浄土真宗の香典書き方|表書き・御仏前・御霊前・金額相場

浄土真宗の香典書き方|表書き・御仏前・御霊前・金額相場

葬儀や法事に参列する場合は香典が必要ですが、香典は宗教や宗派によって作法が決まっている場合が多いです。もし浄土真宗の葬儀や法事に参列する場合はどのように香典を包めばよいのでしょうか?今回は浄土真宗での香典の包み方についてご紹介します。

最終更新日: 2020年12月18日

浄土真宗の香典の書き方は他の宗派と違う?

葬儀

葬儀や法事に参列する際には必ず香典を持参しますが、香典にまつわるマナーは宗教や宗派によって決まっている場合が多いです。

浄土真宗で守るべき香典の作法は、ほかの仏教宗派に比べると独特です。
だからこそ普通の仏教の作法で香典を包み、浄土真宗の葬儀や法事に出かけると、場合によりはずかしい思いをしたりトラブルのもとになったりする可能性もあります。

仏式の葬儀や法事も多く行われていますが、もし浄土真宗の形式で行う場合はマナーを事前にきちんと知っておくことが大切でしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、浄土真宗の香典を持参する際の作法について見ていきましょう。

  • 浄土真宗の香典の包み方とは?

  • 浄土真宗の葬儀にはどのような特徴があるのか?

  • 浄土真宗のお布施で心掛けるべき作法とは?

浄土真宗の葬儀や法事に参列する予定がある方や、浄土真宗の作法に興味がある方にとって役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

浄土真宗の香典はどう包む?

葬儀

浄土真宗で香典を包む場合は、どのような書き方をすればよいのでしょうか?
ここでは浄土真宗の香典にまつわる作法について、いろいろと見ていきましょう。

書き方

浄土真宗の香典の作法で特に気を付けるべき点が、香典の書き方です。
特に表書きの書き方は最も重要ですので、この点はしっかりと理解するようにしましょう。

表書きは「御供」や「御仏前」

どの宗教・宗派の葬儀や法事で香典を持参するにせよ、表書きは香典袋の題目といえるため最も重要です。
そして浄土真宗の場合は特に表書きに注意しましょう。

浄土真宗の場合、表書きは「御仏前」や「御供」を使うのが一般的であり「御霊前」は使われません。
浄土真宗では他の宗派と異なり、亡くなった方はすぐに仏様のお力によって極楽浄土で成仏すると考えられるためです。

言い換えれば、他宗派で考えるような四十九日まで霊の状態という考え方がありません。
だからこそ「御霊前」を使うのではなく、すでに仏様となった故人や成仏させてくださった阿弥陀如来に対してお供えする意味で「御供」や「御仏前」が使われます。

内袋・中袋

香典袋の中には実際に香典のお金を入れるための内袋(中袋)が付いている場合が多いです。
内袋には香典の金額や住所・氏名を書きます。

金額は内袋の表面に「金○○圓」という形で記すのが一般的です。
数字は縦書きの場合で旧字体の漢数字である大字を、横書きの場合で算用数字を使って書きます。

住所は番地やマンションの号室などは漢数字で書くのが作法です。
可能であれば電話番号や郵便番号も一緒に記すと、ご遺族が香典返しをする際に負担が減ります。

氏名については実際に香典を包んだ方の名前を書きましょう。
連名で書く場合は3名までであればそれぞれ住所と氏名を書き、4名以上の場合は会社名や部署名を記したうえで、中に詳しい名前と金額の内訳を記した別紙を入れます。

法事ごとの香典の金額相場

浄土真宗でも葬儀のほか法事で持参する香典の相場は、他の宗派や宗教とそれほど変わりません。

基本的に葬儀や一周忌までの法要であれば、故人との関係性をもとにした相場の金額を包みます。

葬儀

葬儀の場合、香典の金額は故人との関係性に基づいて相場がおおよそ決まってきます。
ポイントは血縁関係があるかないかという点で、血縁関係がある場合はない場合よりも多めの相場です。
また血縁上近い存在の方が故人の場合ほど、金額も多めになります。

具体的には故人が親の場合で3万円から10万円、兄弟姉妹の場合で3万円から5万円、叔父・叔母の場合で1万円から3万円です。

また血縁関係にない方が故人の場合は5千円から1万円包むとよいでしょう。

初七日や四十九日(49日)などの忌日法要

浄土真宗の場合、葬儀後に行われる忌日法要は故人が成仏したことに対して仏様に感謝しつつ、仏様をあらためて信じるための節目とする場です。
さて忌日法要の香典の相場ですが、他宗派の場合とあまり変わらず葬儀と同じくらいの相場で包みます。

このため血縁的に故人と近い場合ほど多く包むのが一般的な傾向です。

新盆・初盆

故人の四十九日後最初に迎えるお盆を新盆(初盆)といい、その際に行われる法要が新盆(初盆)法要です。
浄土真宗では他の宗派と異なり故人の霊がお盆に帰ってくるとは考えませんが、仏様への感謝の意味で法要が行われます。

新盆法要の場合は、1人あたり1万円から3万円が一般的な香典の相場です。

一周忌

故人が亡くなって1年の節目で行われる一周忌法要の場合は、四十九日法要などと同じように葬儀並みの相場で香典を包むとよいでしょう。

このため、故人と血縁関係にある場合は多めに包みます。

三回忌以降の年忌法要

三回忌以降の参列者は、基本的に故人のご遺族やご親族に限られることが多いです。
このように法事の規模自体が小さくなるため、香典もそれほど多く包む必要はありません

1人当たり5千円から2万円、夫婦で包む場合で2万円から5万円ほどが一般的です。

包み方

香典を包む際には包み方の作法を守ることも重要です。
袱紗と呼ばれる包みの中に香典袋を包んだ形で持参するのが一般的なやり方とされています。

具体的にはまず袱紗をひし形になるように広げ、その中央より右寄りに香典袋を置きましょう。
そして右・下・上・左の順に折りたためば出来上がりです。

香典袋の包み方については以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご参照にしてください。

渡し方・タイミング

香典をお渡しするタイミングは、基本的に会場に着いて受付を済ませるときです。
記帳を済ませた後で袱紗から香典袋を取り出し、受付係から見やすい向きに向けましょう。
そしてお悔やみの言葉を添えながら両手でお渡しします。

香典をお渡しするタイミングや渡し方については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、あわせてご活用ください。

浄土真宗の葬儀の特徴

葬儀

浄土真宗で行われる葬儀はどのような特徴があるのでしょうか?
ここではその特徴を簡単に見ておきましょう。

浄土真宗の場合は、故人がすでに成仏しているという考え方のため、仏様に感謝するためのひと時です。
このため故人のご遺体に死装束を着せたり、帰宅後に清めの塩をまいたりすることがないなどさまざまな点で他宗派の葬儀と異なります。

焼香の際は本願寺派と大谷派とで若干やり方が違いますが、お香を押し戴かないのが大きな特徴です。
より詳しいことは以下の記事でいろいろと触れられていますので、ぜひともご活用ください。

浄土真宗のお布施

お墓

浄土真宗でもお布施を包みますが、戒名料が他の宗派に比べて安い傾向にある分、相場として非常に安いです。
おおよそ20万円から30万円ほどが一般的な相場と考えてよいでしょう。

ただし表書きには「回向料」や「読経料」といった労働報酬を意味するものは避ける必要があります。
浄土真宗のお布施については以下の記事でより詳しく触れていますので、ご活用いただければ幸いです。

浄土真宗の香典について

葬儀

今回「終活ねっと」では、浄土真宗の葬儀や法事に持参する香典の準備についていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 浄土真宗は亡くなった後すぐに成仏する考え方のため、香典の表書きは「御供」と「御仏前」を使い、「御霊前」は使わない。
    内袋(中袋)には香典の金額や住所、氏名を記す。
    特に金額は「金○○圓」と書き、縦書きの場合は数字を旧字体の漢数字で記す。

    香典の金額相場は葬儀や忌日法要、一周忌法要の場合は故人との関係性に基づいた金額を包む。
    それ以外の場合は1人につき1万円から3万円ほど包む。
    包み方は広げた袱紗の右寄り中央に香典袋を置き、順番通りたたむ。

    香典は会場の受付でお渡しし、袱紗から取り出し受付側から見やすい向きでお悔やみの言葉を添えてお渡しする。

  • 浄土真宗では故人は亡くなってすぐ成仏すると考えるため、ご遺体に死装束をつけないなど独特の特徴がある。
    焼香の際もお香を押し戴かないという特徴がある。

  • 浄土真宗のお布施は20万円から30万円と、他宗派に比べ安い相場である。
    ただし「回向料」といった労働対価を意味するような表書きは使わないようにする。

浄土真宗の香典で最も気を付けるべき点として、表書きに「御霊前」ではなく、「御供」や「御仏前」と記すというものが挙げられます。
この点は特に注意するようにしましょう。

香典にまつわるマナーといえば、表書きの真下に書く名前に関するものもあります。
以下の記事では香典袋の名前を連名で場合の書く作法について説明していますので、会社関係などで連名を書く必要がある方はご参照いただけると幸いです。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事