香典で2000円を包むのは問題ない?香典の包み方や香典返しを解説

香典で2000円を包むのは問題ない?香典の包み方や香典返しを解説

お通夜・葬儀に参列する際のご香典は古くから続く大切なしきたりです。故人との関係で決まるご香典の額ですが、2000円を包むのは失礼にあたるのでしょうか。香典で2000円を包むときのマナーや包み方、香典返しなど、いざというときに役立つご香典の知識です。

最終更新日: 2020年12月17日

2000円の香典について

葬儀

お通夜・葬儀に参列する際に必ず持っていくのが、ご香典です。
急な知らせを受けて急いで身支度をする中、ご香典の金額に迷ったという声をよく聞きます。
一般にご香典の金額は、故人との関係性や持参する方の立場によって決まってきます。

しかし、ご香典の金額は明確にいくらと決まっているわけではありません。
たとえば故人とたまに会うだけの知り合いだった場合や、近所の方だった場合、高額なご香典を包むのは過分な対応になります。

では、故人と軽い知り合いだった場合に少額のご香典を包んでもよいのでしょうか。

そこで今回は、ご香典として2000円を包むことについて詳しく解説いたします。
今回の記事は次の項目にそってご説明いたします。

  • 2000円のご香典は失礼にあたるのか?

  • 2000円のご香典の包み方

  • 2000円のご香典を頂いた場合の香典返し

  • ご香典の一般的な金額相場

葬儀に関するさまざまなしきたりを知っておくことは、皆様の終活に役立ちます。
ぜひ今回の記事に最後まで目を通していただければと思います。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

2000円の香典は失礼?

葬儀

ご香典の金額は、故人との続柄や生前の関係性の深さなどで決まります。
したがって、友人知人の場合よりも親族関係の場合の方が、ご香典が高額になります。

また、金額を決めるときはご香典を持参する方の年齢も合わせて考えます。
学生の方・若い方の場合は低めの金額で、年齢が上がるにつれてだんだんと高額になるのが一般的です。

では、故人との付き合いがさほど深くなかった場合に、2000円のご香典を包むのは失礼にあたるのでしょうか?

そもそも香典の額に明確な決まりはない

ご香典の金額には、全国で共通しただいたいの相場があります。
たとえば親族の場合で10000円から50000円、友人知人の場合で5000円から10000円といった相場です。

ただし、この相場はあくまで目安です。
相場に幅があることから、ケースバイケースでご香典の金額は決まります。

そもそもご香典は、お悔やみと葬儀への互助の気持ちを表すものです。
持参する金額に、はっきりとした決まりはありません

2000円を包むことは問題ではない

ご香典の金額には明確な決まりがないため、2000円をご香典として包むことは問題ありません
具体的には、顔見知りの近所の方や付き合いの浅い知り合いなどの場合に2000円のご香典が考えられます。

また、偶数の金額をご香典にするのはよくないとするしきたりがありますが、その場合でも2000円と20000円は例外とされています。

2000円をご香典として包むことは可能です。

2000円の香典の包み方

葬儀

ご香典には、表書きやお札の包み方などいくつかのしきたりがあります。
ここでは、ご香典として2000円を包む場合のしきたりを一つずつご説明します。

お札の枚数

2000円をご香典として包む場合は、1000円札を2枚とするのが一般的です。
ご香典は偶数の金額を避けるとするしきたりは、割り切れる=縁が切れるとする考えからきています。
しかし、2000円と20000円はその例外ですので、1000円札を2枚包むことができます。

個人の場合

1000円札を2枚または2000円札を1枚の形で包みます。
お札が2枚だと割り切れることから、2000円札を1枚の方が良いように思いますが、2000円札はなかなか手元にないものです。
ご香典は急な知らせを受けて準備することが多いので、2000円札に両替する必要はありません。
手元にある1000円札を2枚包むことが一般的です。

連名の場合

連名でのご香典は、何人かの方が一人2000円ずつを出し合う場合です。
たとえば職場の同僚や近所の方々などでご香典を包む場合が考えられます。

こうした連名の場合、1000円札が10枚よりも10000円札を1枚とする方が香典袋にすっきりと収まります。
連名でのご香典は、香典袋に全員の氏名を書き入れますのでどなたからのご香典なのか一目瞭然です。
お札は10000円札・5000円札の単位に両替して包むことをおすすめします。

書き方

香典袋の書き方にもしきたりがあります。
2000円をご香典に包む場合は、次の点に気をつけましょう。

表書き

宗教を問わず書くことができる「御霊前」の表書きが最も一般的です。
表側の上段に薄い墨を使って筆で書きます。

最も多い仏教での葬儀の場合、「御霊前」のほかに「御香典」「御香料」と書くこともできます。

名前

香典袋の表側の下段には、参列する方の名前をフルネームで書き入れます
連名でご香典の場合は、目上の方を先頭に3名までを順に書き入れることができます。

4名以上の連名の場合は、〇〇株式会社一同、〇〇自治会有志といったように、グループの総称を書くようにします。
そのときは香典袋の中に、全員の住所と名前を書いた紙を入れておくとスマートです。
葬儀での受付係の方と喪主の方は、その紙を見てどなたからのご香典なのかがすぐにわかります。

金額は旧漢字で

ほとんどの香典袋には金額を記入する欄があります。
金額は旧漢字を使って、金弐阡円と書くのがしきたりです。
ご香典の金額に旧漢字を使うのは、数字の書き換えを防ぐためと言われています。

注意点

香典袋の表書きは、「御霊前」と下段の名前ともに、薄い墨を使って書き入れます。
薄い墨を使うのは、涙が墨に落ちて色が薄くなったこと、急なご訃報で墨を磨る時間がなかったことを表わす昔からのしきたりです。

通常の墨汁を薄い色にするのは難しいですが、弔事用の筆ペンが市販されています。
1本用意しておくと便利です。

包み方

1000円札を2枚包む場合は、必ず2枚のお札の向きをそろえます
お札の肖像がある方を下に向けて、香典袋に入れるようにします。

このときに新札は使わずに、すでに使われている1000円札を使います。
新札を使うとご不幸を用意していたように考えられるためです。
手元に新しい1000円札しかない場合は、一度折り目を付けてから香典袋に入れましょう。

なお「終活ねっと」では、香典袋に関するさらに詳しいマナーをわかりやすく解説しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

2000円の香典を頂いた場合の香典返し

葬儀

喪主側の立場としては、頂いたご香典の返礼として香典返しを参列者の方々に贈ります。
2000円のご香典を頂いた場合、香典返しは具体的には何を贈ればよいでしょうか。
ここでは、2000円の香典を頂いた場合の香典返しについて、喪主の方の立場でご説明します。

2000円の香典にお返しは必要?

そもそも2000円の香典を頂いた場合にお返しは必要でしょうか。

香典返しは、頂いたご香典の3分の1返しまたは半返しが目安です。
そのため、2000円のご香典の場合は、1000円の品物を選びます。
1000円の予算の返礼品は数が限られて選択肢があまりないことから、2000円のご香典には香典返しをしなくてもよいとする考えが主流でした。

しかし、ギフトセットを扱う店が増える中で、今は以前に比べて1000円の予算の香典返しが探しやすくなっています。
そこで、2000円の香典を頂いた場合、香典返しを贈っても辞退しても失礼には当たらないとするのが、今の一般的な状況です。

おすすめの品物

3分の1返しまたは半返しという香典返しの相場から、2000円の香典を頂いた場合は1000円以内の予算で品物を選ぶのが目安です。
具体的には次のような品物がおすすめです。

個人から頂いた場合

香典返しの品物は、緑茶・コーヒー・紅茶や海苔・お菓子などの食料品を選ぶことが多いものです。
この理由は、飲んだり食べたりしてなくなる消えものであること、日持ちして保管ができることからきています。
ギフトショップやスーパーなどでは、香典返し用として1000円以内のお茶のセットや海苔などを扱っています。

また、タオルや洗剤などの日用品も1000円以内のギフトセットが販売されています。
タオルや洗剤は、どの家庭でも使う便利な日用品なので香典返しとして喜ばれています。

なお、最近人気のカタログギフトは安いもので3000円からが主流です。
1000円の予算からは外れてしまうので気をつけましょう。

会社などから連名でいただいた場合

会社の同僚の方々など連名で一人2000円ずつのご香典を頂いた場合、全員にまとめて香典返しを贈ることになります。
その場合、皆さんで小分けができるお菓子などがおすすめです。

お菓子は、日持ちの面で、賞味期限が比較的長い焼き菓子が適しています。
職場で簡単に分けられるよう、個別に包装された焼き菓子が香典返しに最適です。

香典の金額相場

葬儀

ご香典の金額は、故人との続柄や生前のつながりの深さなどで決まります。
2000円のご香典を下限とすると、ご香典の金額の相場は次のようになっています。

法事の種類ごとの違い

お通夜・葬儀の後は、初七日・四十九日・一周忌と法要が続きます。
ご香典の金額は、法事の種類ごとに異なります。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

ご香典の金額は、故人とのつながりが深いほど高額となります。
目安としては、両親で50000円から100000円、叔父叔母・祖父母などの親族で10000円から50000円、親しい友人知人で5000円から10000円が相場です。

親族として以前に相手の方からご香典を頂いたことがある場合は、その金額も踏まえてご香典の額を決めます。
同じ故人にお供えする場合、亡くなって日の浅いお通夜・葬儀が、最も高額のご香典となります。

なお、「終活ねっと」では、葬儀に持っていくご香典についてさらに詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければ幸いです。

四十九日

亡くなってから49日目に行う四十九日法要は、故人が極楽浄土に行くための判決の日にあたります。
この日を境に故人の魂があの世に出発するため、四十九日が済んだ後は忌明けとなります。

四十九日の法要に招かれたときは、ご香典を持っていきます。
金額は、両親で30000円から50000円、叔父叔母・祖父母などの親族で10000円から30000円、親しい友人知人で5000円が相場です。

なお、「終活ねっと」では、四十九日の法要でのご香典についてさらに詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければ幸いです。

一周忌

亡くなって1年後の命日に行う法要です。
節目に当たる法要として、一周忌には親族を中心に親しかった友人知人の方も参列します。
ご香典の金額は、両親・叔父叔母・祖父母などの親族で10000円から50000円、親しい友人知人で3000円から5000円が相場です。
一周忌の法要の後に会食をする場合は、その費用も含めた額をご香典として包みます。

なお、一周忌に持参するご香典については、さらに詳しい解説を掲載しています。
「終活ねっと」のそちらの記事もぜひご覧いただければと思います。

三回忌

なお、お通夜・葬儀を一般葬で行った場合でも、一周忌以降の法要は親族のみで行うことが多いようです。
友人知人の場合、生前の故人との親しさを踏まえて、招かれたときに限り三回忌以降の法要に参列するようにします。
三回忌でのご香典は、両親・叔父叔母で10000円から50000円、祖父母で5000円から10000円が相場です。
親しい友人知人では3000円から5000円が相場となります。

「終活ねっと」では、三回忌のご香典についても詳しい解説を掲載しています。
そちらの記事もぜひご覧いただければと思います。

十三回忌

数え年で計算して、亡くなってから12年目の年の命日に行う法要です。
三回忌までと同じように、お坊さんを招いて読経とご供養をしてもらいます。
十三回忌でのご香典は、両親・叔父叔母で10000円から50000円、祖父母で5000円から10000円が相場です。
親しい友人知人では3000円から5000円が相場となります。
十三回忌の法要にご夫婦で参列する場合は、二人分のご香典を持参します。

「終活ねっと」では、十三回忌のご香典についても詳しい解説を掲載しています。
そちらの記事もぜひご覧いただければと思います。

新盆・初盆

新盆・初盆とは亡くなってから初めて迎えるお盆のことです。
親族と親しい友人知人が集まり、お墓参りをしてから法要をします。
法要ではお坊さんに読経とご供養をしてもらいます。

新盆・初盆での法要に参列するときは、「お供え」または「御提灯代」を持っていきます。
金額の相場は、親族の場合5000円から10000円、親しい友人知人では3000円から5000円です。

なお、「終活ねっと」では、新盆・初盆に頂いたお供えへのお返しについて解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければ幸いです。

地域ごとに相場の違いはあるの?

ご香典の金額は、地域によって相場に多少の違いがあります。
たとえば、通夜ぶるまいという料理を用意するかどうかでもご香典の相場が変わってきます。
通夜ぶるまいをする地域では、しない地域に比べてご香典の額が高めとなります。

ただし現在では、ネット環境の整備によって、ご香典の額の目安が調べやすくなりました。
以前に比べると、地域ごとのご香典の相場の違いは小さくなりつつあると言えます。

2000円の香典についてのまとめ

葬儀

ここまで、2000円をご香典として包む場合について解説してきました。
いかがでしたでしょうか。

今回の記事は次のような点がポイントでした。

  • ご香典はお悔やみと葬儀への互助の気持ちを表すので、金額にはっきりとした決まりはない、ご香典の額は故人との血縁関係やつながりの深さで決まる、2000円を包んでも問題ない

  • 2000円のご香典は1000円札を2枚または2000円札を1枚で包む
    連名の場合は10000円札・5000円札の単位にまとめて両替して包む
    表書きは「御霊前」、下段にフルネームで名前を書く、薄墨で筆書きする
    旧漢字を使って金弐阡円と書く、新札は使わない
    2枚のお札の向きをそろえ、お札の肖像がある方を下に向けて香典袋に入れる

  • 喪主側の立場として2000円のご香典を頂いた場合の香典返しは、贈っても辞退してもどちらでもよい、香典返しの相場から1000円以内の予算を目安にする
    個人への香典返しはお茶やお菓子などの食料品やタオルなどの日用品がおすすめ
    会社など連名への香典返しは小分けができる焼菓子がおすすめ

  • 香典の金額相場は、お通夜・葬儀をはじめ四十九日や一周忌など、法要の種類ごとに多少異なる
    新盆・初盆には「お供え」または「御提灯代」を持参する
    地域によってご香典の相場に多少の違いがある

ご香典はお悔やみと互助の気持ちを込めた大切なしきたりです。
今回の記事をぜひ皆様の終活に役立てていただければ幸いです。

「終活ねっと」では、このほかにもご香典に関する知識の解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事