通夜に持参する香典袋の書き方|表書き・御霊前・御仏前・マナー

通夜に持参する香典袋の書き方|表書き・御霊前・御仏前・マナー

大切な方が亡くなって行われる葬儀のうちお通夜の場合は、特に準備があわただしくなりがちです。特にお通夜しか参列できないとなれば、香典袋の準備で焦ってしまうこともあるでしょう。それでも香典袋のマナーを知っていれば落ち着いて準備することができます。

最終更新日: 2020年12月15日

お通夜に持参する香典袋の書き方は?

葬儀

大切な方が亡くなって葬儀を行うことになった場合、一般葬ではお通夜を先に行います。
しかしお通夜しか参列できない場合は、告別式に比べると準備が非常にあわただしくなりがちです。
特に葬儀で必ず持参する香典袋についてはマナーがいろいろとあるため、焦りのあまりうまく準備できないことも多いでしょう。

しかし事前に香典袋のマナーさえ把握しておけば、お通夜に参列できない場合でも焦ることなく落ち着いて準備をすることができます。
そこで今回「終活ねっと」では、お通夜に持参する香典袋についていろいろと見ていきましょう。

  • お通夜に持参する香典袋にはどのような違いがあるのか?

  • お通夜に持参する香典袋の書き方とは?

  • お通夜に持参する香典袋の包み方とは?

  • お通夜に持参した香典袋の渡し方とは?

  • 香典を渡すタイミングはお通夜か、それとも告別式なのか?

お通夜があった場合に備えて香典袋のマナーを知っておきたいという方にとって、非常に役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

お通夜に持参する香典袋の違い

葬儀

お通夜が行われる宗教や宗派の形式によって、持参すべき香典袋の種類はさまざまです。
宗教や宗派ごとにどのような香典袋を持参すればよいのかを見ていきましょう。

表書きは宗教ごとに違う

香典袋の種類を見分けるうえで最も重要な項目が表書きです。
表書きとは香典袋を何のために持参するのかを示すうえで非常に重要な役割を持っているため、香典袋で最も目立つ表面の上半分に書かれます。

同時に香典袋に書く表書きは宗教や宗派によってさまざまであるため、参列するお通夜の宗教や宗派をよく確認したうえで適切な表書きを書くことが大切です。

仏教の場合

日本で最も多く行われるのが仏教形式の葬儀であるため、お通夜についても仏教のものが多く行われます。

仏教のお通夜では、「御霊前」の表書きを使うのが一般的です。
「御霊前」とは、「臨終後に霊の状態となっている故人にお供えする香典」を意味する表書きを指します。
故人が四十九日を迎えるまで霊としてさまよっているという考え方に基づいたものです。

仏教のお通夜で使うことができる表書きとしては、他にも「御香典」も挙げられます。
こちらは仏教宗派に関係なく使うことができるため、相手方の宗派がわからず焦った場合に役立つでしょう。

浄土真宗の場合

仏教のうち浄土真宗の場合は、「御仏前」が使われます。
本来「御仏前」は四十九日以後に使われる表書きというイメージが強いですが、浄土真宗では故人が死後すぐに成仏するという考え方があるため「御仏前」が一般的です。

もちろん宗派がわからない場合は、浄土真宗でも「御香典」を使っても問題ありません。

神道の場合

日本に古くからある神道でもお通夜にあたる「通夜祭」が行われます。
神道の通夜祭でも、仏教のほとんどの宗派と同じように「御霊前」が一般的です。
神道の場合は、亡くなった故人は50日間霊の状態になった後で、守護神として生まれ変わるという考え方があります。

言い換えれば「守護神になるまでの間、霊の状態でいる故人に対してお供えする香典」という意味合いで使われるのが、神道の「御霊前」です。
神道の場合はほかにも「御玉串料」や「玉串料」、「御神饌料」なども使われます。

キリスト教の場合

キリスト教の場合、宗派を問わずに最も無難に使える表書きとして、御花代や御花料が挙げられます。
ほかにもカトリックのみで使える「御ミサ料」や、プロテスタントのみで使うことができる「弔慰金」も覚えておくとよいでしょう。

宗教がわからない場合は「御霊前」

お通夜に参列しようにも先方の宗教がわからない場合もあるでしょう。
宗教がわからない場合は「御霊前」と書けば安心です。

ここまで見てきたように宗教に関係なく最も広く使われる表書きが「御霊前」であるため、最悪宗教がわからなくても「御霊前」と記せばほとんどの場合は大丈夫でしょう。

御霊前と御仏前の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

水引

香典袋で表書きとともに見分けやすい特徴を持つ部分として水引と呼ばれる飾りがあります。
水引とは香典袋に掛ける飾りのことですが、基本的にお通夜に持参するものは黒白の色で、淡路結びや結び切りの結い方のものを選びましょう。

ただし水引の色については、関西では黄白のものを、神式では場合により双白のものを使います。
また包んだ金額が3万円を超える場合は双銀のものを用いましょう。
さらにキリスト教のお通夜では水引を掛ける必要はありません。

以下では水引きの選び方について詳しく解説をしていますので合わせてご覧ください。

お通夜に持参する香典袋の書き方

葬儀

香典袋は表書きや水引で見分けるほかにも書き方も重要です。
書き方のマナーで覚えておくべき項目として、名前と金額が挙げられます。

名前

名前は表書きの真下、香典袋の下半分中央に書くのが一般的です。
基本的には香典を実際に包んだ個人のフルネームを縦書きで書きます。

ただし場合により連名で書く場合は、パターンごとにいくつかの書き方に即して記すのがマナーです。
まず夫婦で包む場合は、夫のフルネームを書いたうえで妻の下の名前を左下に書きます。

また3人までの連名で書く場合は、立場が上の人物から順に右からフルネームを書くやり方です。
4人以上の場合は所属している会社名や部署名などを記したうえで、詳しい名前と金額の内訳を書いた別紙を同封します。

金額

金額を書く際の向きは、縦書きでも横書きでも問題ありません
しかしどちらの書き方をするにしても、「金○○圓」と記すのがマナーです。
もし金額を数字通りに過不足なく入れたことを示したい場合は、「圓」に続けて「也(なり)」の字も入れるとよいでしょう。

縦書きで書く場合は、数字の部分を大字という正式な漢数字を使って書きます。
一方横書きで書く場合は、算用数字を用いましょう。
なお4と9のつく数字は、「死」や「苦」を連想させるためにあまり用いられることがありません。

書く場所については中袋がある場合は中袋の表面に、中袋がない場合は香典袋の裏面に書きます。

注意点

香典袋に表書きや金額を書く際は、いくつか注意すべき点があります。
まずお通夜に持参する場合は、普通の墨ではなく薄墨を使って書くのが作法です。
薄墨は普通の墨に比べて水分が多い分、墨に涙が混じって見えることから、故人のご不幸に対する悲しみの気持ちを示すために使われます。

また筆記用具については、サインペンやボールペンではなく筆ペンや可能[/emp1]であれば毛筆を使うのがマナーです。
毛筆や筆ペンが正式であるのに対し、サインペンやボールペンは略式とみなされるという理由があります。

お通夜に持参する香典袋の包み方

葬儀

お通夜に持参する香典袋に必要事項を明記したら、あとはきちんと包むだけです。
香典袋の包み方には、大きく分けて中袋の包み方と上包み(香典袋)の包み方の2つが挙げられます。

中袋の包み方

中袋は内袋ともいい、実際の香典として包むお金を入れるための袋です。
お札を包むにはまず向きが重要で、肖像の印字されている表面を伏せた状態で入れます
これは肖像を下向きにすることで、故人を失って悲しんでいるさまを示すためです。

加えて肖像が印字されている側が中袋の底側に来るように入れましょう。
なお2枚以上のお札を包む際には、向きをそろえて入れるようにします。

このほか包むお札は新札ではなく旧札を使うのがマナーです。
新札しかない場合は、折り目を入れてから包むようにしましょう。

上包みの包み方

中袋を包み終えたら、その上から上包みで包みます
上包みの包み方は、まず上包みが開いている状態で中包みを入れ、次に上包みの横部分を左側・右側の順でかぶせましょう。

さらに下側・上側の順にかぶせることで、まるで故人に対して伏して悲しむようにすれば出来上がりです。

なお上包みを包んだら、さらに袱紗(ふくさ)という冠婚葬祭用の包みに包みます。
包み方は袱紗の真ん中より右側に香典袋の表面が見える状態で置きましょう。
そして右・下・上・左の順にたためば、お通夜の会場に持参する準備が整います。

お通夜に持参する香典袋の渡し方

葬儀

香典袋を包み終えたら、お通夜の会場に持参し受付でお渡しするだけです。
受付に着いたらまず記帳を済ませて、袱紗から香典袋を取り出し袱紗の上に載せましょう。
このとき、受付係から見やすい向きにするのがポイントです。

そしてお悔やみの一言を添えながら、両手で受付係にお渡しします。
香典をお渡しするタイミングや作法については、以下の記事でより詳細に説明されていますので、ぜひともご参照ください。

香典を渡すのはお通夜?告別式?

葬儀

葬儀の香典でよくある疑問の1つに、香典をお渡しするべきタイミングはお通夜のときか告別式のときかというものがあります。

結論から書けば、お通夜のときでも告別式のときでも都合があるときにお渡ししてよいです。
お通夜と告別式両方に参列できる場合は、どちらか一方の受付でお渡しします。

やってはいけないのが、お通夜のときと告別式のときの2回に分けてお渡しすることです。
2回に分けて香典をお渡しすることは、不幸が連続することにつながって縁起でもないとみなされています。

香典をお渡しするタイミングについては、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

お通夜に持参する香典袋についてのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、お通夜の際に持参する香典袋についていろいろと見てきました。
今回の内容をまとめますと、以下に示す各ポイントの通りです。

  • お通夜の際に持参する香典袋で最も特徴的な項目である表書きは、お通夜の宗教や宗派によって異なる。
    最も広く使われる表書きが「御霊前」で、先方の宗教がわからなくても使うことができる。

    水引は基本的に色が黒白のもの、結い方が結び切りと淡路結びのものを使うが、色については地域や宗教によって別のものが使われる。

  • 香典袋への名前の書き方は、基本的に香典を包んだ個人のフルネームを縦書きに書く。
    ただし夫婦や複数人の連名で書く場合は、それぞれの書き方で書く。
    金額を書く場合は「金○○圓」と記し、数字の部分は縦書きの場合は大字を、横書きの場合は算用数字を使う。

    香典袋の書き方で気を付けるべき点として、お通夜に持参する場合は故人のご不幸を悲しむ気持ちを示すために薄墨を使う。
    またサインペンやボールペンではなく、毛筆や筆ペンを使って書く。

  • 中袋に香典のお金を包むときは、まずお札の肖像を伏せた状態にし、中袋の底側に肖像が来るように向けて入れる。
    上包みの包み方は、まず中袋を上包みの中央に置き、左・右の順にたたんだ後で下・上の順番になるように包んでいく。

  • 香典袋は袱紗に包んだ状態で持参し、受付でお渡しする。
    お渡しの際にはまず袱紗の上に香典袋を載せるが、この時受付係の見やすい向きに向ける。
    そしてお悔やみの言葉を添えつつ、両手でお渡しする。

  • 香典をお渡しするのは、お通夜か告別式のときどちらかでよい。
    ただしお通夜と告別式の受付で2回に分けてお渡しするのは、不幸が重なるとみなされるため控えるべきである。

お通夜で香典袋を準備する際は、まず先方の葬儀がどの宗教や宗派の形式で行われるのかを確認したうえで、適した表書きを使い、さらに水引を掛けましょう。
その後名前や金額を明記したうえで包み、受付で作法を守ってお渡しします。

お通夜や告別式では香典袋以外でも守るべきマナーが多いです。
以下の記事ではお通夜や告別式で守るべきマナーについて非常に詳しく説明されているため、非常に参考になるでしょう。
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 香典袋の包み方に関するマナー|中袋・袱紗・ない場合のサムネイル画像
    香典袋の包み方に関するマナー|中袋・袱紗・ない場合

    葬儀の際には香典を包んで遺族にお悔みを述べるのがマナーです。香典を包む時、香典袋の包み方について困った経験ありませんか?今回終活ねっとでは、香典袋の包み方や袱紗の使い方、香典袋に関するマナーについて詳しく解説をします。

  • 葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像
    葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

    葬儀へ参列する際、香典は必ず持参する必要があります。しかし、葬儀で渡すために準備すべき香典袋について、あまり知らないという人は多いのではないでしょうか。この記事では、葬儀に向けて準備する香典袋の種類や表書きなどについて解説します。

  • コンビニで買える香典袋って?宗教ごとの違いや香典袋の包み方を紹介のサムネイル画像
    コンビニで買える香典袋って?宗教ごとの違いや香典袋の包み方を紹介

    突然訃報が入り香典を急いで用意しなくてはならない時、近くのコンビニで香典袋が買えると助かります。今回はコンビニで買える香典袋について、その選び方を詳しく解説します。宗教ごとの違いや香典袋の包み方についてもご紹介します。

  • 香典袋で中袋なしの場合は?|理由・書き方・入れ方・マナーのサムネイル画像
    香典袋で中袋なしの場合は?|理由・書き方・入れ方・マナー

    香典袋には通常中袋がついていますが、中袋なしの香典袋を見かけることがあります。地域によっては中袋なしの香典袋が主流の所もあります。今回は中袋なしの香典袋の書き方やお金の入れ方を解説します。香典を準備するときの注意点やマナーもご紹介しますのでぜひご覧ください。

  • 香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像
    香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

    現在では、金銭で香典をお供えすることが一般的です。そのため、お金を包む香典袋が必要ですが、包む香典金額の相場はいくらでしょうか?香典袋の書き方から香典の金額までお教えします。

  • 香典袋の書き方|御霊前・御仏前・違い・表書き・手書き・印刷のサムネイル画像
    香典袋の書き方|御霊前・御仏前・違い・表書き・手書き・印刷

    葬儀や法要に参列する際には香典袋を包みます。香典袋には表書きを書きますが、表書きには御霊前や御仏前などの書き方があります。表書きで一般的な御霊前は、どのようなときに書くのが正しいでしょうか。今回香典に御霊前と書くのはいつか、について詳しく解説をします。

  • 香典袋の裏面の書き方|中袋・金額・住所・氏名・封・マナーのサムネイル画像
    香典袋の裏面の書き方|中袋・金額・住所・氏名・封・マナー

    葬儀や通夜に参列する際に持参する香典ですが、その香典袋の裏側には何を書けば良いのでしょうか?また、香典袋の内側についている袋の裏側にも何を書けば良いか分からない方もいらっしゃると思います。そこで今回は香典袋の裏側や中袋の書き方について解説していきます。

  • 香典袋の水引の選び方は?水引の種類や中袋の書き方を詳しく解説!のサムネイル画像
    香典袋の水引の選び方は?水引の種類や中袋の書き方を詳しく解説!

    香典袋には黒白または銀色の水引が付いています。今回は。水引に注目して、水引と香典袋に関する正しいマナーを解説いたします。また、水引の色や結び方による種類、香典袋の選び方や書き方など葬儀の参列に欠かせない香典のマナーもご紹介します。

  • 香典袋の表書きはどうすればいいの?外袋の書き方も解説!のサムネイル画像
    香典袋の表書きはどうすればいいの?外袋の書き方も解説!

    葬儀に欠かせないものといえば香典ですが、香典袋の表書きで悩まれる方は多いのではないでしょうか。香典袋の表書きを書く際には、宗教・宗派の違いや渡す時期などを考慮する必要があります。今回は香典袋の表書きはどうすればいいのかについて、外袋の書き方も解説します。

  • キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説のサムネイル画像
    キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説

    葬儀の際に必ず持参するものの1つが香典袋ですが、宗教によってマナーが異なるという点では注意すべきといえます。もしキリスト教の葬儀に参列する場合、どのような香典袋を持参すれば良いのでしょうか?そこで今回はキリスト教の葬儀での香典袋のマナーなどを見ていきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事