬儀の形式についてを中心に、以下の事柄について解説していきます。

  • 一般的な葬儀にかかる費用の相場

  • 直葬の費用相場と注意点

  • 扶助制度を利用する方法

  • 生活保護を受けている場合

  • 市民葬・区民葬について

葬儀代をなるべく抑えたい方や、一般の葬儀形式以外の葬儀を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

一般的な葬儀にかかる費用

葬儀

葬儀にかかる費用は高額であるというイメージはみなさんお持ちかと思いますが、実際にどれくらいの費用がかかるのかご存知ですか?

人生において、葬儀を行うことは少ないですし、できることならば経験したくはないものですが、避けては通れないものなので知っておくべきかと思います。

葬儀にかかる一般的な費用の相場は、200万円前後と言われています。

ですが、相場といっても葬儀形式や葬儀の規模、地域によって大きく費用が異なるので、あくまでだいたいの目安とすることをおすすめします。

葬儀費用の相場の詳しい内訳や、葬儀の形式による費用の違いを詳しく知りたい方は、こちらの記事で説明していますのでぜひ参考にしてみてください。

直葬

葬儀

今回ご紹介する安い費用で葬儀を行う方法は3つあります。

まず1つ目に、直葬があります。
ここでは、直葬とはどのようなものなのか、直葬にかかる費用、直葬のメリットデメリットについて説明していきます。

直葬とは?

直葬というのは、一般的な葬式で行うお通夜や告別式などの儀式を省き、火葬のみを行う葬式のことをいいます。

直葬は、故人の親族や親しい友人などのごく少人数でとり行うことが多く、参列者への対応や香典返しなどの葬儀後の対応の負担が軽減される点や、お通夜や告別式を省くことでコストを削減できる点にメリットがあります。

直葬についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

どのくらい安い費用でできるの?

次に、直葬はどのくらいの費用で行えるかについて説明していきます。

葬儀社によって差がありますが、一般的には20万円ほどで行えるようです。
なぜこれほどまでに安く行えるのか、疑問に思う方もいらっしゃると思います。

直葬がここまで費用を抑えることのできる理由の一つは、お通夜や告別式を行わないため、葬儀場を利用する料金がかからないからです。
もう一つは、参列者の数が通常の葬儀に比べると非常に少ないので、会食などのおもてなしをするための費用が不要になるためです。

また、香典を受け取らない場合が多いので、香典返しを用意する必要もありません。

10万円で直葬を行えるといったプランも存在しますが、別途で費用がかかってくることが多いようなので注意が必要です。
追加料金が発生することがないかどうか、事前に葬儀社にきちんと確認することが大切です。

注意点

これまで説明してきたように、直葬は費用を抑えられたり負担を軽減できたりとメリットは多くありますが、もちろんそれだけではなく、注意しなければいけない点もあります。

ここでは注意点の一部を説明していきます。

安置費用がかかる

直葬を行うからといって死後そのままご遺体を火葬できるわけではありません。
法律により、人が亡くなってから24時間以内に火葬することは禁止されているのです。
また、最近では火葬場が足りないといった問題もあり、すぐに火葬ができるとは限りません。

以上の理由から、直葬にかかる費用の他に、安置費用を考慮しなければなりません

安置にかかる費用は、ご遺体を安置場所まで運ぶ搬送料、自宅以外で安置する場合は安置施設利用料、ドライアイスなどの遺体保存にかかる費用などがあります。

一般的に、ご遺体の搬送料はだいたい2万円〜3万円ほど、ご遺体を1日保存するために必要なドライアイスは1万円ほどかかると言われています。

周囲と相談する必要がある

また、直葬は従来の葬儀の形とは異なるものですので、事前に親族と話し合っておく必要があります

お通夜や告別式などの一般的な儀式をとり行わずに火葬場でお別れをするということは、故人とのお別れの時間が非常に短く、あっけなくいと感じる人も多いようで、周囲の反感をかってしまうこともあります

また、直葬は近親者以外の参列をお断りする場合がほとんどなので、近親者以外にどう知らせるか、お別れをしたいと言ってくれた方にどのような対応をとるかを決める必要があります。

葬儀が終わってからトラブルが起きるのを防ぐために、直葬を行いたいという旨を周囲に知らせ相談することをおすすめします。

扶助制度

人々

安い費用で葬儀を行う方法の2つ目に、扶助制度を利用する方法をご紹介します。

亡くなった方が国民健康保険に加入していた、または後期高齢者医療制度に加入していた場合、その方の葬儀を執り行った方に対して葬祭費が支給されます。
申請期限は死亡した日から2年です。

金額は地域によって異なりますが、1万円〜5万円程が支給される場合が多いようです。
申請方法は、お住まいの市・区役所の保険年金課でお問い合わせください。

また、亡くなった方が健康保険に加入していた場合は5万円までの埋葬料を受け取ることができます。
こちらは、全国健康保険協会に申請します。

扶助制度を忘れずに利用し、葬儀でかかる経済的な負担を減らすようにすることも大切です。
しっかり確認しておきましょう。

生活保護を受給している場合

困った人々

扶助制度に関連して、生活保護を受給している方の扶助制度がありますのでそれについてご説明していきます。

生活保護を受給している方ですと、葬儀費用を用意することが難しい場合もあると思います。
その場合、葬祭扶助制度というものを利用することができます。
葬祭扶助制度とは、生活保護法に基づいて、国が金額を負担してくれるという制度です。

葬祭扶助制度の申請をするには、葬儀を行う施主が生活保護受給者であった場合と、故人が生活保護受給者であった場合のどちらかの条件を満たしている必要があります。
故人が生活保護受給者であった場合、故人が残した遺品で葬儀の費用をまかなえない場合に支給されます。

支給される額は地域によって異なりますが、基本的に火葬が行える程度の必要最低額が支給されます。

また、葬儀を行う前に申請しなければ、葬祭扶助制度を利用することはできませんので、葬祭扶助制度を利用したいと考えている方には、事前に詳しく調べておくことをおすすめします。

生活保護を受給している場合の扶助制度に関しましては、以下の記事に詳しく掲載されておりますので、ぜひご参考にしてください。

市民葬・区民葬

葬儀

安い費用で葬儀を行う方法の3つ目に市民葬・区民葬があります。

市民葬・区民葬とは、各市町村が葬儀社と連携して市民・区民に向けて提供している葬儀プランのことです。
市民葬・区民葬の費用やプランに含まれている内容は各自治体によって異なります。

一般的な葬儀を行うよりも安い費用でできるというイメージがありますが、実際にはどれくらい安くできるのか、どんなメリットデメリットがあるのかについて説明していきます。

メリット

まずメリットですが、安い費用で葬儀を行うことができます。
各自治体ごとにばらつきは見られますが、50万円程度で行うことができます。

また、市民葬・区民葬を任される葬儀社は、各自治体の基準をクリアした葬儀社なので、どの葬儀社が良いのかわからないといった場合でも安心して任せることができるといったメリットもあります。

デメリット

次にデメリットをご説明します。

安い料金体制のプランが多く存在しますが、追加料金が発生するケースも多いようです。
はじめは安いと思っていても、いろいろなものを追加していき結果的にはそこまで安くはならない場合があります。

事前に、そのプランの中に何が含まれているのか、追加で必要なものは何なのか、どれくらいの追加料金が発生するのかなど、詳細を確認してから決めることをおすすめします。

また、通常の葬儀よりも安い費用で行う葬儀ですので、必要最低限のサービスであったり、葬儀で使われる道具も一般的なものに比べて質素になってしまうことが多いようです。

どのようなお葬式で故人とのお別れをしたいかを考えて選ぶ方が良いと言えます。

安い葬儀費用についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、安い費用で葬儀を行う方法についてご紹介しました。

今回の記事のポイントを以下のようにまとめました。

  • 一般的な葬儀費用の相場は200万円前後である。

  • 火葬のみを行う直葬は20万円ほどという安い費用で行えるが、安置費用はかかる。

  • 直葬は周囲の理解を得てから行う方が良い。

  • 国民健康保険に加入していた場合は葬祭費が支給され、健康保険に加入していた場合は埋葬費が支給される。

  • 生活保護受給者の場合は葬祭扶助制度を利用でき、葬祭扶助制度で支給される額は火葬が行える程度の必要最低額である。

  • 市民葬・区民葬は50万円ほどで行えるが、追加で費用がかかる場合も多い。

葬儀はお金をかければかけるほど良く、安い費用で行う葬儀が悪い、というものではありません。
大切なのは故人を思う気持ちです。
どのような葬儀を行いたいかによって、葬儀の形式を選んだり、国の制度を利用したりすることをおすすめします。

終活ねっとでは、以下の記事で葬儀の費用を詳しく紹介しているので、まだ読まれてない方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・費用・安い」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像
    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像
    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料