家族葬の利点って何?デメリットと解決策についても解説します

家族葬の利点って何?デメリットと解決策についても解説します

現代にはさまざまな形の葬儀があり、家族葬もその内の1つです。最近、家族葬を選ばれる方は増えています。家族葬を行う上での利点にはどんなものがあるのでしょうか。この記事では、家族葬の利点やデメリット、またその解決策などを解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

最終更新日: 2020年12月15日

家族葬の利点について

葬儀

葬儀と言えば大勢の参列者が集まって、故人を悼み、静かな雰囲気の中で法要が進むというイメージを持つ方が多いと思います。
しかし、現代には型にはまらないさまざまな形の葬儀が数多く存在します。
「家族葬」と呼ばれる葬儀もその内の1つです。

家族葬を実施することでご遺族にはどのような利点が生まれるのでしょうか。
さらに今までと違う種類の葬儀を行うことで、利点だけではなく同時にデメリットも出てきやすくなります。
「どのようなデメリットが発生するのか」「どんな解決策が必要か」など、知りたいことや疑問に感じることは数多くあるかと思います。

今回の「終活ねっと」では、家族葬の利点について説明していく内容は以下の通りです。

  • 家族葬とは?

  • 家族葬の利点

  • 家族葬の不都合な面とその対策について

  • 家族葬以外の葬儀形態とそのメリット

家族葬をより深く知ることで、必要な時にスムーズな対応ができるようにしておきましょう。

ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とは?

葬儀

家族葬とはご遺族など、故人と近しい関係者のみで行う小規模な葬儀のことです。

家族葬という名前ですがご遺族だけではなく、故人と親しい間柄だった人ならご親族やご友人なども参列することができます。
ご遺族や故人の希望が特になければ、お通夜や葬儀などは通常の葬儀と同じように行われます。

家族葬の利点って?

葬儀

葬儀の内容によって、発生するメリットの内容も大きく変わってきます。
家族葬の場合、どのような利点が得られるのでしょうか。
ここでは家族葬の利点について、いくつかご紹介します。

近親者のみで穏やかに行える

ご遺族は故人の葬儀を行う立場にあるため、一般葬だと葬儀の準備や参列者の対応に追われることになります。
しかし、やるべきことだと分かっていても、故人をゆっくり偲ぶ時間すら取れないのは悲しいことです。
葬儀が終わってから故人を十分に見送れなかったと後悔する人も数多くいらっしゃいます。

しかし、家族葬ならばご遺族やご友人など少人数しかいないため、時間を取られることなく穏やかな気持ちで故人を悼むことができます。
また、故人としても自分の葬儀で慌ただしくされるよりは良いと、家族葬を希望する場合もあります。

参列者が少人数なことでこれまで葬儀に必要だった手間暇がなくなり、故人を悼むことに集中できるのが利点と言えるでしょう。

遺族の負担が少ない

家族葬の利点として、ご遺族の負担が少ない点も挙げられます。
先述したように近親者だけで行われる葬儀なので、大勢の参列者を迎える準備や大規模な会食の用意などは必要ありません。
また、御香典もお断りするため、香典返しの準備もしなくて良いということになります。

ご遺族は故人がお亡くなりになったことで、精神的に参っている状態です。
そこで休む暇もなく上記のような準備をこなしていくことは、身体的にも精神的にも大きな負担になります。

しかし、家族葬なら参列者に気を遣いすぎて疲れる心配はありません。
葬儀の準備のことであれこれ頭を悩ます必要もなくなるのです。

負担が少ないため、精神的な余裕も生まれやすいというメリットもあります。

形式に縛られない葬儀ができる

日本の葬儀は仏式が主流になっていますが、形式に縛られない葬儀を希望している人は意外と多くいらっしゃいます。
家族葬は参列者が少人数なので、周囲の目を気にすることなく、これまでにない葬儀を実現することが可能です。

無宗教式の家族葬が選択できる

無宗教式の葬儀とは、特定の宗教を取り入れない葬儀のことです。

少人数の家族葬なら無宗教式を選択しても、伝統的な葬儀にこだわるに周囲の人に咎められる可能性は低くなります。
無宗教式の葬儀内容は宗教儀礼にこだわらず、故人やご遺族の希望を強く反映させたものです。

例えばご遺族など関係者全員で棺を囲み、故人の好きな音楽を流しながら葬儀を行う「音楽葬」や、棺を囲んだ状態でワインを飲みながら思い出話を語り合う「ワイン葬」などがあります。
無宗教式でもお坊さんの読経だけはしてもらいたいという場合は、もちろん呼んでも構いません。

お坊さんは必要ないという場合、お布施を用意する必要もなくなります。

会食が自由に行える

会食を自由に行えるのも家族葬の利点です。
会食はお通夜や法要の後、参列者に対するお礼としてご遺族が振る舞う料理を指しています。
しかし、会食は必ず準備しなければいけないということはありません。

特に家族葬のような小規模の葬儀の場合、会食をせずに解散することも珍しくないのです。
会食の代わりとして、お弁当とお酒を渡すことが多いです。

以下のような形式を選択することが可能です。

  • そもそも会食を行わない

  • 故人の好きだったレストランに行く

  • 故人の好物料理を持ち寄る

ご遺族の手間がかからず、故人の思い出話がしやすい方法を選択できるのも家族葬の利点と言えます。

通夜を行わないことも可能

家族葬の利点として、通夜を行わないという選択も可能です。
お通夜は元々、ご遺族やご親族だけで過ごす儀式であり、他の人は次の日の葬儀・告別式で参列するのが一般的だったとされています。
それが時代の流れとともに、付き合いで儀礼的に通夜へ参列する人が多くなりました。

しかし、家族葬ではそもそも通夜を行わないという形式も可能です。
詳しくは後述しますが、通夜を行わず、葬儀・告別式だけを行う葬儀は「1日葬」と呼ばれ、家族葬の際にこの形式を取り入れる人が増えています。

単純に葬儀が半分に減るため、1日葬にすれば遺族の負担が減らせるというメリットが生まれます。

費用が抑えられる

家族葬の利点として、他の葬儀形態よりも費用が抑えられるという点も魅力的です。
ここでは一般葬との比較、家族葬の費用の内訳、家族葬で節約する方法についてご説明します。

一般葬の費用との比較

一般葬の全国平均金額の相場は約100万円です。
数多くある葬儀形態の中でかかっている費用は一番高くなっており、金額も20~150万円と幅広いです。

一方、家族葬の全国平均金額の相場は一般葬よりも安く、約57万円です。

一般葬でも参列者の人数次第では、費用を抑えることができます。
しかし、家族葬の参列者の人数は多くても30人程度なので、やはりかかる費用は一般葬と比較するとかなり低くなります。

家族葬の費用の内訳

家族葬の費用の内訳は以下の通りです。

  • 葬儀一式にかかる費用 約45万円

    葬儀一式とは家族葬を行う上で必要な葬具や施設料などで、全て合わせて約45万円ということです。
    葬儀会場は規模が大きいほど、施設料も高くなりますが、家族葬は小規模なので費用もそれほどかかりません。
    必要な葬具は祭壇や棺、骨壺などで、さらにご遺体を搬送するための車両費なども挙げられます。

  • 火葬にかかる費用 無料~約5万円

    火葬にかかる費用はどこが運営しているか、火葬場と同じ区域の住民かどうかによって大きく変わってきます。
    民営の火葬場の場合、費用は5万円前後です。
    公営の火葬場の場合、火葬場の区域に住民登録していれば無料もしくは数千円程度、区域外の住民はさらに高くなります。

  • 飲食にかかる費用 3~5千円

    飲食にかかる費用は会食の内容や参列者の人数で大きく変わってきます。
    家族葬は参列者の人数が少ないため、もてなすための料理にこだわり、却って費用が高くつく場合があるので注意しましょう。

  • 宗教者にかかる費用

    宗教者にかかる費用はお布施、場合によっては御膳料と御車料もかかります。
    お布施はお坊さんへの謝礼金で、明確な金額設定はされていません。
    御膳料はお坊さんが会食を欠席する場合に渡す会食費、御車料はお寺と会場の距離が遠い場合に渡す交通費です。

葬儀一式にかかる費用と、飲食に関わる費用が大きく抑えられることがわかります。

さらに費用を抑える方法

家族葬は一般葬より費用がかからないと書きましたが、さらに費用を抑える方法もあります。
費用を抑える方法は、以下の通りです。

  • 葬祭費の補助を受ける

    葬祭費の補助が受けられる給付金制度を利用します。
    国民健康保険か後期高齢者医療制度に加入していることが条件です。
    故人がお亡くなりになった日から2年の間に申請すれば、地域によって金額は変わるものの、1~7万円の補助金を受け取ることができます。

  • 会食やお通夜を行わない

    一般葬の場合は参列者の人数が多いこともあり、会食やお通夜は行う場合が多いです。
    しかし、家族葬においては会食やお通夜を省略しても、参列者への失礼には当たりません。

  • 無宗教式にする

    先述したように、無宗教式にしてお坊さんを呼ばなければお布施を用意する必要はないため、費用を抑えることができます。
    また、祭壇などの宗教的な葬具もご遺族が葬儀社に必要ないと伝えれば、さらに出費を減らすことが可能です。

以下の記事では、家族葬の費用について解説していますので合わせてご覧ください。

家族葬のデメリットと解決策は?

困った人々

家族葬の利点についてご説明してきましたが、良いことばかりではなく、デメリットも当然あります。
ここではいくつかある家族葬のデメリットにどう対応すればいいのかについてご紹介します。

社会的な関係者との別れが希薄になる

葬儀は故人とつながりのあった関係者が最期のお別れをするための儀式です。
そしてご遺族は故人がお世話になったことに対し、参列者へお礼を伝える機会でもあります。
しかし、家族葬ではそういった関係者とのやりとりをする必要がなくなります。

そのため、家族葬をきっかけに故人が今まで築き上げてきた関係が自然消滅してしまうという可能性があります。
対策としては生前の故人の交流関係を調べ、出来るだけ多くの関係者に故人の訃報とともにお礼を伝えるようにしましょう。

葬儀後に弔問対応に追われる可能性がある

家族葬では訃報を関係者に伝える際、電話連絡でも案内状でも近親者以外には参列や御香典・弔問などをお断りする旨を伝えるのが一般的です。
しかし、それでも「一度くらいは故人に手を合わせたい」と葬儀後に弔問する人が出てきます。

また、参列していない人の方が圧倒的に多いため、弔問客は一般葬より数多く訪れる可能性が高いです。
そのため、自宅への弔問ではなくお墓参りをお願いする一文を添えるか、失礼にならないよう丁重にお断りすることをおすすめします。

周囲の理解が必要

葬儀を少人数の近親者だけで行うことに対し、抵抗を感じる人は少なからずいます。
また「何故自分が参列してはいけないのか」と不満を持つ人もいることでしょう。
特に故人が社交的な人だった場合、家族葬に反対する人はより多くなります。

そのため、家族葬を行う理由を懇切丁寧に説明する必要があります。
故人の希望で行う場合、特にその部分を強調して伝えてください。

様々な家族葬とその利点

葬儀

家族葬にも色々な葬儀の形があります。
ここでは葬儀形態を3つ挙げて、内容とその利点についてご紹介します。

1日葬

1日葬はお通夜を省略し、1日で告別式と火葬を行う葬儀のことです。
利点は日をまたぐことなく葬儀が終わること、一日だけだから参列者やご遺族の予定を合わせやすい、遺族の負担と費用が抑えられることなどが挙げられます。

直葬

直葬は葬儀をせず、少人数の近親者が立ち会う中、火葬だけ行う葬儀形態です。
利点は、葬儀をしないので家族葬よりも圧倒的に費用が安いことです。

密葬

密葬の内容自体はほとんど家族葬と同じで、違いは一般参列者向けに本葬と呼ばれる送別会を行う点です。
多少負担にはなりますが、家族葬のデメリットである故人の人間関係におけるデメリットを補えます。

家族葬と一日葬の違いについては以下の記事をご参照ください。

家族葬の利点についてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?
今回の「終活ねっと」では、家族葬の利点について、以下のことを解説してきました。

  • 家族葬とは、近親者のみで行う規模の小さな葬儀のこと。

  • 家族葬の利点はご遺族の負担を減らし、近親者だけでゆっくり故人を悼むことができること。
    また、費用を抑えつつ、自由度の高い葬儀が可能である。

  • 家族葬のデメリットには社会的な別れが希薄になる、周囲に理解されにくい、葬儀後の弔問が増えるなどが挙げられる。
    事前の連絡や話し合いなどをしっかり行う必要がある。

  • 家族葬にも種類があり、密葬・直葬・1日葬などが挙げられる。

家族葬はご遺族にとっても参列者にとっても、負担が少ないことが分かりました。
ただ、御香典はご遺族の経済的負担を軽くする目的もあるのです。
そのため、参列者の人数や葬儀にかける費用によっては、かえって金額が高くなる場合もあることは覚えておきましょう。

今回の記事が、家族葬を考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

「終活ねっと」では、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しておりますので、以下の記事と合わせてご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事