連名で香典を頂いた場合の香典返しは?夫婦・職場の場合に分けて解説

葬儀の時に夫婦や職場の方などから連名の香典を頂くことがあります。連名で香典を頂いた場合、香典返しはどのようにすれば良いのでしょうか?今回は連名で香典を頂いた時の香典返しについて、夫婦と職場のケースに分けてそれぞれ解説します。

目次

  1. 連名で頂いた場合の香典返しについて
  2. 連名で香典を頂いた場合に香典返しは必要?
  3. 連名で頂いた場合の香典返しの贈り方
  4. 香典返しの書き方
  5. 香典の連名での包み方
  6. 連名で頂いた場合の香典返しのまとめ

連名で頂いた場合の香典返しについて

葬儀

葬儀の際、香典は個人名で頂くことが多いですが、時おり夫婦や職場の方などから連名で香典を頂くこともあります。

連名の香典に対してはどうお返しをさせていただけば良いのか、迷った経験がある方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回終活ねっとでは、連名で香典を頂いた場合の香典返しについて詳しく解説します。

  • 連名で香典を頂いた場合に香典返しは必要なのか?
  • 夫婦連名で香典を頂いた場合のお返しの金額相場・品物・贈り方をご紹介
  • 職場・会社の人から連名で香典を頂いた時のお返しの贈り方をご紹介
  • 夫婦・職場以外に連名で香典を頂いた時のお返しの方法について
  • 即日返しとする場合に連名の香典にはいくつお返しをすれば良いのか?
  • 香典返しの書き方と香典を連名で包む際のマナーをご紹介

以上の内容を中心にお伝えします。

連名の香典に対してお返しをする際に注意すべきポイントをご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

連名で香典を頂いた場合に香典返しは必要?

困った人々

連名で香典を頂いた場合も、基本的には通常と同じように香典返しは必要です。

香典の金額によっては香典返しをすべきかどうか迷うケースもあるでしょうが、先方から香典返しが不要であると言われない限りは、お返しをするのがマナーです。
香典返しは必要ないと自己判断せず、気持ちばかりの品物であってもお返しは準備し、相手に感謝を伝えることが大切です。

連名であるかどうかに関わらず、香典返しを辞退された時にはお返しを控えますが、後日直接ご挨拶をするかお礼状を出して、必ず参列と香典に対するお礼を述べるようにしましょう。

連名で頂いた場合の香典返しの贈り方

人々

連名で香典を頂いた際、香典返しはどうすれば良いのでしょうか?
職場や夫婦連名の場合の香典返しについてそれぞれ解説します。

夫婦連名で頂いた場合

香典は基本的に一世帯につき1つ包むもので、通常なら表書きには世帯主である夫の名前のみを書きます。
しかし生前夫婦共に故人と深いお付き合いがあった場合や、妻の親族の葬儀に夫婦で参列する時などに、香典をあえて夫婦連名にすることがあります。

一般的に夫婦連名で頂いた香典のお返しの方法は、夫のみの名前で頂いた場合と同様になります。

具体的な香典返しの贈り方を見ていきます。

お返しの金額相場

香典返しは半返しが基本ですから、頂いた金額の3分の1~半額程度の品物を贈ります
連名で5000円の香典を頂いたとしたら、お返しの金額相場は2000~2500円くらいとなります。

夫婦連名だという理由で香典返しの金額を特に高くする必要はなく、通常通りで問題ありません。

品物

上でも述べましたが香典は1つの家庭につき1つですので、それに対する香典返しの品物も1つのみとなります。
夫婦連名にすることは弔意の表れですので、それによりお返しの品物の数を増やす必要はありません。

もし可能であれば、贈る品物は夫婦で一緒に食べたり分けて使ったりできるよう、2つ以上に分けられるものの方が良いでしょう。

贈り方

贈り方についても、一般的な方法と変わりありません。
ですが、夫婦両方に感謝の気持ちを示すことを忘れないでください。

直接手渡すのであれば、両者にお礼のご挨拶をしてお渡ししますし、郵送するのであれば宛名を夫婦連名にして送るようにしましょう。

職場・会社の人から連名で頂いた場合

職場・会社の部署や仲間の方から連名で香典を頂くこともあります。
職場・会社の人から連名でいただいた場合はどのようにお返しをすれば良いのか解説します。

お返しの金額相場

お返しの金額については、まず頂いた額を連名の人数で割り、1人あたりが負担した額を計算します。
1人あたりの金額に対して3分の1から半額相当の品物を、人数分お返しすると良いでしょう。
1人につき3000円分の香典を頂いたのでしたら、お返しの金額相場は1000~1500円程度となります。

夫婦連名以外の場合は、連名で頂いた香典であってもお返しは個別に用意する方が望ましいです。

もし1人あたりの金額が少額で、個別の品物を選ぶのが難しい場合は、香典金額の半額くらいの小分けにできる菓子折りを持って行くという方法もあります。

品物

職場・会社の方への香典返しに贈りやすい品物には、お茶やお菓子、ハンカチやタオルなどがあります。

連名で頂いたお返しに1人1000円くらいの品物を贈りたいなら、ハンカチやタオルは金額的にも丁度良いでしょう。
お茶やコーヒー、小さなお菓子などの食料品も配りやすい品物です。

前述したように、1人あたりの香典返しの額が1000円以下になるようなら、お裾分けしやすい個包装で、日持ちがするお菓子の詰め合わせをお渡しするのも良いでしょう。
その場合は、連名の人数に行き渡るだけの数を必ず用意してください。

香典返しを辞退されている場合でも、お礼の気持ちを表すためにみんなで分けられる菓子折りを持って行くと、受け取ってもらいやすいです。

贈り方

職場・会社の方への香典返しは、忌引後の出社日に持参します。
職場によって習慣が異なりますが、基本的には始業前やお昼休みなどにご挨拶して配り、業務に支障をきたさないよう配慮します。

お返しを手渡す時には、「先日葬儀の折にはお心遣いを頂きありがとうございました」など参列と香典に対するお礼の言葉を述べましょう。
さらには休み中に仕事で迷惑を掛けたことへのお詫びと、今日から職場復帰する旨を報告します。

もし香典返しの品物の準備が間に合わなかったとしても、ご挨拶だけは職場復帰の日にしておきます。

身内の不幸の際は急に長期間仕事をお休みしますので、職場の方へは少なからず迷惑をかけることになります。
関係各所へもご挨拶するとともに、お昼や休憩の時に食べられる個包装のお菓子の詰め合わせを、香典返しとは別に準備しておくと良いでしょう。

その他の連名の場合

夫婦やグループではなく、例えば友人2~3人から連名で香典を頂くこともあります。

この場合はまとめてお返しをするのではなく、個別に香典返しを贈ります。
金額相場としては、通常と同じように1人あたりで頂いた金額の3分の1~半分で問題ありません。

香典返しの品物には、贈りやすいお菓子やタオル、カタログギフトなどがおすすめです。

1人だけ贈り忘れたりすることのないよう、よく確認して手配しましょう。

受付で香典返しを渡す場合は?

香典返しは四十九日の法要を終えてから贈るのが一般的ですが、葬儀の当日に受付でお返しの品物を直接お渡しする場合もあります。
後日香典返しをする負担が減ることから、この即日返し(当日返し)という方法をとるケースは近年増えています。

香典には5000円を頂くことが多いため、即日返しでは2000~3000円の品物がよく選ばれます。

即日返しの場合は、通常1つの香典に1つのお返しを渡します。
連名の香典なら夫婦でも会社関係でも、代表者1人の方に1つのみ品物を贈ります。

現在は即日返しが珍しくなくなりましたので、遺族に手間をかけさせないために、香典の金額によっては連名にせずに、別々に包んだ方が良いという考え方もあります。

香典返しの書き方

葬儀

ここで香典返しの書き方について確認しておきましょう。
のし紙のかけ方や表書きの書き方、挨拶状・お礼状のマナーについて説明します。

表書き・のし

香典返しの品物には黒白結び切りののし紙をかけるのが一般的です。
慶弔両方につかえるあわじ結びや、関西を中心に地域によって黄白の水引が使われることもあります。

表書きは志とすることが多く、水引の下段には葬家の苗字または喪主のフルネームを入れます。

連名の香典に対するお返しが人数分ある時は、1つずつにのし紙をかけましょう。

以下の記事では香典返しののしや表書きについて詳しく解説していますので、こちらも合わせてお読みください。

こちらも読まれています

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

挨拶状・お礼状

香典返しは本来なら遺族が先方にご挨拶に出向き、直接手渡すべきものです。
しかし生活スタイルの変化により、現実に一軒ずつ訪問してお返しをするのは難しくなり、今は送付するのが一般的です。

香典返しを送る際には、挨拶状・お礼状を添えましょう。
挨拶状の内容には、参列や香典に対するお礼や香典返しの品物を送付すること、書面でのご挨拶となることへのお詫びの言葉などを盛り込みます。

職場・会社の方へのお返しは直接手渡しますが、当日不在の方がいる可能性もあるため、挨拶状も添えておく方が良いでしょう。

以下の記事では、香典返しに添える挨拶状について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

香典の連名での包み方

葬儀

香典を連名にしたい時、表書きはどのようにすれば良いのでしょうか?
連名での香典の包み方を解説します。

夫婦

夫婦で葬儀に参列しても香典は夫の名前で包むのが一般的ですが、あえて夫婦連名にしたい時は夫の名前を書き、その左に妻の名前を書きます。

具体的には、まず夫の名前のみを書く時と同様、下段中央にフルネームを書きます。
そして夫の名前の左側に、苗字は省略して妻の名前を記載します。

以下の記事には香典を夫婦連名にする時のマナーについて詳しく解説しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典を夫婦連名で書いてもいいの?書き方やマナーについて解説!

訃報は突然くるもので、葬儀の準備も急がなくてはなりません。準備の中では香典も用意することになりますが、もし亡くなった方が夫婦でお世話になっていたという場合は香典は夫婦連名でもいいのでしょうか?香典を連名にするかどうか等の書き方を知りたい方には必見の記事です。

会社・職場

会社・職場の人と一緒に連名の香典を包む場合は、3名までなら表書きに全員のフルネームを記載します。
目上の人が右側になるように、順に名前を書きます。

4名以上の場合は書ききれないので、表書きには代表者1名の名前を書いて、その左下に小さめに外一同と記載します。
全員の名前は白い便箋などを用意して書き、中袋に同封します。

香典返しを辞退したい場合は、名前を書いた別紙または中袋の住所氏名の所に、その旨を書き添えておきます。

会社関係の香典の書き方については以下の記事に詳しく解説しておりますので、ぜひこちらも合わせてお読みください。

こちらも読まれています

会社関係の香典の書き方は?個人・会社・連名の場合に分けてご紹介!

会社に勤めている方の場合、会社関係の葬儀に参列する機会を持つことがあります。その際には身内の方などの葬儀に参列する場合とは異なる香典の書き方を知っておくことが大切です。今回は会社関係の葬儀に参列する場合の、香典の正しい書き方について見ていきましょう。

連名で頂いた場合の香典返しのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

連名で香典返しを頂いた場合の香典返しについて解説してきました。
内容をまとめると以下のようになります。

  • 連名で香典を頂いた場合でも、香典返しを辞退されない限りはお返しの品物を用意するのがマナーである。
  • 夫婦連名で香典を頂いた場合は、基本的には夫のみの香典の時と同様の半返しをするが、送付する時は夫婦連名にして送り、香典返しの品物は夫婦両方が食べたり分けて使ったりできるものを選ぶと良い。
  • 職場・会社の方から連名で香典を頂いた場合は、香典の金額を人数で割り、その3分の1~半額の品物を1人ずつにお返しするが、1人あたりが少額になる時は全員で分けられる小分けのお菓子やタオルなどを用意する。
  • 職場・会社の方へのお返しは、忌引後の出社日に持参してお礼のご挨拶とともにお渡しする。
  • 夫婦や会社関係ではない、友人数名から連名で香典を頂いた場合には、1人あたりの金額の3分の1~半分程度の品物をそれぞれ個別にお返しする。
  • 香典返しを即日返しとする場合、連名の香典に対しては代表者に1つのみ品物をお渡しする。
  • 香典返しには弔事用ののし紙をかけて表書きを志などにし、送付する際は挨拶状・お礼状を添えて送る。
  • 連名で香典を包む時は、夫や目上の人が右になるように順に名前を書くが、4人以上の連名なら表書きを代表者の名前に他一同とし、別紙に全員の名前を書いて同封する。

連名の香典に対する香典返しをどうするかお悩みの方の参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、他にも香典返しに関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しは本来四十九日終了後、無事に法要が終わったという報告を兼ねて送るお礼の品のことです。しかし最近ではできるだけ早くお返しを済ませたいという考えから、葬儀当日に香典返しを渡すことがあります。当日、香典返しを渡すメリットやマナーをご紹介します。

「香典返し・連名」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・連名」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

香典を夫婦連名で書いてもいいの?書き方やマナーについて解説!のサムネイル画像

香典を夫婦連名で書いてもいいの?書き方やマナーについて解説!

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

年賀状の連名の書き方は?差出人が連名の時の書き方や様の位置も解説のサムネイル画像

年賀状の連名の書き方は?差出人が連名の時の書き方や様の位置も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典返し・連名」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと