香典なしって大丈夫なの?辞退する側・される側ごとの対応をご紹介!

香典なしって大丈夫なの?辞退する側・される側ごとの対応をご紹介!

今まで必要とされてきた香典ですが、近年では辞退するところが増えてきています。本当に葬儀の香典をなしにしても大丈夫なのでしょうか。この記事では、香典なしという考えの伝え方や辞退される側の対応などを解説しています。

最終更新日: 2020年12月18日

香典なしは大丈夫なのか?

葬儀

葬儀を始めとした法事に参列する際、必ず持参していくものの1つに香典があります。
今までは必要と考えられていた香典ですが、近年では香典を辞退するところが増えてきました。
香典は長く続いてきた風習の1つなので、辞退されると戸惑ってしまう人は数多くいます。

本当に葬儀の香典をなしにしても問題ないのでしょうか。
出来ることなら、ご遺族にも参列者にも混乱が起きないように対処したいものです。
他にも、ご遺族・参列者それぞれどんな風に対応すればいいのかや、香典なしにも関わらず会葬返礼品を用意された場合の対応など、疑問点は数多くあることと思います。

今回の「終活ねっと」では、香典がなしの場合について、以下のことを中心に解説していきます。

  • そもそも香典なしの場合とは

  • 香典辞退に関するご遺族の対応

  • 香典辞退を通知された参列者の対応

  • 香典なしにも関わらず、受け取った場合の対応

  • 葬儀以外の法事の香典

香典がない場合について、さまざまな面からご説明しています。
ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典なしとは

葬儀

先述したように、お葬式で香典を辞退するところが増加傾向にあります。

お葬式でわざわざ香典をなしにすることに、どのような意味があるのでしょうか。
家族葬における香典とあわせてご紹介します。

香典辞退のケースが増えてきている

お葬式で香典を辞退するケースが増えてきている理由はさまざまです。
香典返しの手間をなくしたいという人もいれば、相手に経済的負担をかけたくないという人もいます。
また、ご遺族の考えではなく、生前に言われた故人の遺志を尊重している場合もあります。

お葬式は何かと費用がかかるため、ご遺族の経済的負担を軽くする目的で金銭を包むようになったのが香典です。
しかし、喪家によっては参列者から香典をいただかなくても問題なかったり、相手に経済的負担をかける方が申し訳ないと考えたりする場合もあります。

また、お葬式でご遺族のやるべきことが沢山あることを考えれば、出来るだけ作業を省略しようとするのは自然な流れと言えるでしょう。

「家族葬は香典が不要」ではない

さまざまな葬儀形態の中でも、香典辞退が特に多いのは家族葬です。
しかし、家族葬は絶対に香典が不要というわけではありません
そもそも家族葬は近親者だけで行い、それ以外の人の参列はご遠慮いただく小規模な葬儀です。

そのため、参列と合わせて香典も辞退する場合が多いです。
しかし、それはあくまでもご遺族の方々が香典辞退を伝えてきた場合に限ります。
参列辞退の案内があっても、香典辞退の表記がなかった場合は、他の葬儀と同様に香典を準備した方が良いということです。

人によっては数少ない参列者の香典も辞退することがあります。
辞退の案内が分かりにくい場合は、ご遺族に連絡して確認を取ってから判断しましょう。

香典なし・辞退の伝え方

葬儀

香典を辞退することに決めたなら、参列者にその旨を伝える必要があります。
香典なしが上手く伝わらなければ、相手を混乱させてしまう恐れがあるため、伝え方には注意しなければなりません。

ここではご遺族側の香典なしの伝え方についてご紹介します。

訃報の連絡をするときに伝える

香典の辞退を伝えるタイミングの1つは、訃報の連絡をする時です。
故人がお亡くなりになった時、他のご遺族やご親族、故人のご友人などにはすぐに訃報を知らせることになります。
この時点ですでに香典を辞退することを決めていたなら、訃報と合わせて香典辞退の話もしましょう。

訃報の連絡は急いで相手に伝える必要があるため、電話で行われることが多いです。
香典辞退の話に相手が不満を述べても、丁寧に説明することを心がけます。

また、弔電の辞退も予定している場合は、このタイミングで弔電についても一緒に伝えておきます。
弔電は葬儀の最中に紹介されるものなので、出来るだけ早めに伝えておかなければ先に届いてしまうためです。

お通夜・葬式(告別式)の受付で伝える

香典の辞退は参列者がお通夜・葬儀の受付に来場したタイミングで伝える方法もあります。
通常のお通夜・葬儀では近親者以外にも、多くの人が参列に訪れます。
中にはご遺族が連絡先を知らない方々もいらっしゃることでしょう。

そのため、事前に香典辞退の案内を出来なかった相手には、会場の受付に来た段階で説明することになります。
多くの人は香典をふくさに入れて持参するため、出来ることなら参列者が香典を取り出す前に今回のお通夜・葬式では香典の辞退をしていることを伝えます。

また、香典の辞退をしていても、受付の芳名帳には記帳をしてもらう必要があります。
芳名帳には参列者の名前や住所を記入しましょう。

香典辞退の例文

香典辞退を伝えるタイミングは主に上記の2つに分かれます。
相手にはっきりと伝わるように話さなければ、相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあるため、言葉選びは慎重に行った方が良いでしょう。

ここでは香典辞退の伝え方について、訃報連絡の場合と当日の会場受付の場合の例文をご紹介します。

訃報の連絡で伝える場合

訃報の連絡をする際は電話で伝えることが多いと先述しましたが、お通夜までの期間に余裕がある場合、伝える相手が多い場合などは案内状で通知することもあります
以下の例文はその一例です。

案内状の多くは縦書きなので、例文も縦書きを想定したものとなっています。
家族葬の場合はその説明もつけ加えましょう。

母 ○○○○ 儀 平成○○年○月○日に永眠いたしました。
生前のご厚意に心から感謝申し上げます。
なお 葬儀・告別式は左記の通り執り行います。
(葬儀の日程や時間、場所、連絡先を記載)
また、誠に勝手ではございますが御香典・御供花につきましては、固くご辞退申し上げます。

当日に会場の受付で伝える場合

当日に会場の受付で伝える場合、口頭で伝える方法、そして看板や貼り紙などを設置して伝える方法があります。

受付は人の出入りが多い場所なので、読むのに時間がかからないよう簡潔な文章にすることがポイントです。
葬儀社に依頼して受付のそばに香典辞退の説明を入れた看板を設置し、受付の人も参列者に対して同じことを説明します。

誠に勝手ながら、御香典は辞退させていただいております。
お気持ちは頂戴いたします。

香典なし・辞退を伝えられたらどうする?

困った人々

香典は必要ないと言われた場合、本当に香典を持たずに参列しても大丈夫なのでしょうか。
ここでは香典なしと伝えられた参列者側の対応についてご紹介します。

香典辞退を伝えられたら

香典は必要なものと考えている人にとっては、どう解釈すればいいか悩んでしまう言葉と言えるでしょう。
ここでは香典辞退を伝えられたらどう動くべきかについてご説明します。

基本的にはそれに従う

香典辞退を伝えられたら、基本的にはそれに従うことがマナーとされています。
先述したように、香典辞退の理由にはご遺族や会葬者の負担を軽減する目的が含まれている場合が多いです。
香典辞退が故人の遺志だった場合、その考えを尊重してやりたいというご遺族の気持ちは強いことでしょう。

そのため、気遣いの気持ちからだったとしても、香典を無理に渡そうとするのは却って失礼に当たります。
どんな理由であれ、ご遺族が香典を辞退すると明確に意思表示しているなら、用意しなくてもマナー違反にはなりません。
一番大切なのは故人やご遺族の気持ちを尊重することです。

弔意を示したい場合は他の方法で行うことをおすすめします。

孫など親族の場合は?

香典辞退を伝えられた人が、孫やいとこなどのご親族の場合はどうすればいいのでしょうか。
結論から申し上げますと、喪家によって違います。

先述したように、基本的には香典を辞退するというご遺族の言葉に従うべきです。
ただ、ご親族の場合は香典辞退と言われても、包んだ方が良いとする説もあります。
他人よりも関係が深いご親族が率先し、ご遺族を支えるべきという考えからきているとされています。

しかし、喪家によって考え方がそれぞれ違っているため、香典辞退の案内だけで決めつけるのは早計です。
したがって、まずは喪主の方に連絡を取り、本当に香典を包まなくてもいいのかという確認をしましょう。

供花・供物などを送る

香典辞退を伝えられた人がそれでも弔意を示したい場合は、供花・供物などを送ると良いでしょう。

ここで注意したいのが、供花・供物の辞退をされているかどうかです。
辞退されていなかったとしても、事前に喪主へ供花・供物を送りたいと伝えた方がより丁寧と言えます。

供花の場合、派手な色や臭いが強いものは避け、比較的管理する手間がかからない花かごなどを選びます。
供物の場合は日持ちのするお菓子や果物、あっても困らないお線香、故人が生前好物だったものなどを選びましょう。

また、故人と交流があってもご遺族との面識はない場合、メッセージカードを添えてお悔やみの言葉とともに故人との関係も記しておきます。

供花・供物も辞退された場合は?

香典と合わせて供花・供物も辞退された場合、何も用意する必要はありません
はっきりと辞退を伝えられているなら、葬儀に参列していただけるだけで充分とご遺族は考えているのです。
しかし、それでは気が済まないという人もいるでしょう。

その場合は葬儀が終わった後、ご自宅に弔問するという方法もあります。
弔問に伺うなら、ご遺族に連絡して都合の良い日程を確認しておきます。
ただ、葬儀後でご遺族も疲れているため、弔問の際の滞在時間は出来るだけ短めが良いでしょう。

他には手紙を書いて送るという手もあります。
ご遺族を労わる文章やお悔やみの言葉などを書きます。
こちらもご遺族の負担にならぬよう、簡潔な文章を心がけてください。

会葬返礼品は受け取って良い?

香典なしと伝えてきたにも関わらず、会葬返礼品は準備されている場合もあります。
この場合、参列者は会葬返礼品を受け取っても良いのでしょうか?

そもそも会葬返礼品とは、自分の時間を割いて参列に来ていただいたこと、遠方から時間をかけて来場していただいたことなどに対する感謝の気持ちを示した御礼の品です。

香典に対するご遺族の返礼は香典返しといって、会葬返礼品とは別物です。
そのため、香典を辞退しているご遺族が会葬返礼品を用意しているのは珍しいことではなく、参列者が受け取ったとしても特に問題はありません

あまりないケースですが、香典辞退の葬儀で香典返しを用意されていた場合は断った方が良いでしょう。

断りきれずに香典を受け取ってしまったら?

葬儀

香典辞退の伝え方については、先述した通りです。
しかし、それでも断り切れずに受け取ってしまった場合、ご遺族はどう対応すればいいのでしょうか。

香典を受け取ったらお返しをする必要がある

香典を受け取った場合はお返しをしなければいけません。
例え香典辞退をはっきり伝えていたとしても、受け取ってしまったならその香典はご遺族のものとなります。
香典を受け取っておいて、何もしないというのは相手に対して失礼です。

しかし、香典を会社から受け取った場合は少し対応が変化します。
香典の表書きが会社名だった場合は、香典返しをする必要はありません。
会社名義の香典なら、それは福利厚生扱いで出された会社のお金です。

個人が負担したお金ではないため、ご遺族がわざわざ香典返しを準備しなくてもいいということです。
また、故人の所属部署名や個人名義で出された香典の場合は、香典返しが必要になります。

香典返しについて

香典返しには葬儀後に送る他にも、葬儀当日の受付で渡す「即日返し」があります。
北海道では受付で香典返しをする際に領収書もつける風習があります。
香典返しはいただいた金額の1/3~半額程度を基準にお茶やお菓子、洗剤などを準備しましょう。

地方によっては食事代も込みで全返しするところもあります。

以下の記事では、葬儀後の香典返しについて解説していますので、さらに詳しく知りたい人はこちらもご参照ください。

法事ごとの香典について

葬儀

葬儀における香典辞退のルールについては先述した通りです。
初盆を始めとした葬儀後に行われる法事にも香典は必要ですが、葬儀と同じく辞退する場合があります。
その場合でも、ルールの内容は葬儀の時と全く同じです。

ここでは四十九日法要や回忌法要の香典についてご紹介しています。

四十九日

四十九日法要といって、故人が亡くなってから49日目に行われる法事です。
仏教の考えでは、故人の霊が仏様になる日とされています。

ただ、浄土真宗の場合、亡くなればすぐ仏様になると考えられているため、上記の宗派における四十九日法要は故人を偲び、仏様に感謝するための儀式と考えられています。

以下の記事では、四十九日法要の香典について詳しくご説明していますので、こちらも合わせてご覧ください。

一周忌

一周忌は故人が亡くなってから1年後に行われる法事です。
一周忌と間違われやすいのは一回忌ですが、こちらは葬儀のことを指しています。
そのため、回忌という呼び名に合わせるなら、一周忌は二回忌と呼ぶこともできます。

以下の記事では、一周忌の香典について詳細に解説しています。
こちらも合わせてご覧ください。

三回忌

三回忌は故人が亡くなってから2年後に行われる法事です。
香典の書き方は他の法事と同じく、水引の上に「御仏前」と書き、水引の下にはフルネームを薄墨で記入します。
香典袋の中には表書きと名前の部分だけ、短冊のようになっているものもあります。

以下の記事では、三回忌の香典に関することを詳しくご説明しています。
ご興味がありましたら合わせてご覧ください。

十三回忌

十三回忌は故人が亡くなってから12年後に行われる法事です。
香典の包み方は半紙で包んだ中包みを奉書紙で包む方法、または中袋がついた封筒に入れる方法があります。
香典袋の内袋の裏面には住所と名前を書きます。

以下の記事では、十三回忌の香典の詳細を解説しておりますので、こちらも合わせてご参照ください。

香典なしでも大丈夫なのかについてのまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の「終活ねっと」では、香典がなしの場合について、以下のことを解説してきました。

  • さまざまな理由から香典辞退をする喪家が増えてきている。
    家族葬の香典はあくまでもご遺族が辞退した場合に不要となる。

  • 香典辞退を伝える方法は訃報連絡時と葬儀当日の受付時である。
    訃報連絡は時間に余裕がなければ電話、余裕があれば案内状で伝える。
    受付の際は説明を記載した看板や貼り紙を設置し、口頭でも伝える。

  • 香典辞退を伝えられた場合、素直に従うのがマナーである。
    相手がご親族の場合、喪家によっては包んだ方が良いこともあるので喪主に確認を取る。

  • 香典の代わりに供花・供物などを送る方法もあるが、それらも辞退している場合は何も用意しなくていい。
    会葬返礼品は参列に対するお礼なので、受け取っても問題ない。

  • 香典辞退の葬儀でも、受け取ってしまった場合は香典返しが必要である。
    会社名義の香典は福利厚生から出しているため、受け取っても香典返しは必要ない。

  • 香典返しの費用は1/3~半額程度、品物はお菓子や洗剤などである。
    法事における香典辞退のルールは葬儀の時と同じである。

ご遺族から辞退を通知されているなら、香典なしでも問題ないということが分かりました。
弔意を示すのは大切なことですが、相手の考えや気持ちを尊重することも重要です。
そのため、香典を辞退されたらその言葉には従うようにしましょう。

「終活ねっと」では、他にも香典に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では、香典の表書きの書き方についてご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事