香典の金額は奇数?偶数はダメ?|相場・枚数・連名・書き方

香典の金額は奇数?偶数はダメ?|相場・枚数・連名・書き方

葬儀や法事で持参する香典には当然ながらお金を包む必要があります。ところで香典の金額は奇数の方が望ましいというのは聞いたことがあるでしょうか。今回は香典の金額について、奇数か偶数かというテーマのほか、香典にまつわるマナーや金額相場にも触れながら見ていきましょう。

最終更新日: 2020年12月18日

香典の金額は奇数がいいの?

葬儀

葬儀や法事のときによく持参するものの1つに香典が挙げられ、私たちは弔事に香典を持参することがあたかも当たり前のように感じています。
香典は故人のご遺族が弔事を行う際に、その費用を援助する意味でお渡しするものであるためです。

さて香典を包むとなれば当然ながら金額を決める必要があり、基本的に相場や周りの方に確認した情報をもとに決めるでしょう。
ただ香典として包む金額は数字も重要であるともいわれています。
このため金額の数字が奇数であるのか偶数であるのかという点も重要です。

そこで今回「終活ねっと」では、香典に包む金額の数字が奇数であるべきか、それとも偶数であるべきかについて見ていきます。
あわせて香典の金額相場やマナーなども見ていきましょう。

  • 香典の金額は奇数がよいのか、それとも偶数がよいのか?

  • 香典に包む金額の相場はいくら?

  • 香典袋の書き方にまつわるマナーとは?

  • 香典袋の包み方や渡し方のマナーとは?

毎度香典に包む金額で悩みがちな方にとって、今後金額を決めるうえで非常に参考になる情報が多く盛り込まれています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典の金額は奇数?偶数?

困った人々

香典についてはさまざまな作法があり、金額の数字についてもいろいろな作法があります。
このうち香典で包む金額の数字で望ましいのは奇数か偶数かにまつわるマナーも重要です。
ここではまず、香典で包む金額の数字で望ましいのは奇数か偶数かについて詳しく見ていきます。

偶数はタブーとされている

香典の金額に使われる数字で奇数か偶数かといえば、奇数がつく方が望ましいです。
逆に偶数がつく金額は弔事ではタブーとされています。

香典の金額で偶数がタブーとされる理由として、偶数が2で割り切れるという点が大きいです。
2で割り切れることは、故人とご遺族との縁が切れてしまうことにつながるとされているからです。
もし縁が切れた場合、ご遺族としては今後故人を供養するなどできなくなると考えられるでしょう。

特に葬儀の場合、ご遺族は故人を失って悲しみに暮れている状態であるため、ご遺族の気持ちも考えて奇数の金額を包むように心がけましょう。

なお偶数の中でも4は特に縁起が悪いとされています。
これは4が「死」を連想させる数字であるためです。

香典の金額は奇数が良い

偶数が縁起が悪いとされていることから、香典の金額は奇数のつくものがよいとされています。
ただし奇数の中でも特に1・3・5がおすすめです。

なお奇数であっても、9千円や9万円など9のつく金額は包まないようにしましょう。
9は「苦」を連想させる数字であるため、奇数であっても縁起が悪い数字とされているためです。
なお金額だけではなくお札の枚数も奇数枚になるように心がけましょう。

連名の場合も同じ?

香典の金額といえば、複数人の連名で包む場合も多いです。
特に会社関係で香典を準備する際、部署単位で包むことは珍しくありません。

連名で包む場合は各人が相場の範囲で少しずつ包みます。
この場合も金額は奇数になるようにした方がよいのでしょうか。

結論としては合計金額が奇数になるようにするべきです。
各人でいくら包んだとしても、ご遺族が受け取る際に合計で受け取るということに変わりはありません。
このためご遺族が受け取る段階で、合計金額が奇数のつく数字になるように心がけましょう。

香典の金額相場

お金

ここまで見てきたように香典で包む金額は奇数のつくものにしたり、枚数に気を付ける必要があったりと数字について心を配る必要があります。
ところで香典の金額相場はいったいいくらくらいなのでしょうか。
ここでは葬儀や法事ごとの香典の金額相場について見ていきます。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

香典を包むべき場といえば、まず葬儀が挙げられます。
葬儀で持参する場合、香典の金額は故人との関係性に応じてだいたいの相場が決まっているのが一般的です。

血縁関係にある場合は血縁関係にない場合に比べると多く包む傾向にあり、例えば故人が親の場合で5万円から10万円以上、叔父・叔母の場合で1万円から3万円という具合になっています。
一方知人や友人、ビジネス関係の方が故人の場合は5千円から1万円が基本的な相場です。

葬儀の際に持参する香典の金額相場については、以下の記事でさらに詳しく説明されています。
葬儀に参列する必要のある方はぜひともご参照ください。

四十九日

四十九日法要は故人が成仏する節目とされているため、法事の中でも葬儀と同じくらい重要といえます。
このため法事であっても葬儀で包んだ場合と同じくらいの金額が相場とされています。

四十九日法要でも葬儀と同じように故人との関係性に応じて金額を包むのが一般的です。
具体的には故人が親の場合で5万円から10万円以上、叔父や叔母の場合で1万円から3万円程度、知人や友人の場合で5千円から1万円包みます。

四十九日法要に持参する香典の金額相場については、以下の記事でより詳細に解説されていますので、ぜひともご活用いただければ幸いです。

一周忌

故人が亡くなって1年の節目である一周忌は、四十九日法要に比べると同じくらいかやや少なめの金額を包むのが一般的です。
ただ一周忌の場合も故人との関係性に応じて香典を包む傾向にあるといえます。

故人が親である場合は3万円から10万円かそれ以上、故人が叔父や叔母の場合は5千円から3万円、知人や友人の場合は3千円から1万円程度が相場です。
一周忌に持参する香典の金額相場については、以下の記事をご参照いただければさらに理解が深まるでしょう。

三回忌

故人が亡くなって2年が経った節目で行う三回忌となると、一周忌までに比べると参列者の数が減る分、法事の規模も小さくなりがちです。
このため一周忌までのように故人との関係別というよりは、1人当たりの金額が相場の基準となってきます。

三回忌に持参する香典は、1人につき1万円から3万円が一般的な相場です。
もし夫婦で一緒に香典を包む場合は2人分包むことになるため、2万円から5万円あるいは6万円ほど包むとよいでしょう。
なお上記の金額には法事後の会食費用も含まれています。

三回忌に持参する香典の相場については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、近いうちに三回忌に参列する予定がある方はご参照いただければ幸いです。

十三回忌

故人が亡くなって12年の節目で行う十三回忌は、直近の七回忌から見ても6年、三回忌から見て10年越しに行います。
いずれにせよある程度の年月を経て行うため、参列者の数も以前に比べるとさらに少なめといえるでしょう。

ただ持参する香典の金額は三回忌の場合と同じくらいでよいでしょう。
つまり1人当たり1万円から3万円、夫婦一緒の場合で2万円から5万円程度という相場です。
十三回忌に包む香典の金額相場については、以下の記事でより詳しく説明されています。

香典袋の書き方

葬儀

葬儀や法事に持参する香典については、書き方などのマナーも重要です。
ここではまず、香典袋の準備に欠かせない表書きや名前などの項目を書く際のマナーについて見ていきましょう。

表書き

香典袋に書くべき項目の中でも、表書きは香典袋の目的を示す役割があります。
加えて比較的大きな字で書かれるために人目にさらされることも多く、間違いがないようにする必要があるでしょう。
表書きは以下にご紹介するように、宗教や宗派に応じて適切なものを使うのが作法です。

仏式の場合

葬儀や法事は仏式で行われることが非常に多いため、香典袋の表書きは仏式のものを特に覚えておくとよいでしょう。
ほとんどの仏教宗派の場合、葬儀では御霊前、四十九日法要以降の法事では御仏前を使うのが一般的です。

もし仏教宗派や表書きを使い分けるタイミングがわからない場合は、御香料や御香典であれば宗派に関係なく無難に使えます。

浄土真宗の場合

同じ仏式でも浄土真宗の場合は、タイミングに関係なく御仏前を使うのが一般的です。
浄土真宗の場合は、故人は亡くなった段階ですぐに成仏するという考え方があることから、御霊前を使うことはありません。
もし他の宗派との見分けがつかなくて不安な場合は、御香典や御香料と書く方が無難です。

神式の場合

神道の作法で行う神式の場合は葬儀であれば御霊前、仏式の四十九日法要に当たる五十日祭以後は御神前を使うのが一般的です。
ほかにも神式独特の表書きとして、御神饌料や御供物料、御玉串料といったものがあります。

キリスト教の場合

キリスト教の場合は御霊前を使うことはできますが、カトリックであれば無難であるという点は理解しておきましょう。
プロテスタントでは偶像礼拝につながるとみなされがちであるため、使わない方がよいです。

キリスト教の場合で最も無難に使える表書きとして、御花料や御花代があります。
どの宗派の葬儀でも行われる献花に由来のある表書きであるためです。

名前

香典袋の下半分には包んだ方の名前を書きます。
個人で包む場合は、包んだ方のフルネームをそのまま記しましょう。

なお連名で包む場合は夫婦で包む場合と、会社や社内の部署で包む場合などでさまざまな作法があります。
特に人数が4人以上の場合は部署名を記したうえで、名前と金額の詳しい内訳を記した紙を同封するのが作法です。

金額

香典として包んだ金額は、香典袋か中袋に書きます。
どちらに書くにせよ、基本的には「金○○圓」と記す書き方です。

数字の部分を書くときにもポイントがあり、縦書きの場合は旧字体の漢数字を使い、横書きの場合は算用数字を使います。
なお中袋がある場合は中袋の表面に、中袋がない場合は香典袋の裏面に書きましょう。

注意点

香典袋を書くときは、いくつかの注意点を踏まえておくことが大切です。
まず葬儀に持参する香典袋の場合は、薄墨で書くのが作法とされています。
薄墨は普通の墨以上に薄く、ちょうど悲しみの涙で濃さが薄まったように見えるためです。

なお四十九日法要以降の法事に持参する場合は、逆に故人のご不幸を悲しむ時期が過ぎたために普通の濃い墨を使って記しましょう。

ほかにも筆記用具についても注意する必要があります。
正式な作法として筆ペンや毛筆を使って書くのが、香典を準備する際に重要です。
ボールペンやサインペンで書くことは略式の作法とみなされて故人への誠意が疑われるため、避けた方が無難でしょう。

香典袋の包み方・渡し方

葬儀

香典袋にお金を包み表書きなどを記したら、あとは袱紗(ふくさ)に包んで持参したうえで受付にてお渡しするだけです。
ここでは香典袋の包み方や渡し方にまつわる作法も見ておきましょう。

包み方

香典袋は袱紗と呼ばれる進物用の包みに包んだ状態で持参するのが作法です。
まず袱紗をひし形になるように広げ、真ん中より少し右側に香典袋を置きましょう。
そして右・下・上・左の順にたたんでいくように包んでいきます。

香典袋の包み方については以下の記事でより詳しく解説しています。
ぜひこちらの記事も併わせてご覧ください。

渡し方

香典は葬儀や法事を行う会場に設置された受付でお渡しするのが一般的です。
お渡しする際にはまず袱紗から香典袋を取り出したうえで、受付係から見やすい向きに載せましょう。
そしてお悔やみの言葉などを一言添えてから、そのまま袱紗ごと差し出します。

なお会場に受付が設置されていない場合は、焼香の際に焼香台にお供えしましょう。
この時も祭壇側から見やすい向きになるよう心がけます。
香典袋の渡し方については以下の記事でより詳しく解説しています。

奇数の香典についてのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、香典として包む金額の数字を中心に香典にまつわるマナーをいろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下に挙げる各ポイントの通りです。

  • 香典の金額で偶数はタブーとされている。
    偶数は割り切れることから、故人とご遺族の縁が切れることに通じるとされているためである。

    奇数のつく数字が望ましく、特に1・3・5のつくものがよい。
    ただし奇数でも9のつくものは縁起が悪いとされているため避けるべきである。
    なお連名で包む場合は、合計金額が奇数のつくものになるのが望ましい。

  • 香典の金額相場は葬儀や一周忌までの法事であれば故人との関係性に応じて決まっている。
    特に血縁関係のある故人の場合は、血縁関係がない場合よりも多めに包む。

    一方三回忌以降は1人につき1万円から3万円、夫婦で包む場合で2万円から5万円を包むのが一般的な相場とされている。

  • 香典袋の表書きは、相手の宗教や宗派ごとに適切なものが決まっている。
    名前を書くときは個人の場合はそのままフルネームを記すが、連名の場合はケースや人数に応じて独特の作法がある。

    金額については中袋の表面か香典袋の裏面に「金○○圓」という形で記す。
    特に縦書きの場合、数字の部分は漢数字の旧字体を使って書く。
    書き方の注意点として、葬儀の場合は薄墨を使う点とボールペンやサインペンは使わない点が挙げられる。

  • 香典袋は袱紗に包んで持参するのが作法である。
    袱紗をひし形に広げ香典袋を真ん中より右に置いたうえで、右・下・上・左の順にたたむ。

    受付でお渡しする際には袱紗から香典袋を取り出し、受付係から見やすい向きに載せたうえで、お悔やみの言葉などを掛けながら差し出す。

香典の金額は偶数ではタブーとされているため、極力奇数がつくものになるようにしましょう。
中でも1・3・5のつく数字が望ましいです。

以下の記事では葬儀ににかかる費用の相場を解説しています。
葬儀にはどれくらいの金額がかかるのかや費用を安くする方法を知りたい方は併せてご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事