香典返しに添えるお礼の手紙の書き方|文例・親戚・友人・会社

香典返しに添えるお礼の手紙の書き方|文例・親戚・友人・会社

葬儀は終わった後にもしなければならないことがあるので大変ですが、中でも香典返しやそのお礼の手紙について気になっている人が多いのではないでしょうか?今回は、香典返しに添えるお礼の手紙の例文やのし、表書き、金額相場などについて解説していきます。

最終更新日: 2020年12月18日

香典返しに添えるお礼の手紙には何を書く?

葬儀

葬儀は行われている最中も大変ですが、終わった後にもしなければならないことがたくさんあります。
中でも多くの人が気になっているのは、香典返しではないでしょうか?

今回「終活ねっと」では、香典返しに添えるお礼の手紙について、以下の点を中心に解説していきます。

  • そもそも香典返しとは何?

  • 香典返しのお礼の手紙の例文が知りたい

  • 香典返しのお礼の手紙の注意点は?

  • 香典返しにのしは付けるの?

  • 香典返しの表書きはどうする?

  • 香典返しで贈る品物の金額相場は?

ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典返しに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典返しの基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

香典返しとは?

葬儀

香典返しとは、喪主側が香典をいただいたことに対するお礼として品物を贈ることです。
品物の種類は時代や地域によって異なりますが、現代では食べ物や日用品を贈るのが一般的です。

香典返しを贈るタイミングは、香典をいただいたその当日と、四十九日法要が済んだ忌明け後に分かれます。
忌明け後に贈る場合は、郵送するのが一般的です。

香典返しに添えるお礼の手紙

困った人々

先に解説した通り、香典返しは郵送することが多く、その場合に必要になるのがお礼の手紙です。
単にお礼を述べるだけでなく、香典返しに適した文面にしたがって書く必要があります。

また、香典返しを贈る相手が誰なのかという点も重要です。
家族や親戚、友人のみならず、会社の関係者など贈る相手によって微妙に文面が変わります。

ある程度慣習に従った書き方をしていないと、失礼になる可能性があります。
以下で香典返しのお礼の手紙について、例文を挙げながら詳しく解説していきます。

香典返しを送る場合、お礼を添える

先に解説した通り、香典返しは基本的にお礼の手紙を添えて贈ります。
近年増えている当日返しの場合は、その場で口頭でお礼を述べて渡すことができるので、手紙を添える必要はありません。
しかし、忌明けに郵送する場合には必ず手紙を添えましょう。

香典返しに添えるお礼の手紙は、奉書紙と呼ばれる高級和紙に薄墨で書くことがマナーとされています。
ただし、近年は印刷で済ませることも珍しくありません。
印刷する場合でも、薄墨印刷で毛筆に近いフォントを選ぶなどの配慮が必要です。

香典返しに添えるお礼の文例・例文

香典返しに添えるお礼の手紙の文面は、仏教の宗派やキリスト教、神道などによって微妙な違いがありますが、基本的な構造は変わりません。
以下で示す例文は、最も基本的な文章です。

早速、香典返しに添えるお礼の手紙の文例を見ていきましょう。

家族・親戚

まずは家族や親戚に贈る香典返しのお礼の例文です。

拝啓
この度 父(続柄など)○○○○(故人の名前)の永眠に際しましては ご多忙にもかかわらず 遠路ご会葬いただき誠にありがとうございました
葬儀では取り込み中にて万事不行き届きにて申し訳なく存じております
お陰をもちまして 先日四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
生前に故人が賜りましたご厚情に心より感謝申し上げます
心ばかりの品ではございますが、供養のしるしにお送りいたしますので 何卒ご受納くださいませ
本来なら拝眉の上御礼申し上げるところ 略儀ながら書中をもちまして ご挨拶申し上げます
敬具

ポイントは遠方から参列してくれたことに対するお礼を述べている点です。
家族や親戚に限らず、香典返しのお礼にこの一言を添えておくとよいでしょう。

友人・知人

次に故人の友人・知人へのお礼の例文です。

拝啓
この度 父(続柄など)○○○○(故人の名前)の永眠に際しましては ご多忙にもかかわらず 過分なお心遣いを賜り誠にありがとうございました
お陰をもちまして 先日四十九日の法要を滞りなく済ませることができました
生前故人が賜りましたひとかたならぬご厚誼に故人に代わりまして感謝申し上げます
つきましては供養のしるしとして 心ばかりの品をお送りいたします
本来であれば直接お伺いして御礼申し上げるところではございますが 書中をもちましてご挨拶申し上げます
敬具

ポイントは生前の故人との交流に対する感謝を述べている点です。
余裕があれば、故人との思い出などに言及してもよいでしょう。

会社(上司・同僚・部下)

最後は会社の関係者へのお礼の例文です。

拝啓
この度 父(続柄)○○○○(故人の名前)の永眠に際しましては ご多忙にもかかわらず 社長(役職)にご会葬いただきましたこと また過分なお心遣いを賜りましたことに心から感謝申し上げます
忌引中にご迷惑をお掛けしとこと心よりお詫び申し上げます お陰をもちまして忌明けまでを無事に済ませることができました 
つきましては心ばかりの品をお送りいたしましたので お納めいただきたく存じます
略儀にて失礼とは存じますが 書中をもちましてご挨拶申し上げます
敬具

大体上のような文になりますが、贈る相手の役職によって微妙に文面が変わります。

上司であれば相手の役職(例文では社長)に言及してお礼を述べましょう。
同僚や部下の場合は役職に言及する必要はありません。
忌引で会社に出勤できなかったことに対する謝罪も必要です。

注意点

先に挙げた例文は、それぞれ微妙に文面が異なりますが、共通する注意点もあります。

  • 統語・結語を使う

    例文の最初と最後にある「拝啓」「敬具」など

  • 句読点は使わない

    句読点の代わりにスペースや改行で読みやすくする

  • 季節の挨拶は入れない

    「初秋」「残暑」「余寒厳しき折から」「暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください」など

上記の点はどのパターンでも共通なので、必ず守りましょう。
また、最初に解説した通り宗派や地域の慣習にも従う必要があるので、注意してください。

香典返しについて

葬儀

香典返しを贈る際に注意しなければならないことは、お礼だけではありません。
香典返しに付けるのしや表書き、贈る品物の金額相場なども気になるところです。

ここでは、香典返しのマナーについて解説していきます。

のし

香典返しにはのしを付けると思われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
品物に付けるのし紙全体のことをのしだと思っている人がいますが、正確にはのし紙に付いている黄色の短冊のみをのしと呼びます。

香典返しの場合は、のしは付けず、水引のみが印刷された紙を付けます。
水引の色は地域の慣習にもよりますが、黒白が一般的です。

香典返しに付けるのしについて詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

表書き

香典返しの表書きにはいくつか種類がありますが、一般的には「志」と書きます。
地域や宗教によっては「満中陰志」「偲び草」などとする場合もあります。

書き方は水引より上の部分に表書き、下の部分に贈る人の名前を書きます。

金額相場

香典返しで贈る品の金額は、香典の半額程度が一般的で半返しと呼ばれています。
地域によっては3分の1とするところもありますが、現在では半返しが一般的です。
ただし、もらった香典が高額だった場合は、半返しにこだわらず適度な金額の品物にすることもあります。

香典返しの金額相場について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

香典返しに添えるお礼の手紙のまとめ

葬儀

いかかでしたか?
今回「終活ねっと」では、香典返しに添えるお礼の手紙について解説しました。
最後に記事の要点をまとめておきます。

  • 香典返しとは、香典をもらった側が渡した側に贈るお礼の品である。

  • 香典返しのお礼の手紙の例文は、贈る相手によって微妙に違う。

  • 香典返しのお礼の手紙の文面は、句読点や時候の挨拶を使わないなど、贈る相手が誰でも注意しなければならないことがある。

  • 香典返しにはのしは付けず、水引が印刷された紙を付ける。

  • 香典返しの表書きは「志」が一般的である。

  • 香典返しの品物の金額は、香典の半額の品物を贈る「半返し」が一般的である。

いざというときに困らないように、香典返しのマナーをしっかりと勉強しておきましょう。

「終活ねっと」では、他にも香典返しに関わる記事を掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事