義父に包む香典の相場は?香典袋の書き方や包み方・渡し方も解説!

義父に包む香典の相場は?香典袋の書き方や包み方・渡し方も解説!

訃報連絡を受けたら香典を包むのがマナーです。では、故人が義父の場合はどうでしょうか。義父の場合はそもそも香典を包むのか、相場はどれくらいなのか悩む方も多いでしょう。義父に対する香典について、相場や香典袋に関するマナーについて説明します。

最終更新日: 2020年12月17日

義父に包む香典について

人々

訃報に接したら、香典を包みます。
祖父母などの親族や、世話になった恩師、実の親の場合であっても香典を包むのがマナーとされており、概ねの金額相場も決まっています。

では、故人が義父の場合の香典相場はどれくらいでしょうか?
そもそも包んだ方がよいのか、包む場合は実の親の場合とどう違うか、悩みはつきません。

今回「終活ねっと」では、義父に包む香典の金額相場や法要毎の金額について、次の内容を中心に説明します。

  • 義父に包む香典の相場はどれくらい?

  • 知り合いの義父の場合の香典相場は?

  • 義父への香典袋の書き方

  • 義父への香典袋の包み方や渡し方のマナー

義父への香典対応について悩んだ事のある方は、ぜひ最後まで読んで頂き、香典を包む際の参考にして頂けると幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

義父に包む香典の相場はいくら?

葬儀

訃報に接し、お通夜や葬儀、各法要などの際に持参して、または郵送などで遺族に送ることでお悔みの気持ちを伝えるのが香典です。
年齢を重ねるにつれ、香典を包む機会は増えてきますが、若い頃はそう頻繁に香典を包む機会もありません。

その為、いざ香典を包む際には色々と悩んでしまう方も多いでしょう。
そして、一番多くの方が悩んでしまうのが香典の金額です。
ましてや、故人が義父の場合、身内である一方で直接の血縁関係はないだけに、悩んでしまいがちです。

一般的に香典の相場は、故人との関係と包む側の年代によって概ねの相場が決まっています。
故人との関係は、親族でも近い親等の相手ほど香典を多めに包む必要があります。
また、包む側の年代が20代・30代・40代と年齢があがるにつれ、香典相場も高くなります。

これ以外にも地域などによって相場が違う場合もあったり、親族内で足並みをそろえる必要もあったりと、個々の事情によって金額も変動するのが香典の難しいところです。

義父での香典について、どのように対応すればよいかを説明していきます。

具体的な金額は関係性によって変動する

先ほども説明した通り、香典の故人との関係が深いほど相場は高くなります。
親族であれば、3親等、2親等、1親等と近くなるほど多く包む必要がります。
つまり、1親等である親の場合が一番高くなります。

では、実の親と義理の親で違いはあるのでしょうか?
香典を包む場合は、実の親でも義理の親でも違いはありません。
配偶者の気持ちも考えて、自分の親と同じように対応する事が大切です。

親に対する香典相場は、20代で30,000~100,000円、30代で50,000円~100,000円、40代以降の場合は100,000円以上です。

これは、一般的な相場で具体的な金額は故人との関係性によって変わります。
生前に故人との交流も深くお世話になっていたのであれば、多めに包む事もありますし、あまり交流がない場合などは少なめに包む事もあります。

例えば、義父であれば、同居しているケースもあるでしょう。
建物は違っても、同じ敷地内に住んでいる場合もあります。
このように生前から距離的にも近く、お世話になっていた場合は気持ち多めに包む事を検討してみましょう。

一方で、実家を出ており、距離的にも遠方で生前あまり交流のなかったケースもあるでしょう。
こういった場合は、相場通りの香典でも問題ないでしょう。

ここで注意しておきたいのが、香典を包まなくてもよい場合がある事です。
原則は実の親であっても、義理の親であっても香典は包むものですが、例外もあります。
それは、喪主になる場合です。

喪主は、葬儀を主催する側の立場ですから、香典を包む必要はありません。
また、香典は家単位で出すものです。
したがって、長男の嫁で、夫が喪主を務める場合などは香典を包む必要はありませんので、注意しましょう。

夫の父と妻の父で金額は変わる?

義父というと、具体的には夫の父と妻の父です。
夫の父に対する香典と、妻の父に対する香典は金額が変わるのでしょうか?

結論は、変わりません。
夫の父だから金額が高くなるとか、妻の父だから安くなるといったような決まりはありません。

香典の金額は、先ほど説明した通り、故人との関係性によって具体的な金額が決まります。
例えば、妻の父と生前に同居しており、普段から食事をごちそうになったりとお世話になったりしていた場合、夫の父よりも妻の父への香典を多めに包むケースはあるでしょう。

ただこの場合も、生前の関係性によって金額が変わったため、妻の父・夫の父という理由ではありません。

法事の種類ごとの違い

法要と言っても、お通夜から始まり十三回忌まで様々な種類があり、法要毎に香典の相場は違います。
ここでは、義父の法要毎の相場について解説します。

通夜・葬式(葬儀・告別式)

一般的に香典といえば、お通夜や告別式に持参するイメージが強いです。
故人がなくなって最初の儀式であり、かつ故人との最後のお別れをする儀式でもあります。
その為、他の法要に比べると一番多く包む必要があります。

お通夜や葬儀での香典相場は、20代で30,000円〜100,000円、30代で50,000〜100,000円、40代以降では100,000円以上となっています。
香典の相場は、実の親・義理の親による違いはありません。

葬儀の際の香典マナーについては、以下の記事でも詳しく説明しています。

四十九日

四十九日の法要は、故人が極楽浄土へ旅立つ事を祈って行われる儀式です。
故人は亡くなってから、7日ごとに裁きを受け49日目の裁きによって極楽浄土へ旅立つのが仏教での考え方です。
義父の四十九日の法要へ参列する際には、香典を包みます。

義父に対する四十九日の相場は10,000円〜100,000円と幅があります。
地域にもよりますが、四十九日の法要が終わった後に会食が行われる事も多いです。
会食に参加する場合は、参加費用として5,000円から10,000円程度相場より多く包むのがマナーです。

四十九日の香典相場については、下記の記事でも紹介しています。
興味のある方はぜひ合わせてお読みください。

一周忌

一周忌の法要は、故人が亡くなって満1年の命日に行われます。
義父の一周忌の法要に参加する場合の香典相場は、四十九日の法要と同じで10,000円から100,000円です。

香典は地域によっても相場が違います。
一周忌における香典相場については、こちらの記事でも詳しく説明していますので興味のある方は合わせてお読みください。

三回忌

三回忌とは、故人が亡くなって二年目に行われる法要です。
分かりづらいのですが、一周忌以降が数えでの数えかたになるので一周忌の次が三周忌となります。

三回忌以降の法要は、親族や親しい知人のみで行われる事が多くなり、近年では三回忌以降の法要は省略するケースもあります。
義父の三回忌の法要における香典相場は、10,000円~50,000円となっています。

三回忌の香典相場についてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

十三回忌

故人が亡くなって12年目に行われるのが十三回忌の法要です。
十三回忌の法要は、近親者や仲の良かった友人で行われます。
義父であれば、参列する事も多いでしょう。

十三回忌での香典相場は、10,000円~30,000円程度とこれまでの法要に比べると比較的安くなります。
十三回忌の香典の相場については、下記の記事で詳しく説明しています。
合わせてお読みください。

知り合いの義父の場合は?

人々

これまでは、身内の義父の場合の香典対応について説明してきましたが、会社の同僚や友人の義父などの場合はどのように対応すればよいのでしょうか。

義父と言っても、弔事における考え方は実の親と同じですから、実の親を亡くした場合と同じように対応するのが原則です。
そして、香典には故人を偲ぶ意味もあれば、遺族を慰めるという意味もあります。

あなたの知り合いが義父を亡くして悲しんでおり、慰める気持ちがあるのであれば香典を包む事を検討しましょう。
この場合、故人と直接面識が有るか無いかはあまり関係ありません。

香典の相場もそこまで高額ではないので、迷う場合は香典を包んで、遺族を慰めるようにしましょう。

会社の同僚の義父

会社の同僚と一口に言っても、友人以上に仲の良い場合もあるでしょう。
会社での付き合いのある方は、親族や友人以上長い時間を過ごす事もあるので、やはり大切にするべき関係でしょう。

職場関係であれば、会社や労働組合から香典を出す場合もありますが、普段から仲の良い同僚であれば個人的に香典を包むのも良いでしょう。
その場合の相場は、3,000円~10,000円程度です。

友人の義父

友人の義父の場合も、香典を包むかどうか悩んでしまうケースの一つでしょう。
この場合も、義父といえども実の親と同様に考えて対応する事が大事です。
友人や、その配偶者が親を亡くして悲しんでいると思うならば、香典を包む事を検討しましょう。

友人の親に包む香典相場は、香典の相場は、3,000円~10,000円程度が相場です。
故人と面識がない場合でも、友人を慰める意味を込めて、香典を包みましょう。

香典袋の書き方

葬儀

義父へ包む香典袋も、マナーを守って包む事が大切です。
香典袋の書き方や、注意点について説明します。

表書き

表書きは、故人が信仰していた宗教によって変わります。
同じ仏教でも宗派によって違いがありますので、気をつけるべきポイントです。
義父の場合は、配偶者に故人の宗教をしっかりと確認して対応するようにしましょう。

仏式の場合

現在日本で行われる葬儀の約9割の葬儀が仏式と言われています。
葬儀と言えば、仏式というぐらい仏式での葬儀は一般的なものになっています。
仏式の葬儀の場合、表書きには御霊前・御香料・御香典と書きます。

香典袋は無地のものか、もしくは仏式専用の香典袋として蓮の花が描かれたものを使用します。

浄土真宗の場合

浄土真宗の場合、表書きは御仏前と書きます。
浄土真宗では、人は死後すぐに成仏すると考えられている為、御霊前では適当ではありません。
浄土真宗は日本では一番信徒数が多い宗派ですから、覚えておきましょう。

もし、故人の宗派が分からない場合は、御香料や御香奠であれば、香典をお供えしますという意味になりますので浄土真宗の場合でもマナー違反にはなりません。

神式の場合

故人が神式を信仰していた場合の香典袋の表書きには、御玉串料・御霊前・御神前・榊料(おんさかきりょう)と書きます。
香典袋は無地のものが使用されます。

キリスト教の場合

キリスト教の場合は、弔慰料(プロテスタント)・御ミサ料(カトリック)・御霊前・献花料と書いておけば問題ありません。
水引はなくても良いとされており、香典袋には無地のものか十字架や百合の花が描かれたものを使用します。

名前

香典袋に表書きを書いたら次は名前を書きます。
香典は個人で包むケースが多いく、その場合は表書きの下に名前をフルネームで書きます。
香典は家単位で出すものですので、夫婦や家族で出す場合も名前は通常は夫の名前のみを書きます。
ただ、生前から夫婦ともに個人と縁の深かった場合などは、例外的に連名で出す場合もあります。

その場合の香典袋への名前の書き方は、夫の名前を中央に書き、妻は名前だけを夫の名前の左側に書きます。

注意点

義父に包む香典を書く際には、薄墨を使うのがマナーです。
薄墨を使う事により、故人を亡くした悲しみの涙で、墨が薄くなってしまったという意味があります。

四十九日以降は通常の墨で問題ないですが、お通夜や告別式の場合は注意しましょう。

香典の包み方・渡し方

葬儀

義父に対する香典袋には、包み方や渡し方もマナーを守る事が大切です。
香典袋の包む際のマナーなどについて説明します。

包み方

香典袋には、中包みと上包みがあります。
中包みにお金をいれて、中包みを上包みで包んだものが香典袋です。

最近では、市販されている香典袋に中包みが付属している場合も多いです。
和紙を使って中包みを作る場合は、折り方にもマナーがありますので注意しましょう。
中包みに入れるお札は、新札を避けるのがマナーです。
慶事と違い、弔事は突然訪れるものなので、新札だと弔事を予想していたという事になり、マナー違反になります。

中包みや上包みの包み方については下記の関連記事を参考にして下さい。

渡し方

香典袋は持参する際、袱紗に包まなければなりません。
袱紗の色にもマナーがあり、弔辞の場合は寒色系を使います。

受付で香典を渡す直前に、袱紗から香典服を取り出します。
そして、袱紗の上に香典袋を乗せて渡すのが正しい香典の渡し方です。
その際に、「この度はご愁傷様でございました。
」などのお悔みの言葉を簡潔につたえましょう。
受付の方に、あまり長々と話しかけるのは、マナー違反になりますので注意しましょう。

香典袋の包み方や袱紗などの詳しい説明はこちらの記事で紹介しています。
興味のある方は合わせてお読みください。

義父に包む香典についてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、義父に対する香典について下記の内容について説明をしてきました。

  • 義父に包む香典相場は、実の親と同じであり、法要毎に相場が変わること。

  • 会社の同僚や友人の義父で、故人と面識がない場合でも、遺族を慰める意味で香典は包んだ方が良いこと。

  • 義父の信仰している宗教によって、香典袋の表書きが違うこと。また、名前や使う墨についても注意が必要であること。

  • 義父への香典は、包み方や渡し方にもマナーがあること。

義父と言っても、一親等の親族であり実の親と同じように考える事が何より大切です。
親を亡くして悲しんでいる配偶者の気持ちを尊重し、また精神的に支える事を優先しましょう。

曖昧な部分が多いだけに難しいのが現代の香典事情ですが、今回の記事が義父に対する香典について悩んだ事のある方の参考になれば幸いです。

「終活ねっと」では香典に関する様々な記事を他にも掲載していますので、興味がある方は合わせてお読みください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事