葬儀場の料金はどれくらい?料金の内訳や価格を安くする方法も紹介!

葬儀場の料金はどれくらい?料金の内訳や価格を安くする方法も紹介!

葬儀を行う際に重要なポイントとなる葬儀場の料金。 葬儀の際に葬儀場の料金相場等について知識が無いと高額な料金になってしまうということもあります。 今回終活ねっとでは葬儀場の料金の相場や内訳、価格を安くする方法をご紹介していきます。

最終更新日: 2019年03月29日

葬儀場の料金について

お金

葬儀を自分で手配しなければいけない状況は人生の中で頻繁にあることではありません。
その為、いざという時に備えて葬儀についての知識をつけておく必要があります。

葬儀を手配する際に多くの方が悩むポイントに葬儀場の料金があります。
葬儀場の料金は、葬儀を行う際に必要な費用の多くを占めています。
葬儀場の料金について知識が無い状態ですと、葬儀社からの提案通り葬儀を行い最終的に高額な支払いをしなければならなくなったという事もよくあります。

実際に葬儀を手配する事になった際に、葬儀場の料金について慌てないで済むように今回「終活ねっと」では以下の内容についてご紹介していきます。

  • 葬儀場の料金ってどれくらい?

  • 葬儀場の料金の内訳

  • 葬儀場の料金を安くする方法

葬儀場の料金について詳しく解説していきますので、是非最後までお読みになり参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀場の料金ってどれくらい?

お金

葬儀を行う際の費用、葬儀費用には葬儀場の料金である葬儀本体費用や飲食接待費用、お寺院費用などの料金が含まれています。
葬儀費用の中でも葬儀場の料金である葬儀本体費用は多額の費用が必要となります。

ここでは葬儀場の費用の平均相場や、葬儀の種類ごとの料金の違いについてご紹介していきます。

葬儀場の平均費用は100万円前後

多額の費用が必要となる葬儀場の料金ですが、相場金額はいくらになるのでしょうか。
葬儀場の費用は地域や葬儀の種類等により金額に違いが出てきます。

葬儀場の全国平均費用は100万円前後といわれています。
この費用には飲食接待費や香典などの返品費は含まれていません。

葬儀を行う際には葬儀場の費用だけでも約100万円は必要となり、それ以外の費用も合わせると葬儀全体では約200万前後の費用が必要になるといわれています。

これは一般的な葬儀を行う際の料金相場となり、葬儀の種類によっては葬儀費用を抑える事も可能です。

葬儀の種類によって料金は変わる

先程もご紹介しましたが、葬儀場の費用は葬儀の種類によって料金が変わります。
例えば一般葬を行う場合と直葬を行う場合とでは約100万程度の料金の違いが生まれる事もあります。
葬儀の種類ごとの料金相場についてご紹介していきますので参考にしてください。

一般葬の場合

一般的な葬儀の形式で、多くの方のイメージされる葬儀になります。
一般葬では盛大な葬儀を行い、多数の方をお呼びしますのでいくつかある葬儀の種類の中でも費用が最もかかる葬儀といわれています。

一般葬の場合の葬儀場の平均費用は約80万円~約100万円程度必要といわれています。
一般葬の費用に関しては葬儀に参列される人数により会場の大きさ等が変わります。
その為、参列される方が多くなれば葬儀場の費用も高くなります。

一般葬の費用については、以下の記事でも詳しく解説しておりますので、あわせてご覧ください。

家族葬の場合

親族や親しい方、友人のみで行う家族葬。
葬儀内容は一般葬とほぼ同じですが、葬儀の参列者が少なくなるので費用を抑えることができます。

家族葬の一般的な費用相場は約60万円~約100万円程度といわれており、一般葬より少し安く葬儀を行えます。
家族葬は参列される方の人数が少ないので、葬儀場の費用以外にも飲食接待費用などを抑える事もできるので最近では家族葬を選択されるご家庭も多くなっています。

一日葬の場合

一日葬とは一日で式を終わらせる葬儀になります。
通常であれば通夜、葬儀、告別式を二日間で行うのですが、一日葬では告別式のみを行います。
通夜などを行わないので葬儀場の費用を安く抑えることができます。

一日葬の費用相場は約40万円~約70万円程度といわれています。
一日葬では通夜を行わないので飲食接待費が、家族葬同様に親族や親しい方のみ参列される事が多いのでその他費用も抑えることも可能となります。

直葬の場合

直葬とは通夜、告別式などを行わずに火葬のみを行う葬儀になります。
通夜や告別式を行わないので葬儀費用は火葬に関係するものだけになる為、葬儀費用を安く抑えることが可能です。

直葬の場合の費用相場は約10万円~20万円程度といわれています。
直葬ですと参列者は基本的に親族、親しい方の少人数となるので葬儀場以外に必要な費用を抑える事も可能です。

葬儀場の料金の内訳

お金

葬儀場の料金相場についてご紹介してきました。
では葬儀場の料金の内訳はどの様になっているのでしょうか。
ここでは葬儀場の料金の内訳について解説していきます。

葬儀一式費用

葬儀社に見積もりを依頼した際に提示される金額は基本的に葬儀一式費用になります。
葬儀一式費用とは葬儀を行う際に必要となる物品や会場、葬儀社のスタッフに必要となる費用です。
葬儀一式費用はご遺体を病院等にお迎えに行くところから火葬を行うまでが含まれています。

葬儀一式費用は葬儀社により内容が異なり、見積もりを取ってみるとAの葬儀社では費用に含まれているものがBの葬儀社では含まれていないということもあります。
見積もり内容を良く確認しておかなければ同じ内容でも金額が全く違うということもあります。

接待費用や寺院費用もかかる

葬儀を行う際には葬儀一式費用のほかに飲食接待費用、お寺院費用も必要になります。
これらの費用は葬儀社で見積もりを取った際に費用に含まれていない事が殆どです。
その為これらの費用に関しては自分で費用を計算しておく必要があります。

飲食接待費用とは通夜料理等の葬儀の際にお出しする飲食費用と返礼品関連の費用となります。
葬儀に参列される方の人数により飲食接待費用は変動します。

お寺院費用はお寺に渡すお布施等の費用となります。
お寺院費用には読経料、戒名料、お車代、お膳代が含まれています。
お寺院費用に関してはお寺や宗派により金額に差が出てきます。
特に戒名料は宗派等により金額が全く違い、相場の幅もとても広い特徴があります。

葬儀場の料金を安くする方法

お金

葬儀場の料金についてここまでご紹介してきました。
葬儀場だけでも平均で約100万円程度、その他費用も合わせると葬儀を行う際には約200万円程度の費用が必要になります。

少しでも葬儀場の料金を抑えるにはどのような方法があるのでしょうか。
ここでは葬儀場の料金を安くする方法についてご紹介していきます。

葬儀の保険サービスを利用する

最近では葬儀を行う際の金銭的負担を軽減する目的の少額短期保険というものがあります。
少額短期保険は保険期間が短く1年~2年間、毎月の保険料が少額である、保険金の申請から支払いまでの期間が短いという特徴があります。

葬儀を行う際には十分な保険金を支払ってもらえる為、生前に少額短期保険に加入される方は多くなってきています。
注意点としては加入される際の年齢が高齢であれば保険料は高くなってしまいます。
結果、保険料と保険金が釣り合わず少額短期保険に入らないほうがよかったということになる事もあります。

葬祭費の補助・扶助制度を利用する

葬祭費に関して行政機関から補助を受けることができます。
行政機関から葬祭費の補助は故人が国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入していた場合に受けることが可能です。
葬祭費給付金制度では申請することで1万円~7万円を受給することができます
金額は自治体により異なりますので確認を行いましょう。

故人が国民健康保険以外に加入していた場合には埋葬料給付金または埋葬費給付金を受け取ることができます。
この二つの給付金は受給される人の違いがあります。
埋葬料給付金は被扶養者または被保険者、埋葬費給付金は埋葬料給付金を受け取る人がいない場合実際に埋葬をする人が受け取ることができます。

寺院手配サービスを利用する

寺院手配サービスとは葬儀の際等にお坊さんを手配してもらうサービスになります。
お坊さんに来ていただいた際に必要なお布施の金額が決まっており、お寺院費用を抑えることができるようになります。
寺院手配サービス会社によっては追加料金が一切必要ないということもあります。

寺院手配サービスはお布施の料金が分かりやすい、安いといったメリットがありますが菩提寺がある場合には利用できないということがあります。
また寺院手配サービスを利用したことで菩提寺に納骨ができなくなるといったトラブルが起きることもあるので注意しましょう。

葬儀場の料金のまとめ

お金

今回は葬儀場の料金についてご紹介してきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 葬儀場の平均費用は約100万円前後となっている。
    飲食接待費用やお寺院費用などを合わせると約200万円程度の費用が必要となる。

  • 葬儀の種類により葬儀場の費用は異なり、最も費用がかかるといわれる一般葬と安く行える直葬では約100万円程度費用の差が出ることもある。

  • 葬儀一式費用には葬儀を行う際に必要な物品、会場、葬儀スタッフの費用が含まれている。
    葬儀の際には葬儀一式費用以外に飲食接待費用、お寺院費用が必要となる。
    葬儀一式費用以外の費用は葬儀社の見積もりには含まれていない事が殆どである。

  • 葬儀場の料金を安くする為には、葬儀保険を利用する、行政機関の給付を受ける、寺院手配サービスを利用するという方法がある。
    葬儀保険、寺院手配サービスを利用する場合には注意しなければいけない点も多くある。

葬儀場の料金はとても高額になるので突然準備をしなければいけなくなると慌ててしまいます。
事前に葬儀場の料金について相場や料金を少しでも安くできる方法を知っておくことで、自分が葬儀を手配する立場になった際に頭を悩ませる事が少なくなります。

いざという時には是非今回の記事を参考にしてみてください。

「終活ねっと」では葬儀に必要な費用について以下の記事にて詳しく解説しております。
是非あわせてお読みください。

以下のリンクに誘導する文章を書いてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事