家族葬では会社からの弔電を受ける?連絡方法や会社側の対応も解説!

家族葬では会社からの弔電を受ける?連絡方法や会社側の対応も解説!

家族葬は近親者のみに参列を依頼する葬儀です。家族葬において弔電を受け取らないことがしばしばありますが、会社からの弔電をお断りするのは失礼に当たらないのでしょうか。今回は、家族葬で会社からの弔電は受けるべきかについて、連絡方法や会社側の対応と合わせて解説します。

最終更新日: 2021年01月12日

家族葬における会社からの弔電について

人々

近年、核家族化や高齢化を背景に、家族葬という親近者内で行われる新しい形式の葬儀が増えてきました。
家族葬では香典や弔問、弔電を辞退することがほとんどですが、会社からの弔電を辞退することは失礼に当たらないのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは家族葬における会社からの弔電について以下の項目を軸に解説していきます。

  • 弔電ってなに?

  • 会社からの弔電を辞退することは失礼に当たらないの?

  • 訃報を受けた後、会社側はどのように対応すればいいの?

  • 会社から弔電が来たらどのように対応すればいいの?

  • 家族葬での訃報連絡はどうすればいいの?

これから家族葬を行う方や家族葬を考えている方、訃報を受け取った会社の方は、お互いに気持ちの良い葬儀ができるようにしっかりと理解しておきたいものです。
役に立つ記事となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

弔電とは?

人々

弔電とは、葬儀に参列しない方がお悔やみの言葉を伝えるために送る電報です。
送られた弔電は、葬儀の中で司会者や喪主によって紹介されます。

特に家族葬は身内のみの少人数で葬儀を行うため、葬儀への参列を依頼されていない方は弔電によって弔意を示すことになります。

会社からの弔電は受けるべき?

人々

家族葬では、負担を避けるために香典や弔問、弔電を辞退することが多いです。
では、会社からの弔電を辞退することはできるのでしょうか。
ここでは、会社からの弔電は受けるべきかについて解説します。

弔電は辞退することもできる

結論から申し上げますと、会社からの弔電を辞退することは可能です。
お礼などの負担を避けるために、香典や弔問と同時に弔電を辞退することができます。
その際は、辞退する旨を訃報連絡の中で明確に伝えるようにしましょう。

しかし、香典や弔問に加えて弔電までも辞退していると、葬儀に参列していない方でどうしても弔意を示したい方が弔意を示す手段がなくなってしまいます。
そのため、必ずしも辞退するのがよいというわけではないのです。
このような方々の気持ちにも配慮して、辞退するか決めるようにしましょう。

弔電は品物としてのお礼をする必要がないので、なるべく受け取ることをおすすめします。

弔電を辞退するかしないかの通知

では家族葬を行う場合、弔電を辞退する場合としない場合では会社にどのように通知すればよいのでしょう。

まず、会社への家族葬の通知方法について軽くご説明します。
基本的に会社関係者には訃報を葬儀前に電話で伝えましょう。
その際に、故人の遺志により家族葬で行う旨を伝えます。
故人の遺志だと伝えることで、相手方の理解を得やすくなります。

また休暇を取る場合は、規則に則って報告する必要があります。
訃報を伝えるとともに報告しましょう。
電話で訃報を伝える際に関しては、改めてメールやFAXをすると確実です。

ここからは、会社からの弔電を辞退する場合と受け取る場合について文例を交えて細かく解説していきます。

弔電を辞退する場合

弔電を辞退するタイミングは、訃報を伝える段階です。
辞退する場合は必ず、家族葬で執り行う旨と、故人の遺志が理由で弔電を辞退する旨を伝えましょう。
多くの場合、弔電は香典やお供えと一緒に辞退することが多いので、次のような文言を使用すると良いです。

お世話になっております。○○の娘です。
父○○が○月○日で亡くなりました。
誠に勝手ながら、故人の遺志により葬儀は家族葬にて執り行いますので、ご会葬は控えていただきますようよろしくお願い申し上げます。
また、故人の遺志により、ご厚志一切を辞退申し上げます。

もし、ご厚志という言葉がわかりにくかったら、次のように伝えても問題ありません。

また、故人の遺志により、御香典、御供花、御供物、御弔電の儀は辞退申し上げます。

辞退する際は、FAXなどで伝えるときも葬儀の詳細は書かないほうが良いです。
詳細が書いてあったら、行ったほうが良いと勘違いされてしまうからです。
なるべく、相手が理解しやすい形で伝えることを心がけましょう。

弔電を受け取る場合

弔電を受け取る場合はどうでしょうか?

まず、香典や供花を辞退するのに弔電だけ頂くことは失礼にならないのだろうか...と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、全く問題ありません。
むしろ、弔電は品物としてのお返しがいらなく負担が少ないので、参列を断った場合は可能である限り弔電を受け取った方が良いとされます。

弔電を受け取る場合は、訃報に弔電辞退の旨を書かなければ良いです。
その代わり、家族葬で行う旨と参列を遠慮する旨を記した上で、相手が弔電を送れるようにFAXなどの文面で葬儀の詳細を明記しましょう。

訃報を受けた後の会社側の対応

葬儀

ここまでは、ご遺族の立場から会社からの弔電について解説してきました。
ここでは、家族葬の訃報を受けた会社側の対応について解説していきます。

社内へはどのように伝えるの?

訃報を受け取った第一人の方は、社内にどのように伝えれば良いのでしょうか。

まずは、ご遺族に迷惑をかけないように、訃報をどこまで伝えていいのかをご遺族に確認します。
社員から見てどの立場の人が亡くなったのか、葬儀へ参列のお願いはされているのか、香典等は辞退しているのかなどを確認しましょう。

もし、社内に伝えても良いということであれば以下のような文で社内に伝えましょう。

○○部○○課 ○○○○殿は長く療養中でありましたが、○月○日享年○○歳にて永眠いたしました。
ここに心から哀悼の意を表するとともに謹んでお知らせ申し上げます。

なお、通夜及び葬儀・告別式は故人及び遺族の意志により家族葬にて執り行いますとの知らせを受けておりますので、ご会葬はお控えいただきますようお願い申し上げます。

また故人の遺志により御香典、御供花、御供物、御弔電の儀は固く辞退なされていますので、よろしくお願い申し上げます。

家族葬との意向ですので葬儀日時はここに記載致しません。

故人の名前、家族葬である旨、弔電等を辞退する旨を必ず記しましょう。

家族葬のとき弔電は送ってもいいの?

訃報において特に断りのない場合、弔電を送っても問題ないとされています。
むしろ、訃報を聞いたのであれば、何かしらの形で弔意を示した方が良い場合もあります。
送る際はご遺族に確認をとってから送りましょう。
また、葬儀が斎場で行われる場合は、家ではなく斎場宛てに送る方が良いでしょう。

しかし、弔電の辞退が伝えられている場合や訃報に住所等が明記されていない場合は送らないのがマナーです。
故人やご遺族の意志を尊重して送らないようにしましょう。

弔電の例文は以下の記事に記載されているので、ぜひご参照ください

香典は送る?

会社側は、慶弔見舞金として会社名義で香典を出すことが多いです。
また、個人名義で香典を出すこともできます。
葬儀に間に合うように素早く手配しましょう。

しかし、家族葬ではご遺族側は香典を辞退していることがほとんどです。
この場合、香典は送らないようにしましょう。
弔電と同様、ご遺族側の気持ちを尊重するようにしてください。

会社からの弔電に対する対応

葬儀

訃報を伝えた場合、会社は何かしらの形で弔意を示したいと考えます。
そのため、弔電の辞退をしていない場合は弔電が送られてくる可能性が高いです。
もし会社から弔電が送られてきた場合、どのように対応すればよいでしょうか。
ここでは、会社からの弔電への対応について解説します。

お礼状を送る

弔電を頂いた場合、後日お礼状を送りましょう。
お礼状には、弔電のお礼と生前の厚誼に対するお礼を手紙で記すのがマナーです。

親族一同からのお礼状とするのが無難です。
弔電は会社一同よりという書き方で送られてくるので、誰宛にお礼状を書けばよいのかわからないことがあります。
その場合は、直属の上司に相談してみましょう。

断ったうえで弔電が送られてきたら?

家族葬の場合、弔電を断ったうえでも葬儀に弔電が送られてくる場合があります。
特に、会社関係者の方は基本的に葬儀に参列できないので、弔電という形で弔意を示すことも多いです。

せっかく送ってきてくださった弔電をお返しする方が失礼に当たります。
弔電はお返しの品が不要なので、ご厚意を無下にせずありがたく頂戴しましょう

香典に対するお礼は?

会社関係者から慶弔見舞金という形でお金が送られてくることがあります。
この見舞金は福利厚生の一部なので、お返しは要りません
しかし、個人や部署連名の香典は福利厚生ではないので、香典返しをするようにしましょう。

香典に対するお礼に関しましては以下の記事で細かく紹介しているので、ぜひご参照ください。

家族葬の訃報連絡方法

人々

家族葬を行う場合、周囲の方にはどのように訃報連絡をすればよいのでしょうか。
ここでは、参列を依頼する方としない方それぞれの訃報連絡方法について解説します。

  • 参列を依頼する方

    葬儀前に連絡をします。
    この際、家族葬で行う旨と葬儀の詳細、香典辞退について伝えます。

  • 参列を依頼しない方

    葬儀前に連絡する場合は、家族葬で行うため参列はお断りする旨、香典や弔問、弔電辞退について伝えます。
    葬儀後に事後報告する場合は、家族葬で行った旨、香典や弔問を辞退する旨を伝えましょう。

  • 会社

    忌引き休暇などの諸手続きの必要があるので、参列の依頼をしなくても会社には葬儀前に連絡します。

「終活ねっと」では家族葬のプランを、455,000円(税抜)よりご用意しており、終活ねっとの登録割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



家族葬における会社からの弔電まとめ

人々

いかがでしたでしょうか?
今回は、家族葬における会社からの弔電について以下を軸に解説してきました。

  • 弔電とは、葬儀に参列しない方が弔意を示す電報である。

  • 会社からの弔電を辞退することは可能だが、必ずしも辞退するのがよいというわけではなく、受け取ることをおすすめする。

  • 会社からの弔電を辞退する場合は、故人の遺志により家族葬を行う旨と会葬・弔電を辞退する旨を訃報連絡の中ではっきりと伝える。

  • 会社側は訃報を受け取った際、社内にどこまで伝えていいのかを確認を取ってから社内通知を行う。

  • 家族葬の場合、特に断りがない場合は弔電を送っても良いが、辞退されていたり葬儀の住所などの詳細が訃報に記されていない場合は、弔電を送ってはいけない。

  • 会社から弔電を頂いた場合は、生前のご厚誼と弔電に対するお礼状を送付するのがマナーである。

  • 断ったうえでも弔電が送られてきた場合は、厚意を無下にせず、ありがたく頂く

  • 葬儀への参列を依頼しない方へは、葬儀後に事後報告する。

家族葬は一般葬と異なり、様々なケースを辞退する場合があります。
弔電は場合によって対応が異なるのでしっかり把握しておきましょう。
特に、会社との関係は葬儀に関してしっかりとした対応をとっておきましょう。

終活ねっとでは、この他にも葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、家族の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひこちらもお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事