家族葬の弔辞は必要?誰がするべき?伝えるべきことやマナーも解説!

弔辞は故人に対する哀悼の意を表現するためのものです。そんな弔辞は家族葬では必要なのでしょうか?今回は、家族葬における弔辞の必要性について解説していきます。さらに、弔辞は誰が読むべきなのか、どんな内容にしたら良いのか、弔辞についてのマナーについても紹介します。

目次

  1. 家族葬の弔辞について
  2. 家族葬の弔辞は必要?
  3. 家族葬で弔辞を読むときの流れ
  4. 家族葬の弔辞についてのマナー
  5. 家族葬の弔辞についてまとめ

家族葬の弔辞について

葬儀

家族葬は主に家族などの親しい人で執り行う小規模な葬儀です。
そんな家族葬では弔辞が必要かどうかご存じでしょうか?

弔辞とは故人へを弔う気持ちを表現したことばで、通夜や葬儀・告別式で読まれるものです。
一般的な葬儀では弔辞は読まれることが多いですが、家族葬では弔辞を読む必要はあるのでしょうか?

今回終活ねっとでは、家族葬の弔辞について、そもそも弔辞は必要かどうかや弔辞に盛り込むべき内容にも触れながら解説していきます。
この記事は以下の項目に沿ってお話していきます。

  • 家族葬の弔辞は必要なの?
  • 家族葬の弔辞は誰が読む?
  • 弔辞の内容として盛り込むべき内容とは?
  • 家族葬で弔辞を読む時の流れとは?
  • 家族葬の弔辞に関するマナーとは?

家族葬は近年注目を集めている葬儀でもあります。
あなたも家族葬で弔辞を読むという機会がもしかしたらあるかもしれません。
いざというときのためにも、この記事を読んで家族葬の弔辞について知っておきましょう!

最後までお読みいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

家族葬の弔辞は必要?

困った人々

一般的な葬儀では弔辞を読むということはふつうのことかもしれません。
では、家族葬の弔辞は必ずしも必要なのでしょうか?

弔辞は絶対に必要というわけではない

家族葬において、弔辞は絶対に必要というわけではありません
遺族の以降次第で弔辞を読むも読まないも自由なのです。

弔辞に対する考え方はいろいろあります。
家族葬は基本的には故人と親しい人のみで執り行われます。
したがって、弔辞を読んで改めて故人とのエピソードなどを語る必要はないという考え方があります。

一方で、故人をよく知る人が一同に会しているのだからこそ、弔辞のような故人とのエピソードや気持ちを表現する場があってもよいのではないかという考え方もあります。
もちろん、弔辞を読むにせよ読まないにせよ、故人への想いがこもったあたたかい家族葬になることが望まれます。

ところで、弔辞は誰が読むものなのかご存知でしょうか?

弔辞は故人と親しくしていた人が読む

基本的に、弔辞は故人と親しくしていた人が読むものです。
つまり、弔辞を読む人は家族であるとは限りません。

弔辞を依頼するときは

遺族は弔辞をぜひとも読んでほしい人に対して、弔辞の依頼をすることがあります。
家族葬をはじめとする葬儀というのは、故人が旅立ってからすぐ執り行われるため、早めに依頼を済ませて置くことが重要です。
依頼した方の都合がつかないという場合もありますので、そちらも想定しておきましょう。

また、弔辞を依頼するときには電話で連絡をとることが多いです。
家族葬までの日数も限られていますので、確実に連絡がとれる手段を使いましょう。

さらに、弔辞を読んでくれた人に対する謝礼は菓子折りなどの品物で対応することが多いようです。
現金を謝礼として渡すのはあまりみられません。

弔辞に対するお礼は、品物とともに挨拶状を添えるとより丁寧でしょう。
また、弔辞に対するお礼は地域によって慣習があることがありますので、そちらも併せて確認しておきましょう。

弔辞を依頼されたら

弔辞を依頼された場合は、特段の事情がない限りは快く受け入れるのがマナーです。

家族葬までの時間は限られており、弔辞を考えるのは大変かもしれません。
さらに、自分には荷が重いと感じる人もいるかも知れません。
しかし、遺族は故人と最も親しくしてくれた人としてあなたを選んだのですから、ぜひとも断らずに引き受けるようにしましょう。

弔辞の内容や流れについては後にお話していますので、ぜひそちらもご確認ください。

弔辞に立候補することはできる?

家族葬に参列する人の中で、弔辞を読みたいという人は立候補することができます
遺族の方も、ぜひその意思を尊重してあげてください。
きっと思いのこもった弔辞を読んでくれるはずです。

孫が弔辞を読むケースもある?

家族葬では孫が弔辞を読むというケースもあるようです。
年齢的にも孫にとっては弔辞を読むということが初めての経験かもしれません。
しかし、この記事ではどのようなことを話せばよいかということも後に解説しておりますので、ぜひご確認ください。

弔辞で伝えるべきこと

ここで、弔辞で伝えるべきことについて解説していきます。
弔辞でどんなことを話したら良いのかわからないという人も多くいらっしゃるかと思います。

弔辞で何を話すかは読む人次第です。
しかし、その中でも弔辞には基本となる構成があります。
以下に弔辞の基本的な構成を示しておきますので、是非参考にしてみてください。

  • 前文

    故人に語りかけるように弔辞を読み始めます。
    ここでは故人を悼むことばを述べます。

  • 本文

    弔辞のメインの内容となる部分です。
    自分と故人との関係や思い出・エピソードなどに触れつつ、故人の人柄や功績について述べます。

  • 結びのことば

    お別れのことばで弔辞を締めくくります。
    遺族へのお悔やみのことばや故人の冥福を祈る気持ちを表現しましょう。

さらに、弔辞にはいくつかの盛り込むべき内容があります。
以下に弔辞の内容のポイントを挙げましたので、ぜひご確認ください。

  • まずは自分と故人はどのような関係性なのかを示しましょう。
  • 故人はどのような人であったかを示しましょう。
    自分と故人との思い出やエピソードを交えて紹介するのがおすすめです。
  • 最後には別れのことばを述べます。
    故人への感謝の気持ちや冥福を祈る気持ちを表現して締めくくります。

弔辞に対して堅苦しい印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、弔辞は故人に語りかけるようにして読みます。
堅苦しい言葉を使う必要はありません。
あなたの故人に対する思いを素直に表現しましょう。

自分の言葉を大切にし、あなたなりの弔辞を作り上げていただければと思います。

家族葬で弔辞を読むときの流れ

葬儀

弔辞を読むという経験はそうそうあることではないでしょう。
ここでは、家族葬で弔辞を読む流れについて解説していきたいと思います。
弔辞を読むときの流れは以下のとおりです。

  • 司会進行役から呼ばれたら起立し、遺族に対して一礼してから祭壇の前に向かいます。
  • 左手に弔辞と書かれた面が上になるようにして弔辞を持ち、右手で便せんを取り出します。
  • 弔辞の上包みは弔辞台に置くか、便せんの下にくるようにして重ねて持ちます。
  • 右手で便せんを開きます。
  • 遺影に向かって一礼し、両手で弔辞を目の高さまであげて持ち、ゆっくりと心をこめて読み始めます。
  • 弔辞を読み上げ終わったら、弔辞を包み直して元の状態に戻し、祭壇に捧げます。
  • 遺影と遺族に対してそれぞれ一礼したら、席に戻ります。

家族葬の弔辞についてのマナー

葬儀

最後に、家族葬の弔辞で気をつけたいマナーについて解説していこうと思います。
弔辞を読むときだけでなく、読む内容に関しても注意を払う必要があります。
それでは順に見ていきましょう。

弔辞は3~5分くらいに収まるように

弔辞は事前に内容を考えてくるという人が大半です。
そこで注意したいのは弔辞の原稿の長さです。

弔辞はだいたい3~5分くらいに収まるようにするのが一般的です。
弔辞の文字数の目安としては800字~1400字程度といわれています。

原稿を見ても問題ない

弔辞を読むときは原稿を見ても問題ありません
原稿を見ずにそらんじることが求められる祝辞とは異なり、弔辞ではほとんどの場合は原稿を読みながら読み進めます。

忌み言葉は避ける

弔辞の中で忌み言葉を使うことは避けましょう。
忌み言葉とは縁起の悪いことを連想させるようなことばのことで、葬儀だけでなく結婚式などのシーンでも使用を控えられています。

忌み言葉の代表例を以下にまとめましたので、弔辞の内容を考える際にぜひご参考にしていただければと思います。

  • 重ね言葉

    不幸が重なることや、不幸が再びあらわれるといったことを連想させる表現として避けられています。
    例:重ねる・重ね重ね・たびたび・再び・いよいよ・くれぐれも など

  • 生死に関する直接的な表現

    例:生きる・死ぬ など

  • 縁起の悪いことを連想させる表現

    例:つらい・苦しみ・迷い・4・9 など

宗教用語に注意する

弔辞の内容を考える際には、宗教用語にも注意しましょう。
例えば、「冥福を祈る」という表現は仏教由来のことばですので、基本的には仏教式の葬儀でしか用いません。
さらに、例外として仏教の中でも浄土真宗という宗派においては、「冥福を祈る」ということばは使いません。

故人の信仰していた宗教や宗派はあらかじめ把握しておき、宗教用語には気を配りながら弔辞を作り上げましょう。

以下の記事では今回触れることのできなかった、弔辞の包み方についても解説しています。
ぜひお読みください。

こちらも読まれています

葬儀の弔辞は誰が読む?書き方や包み方からお礼まで弔辞マナーを解説

葬儀で弔辞を依頼されたことはありますか?故人の最後の晴れ舞台、せっかくですのでしっかりと弔辞を読んで送ってあげたいですよね?そこで今回は、葬儀で読まれる弔辞について、依頼の仕方やマナーなどを解説していきたいと思います。

家族葬の弔辞についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、家族葬の弔辞について、以下の項目を中心にお話してきました。

  • 家族葬に弔辞は絶対に必要というわけではありません。
  • 家族葬の弔辞は基本的には故人と最も親しくしていた人が読みます。
  • 家族葬の弔辞で伝えるべきことは、自分と故人の関係性・故人の人物像・お別れのことばなどですが、決まり文句があるわけではありません。
    自分なりの素直な気持ちを弔辞に盛り込むことが大切です。
  • 家族葬の弔辞を読む作法はあります。
    弔辞を読む前には、弔辞を読む流れをしっかりと確認しておきましょう。
  • 家族葬の弔辞は3~5分くらいの内容に収め、忌み言葉や宗教的な表現に気を遣いましょう。

家族葬では弔辞は絶対に必要というわけではありません。
家族葬では遺族の意向次第で弔辞を読むか読まないかを決めることができるのです。
いずれにせよ、故人を弔う気持ちを大切にし、あたたかく静かな家族葬になることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

家族葬での平服とは?普段着ではない?家族葬での服装のマナーを解説

比較的自由な葬儀の1つとして家族葬が注目を集めています。そんな家族葬で普段着を着用することは問題ないのでしょうか?また、家族葬における平服とは何かご存知でしょうか?今回は家族葬での平服と普段着について、家族葬で気をつけたいマナーにも触れつつ解説していきます。

シェアする

「家族葬・弔辞」に関連する記事

  • 故人の孫が弔辞を読むときの例文は?弔辞の構成や内容も解説!のサムネイル画像

    故人の孫が弔辞を読むときの例文は?弔辞の構成や内容も解説!

    現在では祖父母の葬儀で孫が弔辞を読む、ということも増えてきています。しかし、孫が弔辞を読むときにはどのような弔辞を読んだらいいのかという例文を探すのも大変だと思います。そこで今回、孫が弔辞を読むときの弔辞の例文を、弔辞の構成や分量とともに解説します。

  • 弔辞の書き方は?内容の注意点やポイント、読み方や包み方も解説のサムネイル画像

    弔辞の書き方は?内容の注意点やポイント、読み方や包み方も解説

    大切な方が亡くなられたとき、弔辞を依頼されることがあると思います。しかし、どのような内容を書いたらいいのか、書き方を悩まれる方も多いのではないでしょうか?ご遺族の方から依頼されるものなので、きちんと用意したいですよね。今回は、弔辞の書き方を詳しく解説します。

  • 弔辞では何を話すの?内容の文例や構成のポイントも解説のサムネイル画像

    弔辞では何を話すの?内容の文例や構成のポイントも解説

    大切な方が亡くなられると、葬儀で弔辞を読むことがあると思います。しかし、弔辞を読む機会は多くなく、実際にどのような言葉を選べばいいのか、文例を参考にしたいと悩まれる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、弔辞の内容や構成と文例などを紹介していきます。

  • 葬儀の弔辞は誰が読む?書き方や包み方からお礼まで弔辞マナーを解説のサムネイル画像

    葬儀の弔辞は誰が読む?書き方や包み方からお礼まで弔辞マナーを解説

    葬儀で弔辞を依頼されたことはありますか?故人の最後の晴れ舞台、せっかくですのでしっかりと弔辞を読んで送ってあげたいですよね?そこで今回は、葬儀で読まれる弔辞について、依頼の仕方やマナーなどを解説していきたいと思います。

  • 密葬と家族葬の違いとは?それぞれの葬儀の流れについても解説しますのサムネイル画像

    密葬と家族葬の違いとは?それぞれの葬儀の流れについても解説します

    最近では、葬儀を家族だけで行う家族葬が増えてきています。しかし密葬という葬儀形式についても聞いたことはありませんか?密葬と家族葬は似ているようで大きな違いがあります。そこでこの記事では、密葬と家族葬の違いについて流れなども含め詳しく解説していきます。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

    家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

    故人の遺志で関係者に伝えることなく、家族葬でお別れすることがあります。家族葬のときに弔電を辞退することがありますが、どのようにするのが良いのでしょうか。弔電を辞退するときの連絡方法や文例について紹介します。

  • 家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

    家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

    家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

  • 家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説しますのサムネイル画像

    家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

    近年増えている家族葬。家族葬に弔電はどのように送ればよいのでしょうか?また、どのようにお断りをすればよいのでしょうか?家族葬での弔電について、送り方やマナー、断り方などを解説していきます。弔電のマナーを学び、いざという時に困らないようにしておきましょう。

  • 家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

    家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

    最近、家族葬という葬儀の形が増えています。小さなお葬式なので費用が安くなりやすく、近親者のみで故人をゆっくりと送れるため、人気を集めているようです。では家族葬の日程はどうやって決めたらよいでしょうか?今回は家族葬の日程・流れや遺体の安置方法について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・弔辞」についてさらに知りたい方へ

故人の孫が弔辞を読むときの例文は?弔辞の構成や内容も解説!のサムネイル画像

故人の孫が弔辞を読むときの例文は?弔辞の構成や内容も解説!

弔辞の書き方は?内容の注意点やポイント、読み方や包み方も解説のサムネイル画像

弔辞の書き方は?内容の注意点やポイント、読み方や包み方も解説

弔辞では何を話すの?内容の文例や構成のポイントも解説のサムネイル画像

弔辞では何を話すの?内容の文例や構成のポイントも解説

葬儀の弔辞は誰が読む?書き方や包み方からお礼まで弔辞マナーを解説のサムネイル画像

葬儀の弔辞は誰が読む?書き方や包み方からお礼まで弔辞マナーを解説

密葬と家族葬の違いとは?それぞれの葬儀の流れについても解説しますのサムネイル画像

密葬と家族葬の違いとは?それぞれの葬儀の流れについても解説します

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説しますのサムネイル画像

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族葬・弔辞」についてさらに知りたい方へ

故人の孫が弔辞を読むときの例文は?弔辞の構成や内容も解説!のサムネイル画像

故人の孫が弔辞を読むときの例文は?弔辞の構成や内容も解説!

弔辞の書き方は?内容の注意点やポイント、読み方や包み方も解説のサムネイル画像

弔辞の書き方は?内容の注意点やポイント、読み方や包み方も解説

弔辞では何を話すの?内容の文例や構成のポイントも解説のサムネイル画像

弔辞では何を話すの?内容の文例や構成のポイントも解説

葬儀の弔辞は誰が読む?書き方や包み方からお礼まで弔辞マナーを解説のサムネイル画像

葬儀の弔辞は誰が読む?書き方や包み方からお礼まで弔辞マナーを解説

密葬と家族葬の違いとは?それぞれの葬儀の流れについても解説しますのサムネイル画像

密葬と家族葬の違いとは?それぞれの葬儀の流れについても解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと