香典袋の選び方|種類・宗教・金額・法事・包み方・渡し方

香典袋の選び方|種類・宗教・金額・法事・包み方・渡し方

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

2019-09-27

香典袋の正しい選び方は?

葬儀

葬儀や法事では必ず香典を用意しますが、香典のお金は受付などでそのまま財布から取り出すのではなく、香典袋に包んだ形にするのが一般的です。
香典袋はコンビニやスーパー、文房具店などでも売られていますが、その種類といえば非常に多いように見えます。

このため葬儀や法事で持参しようにも、適した種類を選ぶうえで苦労する方も多いのではないでしょうか?

しかし香典袋は宗教や金額によって決まっているため、その見分け方や選び方のコツさえつかめば大丈夫です。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀や法事の際に迷わない香典袋の選び方について詳しく見ていきます。

  • 香典袋の選び方のポイントとは?

  • 香典袋に包む金額の相場はいくらなのか?

  • 香典袋の包み方や渡し方とは?

香典袋の選び方に迷うことが多い方にとって、非常に役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典袋の選び方

葬儀

適している香典袋を選ぶには、宗教・宗派や包んだ香典の金額、葬儀や法事ごとに適した種類が重要です。
これらのポイントごとに香典袋の選び方について見ていきましょう。

宗教

香典袋の選ぶうえで、宗教・宗派で見分けるというのは非常に重要なポイントです。
ここでは宗教や宗派ごとに適した香典袋の選び方について、詳しく見ていきます。

なお宗教や宗派で選ぶ上で大きなポイントになるのが、表書きの種類と水引、のしです。

仏式の場合

仏式で使う香典袋の表書きは、御霊前や御仏前が代表的です。
「御霊前」は葬儀や、四十九日より前に行われる法事で使われる表書きで、ほとんどの仏教宗派で亡くなった方が四十九日まで霊の状態でさまよっているという考え方に基づいています。

一方「御仏前」は、四十九日後に故人が成仏するという考え方があるため、仏様としての故人に対してお供えする香典という意味で使われる表書きです。

このほかお供え物やそのためのお金を意味する表書きとして、「御供物料」や「御供物」などが挙げられます。
さらに仏教全般で使うことのできる「御香典」は、宗派に迷った場合に最適です。

水引は色が黒白で、結い方が結び切りか淡路結びのものを選びましょう。
ただし関西や北陸の場合は、黄白の色のものを使うのが一般的です。
なお香典袋で仏教専用のものに、蓮の花のデザインが入ったものがあります。

浄土真宗の場合

仏式でも浄土真宗の場合は「御霊前」は使われることなく、葬儀の時点で御仏前を使うのが一般的です。
浄土真宗の場合は、故人が亡くなった時点で極楽浄土に成仏していると考えるためです。

なお「御霊前」を使わないという点を除くと、香典袋のマナーは他宗派と変わりません。

神式の場合

表書きは、葬儀から仏教でいう四十九日法要に当たる五十日祭までは御霊前が使われます。
神道でも亡くなった方は50日間霊の状態でいるためです。
なお五十日祭以後は故人が守護神となるため、「御神前」が使われます。

ほかにも「御神饌料」や「御玉串料」、「玉串料」など独特な表書きもありますので、お供えの際にはぜひともご活用ください。

水引の色は黒白や黄白のほか双白のものも使われ、結い方については結び切りと淡路結びです。

キリスト教の場合

キリスト教では主な宗派として、カトリックとプロテスタントが挙げられますが、宗派に関係なく使えるものとして御花代と御花料があります。

またカトリック独特で使えるものとして「御ミサ料」、プロテスタント独特のものとして「弔慰金」も覚えておくとよいでしょう。
「御霊前」もカトリックであれば使うことができます。

キリスト教の香典袋では水引を掛けることがないため、水引のデザインが印字されたものを使うことはできません。
また十字架や白ユリの花のデザインが入ったものは、キリスト教でのみ利用できます。

金額別

香典袋は包んである金額によっても使い分けることが作法とされています。
具体的には以下のような選び方をしますので、金額に応じてご活用ください。

  • 香典の金額が1万円まで:水引のデザインが印字された香典袋

  • 香典の金額が1万円から3万円まで:金封の香典袋に水引を黒白か双銀の色を掛けたもの

  • 香典の金額が5万円から10万円まで:中金封の香典袋に双銀の水引を掛けたもの

  • 香典の金額が10万円以上:大金封の香典袋に双銀の水引を掛けたもの

法事・法要の種類

葬儀や法事の種類によっては、持参するのに適した香典袋が決まっている場合があります。
ここでは葬儀や法事の種類ごとに、適している香典袋の選び方を見ていきましょう。
なおポイントとしては、表書きの種類で区別するという点が挙げられます。

通夜・お葬式

通夜やお葬式の場合は仏式や神式、カトリックであれば「御霊前」、浄土真宗の場合で「御仏前」、キリスト教式の場合で「御花代」や「御花料」が挙げられます。
仏式で宗派で迷う場合であれば「御香典」がおすすめです。

なお仏式で葬儀と同じ日に初七日法要を行う場合は、「初七日御霊前」や「初七日御仏前」の香典袋も用意します。
ちなみに「初七日」の部分は小さく書くのが一般的です。

四十九日まで

葬儀が終わってから四十九日または五十日祭までの間は、仏式のほとんどの宗派と神式で「御霊前」、浄土真宗で「御仏前」が使われます。
キリスト教の場合は故人没後に行う法事に当たるものがないため、特に使われるものはありません。

一周忌

四十九日や五十日祭を過ぎると仏式と神式では霊の状態ではなくなるため、適切な表書きの種類もそれまでとは異なります。
このため一周忌では仏式で「御仏前」、神式で「御神前」の表書きが使われるのが一般的です。

三回忌以降

三回忌でも仏式や神式では、四十九日以降の表書きを入れた香典袋が使われます。
このため仏式では「御仏前」、神式では「御神前」の表書きを引き続き使うのが作法です。

香典袋に包む金額の相場

お金

香典を持参する際には香典袋の選び方のほかにも、金額の相場がいくらであるのかは多くの方が気になるところでしょう。
ここでは香典の葬儀や法事の種類ごとの金額相場について見ていきます。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

通夜や葬式の場合、香典の金額は故人との関係性によって相場が異なります。
故人と血縁上近い場合ほど、金額が高くなるのが一般的です。

具体的には故人が親の場合で3万円から10万円、祖父母の場合で1万円から5万円、叔父や叔母の場合で5千円から3万円、知人や友人の場合で5千円から1万円となります。
ただし故人が親や祖父母以外の場合でも、生前に親しくしていたということであれば相場以上に包むことも多いです。

葬儀の際に包む香典の相場については、以下の記事でより詳しく説明されています。
ぜひともご活用ください。

四十九日

故人が成仏する節目とされているため、四十九日も葬儀並みに盛大に行われます。
このため四十九日に持参する香典の金額相場も、葬儀の場合と同じくらいです。

具体的には故人が親の場合で3万円から10万円、祖父母の場合で1万円から5万円、叔父・叔母の場合で3千円から3万円、知人・友人の場合で5千円から1万円とされています。
もちろん四十九日でも、生前に故人と親しかった場合は相場以上の金額を包むことも多いです。
なお夫婦で一緒に包む場合は、相場の倍の金額を包みましょう。

四十九日法要の際に持参する香典の相場については、以下の記事でより詳しく説明されています。
ぜひともご活用いただければ幸いです。

一周忌

故人が亡くなって1年の節目で迎える一周忌も、四十九日ほどではないにせよ盛大に行われます。
このため四十九日に比べると、香典の相場はやや低めです。

具体的には故人が親の場合で3万円から10万円、祖父母の場合で1万円から3万円、叔父・叔母の場合で3千円から3万円、知人・友人の場合で3千円から1万円ほどとされています。

一周忌で持参する香典の相場については、以下の記事にもより詳しく紹介されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

三回忌

三回忌以降の法事では、故人のご遺族やご親族が主な参列者ということになるため、法事の規模も小さくなります。
このため一周忌までに比べると、香典の相場は安めの傾向といってよいでしょう。

1人当たり1万円から3万円ほど、夫婦で一緒に包んだ場合で2万円から5万円ほどというのが一般的な相場です。

三回忌の香典相場については、以下の記事でより詳しく解説されています。

十三回忌

十三回忌ともなると、ご遺族やご親族でも参列者は少なくなる傾向にあります。
このため三回忌の場合に比べると、法事の規模もずいぶんと小さくなるといえるでしょう。

このため1人につき5千円から3万円ほど、夫婦で一緒に包む場合は1万円から5万円ほどが相場です。

十三回忌で持参する香典の相場について詳しいことは、以下の記事で説明されていますので、ぜひともご活用ください。

香典袋の包み方・渡し方

葬儀

香典の準備ができたら、あとは包んだうえで葬儀や法事の会場に持参してお渡しするだけです。
最後にここでは、香典の包み方や渡し方についても見ておきましょう。

包み方

まず包み方から見ていきます。
最初に香典袋を包む袱紗をひし形に広げ、その後香典袋を真ん中よりも右寄りに置きましょう。
そして袱紗を右・下・上・左の順にたためば、包み終わることになります。

香典袋の包み方については、以下の記事でより詳細に説明されていますので、ぜひともご活用ください。

渡し方

香典を渡す際には作法がありますので、覚えておくとよいでしょう。
まず受付で袱紗から香典袋を取り出して、受付係が見やすい向きになるように載せます。
そしてお悔やみの言葉を添えながら、両手でお渡ししましょう。

香典の渡し方についてより詳しいことは、以下の記事に説明されています。
ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

香典袋の選び方についてのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀や法事に適した香典袋の選び方について、香典の金額相場や包み方・渡し方のマナーとともに見てきました。
内容をまとめますと、以下の3点となります。

  • 香典袋の選び方は、宗教・宗派の形式や包む金額、参列する葬儀や法事を基準とするのがポイントである。
    それぞれの基準に応じて適している表書きや水引、のしの種類はさまざまであるため、ご自身が参列する葬儀や法事、包んだ金額ごとに使い分ける。

  • 香典袋に包む金額相場は葬儀や法事の種類によりさまざまであるが、葬儀や四十九日よりも一周忌や三周忌以降の法事になるほど参列者が少なくなる分、安い相場である。

  • 香典袋の包み方はひし形に広げた袱紗に香典袋を置き、右・下・上・左の順にたたんでいく。
    会場にてお渡しする際には、袱紗から香典袋を取り出して受付係が見やすい向きに載せた後、お悔やみの言葉を添えて両手でお渡しする。

香典袋の選び方のポイントは、参列する葬儀や法事の宗教・宗派や包んだ金額、葬儀や法事の種類をよく確認したうえで、適しているものを選ぶ点です。
このため葬儀や法事の連絡を事前によく確認しつつ、合っている香典袋を選ぶようにしましょう。

香典では表書きのほか名前も記しますが、場合により夫婦連名で書く場合もあるでしょう。
以下の記事では夫婦連名で書く際のマナーや方法について詳しく説明していますので、ぜひともお役立ていただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「香典袋・選び方」に関連する記事

  • コンビニで買える香典袋って?宗教ごとの違いや香典袋の包み方を紹介のサムネイル画像
    コンビニで買える香典袋って?宗教ごとの違いや香典袋の包み方を紹介

    突然訃報が入り香典を急いで用意しなくてはならない時、近くのコンビニで香典袋が買えると助かります。今回はコンビニで買える香典袋について、その選び方を詳しく解説します。宗教ごとの違いや香典袋の包み方についてもご紹介します。

  • キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説のサムネイル画像
    キリスト教葬儀の香典袋って?表書きや選び方から金額相場まで解説

    葬儀の際に必ず持参するものの1つが香典袋ですが、宗教によってマナーが異なるという点では注意すべきといえます。もしキリスト教の葬儀に参列する場合、どのような香典袋を持参すれば良いのでしょうか?そこで今回はキリスト教の葬儀での香典袋のマナーなどを見ていきます。

  • 葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像
    葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

    葬儀へ参列する際、香典は必ず持参する必要があります。しかし、葬儀で渡すために準備すべき香典袋について、あまり知らないという人は多いのではないでしょうか。この記事では、葬儀に向けて準備する香典袋の種類や表書きなどについて解説します。

  • 香典袋の書き方|御霊前・御仏前・違い・表書き・手書き・印刷のサムネイル画像
    香典袋の書き方|御霊前・御仏前・違い・表書き・手書き・印刷

    葬儀や法要に参列する際には香典袋を包みます。香典袋には表書きを書きますが、表書きには御霊前や御仏前などの書き方があります。表書きで一般的な御霊前は、どのようなときに書くのが正しいでしょうか。今回香典に御霊前と書くのはいつか、について詳しく解説をします。

  • 香典袋の水引の選び方は?水引の種類や中袋の書き方を詳しく解説!のサムネイル画像
    香典袋の水引の選び方は?水引の種類や中袋の書き方を詳しく解説!

    香典袋には黒白または銀色の水引が付いています。今回は。水引に注目して、水引と香典袋に関する正しいマナーを解説いたします。また、水引の色や結び方による種類、香典袋の選び方や書き方など葬儀の参列に欠かせない香典のマナーもご紹介します。

  • 香典袋の包み方に関するマナー|中袋・袱紗・ない場合のサムネイル画像
    香典袋の包み方に関するマナー|中袋・袱紗・ない場合

    葬儀の際には香典を包んで遺族にお悔みを述べるのがマナーです。香典を包む時、香典袋の包み方について困った経験ありませんか?今回終活ねっとでは、香典袋の包み方や袱紗の使い方、香典袋に関するマナーについて詳しく解説をします。

  • 香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像
    香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

    現在では、金銭で香典をお供えすることが一般的です。そのため、お金を包む香典袋が必要ですが、包む香典金額の相場はいくらでしょうか?香典袋の書き方から香典の金額までお教えします。

  • 香典袋の表書きはどうすればいいの?外袋の書き方も解説!のサムネイル画像
    香典袋の表書きはどうすればいいの?外袋の書き方も解説!

    葬儀に欠かせないものといえば香典ですが、香典袋の表書きで悩まれる方は多いのではないでしょうか。香典袋の表書きを書く際には、宗教・宗派の違いや渡す時期などを考慮する必要があります。今回は香典袋の表書きはどうすればいいのかについて、外袋の書き方も解説します。

  • 香典袋の裏面の書き方|中袋・金額・住所・氏名・封・マナーのサムネイル画像
    香典袋の裏面の書き方|中袋・金額・住所・氏名・封・マナー

    葬儀や通夜に参列する際に持参する香典ですが、その香典袋の裏側には何を書けば良いのでしょうか?また、香典袋の内側についている袋の裏側にも何を書けば良いか分からない方もいらっしゃると思います。そこで今回は香典袋の裏側や中袋の書き方について解説していきます。

  • 香典袋で中袋なしの場合は?|理由・書き方・入れ方・マナーのサムネイル画像
    香典袋で中袋なしの場合は?|理由・書き方・入れ方・マナー

    香典袋には通常中袋がついていますが、中袋なしの香典袋を見かけることがあります。地域によっては中袋なしの香典袋が主流の所もあります。今回は中袋なしの香典袋の書き方やお金の入れ方を解説します。香典を準備するときの注意点やマナーもご紹介しますのでぜひご覧ください。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料