上司の親に包む香典の相場は?|年齢別・連名・家族葬・郵送

上司の親に包む香典の相場は?|年齢別・連名・家族葬・郵送

あなたは上司の親が亡くなった場合は香典をいくら包みますか?上司と自分の関係性の深さで決めるのではないでしょうか。今回終活ねっとでは、上司の親に包む香典について、一人で包む場合と有志一同で包む場合について解説します。

最終更新日: 2020年12月17日

上司の親に包む香典はいくらが相場?

葬儀

上司の親が亡くなられて、そのお通夜に香典を包んで持参する場合、香典はいくら包めば良いのでしょうか。
同僚など周りの人と合わせる必要もあるでしょう。
また、相手が目上の人であれば、よりマナーが大切になってきます。

今回「終活ねっと」では、上司の親に包む香典について詳しく解説していきます。

  • 上司の親に包む香典の金額はいくらか

  • 上司の親に包む香典の金額の、連名の場合

  • パートやアルバイトの場合の香典はどうする?

  • 家族葬の場合の香典について

  • 遠方の場合の香典は郵送しても良い?

  • 上司の親に包む香典袋の書き方について

  • 上司の親に包む香典についてのまとめ

一人で出す場合や、有志一同で出す場合のマナーや香典の書き方のマナーまで解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

上司の親に包む香典の金額相場

困った人々

それでは、上司の親に包む香典の金額相場から見ていきましょう。

香典は亡くなった人へのお悔やみの気持ちを表したものです。
また、亡くなった人と自分が直接会ったことがなくても、遺族と関係があれば包む風習があります。

金額相場は包む側の年齢によって異なる

香典の金額は、亡くなった人との関係性や年齢によって異なります。
基本的には、亡くなった人と自分の関係が深いほど高くなります。
また、自分の年齢が高いほど香典の金額も高くなります。

それは香典が、亡くなった人への哀悼を示すと同時に遺族への助けにもなることから、年齢が高いほど年収が高く余裕があると考えられているからです。

ここでは年代別に、上司の親への香典金額の相場を見ていきます。

20代

自分が20代であれば、3千円から5千円程度です。

30代

自分が30代であれば、3千円から1万円程度です。
ただ30代後半には、最低でも5千円程度が望ましいでしょう。

40代

自分が40代であれば、5千円から1万円程度を包みます。

50代

自分が50代以上であれば、5千円から1万円程度を包みます。

ただし、この年代になってくると、自分の上司が役員クラスということもあるでしょう。
相手と自分の立場を考えて包むのがよいのでしょう。

それ以降

自分の年代が60代、それ以降であれば5千円から1万円程度で構いません。

しかし、再雇用で立場が変わっていたり、退職していたりすれば話は別です。
その場合は5千円程度包むのがよいでしょう。

連名の場合

では、連名で香典を出す場合の金額相場について見ていきます。

会社で同じ立場の人がまとめて出す場合と、夫婦でまとめて出す場合があります。

連名で香典を出す場合は、基本的に合算をすると一人で出す金額になるようにします
ただし、会社に決まった規定がある場合、まずはそちらを確認しましょう。

会社の有志一同

会社の有志一同で出す場合、会社でのルールがあればそれに従いましょう

その場合一律で500円、1000円、2000円と決まっている場合が多いです。
ただし、人数の関係でキリのよい数字にならない場合や、「4」「9」などの避けるべき数字になる場合は、調整が必要です。

偶数も割り切れる、つまり縁が切れるとして避けるべき数字とされていますので気を付けましょう。

夫婦連名

夫婦で出す場合は、1万円程度を包みましょう
1人当たりが出す金額は5千円となります。

上司の義理の親でも相場は同じ?

亡くなった人が上司の配偶者の親、つまり義理の親だった場合の金額はどうなるのでしょうか。

一般的に義理の関係であっても、金額に変わりはありません。
本当の親の場合と同じ考えでの金額を香典に包むようにします

これはどの関係にも言えることで、義理の息子や、義理の兄弟なども本来の関係と同じ金額を包みます。

パート・アルバイトの場合

自分がパートやアルバイトの立場であったならば、上司の親への香典はどうするべきでしょうか。

パートやアルバイトの関係であれば、香典を包むか包まないかは自分の判断でかまいません。
余裕がないからと香典を包まなくても構いませんし、お世話になっているから、周りが出しているからなどで包んでも構わないのです。

その場合、香典金額の相場は、会社員に比べて相場より下がる傾向があります。
それは純粋な収入の差からの考えです。
しかし、決まりはありませんので一概には言えず、職場の人とと話し合って決めるのが最も良い方法と言えます。

会社員の人に相談することが難しい場合は、同じパートやアルバイトの人と相談するのもよいでしょう。

家族葬の場合に香典は必要?

家族葬とは、遺族・親族のみで行われる少人数の葬儀形態です。
ただし、家族葬という言葉はあっても規定はありません。
遺族のみ、親族のみの場合もありますし、隣近所などの町内の人や親しい人には来てもらう場合もあります。

こうした家族葬に香典が必要かどうかは、遺族が受け取るかどうかで決まります。

家族葬はお返しを準備する負担を考えて、遺族側が香典を辞退する場合がやや多い傾向にありますが、すべてではありません。
家族葬だからと言って香典を持っていかなくてよいというわけではないのです。

家族葬か一般葬かに関わらず、香典を辞退していたら渡さないことがマナーです。
ですが香典を辞退していなかったら、持っていった方がよいでしょう。

つまり、葬儀の知らせを受けたときに香典辞退と聞かなければ、念のため持っていった方がいいということになります。

以下の記事で香典の金額相場について故人との関係別に解説をしていますのでこちらも合わせてご覧ください。

遠方の場合、香典の郵送は可能?

困った人々

香典をお通夜に持参できない場合、香典は郵送してもよいものなのでしょうか。

結論から言うと、可能ではあります。
しかし、香典を送るのは最終手段と考えましょう。

また、どうしても郵送する場合は、現金書留で送ります。
その際には、ひとこと手紙を添えておくのも良いでしょう。

ただ、香典はやはり会場か会社で上司に直接手渡すことが一番です。

上司の親に包む香典袋の書き方

葬儀

上司の親に包む香典袋の書き方について説明します。
香典袋の書き方は、通常のお葬式に包む香典袋の書き方で問題ありません。

表書き

香典袋に書く表書きは、葬式を行う宗派によって変わります

宗派は訃報の案内に書かれていることもありますし、葬式を執り行う葬儀社に尋ねても良いでしょう。
宗派がどうしてもわからない場合は、御霊前としておけばおおよそどの宗派でもマナー違反とはなりません。

仏式の場合

仏式の場合の香典の表書きは、御霊前・御香典・御香料・御仏前などがあります。
ただ、仏式の中の浄土真宗は少し違いますので、後述します。

浄土真宗の場合

仏式の中でも浄土真宗の場合、表書きは少し違ってきます。

浄土真宗では、他の宗派で使用できる御霊前を使わないのです。
御霊前だけ使わず、後の表書きは上で書いた他の仏式と同じです。

御霊前を使わない理由は、浄土真宗の教えに基づきます。
浄土真宗では、亡くなった人はその場で、極楽往生に行けるという教えなので霊という観念がありません。
そのため、御霊前を使用しないのです。

他の仏式では、忌明けまで亡くなった人は霊として存在し旅を経て仏様の元へ行くと考えられています。

神式の場合

神式の場合の香典の表書きは、御霊前・御玉串料・御榊料・御神前料などになります。

キリスト教の場合

キリスト教の場合の香典の表書きは、御霊前・御花料などになります。

名前

表書きの名前の書き方は、以下の通りです。

  • 個人の場合

    表書きの下に、フルネームで記載します。

  • 連名の場合

    連名で名前を記載する場合は、右側が上位となりますので地位の高い人から、右から書くようにします。

    4名以上と多くなる場合は、「一同」などでまとめるか、代表者を書いて「他3名」などと記載します。
    その際、個人の名前は中袋に記載します。

注意点

香典の書き方における他の注意点を見ていきます。

  • 香典の表書きや名前を書く場合は、薄墨の筆ペンを使用する。

  • 蓮の絵が描かれた香典袋は仏式専用である。神式やキリスト教は無地を使用する。

  • 蓮の絵が描かれた香典袋は仏式専用なので、神式やキリスト教では使用しない。

香典には、昔から続いてきたマナーがあります。
マナーとは、人と人とが思いやりを持って接するための作法であり、自分の心を伝えるものでもあります。
自分だけではなく、相手の事を思ってマナーを守って使用していきたいですね。

香典袋の表書きの書き方については以下の記事で詳しく解説しています。
どうぞこちらもご覧ください。

上司の親に包む香典についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、上司の親に包む香典について相場の金額を一人で出す場合や連名の場合を中心に見てきました。

まとめると以下のようになります。

  • 上司の親に包む香典の金額相場は、その上司と自分の関係の親密さと自分の年齢によって変わり、親密度が高いほど、自分の年齢が高いほど香典の金額は高くなる。

  • 上司の親に包む香典の金額は、20代では3千円から5千円で、30代以上であれば5千円以上が相場である。

  • 連名の場合は、まず会社のルールを確認する。少額をまとめて出すことになるので、まとめた金額が、キリのいい数字になるように調整をする。

  • 香典の金額は、義理の親であっても本当の親と区別をしない。

  • パートやアルバイトの場合には、出さなくても構わないし、出すとしても会社員の相場の下の金額で出しても構わない。

  • 家族葬の場合は、香典辞退と遺族から言われない限りは用意して伺うのがマナーである。

  • 遠方の場合で香典を送るのは可能ではあるが、できる限りお通夜やお葬儀で直接渡した方が良い。どうしても送りたい場合は、現金書留で送る。

  • 上司の親に包む香典の袋の書き方は、一般の葬儀と同じである。

社会人になれば、会社の人の葬儀は避けては通れません。
それと同時に、社会では人と人との関係を円滑にするためのマナーやしきたりが、昔から続いています。

面倒な一面も確かにあるでしょうが、良い人間関係を築くためにも必要なマナーは身に着けたいところです。

下記の記事では、香典袋の包み方についてを中心に、表書きや袱紗についても詳しくご紹介しています。
どうぞこちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事