お通夜に持参する香典の金額相場は?書き方や渡し方などマナーも解説

持参する香典の金額をいくらにするか迷いますよね。お通夜に参列する場合、香典の相場はどれくらいなのでしょうか。また、葬儀や告別式に参列する場合と金額は違うのでしょうか。この記事では、お通夜に持参する香典の相場を書き方や渡し方などのマナーと共に解説していきます。

目次

  1. お通夜における香典について
  2. お通夜における香典の金額相場
  3. お通夜における香典袋の書き方
  4. お通夜と葬儀・告別式の香典
  5. お通夜における香典の渡し方
  6. お通夜に行けない時の香典について
  7. お通夜における香典についてのまとめ

お通夜における香典について

葬儀

香典を持参して葬儀に参列する機会は幾度かあっても、そのたびに香典に関してはいくら位の金額にすればよいのか迷ってしまいますよね。

葬儀は、一般的にお通夜と葬儀・告別式の2日間に渡って行われます。
お通夜に参列する場合は、香典の金額相場はどのくらいなのでしょうか。

また、葬儀・告別式に参列する場合の香典とは違ってくるのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、お通夜に持参する香典の金額相場について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • お通夜における香典の金額相場は?
  • お通夜における香典袋の書き方
  • お通夜と葬儀・告別式の香典について
  • お通夜における香典の渡し方
  • お通夜に行けない時の香典について

香典袋の書き方や香典の渡し方などマナーも併せて解説します。

ぜひ最後までお読みください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典の基礎知識(金額相場・書き方・包み方・渡し方)を全て解説!

葬儀や法事に参列する場合、香典を持参することが一般的です。しかし、香典には金額相場・書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがあり、戸惑ってしまう方も多いです。今回終活ねっとでは、社会人として知っておきたい、葬儀・法要の際に役に立つ香典の基礎知識を解説致します。

お通夜における香典の金額相場

葬儀

お通夜における香典の金額相場は、主に故人との関係性と自身の年齢で変わってきます。
故人と縁が深かった人ほど、また自身の年齢が高いほど金額相場は上がると思って良いでしょう。
以下で記載の金額相場は、下限が20代の人、上限が40代以上の人が対象だと考えてください。

家族・親戚

家族・親族でも縁が深いほど、香典は高額になります。
故人が祖父母の場合は1万円~5万円、両親の場合は3万円~10万円、兄弟姉妹の場合は3万円~5万円、叔父や叔母の場合は1万円~3万円になります。
その他の親族の場合は3千円~3万円で、普段からお付き合いが深いほど香典の金額は上がります。

知人・友人

友人・知人に関しては5千円~1万円が香典の相場になりますが、付き合いの深さの違いで金額は変わってきます。
友人の場合は、友人同士で香典を出し合い、連名で持参することもあります。

会社

会社での人間関係では、上司か部下かで金額相場は分かれます。
上司の場合は、5千円~1万円、同僚や部下の場合も5千円~1万円になります。
仕事上でお世話になった人ほど香典の金額は上がります。

お通夜における香典袋の書き方

葬儀

香典は現金をそのまま渡すことはありません。
必ず、香典袋にお金を入れて持参することになります。

香典袋は表書きが宗教や宗派によって違ってくるので注意が必要です。
故人の宗教や宗派が何なのかを必ず確認して表書きを書きましょう。
また、名前や金額に関しても、書き方のマナーがあるので知っておきたいところです。

以下では、お通夜における香典袋の書き方を解説します。

表書き

香典袋の表書きは宗教や宗派によって違ってきます。
自身の宗派の様々なマナーはわかっていても、他の宗教や宗派に関してはどうしても疎くなるものです。
ぜひ、知識として理解しておきましょう。

仏式の場合

浄土真宗以外の仏式の場合は、どの宗派でも同じです。
最もよく用いられるのが御霊前です。
ただし、使えるのは四十九日の忌明け法要までとなります。

忌明け法要以降で使用ができるのが御仏前になります。
多くの仏式では四十九日までは霊として故人は現世にいて、忌明け法要以降に仏様になると考えられているからです。
なお、御香典や御香料の表書きは、葬儀でも法要でも使うことができます。

浄土真宗の場合

浄土真宗の場合は他の仏式の場合と少し違ってきます。
浄土真宗は人は亡くなると即、仏になると言う教えになります。
そのため、御霊前の表書きは使用しないので注意しましょう。

葬儀の際から御仏前を使用して問題ありません。
他の仏式と同様に、御香典・御香料の表書きは、葬儀でも法要でも使用が可能です。

神式の場合

あまり馴染みがない神式の場合の香典袋は、御神前御玉串料などと書きます。
また、仏式でも使用した御霊前を使用しても問題はありません。
ただし、香典袋の印刷が蓮の花が入っているものは仏式用の香典袋になるので、使用しないように注意しましょう。

キリスト教の場合

キリスト教にはカトリックとプロテスタントと呼ばれる二つの宗派が存在します。
宗派によって表書きも少し違ってきますので注意が必要です。

カトリックに関しては、御花料・御ミサ料・献花料・御霊前が使用できます。
プロテスタントに関しては、御花料・忌慰料・献花料が使えます。
ですが、御霊前はプロテスタントでは書くことはできませんので注意が必要です。
十字架やユリの花が印刷された香典袋は、キリスト教向けのものとなります。

名前

名前は香典袋の水引の下部、表書きの真下にフルネームで書きます。
肩書を入れる場合は、名前の右肩に入れます。

筆もしくは筆ペンを使用して書きますが、その際は薄墨を使用すると良いでしょう。
なければ、普通の墨でも構いません。

連名の場合は、右側から目上の人が来るように書きます。
3人までは全員の名前を書きます。
4人以上の場合は、代表者の名前を記し外一同として書きます。
(詳細は、金額と名前を書いた便箋を中袋に入れます。)

金額

香典の金額は、香典袋の中袋に書きます。
最初から記載するべき場所が印刷されている市販のものもありますが、そうではない場合は中袋の面の中央に金額を書きます。
金額の数字は旧字体の漢数字を使用することが望ましいですが、通常の漢数字を使用しても構いません。

注意点

香典袋のたたみ方は、慶事の場合の逆になります。
お金の入った中袋を置いて、右を折り、左を折ります。
次いで、下からたたみ、最後に上を折りたたみます。

上述のように、香典袋で蓮の花が印刷されてものは仏式、十字架やユリが印刷されたものはキリスト教向けの香典袋です。
間違えないように気をつけましょう。

また、香典に使用するお札は新札は使わず、古札を入れましょう。
どうしても新札しか用意できない時は折り目付けて入れましょう。

香典金額は奇数の金額が望ましいとされています。
偶数は割り切れることから、「縁が切れる」ことを連想させるからです。
4や9のように苦しみや死を連想させるような香典の金額は控えましょう。

お通夜と葬儀・告別式の香典

葬儀

葬式は2日に渡って行われます。
1日目がお通夜で、2日目が葬儀・告別式です。

2日とも参列する場合、香典は2日とも持っていくべきなのでしょうか。
1日だけならばお通夜と葬儀・告別式のどちらで持っていけばよいのでしょうか。


ここではお通夜と葬儀・告別式での香典について解説します。

香典は一度だけ渡すのが一般的

葬儀に参列するとしても、お通夜と葬儀・告別式の両方に参列する人もいれば、お通夜だけ参列する人も葬儀・告別式にだけ参列する人もいます。

香典に関しては、お通夜と葬儀・告別式の両方に参列するとしても一度で構いません。
二度持参すると、何かの間違いではないかと遺族が困惑してしまいます。
香典は一度だけ渡すのが基本です。

また、香典はお通夜でも葬儀でもどちらの時に渡しても構いません。
特に決まりはないのですが、地域によって慣習やしきたりなどがあれば、それに従うと良いでしょう。

渡すタイミングは?

香典を渡すタイミングは、お通夜やお葬式が始まる前です。
つまり、葬儀を行う式場に入る前に受付で渡すということです。
受付では名前や住所を記帳しますが、そのタイミングで渡すようにしましょう。

なお、香典を渡す際は、一礼の後、「このたびはご愁傷様でございます」や「心よりお悔やみ申し上げます」などのお悔やみの言葉を述べることを忘れないようにしましょう。

以下の記事では、香典を渡すタイミングについて、香典のマナーと共に解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

お通夜における香典の渡し方

葬儀

お通夜で香典を渡す場合は、以下のことに注意して渡しましょう。
香典は香典袋を鞄に直接入れて持参し、鞄から香典袋を直接出して渡すという行為は止めましょう。
必ず、香典は袱紗に包んで持参しましょう。

まずはじめに、受付でお悔やみの言葉を述べます。
そして袱紗から香典を取り出して相手に渡しましょう。
袱紗に入れたまま香典を渡すとマナー違反になります。

香典は相手から見て正面になるようにして渡すようにします。
なお、この際、袱紗をたたみ受付のテーブルに置いて両手で香典を渡しても、たたんだ袱紗の上に香典を重ねて両手で渡しても問題はありません。

お通夜に行けない時の香典について

仏壇

お通夜に行けない場合、香典はいつ渡せばよいのでしょうか。

お通夜に行けない時は、翌日の葬儀・告別式に参列できるのであれば問題ありません。
参列する際に、香典を持参して行きましょう。

お通夜も葬儀・告別式にも参列できない時は、参列する人に知人や友人がいれば、代わりに香典を渡してもらいましょう。
また、代理人を立てられるのであれば、代理人に香典を持参してもらいましょう。

葬儀に参列する知り合いもなく、代理人を立てられないのであれば、香典は現金書留で速やかに郵送しましょう。
その際、お悔やみの手紙を添えることを忘れないようにしましょう。

以下の記事では、葬儀に行けなかった時のお悔やみの手紙や香典の渡し方を解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!

遠方の場合などで時には葬儀に参列できないことがあります。葬儀に参列できないけれど、ご遺族にせめて香典をお渡ししたい場合、お悔やみの手紙をしたため気持ちを伝えたい場合、どのようにしたら良いのでしょうか。キリスト教式葬儀の場合の注意点も併せて解説します!

お通夜における香典についてのまとめ

葬儀

お通夜に持参する香典の金額相場、書き方や渡し方などのマナーに関しておわかりいただけたでしょうか。

今回終活ねっとでは、お通夜に持参する香典の金額相場について以下のことを解説してきました。

  • お通夜における香典の金額相場は、故人との関係性と自身の年齢で変わってくる。
  • お通夜における香典袋の表書きは、宗教や宗派によって違う。
  • お通夜における香典袋の書き方、たたみ方、使用するお札にはマナーがあるので注意が必要。
  • お通夜と葬儀・告別式に置いて香典を渡すのは一度でよく、基本的にはどちらで渡しても構わない。
  • お通夜と葬儀・告別式の香典は式場の前の受付で渡すのが一般的である。
  • お通夜における香典は袱紗に入れて持参し、受付で袱紗から取り出して渡すことが渡し方の基本である。
  • お通夜に行けない時は、葬儀・告別式で香典を渡せば良いが、いずれも参列できない場合、香典は知り合いや代理人に持参してもらうか、郵送で送るという方法がある。

お通夜に持参する香典の金額相場は、故人との関係性や自分自身の年齢で変わるということがわかりました。
持参する香典袋に関しては、いくつかのマナーがあり気をつけないといけない点もあります。
香典はお通夜と葬儀・告別式のどちらで持参しても基本は問題はないのですが、渡し方などにもマナーがあるので慎重に行動しましょう。

終活ねっとではお通夜に持参する香典に関する記事以外にも、香典に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。

以下の記事では、家族葬の通夜に友人は参列してもいいかを、判断基準や香典についてと併せて解説しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬の通夜に友人は参列してもいい?判断基準や香典についても解説

家族葬は親族を中心に行われるため、葬儀には友人は参列しないことが一般的です。では、通夜の場合はどうでしょうか。家族葬の通夜であっても友人は参列して良いのでしょうか。今回は家族葬の通夜に友人は参列してもいいのかを中心に、判断基準や香典についても解説していきます。

「香典・通夜」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・通夜」についてさらに知りたい方へ

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?のサムネイル画像

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?のサムネイル画像

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?のサムネイル画像

マナーの多い「お通夜」ハンカチにもマナーはあるの?

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?のサムネイル画像

お通夜に出席する時の格好ってどうすればいいの?

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説のサムネイル画像

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケットのサムネイル画像

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケット

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典・通夜」についてさらに知りたい方へ

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?のサムネイル画像

あなたは「通夜」の本当の意味を知って参列してますか?

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?のサムネイル画像

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?のサムネイル画像

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと