日本の葬儀費用が高い理由って?費用を安く抑えるポイントも紹介!

日本の葬儀費用が高い理由って?費用を安く抑えるポイントも紹介!

日本は葬儀代が高いという話をよく聞きませんか?平均200万円とかそんな大金払えない!と思っている人も少なくないでしょう。ここではどうして葬儀費用はこんなに高いのか、どうやったら安く抑えられるかのポイントを解説していきます。

最終更新日: 2020年06月27日

高い葬儀費用について

葬儀

「日本は世界一葬儀費用が高い」という話を聞いたことはありませんか?

葬儀費用などについては、知っておかなければと思いつつ、つい後回しになってしまいますよね。
少しでも費用を安く抑えられる方法があるならば、誰もが知りたいと思うに違いありません。

今回「終活ねっと」では、日本の葬儀はなぜ高いのか、いくつかの理由と、日本以外の国の葬儀費用、また費用を安く抑えるポイントなどを解説していこうと思います。

内容は以下の通りになります。

  • 日本の葬儀費用は高いの?

  • 葬儀費用が高い理由

  • 日本以外の国の葬儀費用

  • 葬儀費用を安く抑えるためには

以上について解説していきます。

後半では葬儀費用を抑えるポイントについてまとめています。
最後までお読みいただけると幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

日本の葬儀費用は高い?

お金

日本の葬儀費用は世界一高いです。
他の国の平均と比べてみても、日本だけが桁はずれに高いのです。

それでも最近はゆるやかに葬儀費用の全国平均が下がってきています。
昨今の少子高齢化や核家族化、独居世帯の増加などで、大きな規模の葬儀が減ってきているためです。
一方で葬儀の形は家族葬や直葬といった、簡略化の方向へ向かっています。

一般的な葬儀費用

一言で葬儀費用といってもいくつかの項目に分かれていて、その内訳の中に様々な項目が含まれています。
葬儀社が一括で出す請求額であっても葬儀費用の内訳のうちのひとつです。
さらにその中に含まれる、例えば「ドライアイス」「人件費」などの項目は、それぞれ葬儀社によって異なってきます。

では日本の一般的な葬儀費用の相場、費用の内訳を解説していきましょう。

葬儀費用の相場

最近の調査では日本の葬儀費用の平均相場は199万円です。

各所でそれぞれアンケートによる全国調査をしていて数字が微妙に違いますが、サンプル数などの違いもあるようです。
どの調査結果もおよそ200万円弱と言えると思います。

葬儀費用の内訳

葬儀費用の内訳は大きく以下のように分けられます。

  • 「葬儀一式費用」

    葬儀施行のためにかかる費用。祭壇や葬儀当日の運営費、人件費。

  • 「飲食接待費」

    通夜の後の「通夜振る舞い」や火葬の後の「精進落とし」などの食事、飲み物代。

  • 「寺院費用」

    お寺へのお布施など。戒名料、読経料、御膳料、お車代が含まれる。

以上3つのそれぞれの平均相場は、「葬儀一式費用」が121万円、「飲食接待費」が31万円、「寺院費用」が47万円になっています。
これらの項目3つを合計すると、上記にある葬儀費用の全国平均相場「199万円」になり、これが実際に葬儀にかかる費用です。

なお、葬儀形式による費用相場の違いを解説した記事もご用意しております。
下記のリンクから、あわせてご覧ください。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



日本以外の葬儀費用

日本の葬儀費用の平均は約199万円と書きましたが、日本以外の国の葬儀費用はどうなっているのでしょうか。

平均データでは、アメリカの葬儀費用の平均が44万円、イギリスが12万円、ドイツが19万円、韓国が37万円です。

年々日本も下がってきているとはいえ、それでもイギリスの17倍です。
ちなみに、欧米では日本でも最近増えてきている直葬が主流です。

葬儀費用が高くなる理由

葬儀

日本の葬儀費用がここまで高いのはなぜでしょうか?
費用を抑えるにしても、その理由がわからなければ対処することができません。

ここからは日本の葬儀費用が高い理由についてまとめてみました。

病院で勧められた葬儀社を利用したから

現在日本人の約8割は病院で亡くなります。

その際病院から葬儀社を紹介されることがありますが、そのまま紹介された葬儀社に葬儀を依頼した場合、通常の費用よりも高くなってしまいます。

葬儀社は提携している病院に紹介料を支払っていて、紹介による葬儀が決まると、私たちが支払う葬儀費用にその紹介料が上乗せされるようになっているのです。

故人が亡くなり考えもまとまらないところに葬儀社を紹介されたら、流されるままに契約してしまう人も多いと思います。
しかしそれでは払わなくてもいい費用を余分に払うことになります。

この場面ではひと呼吸置いてから判断しましょう。

そしていざという時に困らないように、事前に葬儀社を決めておくことが大切です。
それは不謹慎なことではなく、あとで後悔したり、トラブルが起きるのを未然に防ぐためにも重要なことなのです。

戒名やお布施などの寺院費用

寺院費用47万円の主なものはお布施と戒名料です。

お布施は仏教で使われる言葉です。

仏教では「布施行」と言って「与えること」を修行のひとつとしてお金や物をお寺へ差し出します。
その考え方から、基本的には金額をはっきりと提示することはありません。
そこでは地域のならわしや、各家庭とお寺のつながりによる相場を元にやりとりされますが、その金額は表に出にくいのです。

また、戒名も高い費用のひとつの要因です。

戒名のランクによる料金の違いは、以下のようになっています。

  • 信士・信女 20万〜50万円

  • 居士・大姉 50万〜80万円

  • 院居士・院大姉 100万円〜

これらを出し惜しむことは故人を蔑ろにする事と考える、昔ながらの日本人の精神も全体の費用を高くしている理由のひとつと考えられます。

また昨今では菩提寺と家庭との繋がりが薄れ、はっきりとした金額提示のニーズも増える状況で、お寺によっては金額の目安を教えてくれることも増えてきたようです。

葬儀プランのオプションが多い

大切な方のご臨終を告げられても、ご遺族は悲嘆にくれる間もなく葬儀社との契約など事務作業に追い立てられます。
そんな時に、進行の流れに沿うように葬儀社のスタッフが様々なオプションの追加を持ちかけてきます。
祭壇、骨壷、返礼品、その他もろもろ。

「みなさんそうされています」「最後のお別れのための」と言われるとしなければいけないと思ってしまうこともあるでしょう。
しかしそれが日本の葬儀費用が高い要因のひとつになってしまっているのです。
セットプランであっても、オプションを追加しグレードアップすれば追加料金も発生します。

その都度立ち止まって、そのオプションは本当に必要なのか確認しましょう。

また一方であまりにも激安な葬儀プランは、本来は不可欠な品やサービスがオプション扱いになっていたりするので、事前に複数社を比較するなどの見極めが必要です。

葬儀費用を安く抑えるには?

お金

それでは、高い葬儀費用を実際に安く抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?
ここからは具体的に、そのポイントをあげていきましょう。

ぜひ参考にしてみて下さい。

葬儀の内容を見直す

葬儀社が行なう葬儀のプランは、一般葬、家族葬、一日葬、直葬などがあります。
最近では僧侶を呼ばない「無宗教葬」も出てきています。

家族や親しい身内のみで行なう家族葬は、近年全体の4割に迫る勢いで増えています。
通夜を行わず葬儀のみの一日葬、火葬のみの直葬と、簡素化の情勢にともない葬儀の形式も多様になりました。
葬儀社の広告によくある一般葬ですが、メディアで家族葬などが取り上げられることが増えたため、比較対象としてそう呼ばれるだけで、葬儀の形式は家族葬と違いはありません。
会葬者の人数などの規模が違うだけなのです。

費用を抑えるには、行いたい葬儀の形式と規模をプランと照らし合わせて、プラン自体の見直しをすることも重要です。

補助金制度を利用する

故人が国民健康保険、後期高齢者保険などに加入していた場合、葬儀終了後に申請手続きをすることによって、葬祭費の給付金を受け取れる制度があります。
金額は地域によって異なり、東京23区は一律7万円ですが、3万〜5万円の市区町村がほとんどです。

また故人が健康保険に加入していた場合、葬儀を行った扶養家族に一律5万円の埋葬料が受け取れる制度などがあります。

いずれも申請期間は2年間で、申請しないと受け取れません。

葬儀会社を比較する

葬儀社のプランも色々ある一方で、金額のみで単純な比較はなかなか難しいのが現状です。
複数の葬儀社を比較する場合、似たようなプランであっても会葬者の人数など含まれる条件がまったく同じではないからです。

そうであっても、事前に見積りをとり丁寧に比べていくことは可能です。
複数の葬儀社から見積りを取れればなおいいですが、1社ではなく2社の葬儀社の見積りを比較するだけでも大きく違いがわかってきます。

これはある程度時間が取れる時に、余裕をもってやることをぜひともおすすめします。

つい最近まで、葬儀の費用は一番大きい総合計のみで語られ「個別の費用はわからない」と言われるのが通例でした。
それに比べればここ数年はネットを中心にたくさんの情報が出るようになり、安い葬儀社もずいぶん増えてきました。

また、葬儀費用をより安くする方法を解説した記事も掲載しています。
下記リンクからこちらも合わせてご覧ください。

高い葬儀費用のまとめ

人々

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、日本の高い葬儀費用についてご紹介していきました。

今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 日本の葬儀費用は世界一高い

    日本の平均相場は199万円。アメリカは44万円、イギリスは12万円。

  • 日本の葬儀費用は「葬儀一式費用」「飲食接待費」「寺院費用」に分けられる

    この3つの合計が199万円。葬儀一式費用は葬儀社に支払う費用。

  • 葬儀費用が高い理由

    臨終の際、病院に紹介されるがままの葬儀社で葬儀を行なうと、葬儀費用に紹介料のマージンが上乗せされる。

    仏教のならわしもあり戒名料やお布施が高い。

    基本プランは安くても、オプションを追加するごとに高額になる。

  • 葬儀費用を安く抑えるには

    様々な規模の小さい葬儀プランがあるので、葬儀の内容を見直す。

    故人が各種健康保険に入っていれば、申請してもらえる補助金制度がある。

    できれば生前に、複数の葬儀社から見積りを取り比較する。
    2社を比べるだけでも違う。

ここ最近でも葬儀費用をめぐる背景が大きく変化していることがわかりました。
今はたくさんの情報を比較して選んでいく時代のようです。
公的な補助金制度も積極的に使って、葬儀費用を抑えたいですね。

また、下記の記事では葬儀の流れについて葬儀前後を含めて詳しく説明しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事