嫁の祖父に包む香典の相場とは?法要ごとの違いやマナーを解説!

嫁の祖父に包む香典の相場とは?法要ごとの違いやマナーを解説!

親族や祖父母などに不幸があれば、香典を包むのがマナーです。では、嫁の祖父が故人の場合はどれくらいが相場でしょうか?今回、嫁の祖父に対する法要毎の香典相場や、香典袋の書き方や、会場での香典の渡し方のマナーについて説明をします。

最終更新日: 2020年12月17日

嫁の祖父に包む香典について

葬儀

親や祖父など、自分より年長者であれば、いつかは別れの時がやってきます。
その時が来たら生前お世話になった感謝や、故人を偲んで香典を包むのがマナーです。

故人が嫁の祖父の場合、香典の相場はどれくらいになるのでしょうか?
また、法要の種類によっても香典の相場やマナーは変わるでしょうか?

今回「終活ねっと」では、嫁の祖父に対する香典について、法要毎の金額相場や、香典袋の書き方や渡し方のマナーについて解説をします。

  • 嫁の祖父への各法要毎の金額相場

  • 嫁の祖父への香典袋の書き方

  • 嫁の祖父への香典袋の包み方や渡し方

  • 嫁の祖父への香典のまとめ

以上の項目について解説します。

嫁の祖父の香典の相場やマナーについて気になった事のある方は、ぜひ最後までお読み頂き参考にして頂ければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

嫁の祖父に包む香典の相場はいくら?

人々

親族に不幸があれば、香典を包むのがマナーということは皆さんもご存知の通りです。
親族といっても範囲は広く、どこまでの関係に香典を包むべきなのか、悩んだ経験のある方も多いでしょう。
そして、嫁の祖父にはそもそも香典を包む必要があるのでしょうか。

嫁の祖父と言っても、関係性は家族によって様々です。
嫁の実家が遠方で、祖父との距離が遠い場合などほとんど交流のない場合も少なくないでしょう。
ですが、どんなに生前関係が薄くても、嫁の祖父であれば香典は包むのがマナーです。

香典においては、嫁の祖父も実の祖父も違いはなく、同じように対応する事がマナーです。
祖父を亡くして悲しんでいる嫁の気持ちを考えれば当たり前とも言えますし、しっかりと対応をする事で嫁を励ます事にもなります。

さらに祖父であれば、2親等の親族という関係になりますから親族の中でも近い立場です。
ですから、葬儀だけでなく四十九日から五十回忌、もしくは三十三回忌の弔い上げまでの法要に、全て参列し香典を包むのが原則である事を理解しておきましょう。

ここでは、各法要ごとに香典の相場について説明します。

法事の種類ごとの違い

お通夜から五十回忌まで法要には様々な種類があります。
ここでは、各法要ごとの意味や嫁の祖父への香典相場について説明します。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

嫁の祖父が亡くなると、最初に行われるのがお通夜です。
お通夜は亡くなった翌日に夜通し灯りを絶やさずに、故人を見守り、別れを惜しむための儀式です。
お通夜の翌日には、葬儀と告別式が行われ、故人と最後の別れを告げます。

実際には、斎場の関係でお通夜・告別式がすぐに行われない場合もありますが、亡くなって間もない事もあり、悲しみの中で故人とお別れをする事になります。
ですから、以降の法要に比べるとお通夜・葬儀の際の香典は重要であり、金額も一番高くなります。

嫁の祖父への香典相場は、送る側の年代によっても変わります。
20代で10,000円~、30代で10,000円~30,000円、40代以降で30,000円以上が相場です。
また、祖父母の場合の葬儀では「孫一同」として供花を出すケースもあります。
親族内でよく相談して対応するようにしましょう。

初七日

最近では、初七日の法要は葬儀と同時に行う場合も増えています。
初七日の法要とは、仏教では人が亡くなると7日ごとに裁きをうけると言われており、初七日は最初に裁きを受ける日とされているため、故人の冥福を祈る儀式です。

初七日での香典相場は、葬儀と同じ日に行われる場合と初七日のみの法要を行う場合で違います。
葬儀と一緒に初七日を行う際の相場は、葬儀での香典の半額が目安です。
初七日のみで法要の儀式を行う場合は、20代で5,000円、30代で5,000円~10,000円、40代で10,000円程度を包みます。

四十九日

7日ごとに裁きを受けた故人は、7回目の裁き、つまり49日目に最後の裁きを受けて極楽浄土へと旅立ちます。
四十九日の法要は、節目となる最後の裁きの日に、故人を冥福を祈って行われる儀式です。
この日を境に故人は成仏をして、遺族も忌明けとなります。

四十九日の法要では、僧侶を呼んで読経を行い、その後に会食を行う事も多いです。
四十九日に包む香典の金額相場は、20代で3,000円~10,000円、30代・40代以降でで3,000円~30,000円となっています。

一周忌

故人が亡くなって満1年の命日に行うのが、一周忌の法要です。
一周忌の法要までは、親族の他に友人・知人などを呼んで行う事が多いです。
嫁の祖父の一周忌であれば、よっぽどの事情がない限りは参列して香典を包みます。

一周忌での香典の金額相場は、孫の年代によって変わり、20代で3,000円~10,000円、30代・40代以降になると3,000円~30,000円程度になります。

三回忌

三回忌の法要は、満2年経った頃に行います。
分かりにくいですが、一周忌の次の年には三周忌を行うという事になります。
三周忌以降の法要では、友人・知人などは呼ばないで親族だけの身内で行う事が多くなります。

嫁の祖父であれば、三回忌の法要も原則は参列する事が多いです。
三回忌での嫁の祖父での相場は、年代にもよりますが3,000円~30,000円程度です。

七回忌

嫁の祖父が亡くなって満6年で行うのが、七回忌の法要です。
基本的には親族だけで行う場合が多いです。
最近では、主催する側・参列する側の双方の負担を考えて、七回忌以降の法要を省略するケースもありますが、節目である年に故人の冥福を祈って昔から行われてきた儀式です。

嫁の祖父であれば、きちんと参列して香典を包むのが一般的です。
香典の相場は、3,000円~30,000円程度です。
他の法要でも言える事ですが、法要の際に会食が行われる場合は、会食の参加費用として5,000円~10,000円程度を上乗せして包むのがマナーですから、忘れないようにしましょう。

十三回忌

嫁の祖父が亡くなって満12年に行うのが十三回忌の法要です。
香典相場は、これまでの法要と同じく3,000円~30,000円程度ですが、十三回忌となると孫の年齢も上がっています。
年齢と立場に応じた金額の香典を包みましょう。

三十三回忌

三十三回忌の法要は、満32年の年に行います。
地域によっては五十回忌は行わず、三十三回忌をもって弔い上げ、つまり最後の法要とする所もあります。
香典の相場としては3,000円~30,000円程度ですが、十三回忌よりもさらに孫の年代も上がっています。
立場や経済状態に応じた香典を包む事が大切です。

五十回忌

嫁の祖父が亡くなって49年目に行う最後の法要です。
この法要を持って故人の冥福を祈る儀式は最後になりますから、これまでのように親族だけでなく友人や知人なども呼んで盛大に行う場合もあります。
孫の年代もさらに上がっていますから、10,000円~50,000円程度が相場となります。

新盆・初盆

嫁の祖父が亡くなって最初に迎えるお盆を、新盆や初盆と言います。
葬儀や法要ほど規模は大きくありませんが、親族や友人などを招いて行います。
香典の相場も、さほど高額でなく5,000円から10,000円と年代による違いもありません。
ですが、お菓子などの品物をお供えするのが一般的ですから注意しましょう。

嫁の祖母・旦那の祖父の場合に違いは?

祖父母と言うと、嫁の祖父だけではありません。
嫁の祖母や、また嫁の立場からすれば旦那の祖父や祖母もおり、それぞれ葬儀や香典における違いはあるのでしょうか?

結論としては、祖父母によって違いはなく、実の祖父母であっても義理の祖父母であっても香典の金額相場は変わりません。
祖父母であればすべて同じと考えておきましょう。

家族葬の場合は香典を包むべき?

親族や親しい身内だけで、ゆっくりと故人を別れを惜しむ事ができるのが家族葬の良い所です。
職場関係など生前あまり交流のなかった方が参列しないので、お互いの負担も少なく、合理的でもあり、近年は家族葬の形態も多くなりました。

家族葬の場合でも、香典は包むのがマナーです。
身内のみといっても、会場を用意して式を主催するわけですから、香典は必要です。
ただ、家族葬の場合では故人の意思で香典を辞退するケースもあります。

香典辞退の申し出があるのにも関わらず香典を持参する事は、遺族にまた香典返しの手間をかけさせる事にもなり、故人の意思に背くことにもなりますので、慎みましょう。

嫁の祖父に包む香典の書き方

お金

身内でもある嫁の祖父へ包む香典袋であっても、マナーを守る事が大切です。
香典袋は嫁の祖父が信仰している宗教によって書き方が変わる部分があったり、法要の種類によって使う墨が変わったりと、気をつけるポイントがあります。
香典袋の書き方のマナーについて説明します。

表書き

香典袋の表書きは宗教によって違います。
表書きとは、香典袋の表面、上部に書いている御霊前などの部分です。
ここに書いてある言葉は、宗教や宗派によって違いがあります。

仏式の場合

日本では葬儀の約9割が仏式で行われています。
一般的な葬儀のイメージは、ほとんどが仏式によるものです。
仏式の葬儀の特徴が、焼香を行う事です。

そのため、表書きには御香料・御香典などの他に、御霊前と書きます。
注意したいのが、四十九日以降の法要では御霊前はふさわしくなく、御仏前と書くのが正解です。
仏教では、四十九日を境に故人は成仏すると考えられているため、表書きも御仏前となります。

浄土真宗の場合

仏教の中でも、浄土真宗の場合には注意が必要です。
浄土真宗では、故人は死後すぐに成仏すると考えられているため、お通夜や葬儀の法要でも、御仏前と書きます。
浄土真宗は、仏教でも最大宗派なので覚えておきましょう。

神式の場合

日本古来より伝わる宗教が神道です。
神式での葬儀の場合、香典袋は御玉串料(おたまぐしりょう)・御榊料(おんさかきりょう)と書きます。

玉串とは、米や酒、魚など神饌(しんせん=神様の食事物)と一緒にお供えするもので、榊の枝に紙垂(しで)と呼ばれるを紙を付けた物です。
神様にお供えをする、という意味があります。

キリスト教の場合

キリスト教の葬儀での香典袋は、御霊前・献花料と書きます。
仏教の葬儀と違って、キリスト教の葬儀ではお香を焚かないので、御香料などは適切ではありません。
キリスト教の香典袋には十字架や、百合の花が書かれているものを使います。

宗教ごとに表書きの書き方はこちらの記事でより詳しく説明していますので、興味のある方はぜひ合わせてお読みください。

名前

嫁の祖父に包む香典袋の場合でも、名前は夫の名前をフルネームで書くのが一般的です。
香典は「家」から出すものですから、家を代表して夫の名前を書きます。

生前、嫁と祖父の関係が深く、夫婦でお悔みの気持ちを表したい場合などは、連名で書く場合もあります。
また、親族が多い場合など、「孫一同」のように連名で出す場合もあります。

内袋(金額)

香典袋の内袋には、包んだ金額を書くのがマナーです。
遺族は香典の金額を確認するのに、分かりやすくするためのマナーです。

金額を書く時に気をつけるのは、旧字体で書く事です。
一は壱、二は弐、三は参と書きます。
数字の書き間違い、見間違いを防ぐことが目的です。

香典の内袋の正しい書き方や、お札の入れ方についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。
興味がある方は合わせてお読みください。

注意点

香典袋には、書く墨にもマナーがあります。
四十九日までは、薄墨を使って書きます。
悲しみの涙で墨が薄くなってしまった、という気持ちを表しています。

嫁の祖父に包む香典の包み方・渡し方

葬儀

香典には、書き方だけでなく、包み方や渡し方にもマナーがあります。
嫁の祖父であっても、マナーを守って香典を渡す事が大切です。
ここでは、香典の包み方や渡し方に関するマナーについて説明します。

包み方

香典袋は、上包みと中袋から出来ています。
お金は中袋に入れて、中袋を上包みで包みます。

地域によっては、不幸が重なると信じられており、中袋を使わない地域もあります。
その場合は、上包みの裏側に包んだ金額を書きます。

香典袋の包み方の詳しい説明については、こちらの記事で紹介をしています。
包み方に不安のある方は、ぜひ合わせてお読みください。

渡し方

香典には、渡し方もマナーがあります。
嫁の祖父であっても、喪主でない限り香典を包んで渡す事になります。
嫁の祖父の場合、郵送で渡すケースは少なく、葬儀に参列して香典を渡すケースが多いでしょう。

香典袋は、受付で渡します。
袱紗(ふくさ)に入れて持参して、渡す直前に袱紗から出して渡すのがマナーです。

香典袋の正しい渡し方については、こちらの記事で詳しく説明をしています。
ぜひ合わせてお読みください。

嫁の祖父に包む香典についてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、嫁の祖父に対する香典について次のような内容について解説をしてきました。

  • 嫁の祖父へ包む香典は、葬儀から五十回忌まで法要毎に相場がある事、また祖父母であれば実の祖父母でも義理の祖父母でも相場は同じである事、家族葬の場合でも原則は香典を包む必要がある事。

  • 嫁の祖父へ香典袋の書き方は宗教や宗派によって、表書きなどの書き方に違いがある事。

  • 嫁の祖父へ香典袋を渡す際には袱紗を使って渡す事。

嫁の祖父への香典や、法要への参列するマナーは身内なだけに悩んでしまう方も多いです。
今回の記事を参考にして頂き、今後嫁の祖父などの法要がある方は、マナーを守った対応を心がけましょう。
そして何よりも祖父を亡くして嫁が落ち込んだり、悲しんでいる場合には、夫としてしっかりと心の支えになってあげる事が大切です。

「終活ねっと」では、他にも香典に関する記事を多数掲載しています。
興味がある方はぜひ合わせてお読みください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事