香典の短冊とは?表書きや名前の書き方、香典袋への貼り方をご紹介!

香典の短冊とは?表書きや名前の書き方、香典袋への貼り方をご紹介!

文房具屋だけではなくコンビニやスーパーでも普通に売られている香典袋ですが、たまに香典袋の中に短冊状の紙が入っているのを見かけたことがある方もいるでしょう。この短冊は果たしてどのように書いたり使ったりすればよいのでしょうか。

最終更新日: 2020年12月17日

香典の短冊について

葬儀

香典袋はいまや文房具店だけではなく、近所のコンビニやスーパーでも気軽に買うことができるようになりました。
さて香典袋を買った後で口を開けてみると、香典袋だけではなく短冊状の紙が一緒に入っているのを見かけたことがある方も多いでしょう。

短冊と聞くと、毎年夏に迎える七夕に願い事を書いて笹の葉に吊るす紙をイメージしがちです。
しかし香典袋に入っている短冊は願い事を書くためのものではないでしょう。
はたして何のために使われる短冊なのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、香典袋と一緒に入っている短冊の書き方や使い方について解説します。

  • 香典に使う短冊とは?

  • 香典袋と一緒に入っている短冊の使い方とは?

  • 香典袋と一緒に入っている短冊は印刷でもよいのか?

香典袋と一緒に入っている短冊のことが気になる方や有効活用したい方にとって役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典の短冊とは?

葬儀

コンビニなどで購入した香典袋と一緒に入っている短冊状の紙は、はたしてどのようなものなのでしょうか?
ここでは香典で使うと考えられる短冊状の紙について見ていきましょう。

表書きと名前を書く紙

香典袋と一緒に入っている短冊状の紙は、外袋に記す表書きと名前を書いたうえで貼り付けて使うための紙です。

普通に香典袋に直接表書きと名前を書くときも袋の真ん中に縦書きで書くため、この短冊状の紙も真ん中部分に貼り付けて使う形になります。

短冊は必ず使う必要がある?

この香典袋と一緒に入っている短冊状の紙ですが、入っていたら必ず使わなければいけないものなのでしょうか。

香典袋と一緒に短冊状の紙が入っていても、必ず使わなければいけないわけではありません。
それどころか短冊状の紙を使わないまま直接香典袋に表書きや名前を書いても大丈夫です。

また直接香典袋に表書きなどを書いていて文字を書き間違えて新しく買い替える手間を省くために、短冊状の紙に表書きと名前を書いて貼り付けるという活用法もあります。

香典の短冊の使い方

葬儀

香典袋と一緒に入っている短冊状の紙について理解していただいたところで、実際にこの紙をどのように使うのかも見ていきましょう。

表書き

短冊状の紙に書くものとして最初に挙げられるのが、香典の表書きです。
表書きと聞くと御霊前や御仏前などが有名ですが、どのように記せばよいのでしょうか。

表書きについてはあらかじめ印字されている場合と、無地になっているために書く必要がある場合があります。

用途に合った表書きの種類を選ぶ

一般的に香典袋に使われる表書きは種類がさまざまです。
しかしどの種類にも共通して言えることとして、香典を持参した用途を示すために書かれるものである点が挙げられます。

加えて表書きは参列する葬儀や法事の宗教や宗派に応じて、適切なものが決まっていることが一般的です。
短冊状の紙にはあらかじめ表書きが印字されているため、適切なものを選ぶようにしましょう。
たとえば日蓮宗の葬儀は御霊前、浄土真宗の場合は御仏前です。

もし誤った表書きを選ぶと先方との間でトラブルになる場合があります。
このため事前に相手方の宗教・宗派とそれに合わせた表書きをよく確認しておきましょう。
香典の表書きを適切に書く方法については、以下の記事もあわせてご参照いただけると便利です。

無地の場合は書き込む

短冊の中には表書きが印字されていない無地の状態となっていることも多いです。
このような場合は筆ペンや毛筆を使って直接書き込むことになります。

ここで注意すべき点が葬儀やお通夜に香典を持参する場合です。
葬儀用に香典を準備するときは、表書きなどを書く際に薄墨を使うのが作法であるため、必ず薄墨で記しましょう。

また書く際に使う筆記用具も筆ペンや毛筆を使い、サインペンやボールペンのような略式とみなされるものは避けるようにします。

名前の書き方

短冊には表書きのほかに実際に香典を包んだ方の名前を書きます。
ここでは名前の書き方についても一緒に見ていきましょう。

名前の書き方には大きく分けて、個人で書く場合と連名で書く場合が挙げられます。

個人の場合

香典を実際に包んだのが個人の場合は、そのままご自身のフルネームを記入します。
なるべく真ん中寄りに、外側へはみ出すことがないように心がけて書くとよいでしょう。

連名の場合

香典は故人で包む以外にも、会社関係など複数人が連名で包む場合も多いです。
連名で書く場合、一般的な方法であれば人数によって左右のスペースを広く使うこともあります。

短冊を使う場合も基本的には香典袋に直接記す場合と同じような書き方です。
3名までであれば立場順に短冊の右側から順に役職名とフルネームを記し、4名以上の場合は部署名を記したうえで詳しい内訳を記した別紙を同封します。

さらに夫婦で一緒に記す場合も、夫のフルネームの隣に妻の下の名前を書きましょう。
もし旧姓を書きたいのであれば、妻の名前の近くにカッコつきで記します。

ただ直接書く場合に比べると書きづらいこともありますので、無理そうであれば直接香典袋に記すのも1つの方法です。

短冊は糊付け(のりづけ)すべき?

表書きと名前を書いた短冊は、あとは香典袋と一緒にするだけです。
ここで気になるのが短冊を香典袋に糊付けした方がいいのかどうかという点でしょう。

結論から書けば短冊は糊付けした方がよいです。
糊付けがきちんとされていないと、香典を受け取った側で誰のものであるのかがわかりにくくなってしまうこともあります。

このためご遺族側の負担を軽くするためにも、書き終えた短冊は香典袋にしっかりと糊付けしておきましょう。

短冊の貼り方

短冊を糊付けするとなれば貼り方も重要です。
細長い紙であるため、両端だけに糊を付けておけばよいと考える方も多いでしょう。
しかし極力全体的かつ真ん中よりに糊付けするのが無難です。

両端だけを糊付けすると逆にはがれやすくなって、結果としてご遺族側で誰からの香典なのかが確認しづらくなります。
このようなトラブルを防ぐためにも、糊付けはきちんとしておきましょう。

ただ短冊も物によっては裏がシールになっているものも多いです。
その場合は普通のシールと同じように貼り付けます。

香典の短冊は印刷だと失礼?

困った人々

香典の短冊で表書きがあらかじめ印字されているものがあることは先ほども触れましたが、そうなると短冊に表書きや名前を印刷してもよいのでしょうか。

短冊に表書きや名前を印字しても特に問題はありません。
むしろ近年ではインターネット上で無料のテンプレートをダウンロードできるサイトがあったり、印刷サービスを運営している業者や店舗もあるほどです。

このため表書きの種類と名前を打ち込んだり、業者側に伝えたりすれば簡単に準備することができます。

香典袋の印刷については、以下の記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

香典の短冊についてのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、香典袋と一緒に付いている短冊について見てきました。
内容をまとめますと、以下に挙げる各ポイントの通りです。

  • 香典袋と一緒に付いている短冊は表書きと名前を書くための紙である。
    なお香典袋と一緒に付いているからといって必ず使用しなければいけないわけではない。
    このため一緒に付いていても使うことなく、代わりに香典袋に直接表書きと名前を書くということでも問題ない。

  • 香典の短冊には表書きがあらかじめ印字されているものと無地のものがある。
    このため印字されているものについては、相手方の宗教・宗派とそれに適した表書きをよく確認したうえで、適切なものを選ぶようにする。
    無地の場合は適切な表書きを直接書き込むが、葬式に持参する場合は薄墨を使って書く。

    名前は個人の場合はそのままフルネームで書く。
    一方連名で書くときは、3名以上の場合は立場順に右から、4名以上の場合は所属部署名などを記したうえで内訳を記した紙を同封する。
    直接香典袋に記す場合に比べ書きづらいため、難しそうな場合は無理しないようにする。

    書き終えた短冊はご遺族側で確認しやすいように糊付けする。
    糊付けの際は全体的に糊を付けるようにし、シールの場合はそのまま貼り付ける。

  • 香典の短冊は印刷でも問題ない。
    むしろ近年では無料テンプレートをダウンロードできるサイトや、印刷を受け付ける店舗などがあるため活用するとよい。

香典袋を買ったときに一緒に付いてくる短冊は、表書きと名前を書いたうえで香典袋に貼り付けて使うためのものです。
もちろん短冊を使っても、また短冊を使うことなく香典袋に直接書き込んでも問題にはなりません。
ただ表書きは適切なものを選んだり記したりするようにしましょう。

香典袋に関するマナーは書き方や短冊の使い方のほかにも、実際に香典としてお渡しする金銭の入れ方や向きも重要です。
以下の記事では香典のお札を入れるときの適切な向きについて非常に詳しく説明しています。
お札の入れ方に不安を感じる方はぜひとも参照していただくとよいでしょう。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事